FAQコーナー

 

※皆さんからよくある質問を以下にまとめました。


Q1 ITコーディネータ資格は他のIT関連資格やコンサル資格とどこが違うのですか?
A1 一般的なIT関連資格は、その担当する範囲が決まっていて専門とするエリアに関しては深い知識を持っているパターンが多いようですが、 ITコーディネータは企業の経営戦略からはじまり、IT戦略、IT資源調達、IT導入、さらに活用からモニタリングまで一貫したサービスを 提供します。ITを開発・導入することがミッションではなく、ITの利活用により企業の経営課題を解決することをミッションとしています。 従って、経営およびITに関わる幅広い知識、スキルの保有が求められます。


Q2 ITC試験を受けたいのですが、参考書などはありませんか?
A2 受験の参考書にもなる関連教材は、協会が直接企画・作成しているものはありませんが、協会の審査認定を経て発売されているものがありますので、 こちらをご覧ください。
https://www.itc.or.jp/society/activity/book/material/index.html
また、以下の機関で「ITC試験」受験対策講座を開催しています。
https://www.itc.or.jp/authorize/juken_taisaku_kouza.html
※「合格体験記」参考まで
https://www.itc.or.jp/authorize/exam/report/index.html


Q3 ITC試験の難易度は?また、合格率はどれくらいですか?
A3 合格率は、毎回ほぼ50%前後です。
一定期間以上の実務経験がある方にとってそれほど難しい試験ではありませんが、「ITコーディネータ プロセスガイドライン」 の理解が必要ですので準備願います。
「プロセスガイドライン」こちらから購入が出来ますが、ケース研修の受講でも配布されます。
https://www.itc.or.jp/about/guideline/


Q4 「ケース研修」は、どんな研修ですか?
A4 ケース研修は、経営戦略からITサービス活用に亘るITコーディネータの活動を、仮想企業の事例を題材にグループ討議、 ロールプレイ等を通じて模擬体験していただくものです。有用な方法論、ツール類(バランスト・スコアカード、経営成熟度モデルなど) をリファレンスとして活用して課題に取り組むことにより、問題解決能力を体系的に習得できる、他に例を見ない研修です。
研修終了後のCS調査では90%を越える方々に「非常に満足」「満足」という回答をいただいています。
※ケース研修のご案内はこちら
https://www.itc.or.jp/authorize/training/


Q5 ITコーディネータ資格を維持する仕組みは?
A5 ITコーディネータは、自己研さんを怠らず最新の知識・技術をカバーしていることが売り物なので、それを担保するうえで毎年の資格更新が 制度化されています。
具体的には1年間に必要ポイントを取得していただくという方式をとっています。
※詳しい制度は資格更新ガイドラインをご覧ください。
 https://www.itc.or.jp/foritc/update/index.html


Q6 ITコーディネータとして独立しようと考えています。ITCの方はどのようにお客様を探すのですか?
A6 独立志向の方は資格を取ってから考えるというよりは事前に独立の計画を立てて受験される方が多いようです。
顧客開拓の入口は大きく2つあります。一つは、商工会議所などの中小企業支援団体に専門家登録しておくことと、 ITCのコミュニティである届出組織に入会することです。
「届出組織」は全国各地に200ほどあります。この組織は「ビジネス志向」と「勉強志向」の2つのタイプがありますが、 このような組織に所属することにより、仕事のチャンスも出てきます。また、国の施策の「IT経営応援隊事業」などで、 企業経営者を集めて「IT経営」に関する勉強会を行いますが、このときにITコーディネータが講師を務め、 その縁でコンサルにつながることもあります。
ITC協会も「ビジネスマッチング」と称して、企業経営者からの問い合わせに対してその地域のITコーディネータを紹介しています。
最初は勝手が分からないもの。ITC協会は先輩の紹介などを行っていますので気軽にご相談ください。


Q7 企業内にいるITコーディネータはどのような活動をしていますか?また、企業内で評価されていますか?
A7 企業内のITCはITC全体の75%以上存在します。このうちユーザー企業が約10%となっています。職種的には、 SE・コンサルタントが50%弱で、経営層、企画職、営業職、IS部門が40%、その他現業部門が10%となっています。
企業では、自社の経営改革のためITC資格を取得させるという例が多くみられます。ベンダー会社では、プライマリ業務獲得のため コンサルティングを行うためとか、自社ソリューションを販売するため顧客の業務改革を支援する必要からとか、明確な方針のもと取得を 推進されています。また、提案型の営業やSEの育成のため自己研鑽の一環と位置づける企業もあります。これらの企業では、 自社の競争力強化のリーダーとしての活躍が見られます。
ユーザー企業では、自社の経営企画やIS部門での業務の中で、ITCとしてのスキルを活かし、CIOと同様の業務機能を果たしています。
今や各企業とも、ITの利活用が企業の競争力の源泉となるため、ITの開発人材とは違った、経営戦略と整合のとれたIT利活用の専門家 として評価されています。


Q8 ITコーディネータ協会はITCに対してどのようなサービス・支援をしていますか?
A8 ITC協会として平成22年度に中期計画を立てています。その中で特にITコーディネータの皆さんに対するサービス・支援活動についてご説明します。
中小企業マーケットの深耕および新たなITC活躍領域・新市場の創造
国の施策である「RIPs・応援隊」事業への対応を強化(H22年度事務局を担当)し、ITコーディネータの皆さんに事業参画の機会 を提供しています。
ITC協会自らによるITC市場創出に向けた事業展開を行っています。具体的には企業とITCをつなぐ「ビジネスマッチング」や ITベンダーの保有するソリューションをITCに紹介し、商品の普及・拡販ビジネスへつなげる「ITベンダー連携」等があります。
SaaS/クラウドやビジネスインフラ/EDI等の調査研究成果をITコーディネータの皆さんに公開し、新しいITCビジネスモデルの 構築を行っています。
ITC実践力強化
H22年度に公開した「ITC実践力体系」による新スキルアップ研修事業の展開を行っています。
協会・会員・ITCネットワーク強化
SNS(知のネットワーク)による双方向コミュニケーションの実現を通じ、協会運営並びに活動状況の一層の開示、透明性の向上 を推進しています。
※中期計画骨子は以下
https://www.itc.or.jp/foritc/topics/substance/



⇒ 新たな質問も受け付けています。
 

このページのトップへ