ITコーディネータ資格「復帰制度」

1.復帰制度の概要
 資格失効後の復帰は、失効後4年度以内に復帰条件を満たし、認定登録料をお支払頂くと資格の復帰が出来ます。

 
2.復帰の条件
失効年度を含む4年度以内であり、以下の復帰条件のいずれかの満たすこと

資格復帰特別研修の受講
 
3、復帰申請
復帰申請は、上記の復帰条件をクリアした場合のみ、メンバーページより申請が可能となります。認定登録料のお支払手続きは、復帰申請と同時に行います。

復帰申請手続き方法はこちら(オンラインヘルプ)
※資格復帰特別研修を受講された場合は、研修の申し込みが復帰申請扱いになるため、メンバーページからの復帰申請手続きは必要ありません。
 
4、復帰認定について
認定登録料のお支払完了後、即日資格認定となります。
「ITコーディネータ」として正式に認定された場合、メンバーページ内にて、認定証ダウンロードやポイント登録が出来るようになります。また、認定証(盾)を認定された翌月上旬頃に発送致します。
 
<フォローアップ研修の受講数不足で失効した場合について>
フォローアップ研修の受講数不足(3講座未受講)で資格失効した場合は、資格復帰後3年度以内にフォローアップ研修の受講が必要になります。ただし、失効前のフォローアップ研修の受講実績は継続されます。例えば、失効前に2講座受講済みの場合は、復帰後3年度以内に1講座受講が必要です。


本件に関する問い合わせ先


 

特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会 資格担当
マイページお問い合せはこちら

 

このページのトップへ