資格を維持するには?

 

*ITC資格を維持するために毎年以下の更新手続きを行う必要があります。

(1)更新条件は以下の4項目で構成されます
更新前年度の実践力ポイント合計が10ポイント以上あること
更新前年度の「実務活動報告書(アンケート)」が提出されていること
更新手続料(税込21,600円)が入金されていること
新ケース研修受講者(6日間のケース研修)は、3回目の資格更新までにフォローアップ研修を3講座受講されていることが必要です。

(2)資格更新時期
  毎年、4月~5月が更新手続き期間となります。
初回更新では更新料は不要となりますが、翌年以降は毎年更新料のお支払が必要です。
   

 

(3)実践力ポイントの取得・登録
資格更新のポイント取得は、4月1日~翌3月31日の期間で取得が必要です。
どのようなものがポイント取得になるのかは、資格更新ガイドラインをご覧ください。

取得したポイントはメンバーページより随時登録可能です。
ただし、ITC協会が主催する研修に参加した場合、ITCA機関誌(架け橋)を購読した場合は、ITC協会より直接登録されるためご自身での登録は必要ありません。

4月~5月(更新時期)については資格更新前は前年度のポイントが、資格更新後は当該年度のポイントがそれぞれ登録可能です。

 

資格維持のイメージ
・ITコーディネータ資格は4月はじまりの年度管理になっています。3月に認定を受けると翌月より新年度になり、更新手続きが必要です。
・資格更新をするとポイントがリセットされますので、更新後にポイントの取得が必要です。
・フォローアップ研修は、6日間のケース研修を受講された方のみ受講が必要です。
(2018年4月以降にITC資格認定を受けた方は、3講座のうち2講座は集合研修の受講が必須となります。
・受講期限までにフォローアップ研修の受講条件を満たさなかった場合は、ポイント条件を満たしていた場合でも資格失効となります。
・5年目以降の更新条件は、「10ポイント取得」、「更新料の支払」、「実務活動報告書の回答」のみとなります。
・フォローアップ研修の受講要件を満たさず資格を失効し、再度資格を復帰した場合は、資格復帰後3年度以内にフォローアップ研修の受講が必要です。ただし、失効前のフォローアップ研修の受講実績はカウントされます。※15日間のケース研修を受講済みの方、既にフォローアップ研修の受講要件をクリアしている場合は、復帰後のフォローアップ研修の受講は必要ございません。
 

 

このページのトップへ