ITコーディネータ資格取得のための条件の有効期限について

ITコーディネータ資格取得のための条件の有効期限について

ITコーディネータになるためには、「ITコーディネータ試験の合格」と「ケース研修の受講・修了」という2つの条件をクリアしていただく必要があります。
その各々の条件の資格認定申請までの有効期間は、条件成立年度を含む4年度間となっております。
つまり、試験に合格した年度を含む4年度間のうちにケース研修を受講・修了するか、ケース研修を修了した年度を含む4年度間のうちに試験に合格していただいて、認定申請まで完了する必要があります。
※4月始まりの年度管理です

            <ITコーディネータ資格取得条件の有効期限>

条件<1> 修了年度 有効期限
ケース研修 2018年度修了 2021年度
2019年度修了 2022年度
2020年度修了 2023年度
2021年度修了 2024年度

※以降、1年度ずつプラスされていきます。
 

条件<2> 合格年度 有効期限
ITコーディネータ
試験
2018年度合格 2021年度
2019年度合格 2022年度
2020年度合格 2023年度
2021年度合格 2024年度

※以降、1年度ずつプラスされていきます。


ケース研修の修了、ITコーディネータ試験の合格で、ITC資格認定申請の条件が成立し、資格認定手続きが可能になります。

参考リンク
・ITコーディネータになるには?
・ITコーディネータ資格の認定について

このページのトップへ