研修セミナー、教材情報

2018.06.13

 

2018年9月1日(土)開講式

 

この研修は、特定非営利活動法人 モノづくり応援隊 in 大田区が、11年間の活動実績で160社を超える企業支援を実施したノウハウをベースにした、実地研修です。
ITコーディネータ協会の実地研修としても、今回で第6回目となる実績のある研修です。

 

実施機関より研修概要説明

※ 動画は2017年撮影のため、今年度スケジュールは以下よりダウンロードしご確認ください

①研修説明資料
ダウンロードはこちら
(20180618更新)

 

②研修スケジュール
ダウンロードはこちら
(20180618更新)

 

↓ お申込みは以下からお願いします 

「営業実習コース」

支援企業の獲得手法と支援ノウハウの修得

「支援演習コース」

支援ノウハウの修得

 

【2016年度 実地研修受講者の声はこちら】

 

受講生の声

 

企業内ITコーディネータ:西川 仁

私は長年ITベンダーのSEとして活動してきましたが、最近、ベンダーのビジネス環境は激変してきており、従来の顧客要件ベースのやり方だけでは通じなくなってきて、イノベーションを一緒に考えられる人材が求められています。
2015年度に当研修(企業内ITCコース)を受講しましたが、学んだことは大企業のお客様にもすぐに適用可能だと感じました。この研修の価値は、1)経営者の思いを経営戦略化して実行計画までを短時間で策定できる一貫した方法論があること、2)実顧客で実践する機会があることです。自分で考え、ファシリテートしていく研修ですが、感性を研ぎすませ取り組むことで得るものが非常に多い研修です。

 

独立系ITコーディネータ:伊野 修士

私は【実地研修】2015年版の独立系ITCコースを受講しました。ITC資格を取得したばかりで、先にeラーニング「ITC実務への取組み」を受講して独立系ITCの活動内容を学びましたが、営業活動を始めとして実践にあたっては戸惑う面が多々ありました。そんな方にこそ当研修の受講をお勧めします。
当研修での営業活動は「モノづくり応援隊in大田区」の立場で行います。
ノウハウやDM用のパンフレットなどを利用させて貰うことができますが、進め方は自主性が認められます。実績ある組織の「財産」を利用させて貰いながら、自分のスタイルを模索することができる点に大きな価値を感じました。
営業活動以外にも、TNMSというツールを用いて経営戦略策定支援の手法を学べて、希望すれば支援現場に同行させて貰えます。他にも経営者の立場を体験するビジネスゲームなど、色々な要素が詰まった研修です。また人脈が乏しいと感じている独立系ITCであれば、長い研修期間が「仲間」を作る良い機会になると思います。このように活動歴の浅いITCにとってはメリットが多く、他には見当たらない研修だということを受講経験者から申し上げたいと思います。

 
独立系ITコーディネータ:名迫 和男

私は、2015年の独立系ITCコースを受講しました。この研修を受講して、研修を受講するきっかけや研修の特徴をお伝えします。
<受講するきっかけ>
2013年にITコーディネータ資格を取得しましたが、まだ何をどうすればよいかわからない時に、協会からのメールマガにて本研修を知りました。いろいろなセミナーがありますが、座学の勉強がほとんどで実際に中小企業を支援する事が難しい状況でした。しかし、本研修最大の特徴で実地研修があるという点に注目したことが受講するきっかけです。
<おすすめする点>
実際に中小企業の支援をし、アプローチから企業の課題整理までを体験できる数少ない研修です。また、TNMSというツールを利用することで、企業の課題整理がスムーズに、経営戦略を策定できますので、ITコーディネータの皆様には、このツールを是非体験してほしいです。
現在私は、「モノづくり応援隊in大田区」に入会して、企業支援実践を継続することでITコーディネータとして活動しております。

 

 

 

2018.05.22

 

2018/06/25

IT導入支援事業者向け/平成30年度完全版対応!
『IT導入補助金』のための事業計画書作成方法

~採択される計画書の作成法を伝授~

【名古屋】・【北海道】・【石川】・【沖縄】で開催!
 


 平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業として、『IT導入補助金』の申請が始まっています。1次募集は6月4日で締め切られましたが、6月20日から2次募集が開始されます。
 本補助金申請では、補助事業者の経営課題を解決し労働生産性を向上させる為の事業計画書を作成する必要がありますが、昨年の2次募集では採択率が30%~40%であったと推測されます。つまり、事業計画書の作成の優劣で採択が決まる可能性が高いのです。
 また、本年度は補助金申請の時に、ローカルベンチマークを活用した、経営診断ツールを使い、補助事業者の診断結果とITツールがマッチをマッチさせる必要があります。
 本研修はIT導入支援事業者である、ITベンダーの方が、自社のITツールの代理申請を行う時に、採択される可能性が高くなるような事業計画作成法や、今回新たに採用された経営診断ツール(ローカルベンチマーク)による診断法、及びそれとITツールとマッチングさせた、事業計画を作成する方法等を具体的に修得して頂きます。採択率を上げたいと考える、IT導入支援事業者の方は、ぜひ受講をご検討ください。
 
 IT導入支援事業者のITベンダーの皆さま&支援ITC 必見の研修です!

