ITコーディネータ試験

■ITコーディネータ試験の予約から受験、支払に関するご質問は、CBT-Solutions社のFAQをご参照ください。

 よくある質問(FAQ)

■他Q&A
Q1 選択問題40問のどちらを選ぶかについては、申込み時点で決める必要があるのでしょうか。

A1 試験予約時に、「ITコーディネータ試験(経営系)」「ITコーディネータ試験 (情報系)」のどちらかを選択してください。
詳細は、以下の「出題範囲と項目」を参照して下さい。
https://www.itc.or.jp/authorize/exam/range/index.html

Q2 既に「ケース研修」を受講修了しています。試験はいつまでに合格すればいいのでしょうか。

A2 ケース研修の有効期間は、修了した年度を含めて4年度間です。この4年度間のうちに、試験を合格してくだされば結構です。
同様に、試験合格の有効期間は、合格年度を含めて4年度間です。試験合格とケース研修の修了はどちらが先でもかまいません。両方を4年度間のうちに満足し、ITコーディネータ資格を認定申請します。

Q3 受験料の領収書を会社に提出する必要があります。発行してもらうことは出来るでしょうか。

A3 受験日の2日前より、受験者専用ページの「試験履歴」に領収書ボタンが表示され、ご自身での出力が可能です。          なお、初期設定では受験者名となっていますが、勤務先等への宛名の変更が可能です。領収書を発行する際に宛名を入力しご自身で出力ができます。

下記宛先までメールにてお問合せください。
help@cbt-s.com
(CBT-Solutions受験サポートセンター)

Q4 専門スキル特別認定試験の、「試験の一部免除」とは、具体的にどのような内容でしょうか?

A4 通常のITコーディネータ試験は、必須60問+選択40問=合計100問の構成ですが、特別認定用の試験は選択問題部分を免除した構成となります。すなわち、ITCに求められる共通の必須問題部分のみを対象とした試験となります。

Q5 専門スキル特別認定試験は、いつ実施されますか。

A5 専門スキル特別認定試験は、ITコーディネータ試験と同時に年2回実施します。詳細な日程はこちら
(1)第1期試験:8月試験
(2)第2期試験:2月試験

Q6 受験記録を紛失したので、再出力していただけますか?

A6 試験終了後、半年以内くらいであれば、PDFファイルでお送りする事が可能です。
下記宛先までメールにてお問合せください。
(CBT-Solutions受験サポートセンター)
TEL:03-5209-0533 (平日10:00 ~ 17:00)
help@cbt-s.com
 


BACK

トップへ

このページのトップへ