内閣府 令和2年度沖縄型産業中核人材育成事業 受講申込受付開始

2020/07/28
内閣府 令和2年度沖縄型産業中核人材育成事業

製造業(食品製造業)に伴走支援できるIoT専門人材育成プログラム

沖縄の産業全体の生産性向上のための中核的役割を担う人材育成を目的にした事業です
事業内容・目的は内閣府ホームページよりご確認いただけます

 
 
 

 danger 新型コロナウィルス対策 danger

 

・ 自粛のため“県外視察”が「不可」の方について
  eラーニング等での代替研修を準備いたします。(お気軽にご相談ください)

・ 集合研修が基本ですが、WEBセミナー方式での研修実施を可能にするため、
  リモート会議システムを活用します。

・ Webセミナー方式:リモートでの研修実施を可能にするため、
  リモート会議システムを活用します。

・ 三つの密の回避:集合研修開催可の時も、密集・密閉・密接を極力避けるよう、
  会場増及び床面積大の会場にて開催します。

・ eラーニング:研修生の理解を深めるため、いつでもどこでも何度でも学習できる
  eラーニングを活用します。(研修の録画)

・ 習熟度確認:リモート会議システムによる、フリー個別指導の研修回を盛り込みます。

・ 講師・事務局はもちろん、受講者の方にも当日検温の実施をいたします。

・ 沖縄のガイドラインに沿った空調、換気、手指消毒はもちろん、演習・グループ討議の
    際は、“フェイスガード”、“マスク”をご用意します。

 
 

【地域に人材を育てる】


 昨今、ITによる生産性向上が全国で叫ばれ、各地域ではセミナーや講習会が多数開催されており、IT活用の注目がますます高まっています。多くの場合、講師は首都圏から迎えることが多く、セミナーに参加した事業者が、セミナーや講習会で得た情報を活用し、せっかくIT化・IoT化に取り組もうとしても、地域では支援人材が不足している現状が課題となっています。



  この課題に対して、当特定非営利活動法人ITコーディネータ協会は各地域のITコーディネータと地元行政機関や支援機関と共に”現場で実践をしてスキルを習得できる研修を作成し、地域で支援できる人材育成”に取り組んでまいりました。その実績と経験から本事業では、社内・社外の”事業に伴走して支援ができる専門人材”育成を目的に、プログラムの作成・実施いたします。

 

 

 この研修プログラムは、“社内と社外の人材が揃って学びを進めて行く”内容になっていため、ITリテラシーの違いや立場の違いから“一緒に研修を受けて大丈夫なの?”と心配されることもあるかと思います。しかし早急な生産性向上を図るには、現場・業務を知っている、現場力のある社内の方が自ら行動することが最も効果的です。そして多くの経験や知識を持ち、支援をすることができる社外人材が一体となり進めて行くことで向上のスピードが速まると考えます。

 

受講後には、製造業に限らず他の業種も含む産業中核人材としても活躍できるよう、企業を引っ張っていくためのマネジメント視点・経営者視点・技術的視点もプログラムに盛り込んでいます。  

 
 
 
 
 
【受講対象者】

沖縄県内、在住、在勤の

  • ユーザー企業社員
  • ITベンダー社員
  • ITコンサルタント
  • 支援機関職員
 
 
 
 
【得られる効果】
 

ユーザー企業社員

現場の困りごとが“経営視点”で理解できるようになる

生産性向上とIT活用の関係が理解できるようになる

ITベンダー社員

中小企業の実態を理解できるようになる

ユーザー企業と同じ視点で見ることができ、課題、業務を理解できるようになる

ユーザー企業の資産を理解できるようになる

ITコンサルタント

ユーザー企業、ITベンダーが揃う実現場で支援実績を得ることができる

経営視点、IT視点の両方から支援できる実績を得ることができる

支援機関、金融機関職員等

ユーザー企業、ITベンダーが揃う実現場で支援実績を得ることができる

生産性向上とIT活用の関係が理解できるようになる

事例になる支援実績を得ることができる

 
 
