研修セミナー、教材情報

2022.09.28
 
【フォローアップ研修】(オンライン型受講)
d21.リスキリングに役立つ課題展開からの
KPIマネジメント演習
~経営課題からIT課題への落とし込みとKPI設定まで~
 
 
※フォローアップ研修の集合研修受講とみなします。
 
【オンライン型受講】注意事項
  ※オンライン型受講は、「ZOOM」を利用いたします。
   フォローアップ研修(オンライン型受講)について
 
new今年度新規の講座です。
■講座概要:
「ITは問題解決のツール、ITありきでは失敗する」とよく言われます。しかしながら解決すべき問題がどこにあるかがわからなければ自分の得意領域のITツールを使って解決しようとしがちです。それは解決すべき問題ではないかもしれません。
本講座では演習・グループディスカッションを通じて業務課題からIT課題への落とし込みを徹底的に行います。中小企業診断士向けの研修をITC向けに改変し取り組みやすくしました。
 
<講座PR>
実際にコンサルティングしている企業を事例にとって演習をするのでリアリティがあります。
 
<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
~上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)
 
<KGI>
経営課題からIT課題を導きKPI設定できるようになる
 
<KPI>
①戦略課題、主要課題を的確に導けるようになる
②多くの業務課題を体系的に整理できるようになる
③最重要な解決策を選定できるようになる
 
■受講の前提となる知識・スキル:
損益計算書がある程度読めること。
■受講前提条件:
・本研修では円滑に研修を進行させるため、ビデオONでのご受講をお願い
 いたします。
  ※ビデオONとはZoomの機能でカメラをONにする機能のことです。
  ※事情によりビデオONにできない方は、事前に事務局にご相談ください。
 
■講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講師:
並木コンサルティングオフィス代表
並木政之氏
 
■プログラム:
[受付開始] 9:45 ~
[研修開始] 10:00 ~
1.課題展開の解説とミニ演習(ウォーミングアップ)
2.KPI設定の解説とミニ演習
3.事例企業プロフィール紹介
4.事例企業の課題展開(グループ演習・発表)
5.事例企業のKPI設定(グループ演習・発表)
[終了] 17:00
 ※途中1時間程度の昼食休憩が入ります。
 
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
一 般:44,000円 (内訳:受講料  40,000円 消費税 4,000円)
 
■開催日/お申込み:
2022年12月16日(金)
オンライン開催
2023年2月15日(水)
オンライン開催
 
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡を
  いたします。
   当日までの流れ
 
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2022.09.26

並木 政之 (なみき まさゆき)
namikikoushi.png
キャリア(経歴)
・RFP作成支援コンサルティング
・要件定義支援コンサルティング
・プレゼンテーション・ロジカルシンキング研修(新入社員教育)
・タイムマネジメント研修(中間管理職研修)
・中小企業のためのRPAセミナー(東京商工会議所)
メッセージ
得意分野はシステム企画・要件定義・IT導入/利活用、マーケティング、生産管理、創業支援です。
「優しく易しく」話すことを心掛けています。為になることを「面白く」「優しく」そして「易しく」お伝えできるよう努力しています。
担当講座

d21.課題展開からのKPIマネジメント演習~経営課題からIT課題への落とし込みとKPI設定まで~


2022.09.15

ITCAライブセミナー 10月26日(水)開催

中小企業のWEBマーケティング基礎知識

~BtoB、BtoCからインバウンドまでSNS・MA・CRMの活用法

OOOOO
WEBマーケティング、デジタルマーケティング、様々な言い方があり、ターゲットや目的によって手法もまた様々です。
本セミナーでは、中小企業のWEBマーケティングをテーマに、SNS・MA・CRMを中心にご紹介します。小林氏には、SNSを中心にコロナによって変容したデジタルマーケティングのあり方や活用方法を、特に国内及び海外からのインバウンド需要に焦点をあててお話頂きます。 中山氏にはこれからCRMを導入したい方や、既にツールを使っているが活用しきれていない方などのために、事例を中心にCRMの機能を紹介していただきます。

開催日時:2022年10月26日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『ITCがSNSを活用し、成果に繋げる支援ポイントを知る』
 ~インバウンド再開に備えて、今から知っておきたいSNSの知識~

  講師:Mdm Antoinette

     小林 玲子 (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)
   1.デジタルマーケティングにおけるSNSの位置づけ
   2.SNSの種類と特徴
   3.消費者の購買行動の変容
   4.Google等のアルゴリズムの更新内容に則した運用方法
   5.インバウンドを意識したSNSの有効活用方法
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
SNSの活用を必要としている中小企業を支援するための知識が得られます。なぜ、これまでのSNS運用ではダメなのかを、また、インバウンド復活に向けて知っておきたい知識も得られます。

      kobayashi.jpg  


第2部(15:10~16:10)
『MA・CRMツール活用4つの事例』
 ~中小企業がツールを導入する際のポイント解説~

  講師:スマートプラス

     中山 幸子 (ITコーディネータ、ウェブ解析士)

      
       
講義内容(予定)
  1.CRM・MAとは?
  【事例紹介】
  2.教育関係-フォームの利用(リード獲得)
  3.ITベンダー-メール配信、Webトラッキング(配信結果の活用)
​​​​​  4.人材紹介・派遣-営業のプロセス管理(セールスリード管理)
  5.商社-受注書、発注書、請求書管理(会計システムとの連携)
  6.その他
  (モバイル利用、BIツール、他システム連携、サポートデスク)
  質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
CRM、MAの基本的な機能について理解します。特にWEBマーケティングでのリード管理の考え方を知ることができます。具体的な事例を知ることで、CRMを中小企業に提案する立場になった時に選定することができます。

        nakayama.jpg


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、10/25(火)17:00です。
           【お申し込みはこちらから】 
            blue.GIF


chirashi_20221026.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2022/9/20t

 

2022.09.14

受講された方の感想

とても役に立つ内容をありがとうございました。

今後流通業のお客様や製造・流通部門(自社生産・自社販売)があるお客様を担当することも考えられるので、研修内容をしっかり理解し今後に生かしていきたいと思いました。

    本研修の考え方は業種業態が違っても流用可能かと思います。

2022.08.23

ITCAライブセミナー 10月13日(木)開催

ビジネスのためのメタバースとNFT

~最新動向と基礎から実務までを徹底解説

OOOOO
コロナウィルスの流行もあり、直接人と接する機会が制限され、従来のコミュニケーション方法が強制的に変わる事を経験しました。その影響を受け、大きく注目されるようになったメタバース。日産がメタバース上で、新車お披露目会や試乗会を行うなど、日本の大手企業もメタバースの活用が進んでいます。また、 ブロックチェーン技術を活用したNFT(Non Fungible Token)の登場により、まさにいまデジタルコンテンツの未来が大きく変わろうとしています。メタバースは、エンタメやゲームのイメージも強いですが、ビジネスでどう活用できるのか?また、中小企業でもビジネスチャンスがあるのか?本セミナーでは、メタバースの成り立ちから、現在、未来のお話しをITCの冨田氏に、メタバースとは切っても切り離せない、NFTについてNFTコンサルティング事業を展開するToo Digital Marketplaceの代表取締役社長を務める手塚氏に、NFTビジネスに関する最新動向及び、NFTプロジェクト推進に必要な具体的な実務を解説いたします。

開催日時:2022年10月13日(木)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『メタバースはビジネスに生かすことができるのか?』
 ~複数のコミュニティで生きる時代へ~

  講師:株式会社ペンタゴン

     冨田 さより (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)
   1.メタバースが意味するもの(現状)
   2.デバイスの紹介(今後の可能性)
   3.他の新しいTechnologyとの親和性
   4.例)メタバースアプリのデモ
   5.メタバースをビジネスに取り入れる
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
・メタバースの可能性について知見を持つことができる。
・10年後のビジネスチャンスを見据えた見解を持つことができる。

      tomita.jpg  


第2部(15:10~16:10)
『NFTが変えるデジタルコンテンツの未来』
 ~NFTビジネスの現場からNFTのリアルを語る~

  講師:株式会社Too Digital Marketplace

     手塚 康夫 

      
       
講義内容(予定)
  1.NFTとは
  2.NFT活用事例
  3.NFT市場動向
​​​​​  4.NFTをどこで販売・購入するか
  5.NFTビジネスの実務
  6.NFTの未来
  質疑応答:5~10分
   
  
       ー  PR  
・NFTビジネスの基礎の知識獲得
・NFTビジネスの市場、事例の知識獲得
・NFTビジネスの実務の知識獲得

        tezuka.jpg


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、10/12(水)17:00です。
           【お申し込みはこちらから】 
            blue.GIF


chirashi_20221013.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2022/8/23t