「IT導入補助金」」とは?(サービス等生産性向上IT導入支援事業
 

チラシはこちら 
 

■講座概要

①補助金の特性と採択条件
②IT導入補助金のスキーム
③IT導入支援事業者としてやるべき事
④ITツールの申請登録の方法と注意点
➄加点項目とその内容
⑥ローカルベンチマーク概説
⑦採択される可能性が高まる4つの条件
・経営診断内容とITツールのマッチング
・経営診断ツールの財務指標の読み方と診断方法
・経営診断ツールの非財務指標から読み取る経営状況
⑧5カ年の数値計画と独自指標の設定方法
⑨事業計画作成演習(事例を使い経営診断及び数値計画の作成法を学びます)


■講座受講対象者

「IT導入補助金」支援事業者であること

※「IT導入補助金」の内容や採択についてのお問い合わせは、直接事務局へお尋ねください。
  こちらにお問い合わせをいただいてもお答えは出来ません。


■講座時間

4時間 (ITCの方には実践力ポイント:2ポイント)


■1名あたりの受講料 (税込、事前申請制)

初回:37,800円/前回受講済:32,400円


お申込みには「ITCプラス」へのメンバー登録が必要です
                                                 info02クリックすると登録方法ヘルプをご覧になれます


■日時/お申込み
 

日時:2018年7月23日(月) 13:30~17:30
受付開始/13:00
会場:imyホール5階第2会議室(千種駅前)

講師:水口 和美氏(ITコーディネータ)
※ お申込み受付期間は、開催日の1週間前に開催判定を
 いたしますので、お申込みの方は、それまでにお申込みください。


 

初めて受講される方
ani_apply.gif

 
前回受講済企業の方
ani_apply.gif

 
   

【北海道開催】new



日時:2018年7月5日(木) 13:00~17:00
受付開始/12:45
会場:道特会館 6階 中会議室

講師:阿部 裕樹氏(ITコーディネータ)
※ お申込み受付期間は、開催日の1週間前に開催判定を
 いたしますので、お申込みの方は、それまでにお申込みください。

 


初めて受講される方
ani_apply.gif

 
前回受講済企業の方
ani_apply.gif

 
 

【石川開催】new


日時:2018年7月7日(土) 13:30~17:30
受付開始/13:00

会場:株式会社石川県IT総合人材育成センター 2階研修室B

講師:福田 和夫氏(ITコーディネータ)
※ お申込みの締切日は6/28(木)となります。
 


初めて受講される方
ani_apply.gif


前回受講済企業の方
ani_apply.gif

 

 

【沖縄開催】new


日時:2018年7月12日(木)  13:30~17:30
受付開始/13:00
会場株式会社沖縄産業振興センター「小会議室308号室」

講師:多々納 健一氏(ITコーディネータ)
.iz-comIT経営相談所
※ お申込み受付期間は、開催日の1週間前に開催判定を
 いたしますので、お申込みの方は、それまでにお申込みください。


初めて受講される方
ani_apply.gif

前回受講済企業の方
ani_apply.gif

 

 

 

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

ITCA研修担当

※「IT導入補助金」の内容や採択についてのお問い合わせは、直接事務局へお尋ねください。
  こちらにお問い合わせをいただいてもお答えは出来ません。

 

『IT導入補助金』のための事業計画書作成方法

【仙台】・【高松】・【東京】【京都】はこちらをクリック!

「ものづくり補助金」研修も開催中!!

 

 

2018.05.22
 【フォローアップ研修】
「業務要件定義書作成手順を知る
 ~情報システム構築における超上流工程の手順書 作成~
 
■講座概要:
当研修の「業務要件定義作成手順を知る」は、下記の通りです。
・業務要件定義(以下、要件定義)の基本を6項目に絞ります。
1.ソフトウェア取引    (契約時に要件定義書作成の支援内容を明確にする)
2.目的の共有       (経営者の想いを経営戦略企画書・IT経営戦略に表して共有する)
3.要求の把握       (現行調査とあるべき姿の明確化)
4.課題抽出と解決策決定 (現行とあるべき姿とのギャップ対応検討)
5.経営者の承認取り付け (新情報システムの企画提案書作成)
6.要件定義を行う      (機能要件・非機能要件に整理して要件定義書作成)
これらを確実に行うための手順を明確にします。
 
・研修では、
1.要件定義のベースとなる経営戦略・IT戦略策定手順を理解します。
2.IT戦略から目標業務プロセスの実現を図る為の要望・要求を要件定義書に表す手順を習得します。
3.演習による事例分析グループワークに参加することにより実践的な手順を確認していただきます。
・研修に参加し超上流工程に必要とされるスキル・資質・知識等を把握の上、ご自身に必要なスキルアップ用ロードマップを描いて、確実にレベルアップしましょう!!
 
<講座PR>
要件定義のベースとなる経営戦略・IT戦略策定手順を把握の上、要件定義書作成手順を習得していただきます。
 
 <講座レベル>
基礎から中級
 
 <受講者のKGI> 
ユーザが作成する要件定義書の作成支援スキルアップ
 
 <受講者のKPI> 
①IT経営戦略企画書について再確認する
②要件定義を行うための要求・要望を把握し分析する手順を理解する
③要件定義書(機能要件・非機能要件)にまとめる手順を理解する
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
 NPO法人石川県情報化支援協会 理事  原 保 氏
 2006年 ITC資格取得。2012年から独立系ITCとしてIT関連のコンサル活動を行っている。情報処理サービス業の業務経験(システム構築・営業)を生かし、中小企業向けIT経営コンサル及び情報化推進の人財育成支援を行う。
 
■プログラム:
[開場/受付]9:00~
[研修開始]   9:30 ~
 
1.情報システム構築の状況      
2. 情報システム企画プロセス
 2-1.システム化の方向性フェーズ 
     ・情報システム構想の立案 (演習あり)
  2-2.実行計画 策定フェーズ      
     ・情報システム化実行計画の立案 検討手順 (演習あり)
 2-3.業務要件定義フェーズ   
    (1)機能要件項目    (2)非機能要件項目    
3.まとめ (要件定義書作成について情報交流)
 
[終了] 16:30                             
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 石川県地場産業振興センター 本館2階 第2会議室
 
申込みはこちら
 7月21日(土)金沢開催 
   開催決定!
 
