協会概要

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会は、平成11年6月に通商産業省(現、経済産業省)の産業構造審議会情報産業部会情報化人材対策小委員会の中間報告において提唱された「戦略的情報化投資活性化のための環境整備の試み」の趣旨を踏まえ、設立いたしました。

平成12年10月31日特定非営利活動法人(NPO法人)として設立するための申請を東京都に提出し受理され、平成13年2月に法人登記を完了し、発足いたしました。

平成30年3月7日に臨時総会を開いて定款変更の決議を行い、東京都に申請して平成30年6月12日に新定款の認証を受けました。

定 款
(PDF:512 KB)

評議員名簿
(PDF:351KB)

理事名簿
(PDF:657KB)



活動の目的(定款第3条)

日本の中小企業や団体がITを経営の力として生産性を高め発展することはますます重要性を増している。経営者と対話しながら、経営戦略のなかでITをどのように活用するかを経営者とともに考えるITコーディネータを育成し、活躍の場を広げることは、活力ある日本の未来をつくり、国際競争力を維持するために極めて重要な取り組みである。
この認識のもと、この法人はITコーディネータの資格認定・育成カリキュラムの策定・研修、ITコーディネータと経営者等とのマッチング、ならびにITの利活用に関する研究・啓発活動を行ない、広く公益の増進に寄与することを目的とする。


発表資料

平成29年度貸借対照表(PDF:95KB)
「第2の創業」実行計画および3か年の収支計画(平成30年度予算を含む)
(PDF:735KB)



組織体制

ITコーディネータ協会 運営組織の概要
 



トップへ

このページのトップへ