 

2022.08.17

川上 正春 (かわかみ まさはる)
  d1kawakami.JPG
キャリア(経歴)
2007年ITC資格取得後、ビジネス競争力自己診断ツールと出会う。
私自身、本ツールをITC営業ツールとしてお客様へ展開してまいりました。
本セミナー講師は2021年から担当しています。
 
メッセージ
ビジネス競争力自己診断ツールは、IT経営認識プロセスを実践するツールです。ITCのファシリテーションのもと、企業の経営者層によるワークショップで経営革新や改善の方向性をまとめます。ツールはテンプレートとして構成されており、作業を容易に進めることができます。研修はミニケースを通じてテンプレートの使い方と手順を学びます。企業へのアプローチに悩んでいるときや混沌とした経営課題を整理したいときなど、ITCビジネスを開拓するのに有効なドアノックツールです。
 
担当講座
d1.「ビジネス競争力自己診断ツール」

2022.08.09
iot_2022.png

本講座は、中⼩企業のIoT導⼊を⽀援するシステムエンジニア、ITコンサルタントや、中⼩企業社内のIoT導⼊推進者が、企業経営に役⽴つIoT導⼊を学ぶ講座となっております。
具体的にはIoT概論やIoT導⼊のプロセスを学ぶeラーニング形式と、IoT導⼊効果である「⾒える化」「改善・管理」「付加価値創出」の模擬体験を通じて実践⼒をつけていただく演習形式で構成されています。
IoT導⼊プロセス(eラーニング形式)のみの受講も可能ですので、必要に応じて受講をご検討ください。


■「IoT導入プロセス研修」 eラーニング(2.5時間)

【概要】
 中小企業のIoT導入を支援するITコンサルタントやシステムエンジニア、ITコーディネータが、中小企業の経営に役立つIoT導入のために、IoTの特長や中小企業の実態を理解するための研修です。さらにIoT導入効果である「見える化」「改善・管理」「付加価値創出」の模擬体験を通じて実践力をつけていただく演習を用意しました。

「中小企業のための IoT導入ガイド」をもとにした研修です

【講座内容】(予定)
  中小企業がIoTを導入する際の参考となるプロセスを学びます。
   1:はじめに
   2:00_IoT概論
   3:01_課題抽出・目的目標設定プロセス
   4:02_IoTシステム計画作成
   5:03_システム調達・開発
   6:04_結合テスト・運用テスト
   7:05_システム導入
   8:06_モニタリング
  各プロセスでアウトプットとなるテンプレートがありますのでこのテンプレートの記入方法も学びます。
   
【予想効果】
   ・中小企業に対してIT導入の経験のある方は、従来のIT導入との違いを理解できます。
   ・中小企業に対してIT導入の経験のない方は、IoT導入の一連のプロセスを理解できます。 
 
【受講対象者】
   ・IoT導入のビジネス支援をご検討している方
   ・IoT導入をビジネスとしてご検討している方
   ・IoT導入をビジネスとしてご検討するか迷っている方
   ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」に興味のある方
 
【受講前提】
   ・IT全般を広く習得されている方
 
【講座時間/実践力ポイント】
    2.5時間/1.25ポイント
 
【受講料】
   会 員:8,800円(税込)
   ITC:11,000円(税込)
   一 般:13,200円(税込)
 

【受講特典】
   ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」PDFでの提供
   ・IT導入プロセスのアウトプットテンプレート


■eラーニング
【お申込み※
IoT導入プロセス研修】
  

 ※お申込み後のeラーニング閲覧方法はこちら

 


■「IoT導入コンサルタント演習」 6時間演習(集合研修)

【概要】
IoT導入演習として、シナリオに基づき、その場面場面でのITコーディネータ(ITコンサルタント)としてのとる べき行動や支援すべき内容をグループディスカッションしながら考えていきます。
また、IoT導入提案の模擬プレゼンとして、研修の最後に、架空の企業に対するIoT導入計画のプレゼンを行ってもらいます。架空の企業の課題に対し、経営状況やIT資産、IT人材の状況を 踏まえたIoT導入の計画を考えてプレゼンしてもらいます。
 

【講座内容】(予定)
架空の企業に対するIoT導入計画のプレゼンを行ってもらいます。架空の企業の課題に対し、経営状況やIT資産、IT人材の状況を踏まえたIoT導入の計画を考えてプレゼンしていただきます。(所用時間10:00~17:00 途中休憩有り)
  1. IoT導入演習
  2. IoT導入提案の模擬プレゼン
【予想効果】
  ・IoT導入コンサルタントとして経営者に提案できる
  ・IoT導入コンサルタントとして導入支援できる
 
 

【受講対象者】
  ・IoT導入のビジネス支援をご検討している方
  ・IoT導入をビジネスとしてご検討している方
  ・IoT導入をビジネスとしてご検討するか迷っている方
  ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」に興味のある方
 

【講座時間/実践力ポイント】
   6時間/3ポイント

【受講料】
  会 員:22,000円(税込)
  ITC:33,000円(税込)
  一 般:44,000円(税込)
 
【受講特典】特になし
【受講前提条件】
  
以前の集合形式「IoT導入コンサルタント研修~IoT導入プロセス研修~」を「受講」された方
  ・今回のeラーニング形式「IoT導入コンサルタント研修~IoT導入プロセス研修~」を「受講」された方
 
【開催日時・お申込み※IoT導入コンサルタント演習】

日時
2023年2月1日(水)
10:00~17:00
(受付開始9:45~)

    
研修形式:集合型
会場:ITコーディネータ協会会議室
東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

ani_apply.gif



【講師紹介】

「中小企業のためのIoT導入ガイド」執筆WGメンバー

大久保 賢二氏 株式会社 アイ・コネクト 代表ITコーディネータ

  • 1987年に茨城日立情報サービス(現在の日立産業制御ソリューションズ)に入社し、製造業向けの生産管理システム導入を担当し、大小様々なシステムを経験
  • 2003年から「企業経営に役立つITの導入」を実践し始め多種多様な企業の方々と接する機会を頂き、経営者の視点を経験

以上のような経験に加え、長年の会社生活では絶えず人を育てて元気な組織を作る事を実践してきた。


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室


【ご来場時のお願い】

・感染防止のためにマスクの着用をお願いいたします。
 (マスクを着用していない方はご入場いただけません)
・咳エチケットをお守りいただきますようご協力お願いします。
・検温で37.5度以上の発熱がある方はご入場をご遠慮いただきます。
・手指の消毒や場内での手洗い励行などにご協力をお願いいたします。
・会場内で体調の異変を感じた場合は、ご遠慮なく事務局もしくは講師にお声がけください。
・会場に到着する以前に、既に発熱・咳・全身痛等の自覚症状がある場合、
※体調がすぐれない場合は、無理をなさらずご来場をお控えください。

■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

【お問合せ】


ITCAç ”ä¿®

2022/8/31t

2022.08.03

ITCAライブセミナー 9月28日(水)開催

会計・税務のプロに聞く、ITCが知っておくべき知識

~インボイス制度によるシステムへの影響とIT投資効果の測定ポイント

OOOOO
インボイス制度のスタートまで約1年となりました。インボイス制度の導入は、企業の業務・システムへ多大な影響を与えます。その影響とは何か、これらを踏まえインボイス制度が及ぼす企業の業務・システムへの影響について解説いたします。なお、インボイス制度が企業の業務・システムへ及ぼす影響を解説するにあたり、消費税計算についても併せて概説いたします。また、IT導入は、経営者が導入によってどの程度の経済的効果が得られるかについて大きな期待と不安が寄せられるものです。成長を一歩でも進めるためには、現状で可視化できる事業環境から確実に見通しきるIT導入効果を仮説化し経営者に一歩でもステップを進めて頂くことを先導する役割がITコーディネータに求められている時宜にあると思います。本セミナーでは、 ITで得られる先験的な導入効果を経営者が納得できる指標で先取りし、成果を確認しながら変革のプロセスを歩んでいく方法を例示的にご紹介していきます。

開催日時:2022年9月28日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『インボイス制度が及ぼす企業の業務・システムへの影響』
 
~中小企業を支援するために知ってお得なインボイス制度を巡る「ちょっといい話」

  講師:一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会

     浅海 克人 (公認会計士・税理士)

      
       
講義内容(予定)
   1.消費税額の計算方法の概説
   2.インボイス制度の概説

     適格請求書発行事業者、消費税等の端数処理 等
​​​​​   3.インボイス制度及ぼす企業の業務・システムへの影響
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
中小企業を支援するために知ってお得なインボイス制度を巡る「ちょっといい話」が得られます。

asaumi.JPG        


第2部(15:10~16:10)
『ITCの必須スキルである経済効果の計算プロセスの基本を学ぶ』
 

  講師:一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会 監事

     青栁 六郎太 (税理士・中小企業診断士)