 
■お問合せ先:
 NPO法人石川県情報化支援協会
 メールアドレス:itps111hara@gmail.com

 

2018.05.21
ITCA研修
「ビジネス・コミュニケーション・スキル ワークショップ2018」
~仕事上のコミュニケーションは「スキル」である!~
実際のワークショップを体験し、どの企業でも無理なく、分かりやすく、納得した上で
展開できるビジネス・コミュニケーション・スキルの戦略的実践を学びます。
自身のスキルアップに、もしくは社内や顧客先でのコミュニケーションスキルを
向上させたい皆様に最適なコースです。

 

 

講座概要

漠然としがちなビジネスコミュニケーションスキルを整理し、ちょっとした意識とルールで、仕事が変わる!
・ビジネス・コミュニケーション・スキルを構成する3要素、9つのスキル

・地元自慢ワークショップ
・好きなもの自慢ワークショップ
など、楽しく、分かりやすく、講義致します。
★受講者特典

BCSA(ビジネスコミュニケーション・スキル診断)のID
受講者用ID(講座受講前にご提供)
ビジネス用ID (講座受講後にご提供。お客様企業やご自身の会社などでお使いください)

こんな方におすすめ

・人が好き!
・ビジネス・コミュニケーション・スキルを強化したい方
・BCSAツールをご利用したい方
・事業推進・戦略/人材育成担当者
・経営者
受講者の得られる効果
・顧客との継続的な関係構築や新規顧客の獲得
講座時間 3時間30分
実践力ポイント 1.75ポイント
講師
板見谷 剛史氏(CompTIA日本支局 シニアコンサルタント)
2001年の日本支局開設当初から、各企業、学校機関に対し人材育成体系のコーディネートを実施。「ビジネス・コミュニケーション・スキル診断(BCSA)」の提供以降は、各方面にワークショップを提供し、スキルを通してビジネス・コミュニケーションの視える化に尽力。
受講前提条件

※講座前日までにBCSAの受講者用IDを利用してご自身のスキル診断を実施いただきます(必須)。BCSAの受講者用IDは講座1週間前までに協会からご提供いたします。

プログラム
(予定)
(受付)13:15~
(開始)13:30~
 (1)ビジネス・コミュニケーション・スキルを構成する3要素、9つのスキル
 (2)地元自慢ワークショップ
 (3)好きなもの自慢ワークショップ
(終了)17:00
受講料(税込)

(事前申込制)
会員 15,000円、ITC 20,400円、一般 25,800円

お申込み

2018年10月3日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

研修制度デザイン部  ITCA研修担当

TEL:03-3527-2177 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

 

2018.05.18
ITCA研修
「イノベーションプロセスの実現2018」
~あなたの「マネジメント」が会社を変える~
持続的な成長を行うエンジンであるイノベーションを継続的に起こし、
新たな事業を創造する気づきを得ることを狙いとしています。
それによって、イノベーション創出に向けた企業の在り方についての
理解を深め、イノベーションを進める企業風土醸成の一歩を踏み出す事ができます。

 

ご参加の受講者の声:

・これまでの改善改革活動とは違う取組みに期待したい

・受講したことにより、今まで実現できなかった壁の突破を実現できるかもしれない、と感じた

・今までの改善改革活動を超える成果が期待できると考えた

・社長、役員、本部長クラスにもぜひ進めたい

 

 

講座概要

企業や組織が持続的に成長するためには、イノベーションが必要であり、このためには、「イノベーション経営サイクル」を理解する必要があります。この概要を、解説している『プロセスで解き明かすイノベーション』をベースに、イノベーション経営の考え方や背景を学ぶと共に、イノベーションプロセスにおけるマネジメントについて学びます。

こんな方におすすめ

・イノベーションで経営革新、多角化・新規事業を目指す経営者
・イノベーション推進のノウハウを学び成長したいリーダー、マネージャー
・イノベーションな組織への脱皮をお考えの人事・教育ご担当者
・企業変革をビジネスにしようとするITコーディネータ

受講者の得られる効果
・イノベーション活動の全体像が理解できる
・イノベーション実現プロセスの概要を知ることができる
・イノベーションに対するマネジメントを理解できる
講座時間 6時間
実践力ポイント 3ポイント
講師 浅井 治氏(ITコーディネータ)
「プロセスで解き明かすイノベーションイノベーション経営プロセスガイドライン」WGメンバー

                      
受講前提条件 特になし
プログラム
(予定)

(受付)9:45~
(開始)10:00~
 (1)イノベーションの概念の理解とワークショップ
 (2)イノベーションプロセスにおけるマネジメント手法とワークショップ
 (3)イノベーションプロセスガイドラインの理解とワークショップ
(終了)17:00~

受講料(税込)

(事前申込制)
会員 21,600円、ITC 32,400円、一般 43,200円

お申込み

2018年10月12日(金) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

研修制度デザイン部  ITCA研修担当

TEL:03-3527-2177 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

 

2018.05.18

2018/5/18

ITCAセミナー 6/27 開催です!

今、自治体ビジネスが熱い!

~自治体にある情報システムコンサルティングの仕事と発注受注の方法を公開!~

自治体の仕事として「CIO補佐官」が有名ですが、現在は業務が多様化し、いろいろな業務が公示されています。公共工事(入札)というイメージが強い自治体ですが、建設や土木の仕事以外にも情報システムに関わるコンサルティングの仕事が多数あるのです。地方自治体でのビジネスは、情報システムに関するものもあれば、地方創生のための地域活性化、学校・教育等ICTを活用した様々なジャンルの仕事もあり、バラエティ豊かな市場です。


本セミナーでは、自治体の市場を今まで経験されていない方々に、新たなビジネスチャンスである地方自治体ビジネスの魅力や、実際にその仕事を受けるための手続き、知識、求められる実績についてご紹介します。
 


開催日時:2018年6月27日(水)
   14:00~16:10(13:45~開場)
 
【第1部】14:00~15:00
「自治体にあるITCの仕事」
~自治体には、こんな仕事がある~

講師:ITCサンシャイン・ブレインズ
  内田 勝也 氏(ITコーディネータ)
 
impact注目の市場!学校・教育分野の事例紹介します!impact
 

【第2部】15:10~16:10

「地方自治体とITCビジネスの連携」
~地方自治体ビジネスの実例をご紹介します~
 

講師:エムエスITコンサルティング株式会社
   斉藤 実 氏(ITコーディネータ)

