ITコーディネータをめざす方へ

今時代が求める人材!「ITコーディネータ」


ITコーディネータを目指す方へIoT・ビッグデータ・人工知能時代の到来。今、ビジネスや社会の在り方そのものが大きく変わろうとしています。市場環境とともに変化する経営環境に対応することは、必須の経営課題といえます。個人においても、経営とITの両面に精通し柔軟に対応できるスキルが強く求められています。その役割を担い、これからの時代のイノベーションをリードしていく人財として「ITコーディネータ」が期待を集めています。

ITコーディネータのエボリューション

ITコーディネータを目指す方へITコーディネータは、経営とITの両面に精通したプロフェッショナルです。経営者の立場に立って「IT経営」をサポートします。

<<ITコーディネータをめざす方へ>>

資格のメリットは?

本資格を取得した方は、「独立系」では社外CIOやコンサルタントとして活躍しています。また「企業内」の方は、経営企画、営業、システム開発、システム運用、監査等それぞれの立場で、「IT経営」を実践しています。

ITCになるには?

ITC資格を取得するには、「ITC試験」に合格し、「ケース研修」を受講修了する必要があります。
ともに年3回実施しています。

資格を維持するには?

ITCとして、一定水準以上のサービス提供に必要な知識と技能を得るためは、継続学習が不可欠です。ITコーディネータ資格認定制度は、資格の品質維持のため、継続学習を義務づけています。

他の資格をお持ちの方は

※試験の一部が免除されます。

協会が認定する他資格(公認会計士、中小企業診断士、PMPなど、専門性を有すると認められる関連資格)の保有者に対する優遇措置で、ITコーディネータ試験の選択問題が免除された、60問、80分の試験(専門スキル特別認定試験)を受験できる制度です。

人材育成担当者の方へ

企業の経営戦略としてITC資格者を増やし着実に成果を上げている企業が多数存在します。御社も上流から語れる経営企画部員や営業マンを増やしませんか?

FAQコーナー

ここでは、皆さんから「よくある質問」にお答えいたします。

このページのトップへ