      
       
講義内容(予定)
  1.IT導入プロジェクトの導入効果を経営者や関係者が納 
    得できる指標で明確化する
  2.ITCとして知っておきたい経済効果の種類と算定式
  3.販売や原価の算定プロセスでは自動仕訳ソフト活用で
    経済効果の可視化を可能にする
​​​​​  4.将来の成長に備えてIT資産の費用と資産価値を可視化
    可能にする
  質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
ITコーディネータが客観的な経営目線と指標でIT導入仮説の定量効果指標を先取りし、導入推進の深耕を確実に進めていく確信が得られます。

      aoyanagi.png  


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、9/27(火)17:00です。
           【受付終了しました】 
            blue.GIF


chirashi_20220928.ver2.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2022/8/3t

 

2022.08.02
 
【フォローアップ研修】
中堅・中小企業のDX推進を本気で支援したい
ITCのための実践講座
 
 
■講座概要:
地方の中堅・中小においてもDXが求められているが、ITCとして現在のDXの流れはこれまでのIT経営とは何が違うのかをしっかりと理解し、適切なビジネス上の戦略を描けるようになることが求められる。そのためには、マクロ環境、外部環境(市場、業界などの変化)、国の動向、テクノロジーの進化、テック企業における既存ビジネスへの参入状況など、これまで以上に変化が早い企業におけるビジネス上の環境変化を把握し、複雑化する状況を整理し、各企業における戦略を構築する必要がある。
本講座の目的は、受講者が最新のテクノロジーの状況、新たなビジネスモデルによる既存業界への新規参入、国の動向、人材の状況などについて講義とディスカッションを通じて理解を深めたうえで、地方中堅企業におけるDX推進を想定したロールプレイングを通じて、ITCとして現状課題を踏まえた現実的なDX推進が出来るようになることを目的とする。
 
<講座PR>
ITCとして中小・中堅企業のDXを支援できるようになるための講座です
 
<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
~上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)
  
<受講者のKGI> 
中小・中堅企業のDXを推進できるようになること
 
<受講者のKPI> 
①DXの背景、マクロ環境、外部環境を理解する。
②ITCのプロセスガイドラインの流れの中で、どの部分をどのようにブラッシュアップすればDX推進の提案ができるようになるかを理解して、顧客(自社)への提案ができるようになる。
 
講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講師:
荒井雄介氏
ITC、ITCインストラクター
シソーラス株式会社取締役、長野県ITコーディネータ協議会理事・公共事業部長。NTTデータ、アクセンチュア、TISを経て現職。
IT戦略、ITを活用した業務改革、IT部門立ち上げなどのコンサルティングの経験が豊富。
 
■プログラム:

[研修開始] 10:00 ~
 第1部:DXの理解(テキストベースでの講義とディスカッション)
  ①DXの背景(マクロ環境、外部環境など)の理解
  ②中堅・中小企業における課題
  ③DXに求められる人材像・組織文化

 第2部:グループワークによるロールプレイング
  演習①:老舗お菓子メーカーにおけるDX推進
  演習②:スポーツ団体におけるITを活用した新サービスの構築

[終了] 17:00
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)

  
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
《実施機関開催研修のお支払いについて》
 受講料は実施機関へのお支払いとなります。お支払い手続きにつきましては、
 実施機関よりあらためてご連絡させていただきます。
 
■会場:
長野市生涯学習センター
〒380-0834 長野県長野市大字鶴賀問御所町1271-3 
TOiGO WEST 3F
  
■開催日/お申込み:
2022年10月29日(土)
長野開催
 
■お問合せ先:
 特定非営利活動法人長野県ITコーディネータ協議会
 メールアドレス:kakuta@itc-nagano.jp

2022.08.02

ITを経営の力とする経営者向け講座

keieishachirashi_p1.2.png

業務効率を上げ、顧客・市場を開拓するため、IT活用は大変有効です。

 しかしまだ、自社の経営課題に即してITを活用し、部門の壁を乗り越えて高い効果を上げている企業は決して多くはありません。「ITを入れてみたけれど思った効果が得られなかった」と苦い経験をお持ちの経営者もいらっしゃるでしょう。

 本研修講座では、ITコーディネータの中小企業支援における経験やノウハウを結集し、ITを経営の力としていただくための材料や考え方を提供します。

 ITには難しいイメージがあるかもしれませんが、協会オリジナルのビジネスゲームを用いるなど、楽しく学んでいただけます。

【講座内容】

keieisha_zu1.png

keieisha_businessgame.png
keieisha_businessmodel.png
keieisha_dx.png
keieisha_security.png

keieisha_it.png

【受講対象者】
  • 企業経営者
  • 社内の経営戦略を立案する方
  • 中小企業を支援されている方
  • IT導入部門の方
【講座時間】

ビジネスゲームで学ぶ「ITを経営の力とするポイント」 : 4.0時間
自社ビジネスモデル変革演習: 2.0時間
DXへの向き合い方 : 2.0時間
情報セキュリティガバナンス: 2.0時間
最新のIT技術への向き合い方: 2.0時間

【受講料(税込)】

ビジネスゲームで学ぶ「ITを経営の力とするポイント」 : 33,000円
自社ビジネスモデル変革演習: 22,000円
DXへの向き合い方     : 22,000円
情報セキュリティガバナンス: 22,000円
最新のIT技術への向き合い方: 22,000円

【開催例】 

【1日目】例
  

会場:ITコーディネータ協会会議室

  東京都中央区日本橋浜町2-17-8
     
   浜町平和ビル7F


情報セキュリティガバナンス

10:00~12:00(開場 9:45~)



ビジネスゲームで学ぶ「ITを経営の力とするポイント」

13:00~17:00(開場 12:45~)

 

【2日目】例
  

会場:ITコーディネータ協会会議室

  東京都中央区日本橋浜町2-17-8
        浜町平和ビル7F


自社ビジネスモデル変革演習

10:00~12:00(開場 9:45~)


DXへの向き合い方

13:00~15:00(開場 12:45~)



最新のIT技術への向き合い方

15:15~17:15(開場 15:00~)

     


【講師】


講師はITコーディネータ協会が認定した講師が担当いたします。

【お問合せ】


・地域での開催のご要望

・企業内での開催のご要望、等

  お問い合わせ・お申込みはこちらから

                                  経営者向け講座事務局(keieikenshu@itc.or.jp)

2022/8/2t

2022.08.01

 

「ITを経営の力とする経営者向け講座」用
講師育成研修 2022

■講座概要:

 全国各地で「ITを経営の力とする経営者向け講座」を開催できるようにメイン講師・TAの育成・認定する研修です。ITコーディネータのスキル向上にもご利用ください。

<講座PR>
「ITを経営の力とする経営者向け講座」のインストラクターを養成するための研修です。

<講座レベル>
上級

<受講者のKGI> 
「ITを経営の力とする経営者向け講座」インストラクターとして活動できること

<受講者のKPI> 
①「ITを経営の力とする経営者向け講座」教材(「集合研修」「ビジネスゲーム」「ワークショップ」)の構成内容と学習目的を理解し、インストラクターとして必要なポイントを習得する。
②「ITを経営の力とする経営者向け講座」インストラクターに求められる知識と基本的スキルを理解する。
③基本的なインストラクション技法を理解する。

■講 師:

・「ITを経営の力とする経営者向け講座」開発WGメンバー
・「ITを経営の力とする経営者向け講座」メイン講師認定メンバー

■プログラム:

ビジネスゲームで学ぶ
ITを経営の力とする
ポイント
DXへの
向き合い方new
自社ビジネスモデル
変革演習
情報セキュリティ
ガバナンス
最新のIT技術への
向き合い方
 講習時間
 (時間)    
 7.0  1.5 1.5 1.5 1.5
 カリキュラム 
[受付]9:15 ~
[研修開始]9:30 ~
 ・座学
 ・ビジネスゲーム
 ・講師としての勘所 
[終了]17:30
(途中60分程度の
昼食休憩が入ります)
[受付]9:45 ~
[研修開始]10:00 ~
 ・座学
 ・グループ演習
 ・講師としての勘所
[終了]11:30
[受付]12:20 ~
[研修開始]12:30 ~
 ・座学
 ・演習
 ・講師としての勘所
[終了]14:00
[受付]14:00~
[研修開始]14:10 ~
 ・座学
 ・グループ演習
 ・講師としての勘所
[終了]15:40
[受付]15:40 ~
[研修開始]15:50 ~
 ・座学
 ・演習
 ・講師としての勘所
[終了]17:20
 受講料(円)
 (税込)
ITCA会員:27,500
ITC:55,000
ITCA会員:5,500
ITC:11,000
ITCA会員:5,500
ITC:11,000
ITCA会員:5,500
ITC:11,000
ITCA会員:5,500
ITC:11,000
 実践力ポイント
 (ポイント)
5.0 2.0 2.0 2.0 2.0