ITCプロフィールはこちら 
 

費用 (会場参加、ライブ視聴同額)会員 1,080円 ITC 2,160円 一般 3,240円
 
実践力ポイント:1ポイント
 

会場参加のお申込みはこちらをクリック

会場:ITコーディネータ協会 A会議室
 
 
   
 
  ライブ視聴のお申込みはこちらをクリック
LIVE:ストリーミング視聴推奨環境はこちら
※モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです
※YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていること
※PCやモバイルのキャッシュを削除済みであること
 

研修制度デザイン部 研修担当グループ高橋・石井まで

 


 

 

 

2018.05.10
ITCA研修
「WEBコンサルタント育成研修2018」
~WEBの専門家が、WEB活用を成功に導くコンサルティングノウハウを伝授します!~
コンサルティングノウハウ大公開!
苦手な分野だけの受講大歓迎!
WEBの取り組み未経験の方でも、本研修の受講で中小事業者を
支援するためのコンサルテイングスキルを高めることができます。
必要な分野ごとに講座をご用意いたしました。

 

こんな方におすすめ

・独立系ITコーディネータ、または独立を目指すITコーディネータ
・WEBコンサルタントに必要な知識を得たい方
・WEBコンサルタントを目指している方、またはご検討している方
・WEBの相談を受けるが苦手な(自身のない)WEBの分野がある方

受講料(税込)
1講座当たり/全講座共通

(事前申込制)
会員 10,800円、ITC 16,200円、一般 21,600円

受講特典

・来年度以降に実施予定の「WEB活認定コンサルタント」の受講資格
※2018年度は「WEB活認定コンサルタント試験」は予定しておりません

 

WEBコンサルタント育成研修
~WEBの成否を分けるコンセプトの作り方~

講座概要

本講座では、成功するWEBサイトを構築するためにとても重要となる、コンセプト設計段階でのコンサルティングの進め方について解説します。競合他社を分析し会社の真の「強み」を掘り起こす方法や、明らかになった「強み」をWEBサイトを通じて「誰に・何を・どの様に」伝えるかを整理するための方法について、実際のコンサルティングの現場で使用されているツールを用いながら具体的に解説します。
参加されるITコーディネータの方々が、WEBサイト制作のコンセプト設計フェーズにおいてコンサルティングができるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
松本 年史氏(ITコーディネータ)
お申込み
日程:2018年09月01日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~集客できるWEBコンテンツの設計~

講座概要

本講座では、集客できるWEBサイトを構築する為に、WEBコンテンツをどのように構成すれば良いのかを明らかにするコンテンツ設計の進め方ついて解説します。ターゲットユーザーの課題を深堀し、その解消策をコンテンツに落とし込むことでWEBサイトの構成を定義していく方法を、実際のコンサルティングの現場で使用されているツールを用いながら具体的に解説します。
参加されるITコーディネータの方々が、WEBサイト制作のコンテンツ設計フェーズにおいてコンサルティングができるようになることを目的とした講座です。
受講者の得られる効果
これまで、WEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師 松本 年史氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年09月01日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
 
WEBコンサルタント育成研修
~コンバージョンを増やすためのコンテンツライティング~

講座概要

本講座では、成功するWEBサイトにとって必須であるコンバージョンを増やすためのコンテンツライティングをテーマに、ITコーディネータとしてのコンサルティングの進め方について解説します。まずは、WEBサイトにおけるコンテンツライティングの基本を解説します。次いで、興味を喚起するキャッチコピー、説得力を高めるボディーコピー、訪問者の背中を押すクロージングコピーなどのライティング方法について、実際のコンサルティングの現場での事例を交えながら具体的に解説します。また、コンバージョンを増やすためのコンテンツライティングのポイントを、演習を通じて体験していただきます。
参加されるITコーディネータの方々が、支援企業のWEBサイト活用において、コンバージョン率を高めるためのコンテンツライティングのコンサルティングが行えるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
中小事業者の経営改善のためのWEB活用のうち、「コンテンツライティング」についてのコンサルティングノウハウを習得できます。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
並木 博氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年09月08日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~ビジネスを安定させるリピーター獲得ノウハウ~

講座概要

本講座では、WEBサイトを活用して顧客と良好な関係性を継続していく為に必要なリピーター獲得のノウハウについて解説します。立地条件等が左右する実店舗販売とは違って、WEBサイトを活用したビジネスでは、顧客の目的や特徴に合せたアプローチを行うことが、ビジネスを安定させる為には必要です。モニター越しの顧客に対して、具体的にどの様なアプローチでビジネス成果に結びつけることができるのか、そのポイントを解説します。WEBコンサルタントとして必須と考えられるリピーター獲得ノウハウの実践力を育成することを目的とした講座です。

受講者の得られる効果

これまで、WEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。

講師
並木 博氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年09月08日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~コンサルタントが知るべきWebサイト制作の準備と基本知識~

講座概要

本講座では、成功するWEBサイトを構築する為に必要となるサイト構築の準備について解説します。物品販売のWEBサイトを構築する場合、どのような選択肢があるのか、またバックヤードのインフラ整備はどうしたら良いのかなどを検討する必要があります。このような場面で活用できる基本的な知識や必要となる準備についてお伝えをするとともに、利用できる便利なサービスをご紹介します。
参加されるITコーディネータの方々が、WEBサイト制作の設計フェーズにおいてサイト構築のコンサルティングが行えるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
桒原 篤史氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年09月29日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~WordPress(ワードプレス)によるサイト構築の基本~

