9/15 自治体支援者が語る事例と信頼構築

2017/09/14

ITCAセミナー9/15開催
お申込受付開始いたしました!

自治体支援者2人が語る事例と信頼構築

「自治体にはITCの仕事がある!」
~ ITCは自治体にとってまさに願ったり叶ったりの助っ人だった~
 
2010年からITコーディネータ協会は、自治体を支援できるITコーディ ネータ仲間を増やして来ました。自治体では、マイナンバー制度、マイナポータルサービスの活用や自治体セキュリティクラウドの整備等まだまだたくさんの課題があります。現在、自治体の現場で活躍中のITコーディ ネータは、最初は民間企業を支援していた方が多く、民間企業支援の経験が活かせるものです。しかしながら、民間企業とは異なる自治体特有の習慣があることも事実です。本セミナーでは、自治体CIO/CIO補佐官には、CIO設置の背景や業務内容を通じて、自治体が求めるべき専門人材のあり方について、自治体を支援するITコーディ ネータには4年間で12クライアントと契約(直接契約分)した実例を紹介いただきます。

開催日:9月15日(金) 14:00-16:10(二部構成) 開場:13:45~ ※開場時間にお越しください。

第一部 14:00~15:00
 「自治体CIO/CIO補佐官の業務事例」
 〜実力派自治体CIO補佐官の話をお届けします〜
 
  講師:港区役所 情報政策監 川口 弘行氏
     (工学博士、ITコーディネータ)
 
 2017年2月24日
 自治体ビジネス研修「上級編」ゲストスピーカー
 
内容            
        
自治体CIO/CIO補佐官設置の背景や業務内容を通じて、自治体が求めるべき専門人材のあり方について理解します。
 2003年から始まったCIO補佐官制度が省庁から自治体に広がり、専門人材が活躍する土壌が整ったかのように見えましたが、最近はそのポストも減少傾向にあります。その背景には自治体を取り巻く環境の変化もありますが、一方で登用された人材の多くが能力不足により自治体の期待を裏切った面もあることは否めません。
 今後、自治体に関わるプロフェッショナルとしてふさわしい人材とは何かを一緒に考えていきましょう。
1.自治体CIO/CIO補佐官設置の背景
2.自治体CIO/CIO補佐官の現状
3.自治体特有の制約事項
4.自治体CIO/CIO補佐官の業務内容
5.解決すべき課題の類型化
6.解決のためのアプローチ
7.プロフェッショナル人材としてのあり方
※カリキュラムは変更することがあります。
 
 第二部 15:10~16:10     
「自治体を支援することが私の使命」
~「自治体支援専門」独立ITCの活動内容~
  ~起業・独立から4年間の軌跡~ 
        
  講師:Office YAMASHITA
      代表 山下 太一氏(ITコーディネータ)
 
 2017年4月28日
 自治体ビジネス研修「入門編」ゲストスピーカー
 

内容

・2013年9月に独立・起業して、自治体支援専門の独立系ITCとして活動している内容をお話しします。
・自治体ビジネスを獲得できたきっかけや、苦労している生の声など、皆さんのビジネスにお役に立つ情報をお届けします。
・独立系ITCとして、起業から4年間の実態を感じることができます。                  
 

 
料金(税込)ITCA会員 ¥1,080     会場参加型】
満員御礼
ITコーディネータ/一般 ¥2,160
実践力ポイント 2時間/1ポイント
 
    セミナー開始15分前(13:45~)から 【ライブストリーミング】
受付終了
    アクセス可能となります。
 flairライブストリーミング受講者様は
 ITC+メンバーページの「お知らせ」にご視聴に関するご案内がございます。
 
■お問い合わせ ITCA事業促進部 研修担当グループ高橋・石井まで
 

自治体支援にご興味いただいた方は、右側バナーをクリック!

より具体的なA研修へGO!

 

 

 

このページのトップへ