 会 場
(東京)
 ITコーディネータ協会 
オンライン オンライン オンライン オンライン

■お申込み  
※受講希望の以下の日付をクリックしてください。
※受講はITコーディネータに限ります。
 
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてのお願い
新型コロナウイルス感染予防のため、換気へのご理解をお願いいたします。
受講者各位におかれましてはマスク着用・手洗いの徹底をお願いいたします。
また、講座の中止、オンライン対応、募集定員の減員等の緊急対応を行う場合がありますので御了承ください。
 
ビジネスゲームで学ぶ
ITを経営の力とする
ポイント
DXへの
  向き合い方new 
自社ビジネスモデル
変革演習
情報セキュリティ
ガバナンス
最新のIT技術への
向き合い方
2022年
  第1回   


[調整中]


[調整中]


[調整中]


[調整中]


[調整中]


第2回 


[調整中]


[調整中]


[調整中]


[調整中]


[調整中]

  第3回   


[調整中]


[調整中]

[調整中]

[調整中]

[調整中]
受講条件 PCを利用しますので
EXCELが利用できる
PCをご持参ください。

■お問い合わせ先:
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
研修制度デザイン部 経営者向け講師育成研修担当
TEL:03-3527-2177 
メールアドレス:keieikenshu@itc.or.jp


■説明会:(2019年3月18日)

<第1部:本講座開発の背景と講座概要>
<第2部:講師育成研修と今後の展開>


  2021年度開催分は⇒こちら


2022/8/1n
2022.07.28

受講された方の感想

情報収集ツールや法律の改正などに関する新たな情報を得ることができた。今後の実務に生かしていきたい。

DXへの関心や取り組みの活発化が見られる中で情報セキュリティへの対応のニーズは今後飛躍的に高まると思われます。今後の業務の取り組みを考えるために非常に役に立つ内容でした。

    [ITコーディネータビジネスへのつなげ方]という観点がよかった。支援の位置付けとして「テクニカルというよりマネジメント寄り」は同感。
2022.07.28

受講された方の感想

DXへの関心や取り組みの活発化が見られる中で情報セキュリティへの対応のニーズは今後飛躍的に高まると思われます。今後の業務の取り組みを考えるために非常に役に立つ内容でした。

現在の中小企業でのセキュリティに関しての潮流
それぞれの出来事や、セキュリティの仕組みに対しての温度感を分かることができた。

    セキュリティ関連ツールや外部支援機関などに関する新たな情報を得ることができた。今後の実務に生かしていきたい。
2022.07.01

受講された方の感想

生産管理システムの構築の難しさを構築事例から感じることができました。
一方で難しさの勘所やポイントも解説いただきましたので参考となります。

食品製造業の課題について、事例で説明いただいた点が理解しやすかった。

    生産管理を知っている人間には、非常に分かりやすかったです。

ラズパイを使用しての実績収集等、現場に密着した改善案が非常に良かったです。

2022.07.01

受講された方の感想

資料もお話もわかりやすく、HACCPの取り組み方のイメージが湧きました。

テーマに従った説明で、理解しやすかった。対象企業のIT化の手始めのヒントをいただけて良かったです。食品分野は取扱品によって製造工程が異なるので、個別でどうするかはITC自身が深堀していかないといけないと感じました。

    HACCPについて解説をいただきあらためて理解することができました。また、各工程でのデジタル化対応について事例も紹介いただき参考となりました。DXというレベルをいきなり目指すのではなく、できるところからデジタル活用して取り組むことが必要だと感じました。
2022.06.28

ITCAライブセミナー 7月27日(水)開催

緊急!中小企業・小規模事業者こそ必須のセキュリティ対策

~被害は自社だけでは終わらない。加害者になる危険性。

OOOOO
多くの中小企業が「サイバー攻撃は大企業だけの話」と考えていた状況から、自社がランサムウェアに感染する被害にあったり、サプライチェーンを構成する中小企業等の取引先を経由して目的企業を攻撃する事例が報じられるなど、セキュリティについての自社のリスクに気付き関心は非常に高まっています。
本セミナーでは、代表的なサイバーセキュリティリスクを平易に解説するとともに、中小企業でも実現可能で効果のあるサイバーセキュリティ対策を紹介し、セキュリティ対策に戸惑う中小企業にセキュリティレベルの向上へのヒントを提供します。また近年実際に発生したセキュリティインシデントを基に、中小企業における情報セキュリティ対策をご紹介し、ITコーディネータとして情報セキュリティにどのように関わっていけば良いのか、そしてそれをビジネスにつなげていけるのかをお話しします。

開催日時:2022年7月27日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『中小企業のサイバーセキュリティ対策』
 
~サイバーセキュリティにおけるリスクや脅威を知り、対策を進めよう

  講師:株式会社ITプランナーズ

     五島 一輝 (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)
   1.サイバーセキュリティ 被害や攻撃の状況
   2.サイバーセキュリティ リスクや脅威
   3.中小企業でも実現可能なサイバーセキュリティ対策
​​​​​   4.セキュリティ対策のトレンド
   5.セキュリティ対策に取り組む上で考慮すべきこと
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
中小企業に対し、代表的なサイバーセキュリティリスクを平易に解説し、中小企業でも実現可能で効果のあるサイバーセキュリティ対策を紹介することで、セキュリティ対策に戸惑う中小企業にセキュリティレベルの向上へのヒントを提供できるようになります。

        


第2部(15:10~16:10)
『全企業対象時代のセキュリティリスク動向と対策』
 
~情報セキュリティ専門家でないITCのための基礎知識

  講師:株式会社叢雲堂

     池谷 隆典 (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)
   1.情報セキュリティ関連の動向
   2.情報セキュリティ事例から学び、対策方法を知る
   3.セキュリティ関連情報収集の仕方
​​​​​   4.ITコーディネータビジネスへのつなげ方
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
益々猛威を振るうランサムウェア、頻発する情報セキュリティ事象において、どのようにすれば被害を受けないかまた加害者にならないか。そのための基礎知識、ポイントを習得します。

       ikegaya.png 


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、7/26(火)17:00です。
             【受付終了しました】 
            blue.GIF


chirashi_ver3_20220727.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2022/7/5t

 

2022.06.21

受講された方の感想

ノーコード開発。こちらも具体的なご説明で非常に分かりやすかったです。ノーコード開発という言葉だけはよく聞くのですが、どのように開発していくのか?という疑問がありましたが、具体的にツールを用いてアプリを作成頂いたことで理解できました。ありがとうございました。

ツール活用分野全体の俯瞰情報や事例、具体的な作成方法など、盛りだくさんでとても勉強になりました。

    NoCodeの具体的なイメージが理解できた。今までLowCodeアプリを使うことが多く、結局はCodingに近いスキルありきだと感じていたが、NoCodeまで行くとさらに専門スキルは不要になり、業務スキルが重要になると実感した。
2022.06.21

受講された方の感想

RPAの製品はいろいろあると思うが、セールストークでは何が良いか判断ができないため、ユーザに寄り添う形で教えていただき、大変ありがたかったです。

ありがとうございました。業務内容、フローといったストーリーのフォローをしっかりと可視化させるという処がITCの重要な役割であるということに気づきました。

    RPAを中小企業に適応するのはコスト面から難しいとの先入観があったが、今回のセミナーを聞いて、中小企業にも活用できるツールと知ることができた。
2022.06.15

rpa2022.png   ITCA研修2019/03/04

【講座概要】

    大企業では活用が進み、大きな効果を出しているRPAですが、中小企業での活用はまだまだ進んでいません。その大

    きな要因は、シナリオ作成が難しい、使い勝手が悪い、操作習得に時間がかかる、また何千時間も短縮できるような

    業務がない、そのためどう活用していいかわからないなど、越えなければならないハードルの高さの割には得られる

    効果が少ない、と感じられているからではないでしょうか。
    感覚的、直感的な操作性で、習得にも時間がかからない、人にも教えやすいRPAを選ぶことで、手軽に身の回りの業

    務から自動化が行えるようになります。
    プログラミングスキルのない人でも取っ付き易い、国産RPAの一つである「ミラロボ」を使って、実際にハンズオン

    でシナリオを作っていただき、どのような業務にRPAが向いているのかを考え、また中小企業にとってのRPA検討ポ

    イントを知ることで、中小企業への問題解決、支援につなげていただければと思います。

 

【講座内容】(予定)

    1.RPAとは...。

     ①RPA概要

     ②RPAで解決する中小企業のお困りごと
    2.RPA実践体験(ハンズオン)

     ①ミラロボ操作説明

     ②RPAシナリオ作成実践体験①

     ③RPAシナリオ作成実践体験②

     ④他RPAツールのシナリオ作成参考例紹介
    3.グループ討議

     ①中小企業がRPAで期待できる効果(大企業が導入するRPAとの違い)

     ②RPAに向いている業務、向いていない業務

     ③RPAを導入した中小企業の生の声
    4.中小企業にとってのRPA検討ポイント

     ①RPAの種類

     ②中小企業にとって感覚的、直感的に操作が可能で、取っ付き易いRPAとは?