講座概要

本講座では、「CMSとHP作成ソフトの違い、ワードプレスの特徴、構造と構築手順、デザイン方法、機能追加方法、デモンストレーション、セキュリティ対策」など、WordPressによるサイト構築の基本プロセスについて解説します。ご自身で新規事業ビジネスを立ち上げるにしても、ITコーディネーターとして独立するにしても、専用WEBサイトは当たり前の時代。そんな中、スピーディーかつ柔軟にWEBサイトが構築できるCMSツールとして、もっとも注目を浴びている「WordPress(ワードプレス)」について、具体的な事例を交えながら一つ一つ説明をしていきます。
参加されるITコーディネータの方々が、自身でワードプレスのWEBサイトが構築できるようになることや、クライアントに対してCMSツールのアドバイスができるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
桒原 篤史氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年09月29日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
 
WEBコンサルタント育成研修
~SEO対策(設定編)~

講座概要

本講座では、成功するWEBサイトを構築するための「SEOの基本知識、 サイト構築時のSEO対策、Google対策のポイント」などについて解説します。ご承知の通り、クライアント先が最も気にしているのは「WEBサイトの集客効果」です。集客効果を高めるために「しなければいけないSEOのポイント」について、具体的なツールをご紹介しながらセミナーを進めていきます。
参加されるITコーディネータの方々が、WEBサイトの集客効果について基本的なコンサルティングができるスキルを習得することを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
中小事業者の経営改善のためのWEB活用のうち、「SEOとアクセス解析対策」についてのコンサルティングノウハウを習得できます。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
松永 菜穂子氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月13日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~SEO対策(運用編)~

講座概要

本講座では、コンテンツSEOの基本知識とコンテンツSEOによりライバルに対して検索優位を実現する方法をお伝えします。
SEOでの優位性を獲得するためには「どんなサイト」にすれば良いか?
その答えは「閲覧者にとって有益な情報や体験を提供するサイト」です。どういう観点で有益な情報をコンテンツとして提供していけばいいのか、その考え方と方法をお伝えします。サイトボリュームを増やし、様々なニッチなワードで検索上位に表示されるようになる効果もある手法です。
参加されるITコーディネータの方々が、コンテンツSEOの知識を生かしサイト改善のコンサルティングができるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
松永 菜穂子氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月13日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
 
WEBコンサルタント育成研修
~WEBとの連携により効果を発揮するSNSの活用~

講座概要

本講座では、WEBサイト構築後の集客方法の一つであるSNSの効果的な活用法について、ITコーディネータがコンサルティングを行う上でのポイントを、以下の流れで解説します。
・WEBサイトにおけるSNSの役割と活用の基本について
・主なSNSの特徴とWEBサイトの目的、顧客層別の相性について
・SNS活用例について
・運用時の注意点について
参加されるITコーディネータの方々が、WEB活用においてSNSを利用した効果的な集客方法のコンサルティングが行えるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
中小企業・小規模事業者の経営改善のためのWEB活用のうち、「SNSを活用した効果的な集客方法」についてコンサルティング出来るノウハウを習得できます。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
冨田 さより氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月20日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~訪問者を増やすための効果的な広告活用法~

講座概要

本講座では、成功するWEBサイトにとって重要となる、訪問者を増やすための効果的な広告活用をテーマに、ITコーディネータとしてのコンサルティングの進め方について解説します。
まずは、WEBサイトにおける広告活用の基本を解説します。次いで、リスティング広告とその活用方法、SNS広告とその活用方法について、実際のコンサルティングの現場での事例を交えながら具体的に解説します。また、コンバージョンを増やすための効果的な広告活用のポイントを、演習を通じて体験していただきます。
参加されるITコーディネータの方々が、支援企業のWEBサイト活用において、訪問者を増やすための効果的な広告活用法のコンサルティングが行えるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
中小事業者の経営改善のためのWEB活用のうち、「効果的な広告活用法」についてのコンサルティングノウハウを習得できます。
講師
笠岡 はじめ氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月20日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
 
WEBコンサルタント育成研修
~アクセス解析から読みとるWEBサイト改善手法~

講座概要

本講座では、WEBサイトを改善・成長させて成果を獲得するために重要となるアクセス解析の基本をお伝えします。なぜ?アクセス解析が必要で、どんな効果をもたらすのか?アクセス解析の基本知識とGoogleアナリティクスによる解析の基本ポイントを解説します。アクセス解析の膨大な情報の中から、サイトのパフォーマンスを高めてくれる情報の見つけ方、改善に結びつける考え方のポイントを解説します。
参加されるITコーディネータの方々が、支援企業のWEBサイト活用において、アクセス解析のデータを活用したサイト改善のコンサルティングができるようになることを目的とした講座です。

受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師 松本 年史氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月27日(土) お申込みはこちら
時間:10:00~13:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
WEBコンサルタント育成研修
~WEBサイトの成約率を上げるためのテストの方法と知識~

講座概要

本講座では、WEBサイトの目標(ゴール・成功)を達成するために避けては通ることのできない、テストの方法について解説します。WEBサイトは一度制作してしまったら終わりではなく、常に市場や顧客に合わせて改善を行い最適化をしていかなくては、コンバージョン目標を達成することはできなくなります。その為、コンバージョンを高める為の要因を分析・把握する方法と具体的なアクションについて、何から実施するべきかを知ることはとても重要です。ただやみくもにテストを行うだけでは効果がなく、成果に繋げる為のテストのバリエーションや有効なテストツールの活用方法を理解しながら、実践力を育成することを目的とした講座です。
受講者の得られる効果
これまでWEBサイトの制作やWEB活用に関するコンサルティングを行ったことがないITコーディネータが、本講座を通じてノウハウを習得することでコンサルタントとして活動ができるようになります。顧問先や新規クライアントからのWEBに関する要望に応えることが可能となり、ビジネスの機会を獲得することにつながります。
講師
並木 博氏(ITコーディネータ)
お申込み 日程:2018年10月27日(土) お申込みはこちら
時間:14:00~17:00

場所:ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)
 

 

 

