経営とITに強いITCになるためにローカルベンチマークを活用しよう!

 【フォローアップ研修】
    「経営とITに強いITCになるために
         ローカルベンチマークを活用しよう!」
~ローカルベンチマークは経営者との対話ツール~
 
■講座概要:
 ITCとしての仕事が出来るようになるためには、経営者に会えること、そして対話ができることが必須です。経営者との対話の切り口はIT利活用だけでなく、経営環境のいろいろなお困りごとなど、多々あります。ITCとして引き出しを多く持つことは経営者との対話には欠かせません。
 
 今回のフォローアップ研修では、経営者との対話の糸口をつかむための営業ドアノックツールとしてローカルベンチマークを取り上げ、近年中小企業の経営力向上計画やIT導入補助金申請、持続化補助金交付申請などで使われるようになってきた「ローカルベンチマーク(ロカベン)」で事例企業の財務分析をやっていただき、使い方を学んでいただきます。
 
 「ロカベン」はITC-PGLと非常に親和性の高いツールです。これを営業ドアノックツールとして使いながら、ITC-PGLを活用したITCとしての本来の活動、ビジネスに繋げていくことが可能です。
 
<講座PR>
 ITCは経営とITに強いプロフェッショナルです。経営に強いという一つの証は、企業の通信簿と言われる財務諸表から経営の環境を大掴み出来ることです。当研修では、営業ドアノックツールともなる「ローカルベンチマーク(ロカベン)」を学んでいただき、経営とITに強いITCになってもらいます。
 
 <講座レベル>
基礎から中級
 
 <受講者のKGI> 
中小企業の経営者との対話力向上
 
 <受講者のKPI> 
①IT経営について再確認する
②中小企業の経営を理解する
③営業ツールの活用方法を理解する
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
 NPO法人石川県情報化支援協会 理事長 横屋 俊一 氏
 2002年 ITC資格取得と同時に(株)ナレッジ21を創業。
 会社を経営しながら、ITCとして福井県及び石川県においてユーザ企業向けセミナーや研修の講師、
 中小企業のIT経営を支援。現在NPO法人石川県情報化支援協会理事長、福井県情報化支援協会理事。
 
■プログラム:
[開場/受付]9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 Ⅰ.オリエンテーション 
  ・講師の紹介、受講者の自己紹介
  ・IT経営について
 Ⅱ.中小企業の「経営環境や経営課題」の理解
  ・IT経営とITコーディネータについて
  ・国の施策と連携するITコーディネータ
  ・中小企業・小規模事業者とは
  ・中小企業・小規模事業者の経営環境と課題
  ・中小企業に対してビジネスをするとき必要なもの(心がけ、ツール、
   その他)
 Ⅲ.今お薦めの営業ドアノックツール「ローカルベンチマーク」
  ・ローカルベンチマークと国の施策との連携
  ・ローカルベンチマーク・ツール解説
  ・ロカベンツールとITCプロセス
  ・ロカベンツールでITCビジネスを拡大する
  ・「ローカルベンチマーク」(財務分析)を使ってみよう!
 Ⅴ.目指すITC像
  ・自分の強み分析と、補強事項の整理(演習)
  ・自分のITCビジネスについて(講師との座談)
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
  ※受講料のお支払い手続き等に関しましては、実施機関よりあらためてご連絡させていただきます。 
 
■会場:
 株式会社石川県地場産業振興センター 本館2階 第7会議室
 
申込みはこちら:
  2020年1月18日(土)
金沢開催
 
 
■お問合せ先:
 NPO法人石川県情報化支援協会
 メールアドレス:yokoya@knowledge21.jp

 

このページのトップへ