     ③RPA導入のための業務の見える化ツールのご紹介
    5.Q&A

【研修の特長】

     1.中小企業に向いたRPAを知る
     2.中小企業でのRPA活用効果をイメージができる
     3.中小企業に対して、的確なRPAの「情報提供・相談業務」ができるようになる

【受講対象者】
    ・中小企業支援機関の方々
    ・中小企業経営者

    ・ITコーディネータ
【前提条件】

    ・事前に送付する手順書に沿って、RPAツール(ミラロボ)をインストールしたPCを当日持参できること
      

【受講特典】
 ・なし 
【講座時間/実践力ポイント】
     6
時間/3ポイント

【受講料】(税込)
     会員: 22,000円  ITC: 33,000円   一般: 44,000円

【開催日時・お申込み】


      【第1回】日時 

            
 2022年10月17日(月)

             10:00~17:00

            (受付開始9
:45~)

             

             研修形式:集合型
             会場ITコーディネータ協会会議室
             東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

   開催決定



      【第2回】日時
 
             2023年2月20日(月)
             10:00~17:00

            (受付開始9
:45~)

              研修形式:検討中


【講師紹介】

 講師:米津 博之 氏
 Y'z オフィス 代表(ITコーディネータ)

 オフィスプリンタ消耗品ビジネス アドバイザー/コンサルタント
 RPA導入支援・セミナー企画・講師
 ITCイースト東京 理事
 NPO法人日本情報システム・コンサルタント協会 会員

 
  yonezu.JPG


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室


【ご来場時のお願い】

・感染防止のためにマスクの着用をお願いいたします。
 (マスクを着用していない方はご入場いただけません)
・咳エチケットをお守りいただきますようご協力お願いします。
・検温で37.5度以上の発熱がある方はご入場をご遠慮いただきます。
・手指の消毒や場内での手洗い励行などにご協力をお願いいたします。
・会場内で体調の異変を感じた場合は、ご遠慮なく事務局もしくは講師にお声がけください。
・会場に到着する以前に、既に発熱・咳・全身痛等の自覚症状がある場合、
体調がすぐれない場合は、無理をなさらずご来場をお控えください。

 
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

■チラシのダウンロードは⇒こちらから

chirashi_rpa1.png

【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2022/8/30t


2022.06.02

   ryuutuumasuta.pngITCA研修2019/03/04

【講座概要】

    流通事業者の課題を事業者やサポート企業が正確に把握している場合は多くなく、外部視点で精査されたこともほ
    とんどないのでは?ならば、以下のようなSTEPを踏むことで流通業課題の解決を疑似体験し、流通業マスターITCと
    して、流通業課題の解決を目指しましょう。

     
         ・流通業課題の見える化
         ・課題を見つけよう=的確な課題設定➡共感・共創ツール
         ・解決策提案・具体的未来DX
         ・対象となる企業は、ほぼホンモノで、実務にそのまま使えるバーチャル型ケース研修
     
【講座内容】(予定)
     1日目 流通業課題を見える化:流通業との共感を醸成
         ・1-1. 業務(経営)サイドからの整理
         ・1-2. 流通業業務プロセスからの課題整理
         ・1-3. 業種業態別に課題を見える化する(演習)

     2日目 的確な課題設定➡解決できる課題から解決策へ
         ・2-1.IT成熟度流通版とは
         ・2-2.ツールを使って改善課題設定(演習)
         ・2-3.ツールを使ってDX課題設定(演習)
         

ryuutuumasuta_kikakuann.png

【研修の特長】
     ITC側の業務目的に直結=流通業の具体的顧客を想定した「ドアノック・営業・分析・課題設定・解決策提案」
     オールインワンパッケージ研修。流通業が自社のDXを進めていくために事前把握すべき内容=流通業CIO・情シス
     にもお勧め。

【受講対象者】
     ・ITコーディネータ
     ・流通業のDXについて知識を深めたい方   

【前提条件】

     ・d5. 数年後の流通業で活きるITとは現状分析(コロナ危機を含む)
       ⇒最新IT活用へ:AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・ECを受講済みであることが望ましい。
     ・流通業業務について基礎的な知識、または経験をお持ちの方

       

【受講特典】
  ・特になし 
【講座時間/実践力ポイント】
     
3時間×2回/3ポイント

【受講料】(税込)
     会員: 22,000円  ITC: 33,000円   一般: 44,000円

【受講をご検討の方へ】

book.png

テキストダイジェスト版をご用意しました。

本講座受講のご検討の際に、ダウンロードのうえご利用ください。

テキストダイジェスト版はこちらです。

⇒①流通業業務の見える化2022

⇒②流通業の的確な課題設定2022

【開催日時・お申込み】


      【第1回】日時
 
            ※本講座は3時間/日の2日間コースとなります
            2022年
            【1日目】 10月6日(木)
            【2日目】 10月13日(木)


             13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM

終了



      【第2回】日時
 
            ※本講座は3時間/日の2日間コースとなります
             2023年
            【1日目】 2月21日(火)
            【2日目】 2月28日(火)


             13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM

募集中止


【講師紹介】

 講師:天川 龍介 氏
 合資会社 グラシス 代表(ITコーディネータ)

 独立系ITコーディネータとして、流通業にはIT活用を、IT提供者には経営や業
 務理解を。まさに、ITと経営の懸け橋になる活動が中心です。
 公的機関の研修講師としての登壇も多数。

 
  amakawa.png

【オンライン受講型】注意事項
  ※オンライン受講型は、「ZOOM」を利用いたします。
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡をいたします。
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

■チラシのダウンロードは⇒こちらから

chirashi_dxdata.ver3.png

【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2022/8/8t

2022.06.02

   DXdata.pngITCA研修2019/03/04

【講座概要】

     現状をあらわす要素と、適切な未来へ導く要素をデータで見せて、継続的にモニタリング可能な仕組み構築を支える
     流通業DXデータマイスターに。流通業DXに至るデータ活用を見据え、そこに向かう改革STEPを進め、支え、司る       
     のが流通業DXマイスターです。流通業の業務をデータで捉えることができ、流通業が目指すゴールに必要なデータ
     活用と仕組みを構築できる知見・手段を手に入れましょう。
     
         ・流通業ゴール把握
         ・現状プロセスとデータ明確化
         ・未来ゴール設定とデータとは
         ・想定外事象とデータとは
         ・GAPと解決策
【講座内容】(予定)
     1日目 流通業のゴールと業務をデータで見える化
         ・1-1.流通業のゴールとデータ
         ・1-2.業務を多角的データで捉える
         ・演習:想定企業のデータを棚卸してみよう

     2日目 流通業DXに必要なデータと活用
         ・2-1.すべてのデータを捉えよう
         ・2-2.GAPを埋めてDX
         ・2-3.DXでBCP
         ・演習:DXのためのデータとモニタリング

dx-zu1.png

受講者の感想をご覧いただけます⇒ 
                受講者の声 

【研修の特長】
     データにフォーカスした研修は、データサイエンティストタイプが主流ですが、当研修は分析に止まらず、流通業
     のゴールを見据えて、それにデータをどう活用するかという実務に直結したタイプです。「データによる業務の見    
     える化」と「DXへのデータ活用」の二部構成になっており、それぞれ半日で受講可能です。

【受講対象者】
     ・ITコーディネータ
     ・流通業のDXについて知識を深めたい方

【前提条件】

     ・d5. 数年後の流通業で活きるITとは現状分析(コロナ危機を含む)
       ⇒最新IT活用へ:AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・ECを受講済みであることが望ましい。
     ・流通業業務について基礎的な知識、または経験をお持ちの方

       

【受講特典】
  ・特になし 
【講座時間/実践力ポイント】
     
3時間×2回/3ポイント

【受講料】(税込)
     会員: 22,000円  ITC: 33,000円   一般: 44,000円

【受講をご検討の方へ】

AAAAAAAAAAAAAAAAAAテキストダイジェスト版をご用意しました。
     本講座受講のご検討の際に、ダウンロードのうえご利用ください。 book.png
     ⇒テキストダイジェスト版はこちらです。