お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

研修制度デザイン部 ITCA研修担当
TEL:03-3527-2177 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

 

2018.05.10

 

平戸 隆(ひらと たかし)
   キャリア (経歴)
大手ITベンダー出身。傾聴力、情報収集力、分析力、豊富な開発プロジェクト管理経験を武器に中堅・中小企業のIT化を支援。2001年度よりITCの育成支援にも従事。
   
   メッセージ
PGLを読んでなかなか頭に入ってこないことに驚いている貴方へ。事前課題、講義、グループワーク、レポート課題をこなしていく中で、次第にITCのフレームワークに対する理解が深まっていくよう、丁寧な指導をお約束します。試験対策講座とセットで受講することで毎回多くの先輩がITC資格を取得しています。一緒に頑張りましょう。

 
2018.05.10
【フォローアップ研修】
  ITCとしての情報戦略を提案する(2)
-顧客価値を高めるための提案作成- 
 
■講座概要:
 ケース企業を通じて、ITCとしての必要なITCプロセスやフレームワーク、必要となるコミュニケーションを振り返ります。
この研修では、経営課題を解決するための提案を、ロールプレイングを通じて行い、顧客価値を高める提案へと発展させます。
「ITCとしての情報戦略を提案する(1)顧客を理解するための情報収集と分析」と併せての受講が前提となっています。
 
<講座PR>
 ITCプロセスの振り返りとコミュニケーションで、顧客価値を考慮したITCとしての視点によって、顧客課題を可視化~顧客提案までを行う実践を意識した研修です
 
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声

 

 
<講座レベル>
 中級(実践、応用)
 
<受講者のKGI> 
 ITCとしての顧客価値創造のための提案書作成方法の習得
 
<受講者のKPI> 
 ①解決策の可視化習得
 ②プレゼンのポイント理解
 ③提案書のポイント理解
 ④顧客提案の習得
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 ITCプロセスを理解していること、または、IT化提案を行ったことがあること
 
■講師:
6月15日(金)
 I&I ファーム東京 平戸 隆 氏(ITCインストラクター)、他I&I ファーム東京インストラクター
 
■プログラム:
[会場/受付]9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 1.経営課題を確認し、解決策を考える
 2.解決のための提案書のポイントを学ぶ
 3.提案のためのプレゼンを学ぶ
 4.提案書を顧客へ提案する(ロールプレイング等)
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 東京)としま南池袋ミーティングルーム 301会議室
 
■お申込みはこちら
  6月15日(金)受付終了        
           
           
■お問合せ先:
 I&I ファーム東京
 TEL:03-3982-3773
 メールアドレス:info@iif-tokyo.jp
 

 

2018.05.10
【フォローアップ研修】
 ITCとしての情報戦略を提案する(1)
顧客を理解するための”情報収集と分析”-
 
■講座概要:
 ケース企業を通じて、ITCとしての必要なITCプロセスやフレームワーク、必要となるコミュニケーションを振り返ります。
この研修では、顧客情報を収集する手段をロールプレイングを通じて理解し、理解した内容をもとに経営課題を整理し、課題を可視化します。
「ITCとしての情報戦略を提案する(2)顧客価値を高めるための提案作成」と併せての受講をお薦めします。
 
<講座PR>
 ITCプロセスの振り返りとコミュニケーションで、顧客価値を考慮したITCとしての視点によって、情報収集~顧客課題の可視化までを行う実践を意識した研修です。
 
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声

 

 
<講座レベル>
 中級(実践、応用)
 
<受講者のKGI> 
 ITCとしての顧客の経営課題分析方法の習得
 
<受講者のKPI> 
 ①情報収集方法の理解
 ②分析のためのフレームワーク理解
 ③フレームワークを利用した分析方法の習得
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 ITCプロセスを理解していること、または、IT化提案を行ったことがあること
 
■講師:
6月14日(木)
 I&I ファーム東京 平戸 隆 氏(ITCインストラクター)、他I&I ファーム東京インストラクター
 
■プログラム:
[会場/受付]9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 1.顧客を理解に必要な内容を整理し、顧客から情報収集 (ロールプレイング等)
 2.分析のためのフレームワークを学ぶ
 3.収集した情報をフレームワークを使用して経営課題を整理し、可視化する
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 東京)としま南池袋ミーティングルーム 303会議室
 
■お申込みはこちら
  6月14日(木)受付終了        
           
 
■お問合せ先:
 I&I ファーム東京
 TEL:03-3982-3773
 メールアドレス:info@iif-tokyo.jp

 

2018.05.01
【フォローアップ研修】
PDU付
実践!業務参照モデルを利用した
論理思考に基づく業務分析のしかた
 
■講座概要:
論理思考のステップは、①対象の抽象化、②適切な階層への構造化、③類推、④因果関係付け、さらに複雑な構造に対する⑤システム思考、最後に対象への推論となります。論理思考を利用した業務参照モデルを含む現状業務把握のフレームワークを学習して頂きます。
 
<講座PR>
論理思考のステップを講義と演習を通じて学び、業務参照モデルを利用した実践的な業務分析のしかたを体感します。
 
<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
 
<受講者のKGI>
論理思考を利用した業務参照モデルを含む現状業務把握のフレームワークを実践的に活用できる
 
<受講者のKPI> 
1. 論理思考の抽象化、構造化、類推の意義を理解し、既知の経験・スキル・知識が未知の業務へ応用展開可能できることを体感する。
2. 論理思考により業務参照モデルを利用した現状業務把握に関する仮説設定の有効性を体感する。
 
■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
(株)株式会社シーシー・ネットワーク
 黒坂 武祐 氏
  ITコーディネータ多摩協議会 事務局長
特定非営利活動法人バリューチェーンプロセス協議会(VCPC) 理事
  ITコーディネータ、ITCAインストラクタ、 システム監査人補、NLPマスタープラクティショナー
  中小企業庁 ミラサポ経営支援アドバイザー
 専門分野
 
1) データモデリング
2) プロセスモデリング
3) ビジネスアナリシス
4) 全社戦略策定、事業計画策定支援
 
■プログラム:
[開場/受付]9:30 ~
[研修開始]   10:00 ~

<研修プログラム>
  1.   ビジネスプロセスと業務参照モデル
  2 .   企業全体の業務
  3.  抽象化とは
【ワークショップ】
  製造を「抽象化」して捉える
<昼休み>
  顧客を知る
【ワークショップ】
  バリューチェーン特性の調査(特定業種)
  論理思考とは
【ワークショップ】
  ドメイン特性調査(特定業種)
 
ビジネスプロセスを仮説する特性調査(特定業種)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円).
 