 
【受講対象者と受講に必要と思われる経験】 

ユーザー企業社員

IT関連業務3年以上、経営関連業務3年以上

ITベンダー社員

開発、運用業務に3年以上

ITコンサルタント

IT、経営企画、企業支援業務3年以上

支援機関、金融機関職員等

IT関連・経営関連業務3年以上

 
 
 
 
 
【スケジュール】
 

1日目

8月21日(金)

座 学

IoTの基本、製造業におけるIoT導入事例、IoT導入のプロセスを学ぶ

2日目 8月22日(土)

演 習

IoT導入事例のケーススタディ、架空企業へのIoT導入計画を作成・模擬プレゼンを行う

3日目 9月4日(金)

ハンズオン研修

実際のIoTデバイスを使って、IoTの効果を体感する

4日目 9月5日(土)

ハンズオン実習

5日目 9月18日(金)

県外先進企業視察
(9月17日午後
  ~19日午前)

県外(関東)の先進企業見学を予定、イメージを具体化する

(県外研修が不可の方は、お気軽にご相談ください)

6日目 10月2日(金)

県内モデル企業
視察1

県内の製造業(モデル企業)を訪問し、IoT導入提案のために製造現場を見学・ヒアリングする

7日目 10月3日(土)

提案検討会1

IoT導入提案の内容を検討する

8日目 10月16日(金)

提案検討会2

9日目 10月24日(土)

個別指導

習熟度Upのため、個人・グループの個々の課題に対して個別指導を実施する

10日目 11月6日(金)

県内モデル企業
視察2

県内の製造業(モデル企業)を訪問し、IoT導入提案のために製造現場を見学・ヒアリングする

11日目 11月7日(土)

提案検討会3

IoT導入提案の内容を検討する

12日目 11月27日(金)

提案検討会4

13日目 12月11日(金)

提案報告会

モデル企業にIoT導入提案を行う

14日目 12月18日(金)

修了試験、総括

IoT支援人材の認定試験

 

※ 5日目(9/18)先進企業見学(県外)は、前日午後(9/17)移動、翌日(9/19)午前移動の予定です。
※ 全日9:00-17:00(昼休み1時間含む)
※ 毎研修ごとに理解度テストを実施します
※ 研修課程の基準をクリアした方には、「修了証」を授与いたします。

danger 全課程出席が必須です。状況によりeラーニング等のフォローも支援します 

 
 
 
【定員】

25名 

 
 
 
【受講料】

無料 (研修参加のための交通費、通信費は自己負担になります) 

5日目 先進企業見学(県外)の航空運賃・宿泊費・以外の交通費・食費は自己負担になります。

 
 
 
【会場】

hotel 沖縄県教職員共済会館 八汐荘  於 「中会議室」
〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目6−1

※ 12月11日(金)提案報告会は、「沖縄産業支援センター」ホール102で実施します
※ 先進企業見学(県外)について、詳細等は受講確定後にご連絡いたします

 
 
 
 
 
【お申込み・受付期間】

①受講希望者は、下記申込ボタンよりお申込みください。

受付期間: 7月17日(木)~7月30日(木)

blue.GIF
 

※企業・団体からの応募については、原則、上長・経営層の推薦状をご提出ください。→ひな形ダウンロードはこちら

②お申込み完了後、“IT経営に関する理解度の試験”をご案内いたしますので、ご受験をお願いいたします。
 試験時間は1時間程度で完了させてください。

 

③受講者は①と②を総合的に判断して確定させていただきます。受講可否は8月初旬から順次ご連絡いたします。

 
 

【お問合せ先】 


特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
「製造業(食品製造業)に伴走支援できるIoT専門人材育成プログラム」事務局
担当:山川、石井、小野

TEL:03-3527-2177
E-mail:oki@itc.or.jp


 

 

このページのトップへ