【開催日時・お申込み】


      【第1回】日時 
            ※本講座は3時間/日の2日間コースとなります
            
 2022年

            【1日目】 9月1日(木)
            【2日目】 9月8日(木)


             13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM

開催終了



      【第2回】日時
 
            ※本講座は3時間/日の2日間コースとなります
             2023年
            【1日目】 1月20日(金)
            【2日目】 1月27日(金)

             13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM


【講師紹介】

 講師:天川 龍介 氏
 合資会社 グラシス 代表(ITコーディネータ)

 独立系ITコーディネータとして、流通業にはIT活用を、IT提供者には経営や業
 務理解を。まさに、ITと経営の懸け橋になる活動が中心です。
 公的機関の研修講師としての登壇も多数。

 
  amakawa.png

【オンライン受講型】注意事項
  ※オンライン受講型は、「ZOOM」を利用いたします。
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡をいたします。
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

■チラシのダウンロードは⇒こちらから

chirashi_dxdata.ver3.png

【お問合せ】


ITCAç ”ä¿®

                                                   2022/7/12t

2022.06.01
 
【フォローアップ研修】(オンライン型受講)
WEBコンサルティングでケース研修を活用した
事例とそのポイント
 
 
※オンライン型の研修です。フォローアップ研修の集合研修とみなします。
 
■講座概要:
WEBマーケティング導入においてケース研修を活用して行ったWEBコンサルティングの事例報告とその時の活用ポイントをお伝えします。
第一部 ウェブ活用事例
第二部 SNS活用事例
 
<講座PR>
ケース研修で学んだプロセスを活用してWEBコンサルティングをした事例報告とその活用ポイントについてお話しします
 
<講座レベル>
基礎(ITCレベル2-1、ITSSレベル4-1、ITC1年目程度)
  
<受講者のKGI> 
ケース研修をベースにしたWEBコンサルティングの親和性
 
<受講者のKPI> 
体験から学べる生の情報
 
講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講師:
鈴木 克彦 氏 
ITコーディネータ ウェブ解析士 ITマスター
前職は中小企業の製造業ルートセールスの責任者。飛び込み営業の限界からWEBマーケティングを独学で導入。5年間で1200件の新規獲得件数を達成。他社からWEBコンサルタントの依頼がこの仕事の始まり。500万検索ボリュームのWEBサイト支援で2週間で検索順位1位獲得。現在某商工会議所窓口相談IT 某よろず支援拠点コーディネーター

積 高之 氏
ITコーディネータ MBA チーフSNSマネージャー 上級ウェブ解析士 上級SNSエキスパート
広告・ブランディングの職務を経験後、コンサルタントとして独立。大手子供服SPA、酒販小売業チェーン、保険代理店などの顧問などを歴任。関西学院大学大学院卒業 関西学院大学経営戦略研究科非常勤講師
 
■プログラム:
[研修開始] 10:00 ~

第1部 ウェブ活用事例
 1.ケース研修を活用したWEBコンサルティング事例報告
 ・契約前ヒアリング
 ・提案と見積り
 ・研修プロセスの紹介
 ・成果物に関して
 2.事例からケース研修を活用する5つのメリット
 プロセス
 インストラクター
 研修とコンサルティングの使い分け
 課題対応
 3.この研修経験から学んだ3つのこと
 ニーズ
 リテラシー
 コミュニケーション

第2部 SNS活用事例
 1 SNS活用方法
  事業領域において、有効なSNSメディアは何なのか。
  まず全体にどんな特徴と流れを持つものか解説していきます。
 2 SNS運用と計測
  SNSの運用計画を、実際に作ってもらう作業をしていきます。(事前課題含む)
  そして計測方法を体験してもらいます。
 3 それぞれのメディアについて、最新の情報を織り交ぜながら解説します。
  Youtube
  Twitter
  Facebook
  Inastgaram
  その他のメディアとトピックス
 4 運用に際しての注意点 
  SNSを運用するにあたって注意すべき点と、社内のメンバーにいかに参加して
  もらうかの手法を学びます。

[終了] 17:00
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)

  
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
一 般:44,000円 (内訳:受講料  40,000円 消費税 4,000円)
《実施機関開催研修のお支払いについて》
 受講料は実施機関へのお支払いとなります。お支払い手続きにつきましては、
 実施機関よりあらためてご連絡させていただきます。
 
■開催日/お申込み:
2022年7月31日(日)
オンライン開催
受付終了
 
■お問合せ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ京都
 メールアドレス:follow-up@itc-kyoto.jp

2022.05.30



ITCAライブセミナー 6月29日(水)開催

食品製造業・加工業のIT・IoT活用

~法改正がもたらす生産管理体制の変化とITの可能性

OOOOO
令和3年6月1日から、原則としてすべての食品等事業者は、HACCPに沿った衛生管理に取り組むことになりました。HACCPとは、食中毒など食品による事故を予防するため衛生管理を確実に実行管理する仕組みです。管理のために様々な記録を取ることを求められますが、紙に記録する方法を採用する企業は少なくありません。食品業界と言っても、係わる食品の範囲は非常に広く工場生産する加工品から、日々、市場で競りが行われる生鮮品等、これらの原料を使用して生産する食品は、賞味期限が当日の物から2年以上の加工食品まで千差万別です。
金属加工品や電子機器等に比べて、その生産段階を管理する生産管理システムの構築は難しく、中堅企業でも生産管理システムが稼働していない企業もあり、EXCELでの管理が主流なのです。本セミナーでは、単に法改正への対応にとどまらず、ITやIoTを活用したDXへの道筋や事例をご紹介します。

開催日時:2022年6月29日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『HACCPから始める食品加工業のDXへ 』
 
~ただの規格対応で終わらせないための支援とは

  講師:ケイデンスコンサルティング合同会社

     川下 敬之 (ITコーディネータ・中小企業診断士)

      
       
講義内容(予定)
   1.HACCPとは何か
   2.DX視点で見たHACCP推進活動の価値提案
     デジタル化の三段階でHACCPを成長戦略に転換
​​​​​   3.事例紹介
     各段階の事例紹介
   質疑応答:5分
   
  
       ー  PR  
食品等事業者のデジタルトランスフォーメーション、食品等事業者のHACCPに沿った衛生管理におけるデジタル技術の活用のヒントについてお話をいたします。

kawashita2.jpg        


第2部(15:10~16:10)

『食品製造業の生産管理と食品衛生法改正に伴うIoT化』
 
~生産管理はEXCELで管理が主流の食品業界に食品衛生法改定による嵐が到来先入れ先出しの徹底とトレサビリティが今求められている!

  講師:有限会社岩田システムコンサルタント

     岩田 薫 氏(ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)
   1.食品業界の生産管理の現状について
   2.商品特性により異なる生産管理の違いや注意点、課題について
   3.食品の生産管理システムの事例紹介
   4.商品業界の導入中のIoT装置の事例紹介等
   質疑応答:5分

       ー  PR  
ITコーディネータが食品製造業の生産管理を含む基幹業務システム導入のお手伝いをするときの注意点や課題などをお話しします。
食品業界で進むIoT機器の導入事例から、食品衛生法対応のお話しをいたします。

iwata.png


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、6/28(火)17:00です。
            【受付終了しました】 
            blue.GIF


chirashi_20220629.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2022/5/30t

 

2022.05.25
 
【フォローアップ研修】(オンライン型受講)
b4.今求められている「中小企業のCIO育成」で
セカンドキャリア構築を!