■会場:
 東京)株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
 
■お申込みはこちら
  10月19日(金)東京開催   2019年3月25日(月)東京開催    
       
 
 
■お問合せ先:
 株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
 TEL:03-5574-1701
 メールアドレス:itc@fxli.co.jp

 

2018.05.01
【フォローアップ研修】
製造業のビジネスプロセスを中心とした業務知識習得
~SCORベースを学びましょう~
 
■講座概要:
 1.調達業務と調達プロセスフロー
 2.生産管理業務と生産プロセスフロー
 3.受注・出荷業務と受注・出荷プロセスフロー
 4.在庫管理業
 
<講座PR>
グローバル標準のプロセス参照モデルであるSCOR(*1)をベースにした業務参照モデル利用し、製造業のビジネスプロセス全般の基礎と業務知識を学習します。
 
<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
 
<受講者のKGI>
業務分析の対象となる製造業向けグローバル標準のサプライチェーンを下支えするビジネスプロセス全般の業務知識が習得できる。
 
<受講者のKPI> 
1.調達業務と調達プロセスフローを理解する
2.生産管理業務と生産プロセスフローを理解する
3.受注・出荷業務と受注・出荷プロセスフローを理解する
4.在庫管理業務を理解する
 
■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
(株)株式会社シーシー・ネットワーク
 黒坂 武祐 氏
  ITコーディネータ多摩協議会 事務局長
  特定非営利活動法人バリューチェーンプロセス協議会(VCPC) 理事
  ITコーディネータ、ITCAインストラクタ、 システム監査人補、NLPマスタープラクティショナー
   中小企業庁 ミラサポ経営支援アドバイザー
  専門分野
  1) データモデリング
  2) プロセスモデリング
  3) ビジネスアナリシス
  4) 全社戦略策定、事業計画策定支援
 
■プログラム:
<研修プログラム>
製造業の企業活動全体概要
  1.調達業務と調達プロセスフロー
  2.生産管理業務と生産プロセスフロー
<昼休み>
【ワークショップ】
身近な例をモデルにしたビジネスプロセス作成
  3.受注・出荷業務と受注・出荷プロセスフロー
  4.在庫管理業務
  5.質疑応答
  6.まとめ(全体を総括する)
[終了] 17:00  
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円).
 
■会場:
 東京)株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
 
■お申込みはこちら
  9月21日(金)東京開催   2019年2月12日(火)東京開催    
       
 
 
■お問合せ先:
 株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
 TEL:03-5574-1701
 メールアドレス:itc@fxli.co.jp

 

2018.04.09

2018/4/26

ITCAセミナー 5/23 開催です!

中小企業・小規模事業者支援のこれから

~ 支援機関連携とローカルベンチマークの活用術 ~

 

概要:

全国の商工会議所・商工会を始めとする支援機関では、「生産性向上」「人材不足軽減」「事業継承」などの課題解決策の1つとしてIT・WEBの利活用を推進しており、その支援者の必要性は高まっています。そのような中で、経済産業省が2016年に発表した企業の健康診断ツール「ローカルベンチマーク」は、企業診断の簡易ツール・事業性評価の入口として経営者へ経営視点・未来志向の視点での気づきを促す最適なツールとして注目されています。本セミナーでは、経営者となかなか経営の話ができない。支援団体や金融機関と交流の場を持ってもなかなか「経営支援」の話へ結び付けられない方に、支援機関連携の実態やローカルベンチマークを用いた支援事例をご紹介します。


開催日時:2018年5月23日(水)
   14:00~16:10(13:45~開場)
 
【第1部】14:00~15:00

「支援機関と連携した企業支援の必要性」
    ~中小企業・小規模事業者支援とIT利活用推進の実態~ 

  講師:一般社団法人ヒューリットMF
      川野 太氏( ITコーディネータ)

 ITCプロフィールはこちらをクリック


【第2部】15:10~16:10

 『企業支援のドアノックツール「ローカルベンチマーク」』
     ~経営者と対話できるツールを有効活用しよう~

  講師:岸本ビジネスサポート株式会社
      岸本 圭史 氏
 (ITコーディネータ/他専門資格・士業資格いっさいなし)

 ITCプロフィールはこちらをクリック 


費用 (会場参加、ライブ視聴同額)会員 1,080円 ITC 2,160円  一般 3,240円
実践力ポイント:1ポイント
 

会場参加のお申込みはこちらをクリック

会場:ITコーディネータ協会 A会議室
 
 
   
 
  ライブ視聴のお申込みはこちらをクリック
LIVE:ストリーミング視聴推奨環境はこちら
※モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです
※YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていること
※PCやモバイルのキャッシュを削除済みであること
 

ITCA事業促進部 研修担当グループ高橋・石井まで

 


 

 

 

2018.03.30
ITCA研修
「ITコンサルタントのための実践AI2018」
~AIビジネスを支援できるITコンサルタントになろう~
WatsonとAzureを用いて実際にAIを体験することにより、
ITコンサルタントとして中小企業経営者のAIに関する質問にどう答えるか、
またAI導入プロジェクトをどう推進及び支援していくか、
自らなりの知見を得る機会を提供します。

 

【体験編:受講者の声】

・Watson、Azure MLを初めて操作することができ、有意義であった。顧客にアイデア提案できるよう、Watson、Azureの技術をより修得していきたい。

・研修前は、WatsonとAzureの違いも良くわかっていませんでした。まずは、Azure で機械学習をより深く学んでいきます。ありがとうございました!