~オンラインゲームと各種ツールを使って、
CIO育成を体験しよう!~

 
 
※フォローアップ研修の集合研修受講とみなします。
 
【オンライン型受講】注意事項
  ※オンライン型受講は、「ZOOM」を利用いたします。
   フォローアップ研修(オンライン型受講)について
 
■講座概要:
人生100年&ウィズコロナ社会となり、セカンドキャリアの準備や副業の検討が本当に重要になってきました。そこで一つの選択肢として、地域の社会貢献をしながら、末永く働くことができる「中小企業のCIO育成」という仕事をご紹介いたします。
本講義では、中小企業の経営者やCIOと15年以上向き合ってきた講師が、オンラインゲーム「あるあるCIO(R)オンライン」や(独)中小企業基盤整備機構の各種CIO育成ツール(IT経営簡易診断、IT戦略ナビなど)の紹介等を通じて、CIO育成のコツを解説いたします。
DXの推進を中小企業にも求める時代がもうそこまで来ており、これから多くの支援者が必要です。社会はITコーディネータに大きな期待を寄せています。あなたも是非トライしてみてください。
 
<講座PR>
中小企業のCIO育成をベースにセカンドキャリアを構築しませんか?
ビジネスゲーム「あるあるCIO(R)オンライン」や(独)中小企業基盤整備機構の最新育成ツールを使って、中小企業へのアプローチを一緒に学んでいきましょう!
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
受講者の声
 
<講座レベル>
特にレベルは意識しない
 ~上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)
  
<受講者のKGI> 
「中小企業のCIO育成」に必要な知識およびツールを理解する
  
<受講者のKPI> 
①中小企業のCIOの役割を理解する
②CIO育成のコツを会得する
③各種育成ツールの使い方を知る
   
■ご受講にあたって:
・本研修はグループワーク等がありますので、お話しができる環境でご受講
 ください。
 
■受講前提条件:
・本研修ではコミュニケーションをとりやすくするためビデオONでのご受講を
 お願いいたします。
  ※ビデオONとはZoomの機能でカメラをONにする機能のことです。
  ※事情によりビデオONにできない方は、事前に事務局にご相談ください。
 
■講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講師:
一般社団法人 中小企業IT経営センター 理事
鬼澤 健八 氏(ITCインストラクター)
 
■プログラム:
[受付開始] 9:45 ~
[研修開始]10:00 ~
時刻 時間 内  容
10:00-12:00
※適宜、休憩あり
120分 ・オリエンテーション
・講義「中小企業CIO育成について」
・CIO育成ツール紹介と演習
12:00-13:00 60分  昼食
13:00-15:30
※適宜、休憩あり
150分 ・ゲーム準備
(グループディスカッション)
・「あるあるCIO(R)オンライン」ゲーム実施
15:30-16:00 30分 ゲームの振り返り(気づき)と実務例
16:10-17:00 50分 セカンドキャリアのためのスキルアップ計画作成と質疑応答
[終了] 17:00
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
一 般:44,000円 (内訳:受講料  40,000円 消費税 4,000円)
 
■開催日/お申込み:
2022年10月4日(火)
オンライン開催
受付終了
   
 ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡を
  いたします。
    当日までの流れ
  
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前まで キャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日 研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2022.05.23

受講された方の感想

未知の世界を垣間見ることができてよかったです。

映画のような世界が現実にもあることを実感できた。攻撃者の考え方が理解できた。

    セキュリティの研修は概念的なものが多いですが、具体的でわかりやすい内容でした。ありがとうございました。

悪意のある攻撃者の攻撃方法の一部が理解できた。

いろいろな質問にも答えて頂き満足している。
2022.05.23

     

security2.jpg

【講座概要】

     

   特定の組織や人を狙って行われる標的型サイバー攻撃は、近年大きな脅威となっています。
   ソーシャルエンジニアリング手法を尽くした標的型攻撃メールや、セキュリティツール等による検知を回避し、侵入の
   痕跡を巧妙に隠蔽しながら活動するマルウェアなど、手口や技術も年々高度化しています。

   本研修では、サイバー攻撃者と同じ手法・ツールを使い、サイバー攻撃者の戦略を学びつつ、セキュリティ対策をどう
   考えていかなければいけないのかを解説します。

     
【講座内容】(予定)
    (1) ホワイトハッカーという仕事
    (2) 攻撃者の情報収集手法(OSINT)
    (3) 攻撃者の攻撃手法(デモ実演あり)※ご自身のPCをご持参いただければより理解を深められます。
    (4) 防御概論 ※テキストは、研修後のご提供となります。
     

   受講者の感想をご覧いただけます 

                    受講者の声  

【研修の特長】
    攻撃者の情報収集手法とその対策について知ることができる

   

【受講対象者】
    ・ITコーディネータ
    ・セキュリティに興味のある方
    ・セキュリティをビジネスとしてご検討している方
    ・セキュリティについて知識を深めたい方

    
【受講特典】

    ・特になし

    

【講座時間/実践力ポイント】
    
3時間/1.5ポイント

    

【受講料】(税込)
     会員: 11,000円  ITC:16,500円  一般:22,000

        

【開催日時・お申込み】

【第1回】日時

2022年9月7日(水) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

          研修形式:オンライン受講型ZOOM

開催終了



【第2回】日時

2023年1月18日(水) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

          研修形式:オンライン受講型ZOOM



【講師紹介】

講師:小笠 貴晴氏 
株式会社セキュリティイニシアティブ、代表取締役(ITコーディネータ)

    
フリーランスとしてシステム開発に携わり2015年に渡米。本場のハッキング技術を学び、国内では珍しいGIAC認定を受ける。2015年4月に仙台にてペネトレーションテストを軸としたセキュリティコンサルティング会社設立。各種企業、官公庁等のペネトレーションテストや脆弱性診断、インシデントレスポンスにおけるマルウェアハント等セキュリティエンジニアとして活動。ホワイトハッカーとしてのスキルを持ち攻撃者目線でのコンサルティングを得意とする。2016年にOWASP Sendaiを立ち上げ、ローカルチャプターチャプターリーダーとしてアプリケーションセキュリティの普及を目的として活動。
     

 
  ogasa2.jpg

【オンライン受講型】注意事項
  ※オンライン受講型は、「ZOOM」を利用いたします。
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡をいたします。
     
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し  
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。
【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2022/5/25t

2022.05.18
受講された方の感想

解析ツールや解析方法が知れたので、よかった。

効果測定がほぼ出来ていないので、この点で具体的に行う事やツールがわかりました。

マーケティングも効果測定・改善も、両方とも事例を交えながら、様々手法が学べ
ました。

アクセス解析の方法の具体的な例を知ることができた。

SEの立場に立つと、ついついエンドユーザ目線でモノを見ることを忘れてしまう
ことがあるが、エンドユーザ目線でのポイントがたくさん紹介されていて、ため
になった。

広告についての知見が乏しかったので、知識の補充ができて良かった。


Webサイトは作って終わりではないことをあらためて認識した

体験を踏まえた解説が非常にわかりやすかった。

 初心者にもわかりやすく、私にとってはとてもためになりました。

実践的なツールの紹介など、今後すぐ使える内容が多く、とても勉強になりました。

2022.05.18
受講された方の感想

仕事でWeb作成に触れる機会がなかったので、提案・作成のポイントが理解できた。

特に、SEOについて、体系的に学べて良かった。

SEOのキーワード選定の方法が参考になりました。

Webそのものの基礎知識もあいまいだったので、基本的な知識を整理することが
できた。

Web制作における検討内容・手順・留意点など幅広く習得することができた。

WEBサイト構築に必要な内容もあり、大変有益だった。


Webを作成する目的として、ぱっと浮かぶのはやはり売り上げ増加だったので、
目的はそれだけではないというのが、一番印象に残った。

キーワード抽出に関する整理方法(フレームワーク)は、非常にわかりやすく、
すぐに実践で使えると思った。

WEBサイト構築だけではなく、WEBサイトに呼び込む対策も重要であることに
改めて気づいた。 SEOの話が大変興味深かった。 WEBサイトを業績アップに結び
付けるためには、WEBサイト構築、運用にはそれなりの専門知識が必要であること
を再認識しました。

内容はかなり詰まっていたが、講師の方が分かりやすく説明していたので、理解
しやすかった。

    「良質なサイトを作るためのアドバイス」など、古くても重要な事として掲載されて
いる姿勢がとても良いと思います。

実例がたくさん入っていたので、理解しやすかった。

お二方とも実績のある方でしたので、お話が参考になりました。

実際の経験に基づく説明であったので、理解しやすかった。

内容盛りだくさんで、Webサイトを立ち上げる上での活動内容を全体的に俯瞰できる
内容であったため、大変ためになった。

今後の活動で使える具体的なフォーマットやツール、サイトなどを紹介頂けたことが
とても良かったです。利用していきたいと思います。 ありがとうございました。

情報量が多く、講師の方々の経験も交えてお話しをしていただき、とても参考に
なりました。。ありがとうございました。

本日はありがとうございました。 Webに関してはメンバーに任せているものの、
専門用語や、話している課題点などがなかなかイメージ湧かずに困っておりました。
少しだけですが、仕組みを知ったことで自分でも提案していけそうな気がしてきま
した。 明日も引き続き宜しくお願い致します。

2022.05.18
受講された方の感想

AIについてふわっとしかわかっていませんでしたが「何となくこのようなものか」と
いうところまで理解を深めることが出来ました。 また、AIの導入に向けての注意事項
も理解することができました。

AIに関する知見が広まりました。 AIは万能ではなく、使いこなすことが重要。 実務で
利用するためには、AI技術と実務知識が必要。 実務課題を解決するためにどのように
AIを活用すればいいのかという観点を持ちながら今後もAIに関する知見を深めていき
たいと思いました。

初めて実際のAIに触れましたが、実習が行えたことで、AIがどんなものなのかが理解
できました。また、通常のシステム開発と何が違うのかを理解できてとても勉強にな
りました。

AIというものが何を指していて、どのようにシステムが構築されるかという基礎を
学ぶことができたので、有意義でした。

ノーコードでAIを活用する方法を学ぶことができ大変参考になった。

概念的にはわかっていたつもりであったが、成り立ちから具体的なロジック、ノーコ
ードのツールまで広範囲な講義をいただき、非常に参考になりました。 現在はITコー
ディネータとしてではなく,IT系子会社として親会社への提案を行う立場ですが、提案
のみならず、自社にも導入したいところが多くあり、実際に自分で導入してみたいと
思います。

AIが実際はどういう仕組みで動いているのかということがわかり、なるほどと思った。

AIの概念学習と思いましたが、実践に活かせそうな切り口の気づきが得られました。

チャットボットなど思ったよりもAIの導入が簡単にできると思う反面、学習データの
準備、学習、モデル作成など、これまでのシステム開発とは違った部分での大変さが
よく分かりました。 EUCとしてかなりのことができそうと感じた分、リテラシー向上
の必要性を強く感じました。

知識経験が豊富でありながら、初心者にもわかりやすい説明をしていただいた
ことに感謝します。

グループワークではなく、講義、各自の操作ということで理解が深まり、自分の
ペースで学習できる点が非常に良かった。 グループワーク中心だと、講義が薄か
ったり、正しいのかわからずグループで実践という状況で戸惑いや時間効率も悪く、
あまり効果的ではないと感じているので、今回の様な研修がすごくやり易かった。


AIに関する知識のフレームを得ることができ、自身で使ってみるための端緒を得ら
れました。 お客様と、何ができそうか何が難しそうかを共有し、まずは小さなこと
からで始めていきたいと思います。

AIが具体的にどのようなシーンのどのような場所で活用されているか、できること
できない事が理解できた。

今までAIに関するWeb情報や話だけの理解でしたが、実際にWatsonやAzure ML
を使用することで、自分にとっては 肚落ちする内容でした。

AIは業務で触れる機会がなく、独学では敷居が高く何から始めて良いかすら分からな
かったが、演習でやったような簡単な事から独学で進められる

    具体的なAIエンジンを使った経験がなかったため、解説付きの演習ができたことで
非常に理解が進みました。

AIを実装するイメージがつき、理解が深まった点で、スキル向上に役立った。

AI導入の実際について、初歩的な実習とはいえ実体験することができたことが非常
に大きいと感じる。

様々なAIクラウドサービスを体験できたのは、大変役に立った。 「学習モデルは
1度作成して終わりではなく、きちんとサイクルを回す必要がある」といった講義
内容も、大変参考になった。

実際のAI利用を体験できたのは貴重だった。

AIに対する操作系の知識の習得と想定していたが、歴史的背景、概要、考え方など、
今後必要となる内容を学習することができました。

実際にAIを体験することができる貴重な機会となりました。AIについての経験が
なく、やってみないとわからないと思っていたので大変役立ちました。

これまで、AIというものを漠然としか理解できていなかった。普段利用する、
チャットボットや、画像認識、そういったものが、どのように処理されていくのか、
一部でも体験できてよかった。「AI・Iotが注目されるのは、ITが発展する為」。
今後IT化の提案を行う際の知見が広くなり、いろいろな事を想定しながら提案が
できそうな気がしています。

初歩的なAIの体験ができ、AIが身近に感じられることができた。 ビジネスにおける
AI活用のイメージができて有意義であった。

AI活用の入り口について理解が深まった。

初歩的な事ではあるが、AIを経営で利活用するイメージが持てた。

AIを「作り込む」側から学ぶことが多く、中小企業への導入にはハードルが高いと
感じていましたが、「利用する」側からの視点を整理して説明いただき、全体像が
整理できたとともに、様々な選択肢に気づくことができました。

講義は初心者向けの内容が多かったが、実習は理解が深まりよかった

AIの導入を支援する側の視点に立って考えたとき、経営者、導入部門、ユーザー
に対してそれぞれ理解を得るように働きかけないと、導入がうまくいかないことが
分かりました。

AIを用いたサービスがすでにかなり身近になっていることを思い知らされた。世の中
の様々なサービスに、当たり前にAIが組み込まれているということを知り、AIを使っ
ていること自体だけでは、他社製品・サービスへの優位性にはならなくなっているの
だと思った。

AI導入・提案の際、分かりやすい体系・フローと、実機体験により、他者への説明も
容易にできそうです。AIをつくる・つかうの気づきが大きかったです。

WatsonやGoogleを利用して構築することが 容易に可能だということに身をもって
学ぶことができました 講義だけでなく、構築の仕方も実践できたことが良かったです

AIと思っているものはIOTへなるということ。 「こんなのはAIではない。」とお客様
に言われた商品があり、私自身もそうだなと思っていたが、「こんなことができたら
いいなで始まったときはAIであり、当たり前になればIOTとなる。」と教えていただ
いたことにより、腑に落ちました。

概要・有用性、設計・実装レベル、プロジェクト推進まで幅広く、緩急をつけたご
説明でしたので、とてもわかりやすく、納得感がありました。

内容が多いため、画面を見ながら作業を進めようとするにも必死の作業となり、説明
が聞けないときがありました。 とても優しい口調で本音も交えた説明の為、わかりや
すかったのでそこだけが心残りです。

お話も聞きやすく声だったので良かったです。 また、導入現場のお話も聞けたのが
良かったです。

大変論理的かつ説得力があり、またAI活用に関してもかなりの知識、経験に裏付け
された講義で、分かりやすかったです。

実習の部分では、いったん自分の作業が遅れ始めると追いつけなくなる感じがあった
が、時間との関係があったためどうしようもない部分かと思った。全体を通して、現
場の実際を踏まえた説明になっているように感じ、とてもよかった。
2022.05.18
受講された方の感想

知財権に関して、ほとんど知識がなかったため、大変勉強になりました。

モノではなくコトを知財化するという部分

受講前に抱いていた知財活用イメージとはかなり違っており、知財活用にはいろいろ
な戦略(オープン/クローズ)があり、とても参考になった。 特に単に特許出願件数
を目的としたものは余り意味がなく、自社の競争優位性、協業・協調戦略のために知
財活用がたいへん重要であることが理解できた。 知財活用は奥深く、専門的な知識も
必要であり難しい面があることも分かった。

これから経営戦略等関わっていく中で、知財戦略の観点を取込ながら、 検討してい
きたいと思いました。

IT利活用だけでは収益を上げるビジネスモデルを構築することは難しいので、知財
戦略も必要な要素だと理解できた。

実際の経験談を詳細にお話いただいて、とても理解が深まりました。 また知的財産
権に関する講義がありましたら、ぜひ受講させていただきたいです。

専門的な知見が豊富でとても分かりやすい講義でした。

知財戦略について網羅的に、かつ分かり易く説明いただきありがとうございました。
知財の活用に関する気づきも多くありました。 また実企業の知財戦略を経営デザイン
シート作成も、知財戦略を自分なりに考えると同時に、経営デザインシートを使った
整理、見える化する技術が身に付き、大変効果的だと思いました。

知財についての過去の流れや実例のお話も多くより話が入りやすかったです。ニー
ズ、シーズ、ウォント流れや経営デザインシートなど実践的な部分も知ることができ
ました。

知財戦略の整理方法についてよく理解できた。

AS-IS/T0-Beを整理して、戦略を決めるプロセスの経営デザインシートの作成手法
は、自己の業務の研究計画書を作成する際にも応用できそうです。

ビッグデータ・AI事業を自社の事業ドメインとしているため、事例を踏まえ解説頂い
たので、ビジネス転用へのヒントとなった。

戦略マップ、経営デザインシートは、色々な場面で使え、役立ちそうと感じました。
特に戦略マップは、概略を話すのにわかりやすい内容です。

元々は、知財=特許権に近い理解をしていたが、オープン/クローズの考え方、モノだ
けでなく方法にも特許が適用できる等、様々な気づきを得る事ができた。

知財に関しては無知であったが、経営を考えるうえで知財戦略は非常に大事である
ことが分かった。

経営デザインシートは、うまく使えれば使い勝手のよいツールになりえると
感じました。

元々は、知財=特許権に近い理解をしていたが、オープン/クローズの考え方、モノ
だけでなく方法にも特許が適用できる等、様々な気づきを得る事ができた。

知財戦略にもフロントランナー型からキャッチアップ型まで、さまざまなものが
あることが分かった。

事例説明も周辺の話もあり内容が奥深く、また講義の説明が端的で明確でポイント
を確り押さえられている様で分かり易かったです。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