【体験編:受講者の声】

・今日は入門編として非常にわかり易く良かったです。

・AIについてモヤモヤしていましたが、出来ること、得意なこと、これまでのシステム開発と異なることなどを理解することができました。ありがとうございます。

【演習編:受講者の声】

・AIはまだ発展途上の技術であり、今後、展開する可能性を感じた。

・設計方法を具体的に体験できてよかったです。

・具体的な進め方の事例などがあり、イメージをつかむことができました。ありがとうございました。

 

講師からのメッセージ(動画) 演習発表風景(写真)

 

ITコンサルタントのための実践AI~AIクラウド体験研修~

講座概要

※本研修は2017年度に開催した「ITCのための実践AI~AIクラウド体験研修~」と同じ研修です。

IoTに取り組む中堅・中小企業が増加しています。その次にAI(人工知能)が必要とされることは間違いないでしょう。もちろん、AIはIoTとの組み合わせだけでなく、企業のWebサイトとチャットボットを組み合わせて集客に活用したり、業務プロセスに組み込むことで生産性の向上を図るなど、さまざまな活用の可能性があります。ITコンサルタントの方がAIの知識を身につける必要性は増しているといえるでしょう。
当研修では、AIとは何か?AIと機械学習(ML)、ディープラーニングの違いは何か?といった基礎知識の習得をはじめ、IBM WatsonやMicrosoft Azure MLといったAIクラウドの実習を豊富に含むことで、AIを本で読んだだけの知識ではなく、実際に自分で動かした「自分ごと」の知見に進化させます。
WatsonやAzure MLはWebブラウザ上の操作だけで体験することが可能なため、プログラミングの知識は必要ありません。
当研修の受講後に「ITCのための実践AI~AIプロジェクト実践研修~」を受講することで、さらに理解が深まります。
 

こんな方におすすめ

・AIビジネスに興味のある方
・AIをビジネスとしてご検討している方
・AIについて知識を深めたい方
・企業内SE、営業、管理部門担当者
・ITコーディネータ
受講者の得られる効果

経営者などからAIに関する相談を受けた際、実体験を踏まえた回答ができるようになる

講座時間 6時間
実践力ポイント 3ポイント
講師 井上 研一氏(ITコーディネータ)
受講前提条件 ・Windows / Macでのファイルの基本操作、UTF-8でのCSVファイル作成、ZIPファイルの圧縮・展開操作ができること
・本演習ではAIを体験いただくので、個人PCのご持参(ブラウザのChromeを利用しますので、Chromeがストレスなく動作すれば問題ありません)
※ご持参いただく個人PCがない方は、ご連絡ください。
プログラム
(予定)

(受付)9:45~
(開始)10:00~
 (1)AIの概要と活用の方法(座学)
 (2)Watsonの基礎と使用準備(座学・実習)
 (3)Watsonを活用したチャットボットの作成(実習)
 (4)Watsonを活用した画像認識モデルの作成(実習)
 (5)Azure MLを活用した価格予測モデルの作成(実習)
 (6)AI導入プロジェクトの進め方(座学)
(終了)17:00~

受講料(税込)

(事前申込制)
会員 21,600円、ITC 32,400円、一般 43,200円

お申込み

※本研修は2017年度に開催した「ITCのための実践AI~AIクラウド体験研修~」と同じ研修です。
2018年05月11日(金) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室

(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年05月30日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年07月04日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年07月31日(火) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年09月28日(金) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年10月10日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

 
お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

事業促進部 ITCA研修グループ

TEL:03-6912-1081 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

 

 

ITコンサルタントのための実践AI~AIプロジェクト実践研修~

講座概要

※本研修は2017年度に開催した「ITCのための実践AI~AIプロジェクト実践研修~」と同じ研修です。

もし、AIを企画・導入するプロジェクトを任されたら、何から手を付ければ良いでしょうか?
当研修では、AIに関する企画フェーズ、導入フェーズをグループワークで体験していただきます。企画フェーズのグループワークでは、主に受講者の方が持ち寄ったビジネス課題についてAIやIoTの導入でどのような改善ができるか、新たなビジネスを創出できるかを検討します。導入フェーズのグループワークでは、AI導入プロジェクトを進めるためのWBSや留意点などを検討します。
「ITコンサルタントのための実践AI~AIクラウド体験研修~」で得た知識、知見をベースとして当研修を受講することで、AIがさらに「自分ごと」になり、ITコンサルタントとしてAIに携わることを、より具体的に検討できるようになるでしょう。
 

こんな方におすすめ

・AIビジネスを支援する予定のある方
・AIプロジェクトの進め方について学びたい方
企業内SE、営業、管理部門担当者
・ITコーディネータの方

受講者の得られる効果

ITコンサルタントとしてAI導入プロジェクトの支援をする際、実践的な支援活動を行えるようになる

講座時間 6時間
実践力ポイント 3ポイント
講師 井上 研一氏(ITコーディネータ)
受講前提条件

・2017年度版「ITCのための実践AI~AIクラウド体験研修~」を受講していること
・2018年度版「ITコンサルタントのための実践AI~AIクラウド体験研修~」を受講していること

プログラム
(予定)

(受付)9:45~
(開始)10:00~
 (1)AIとIoTのまとめ(座学)
 (2)AI企画フェーズの実践(アイディア創出のグループワーク)
 (3)AI導入フェーズの実践(導入計画のグループワーク)
 (4)AI導入をいかに進めるか(座学)
(終了)17:00~

受講料(税込)

(事前申込制)
会員 21,600円、ITC 32,400円、一般 43,200円

お申込み

※本研修は2017年度に開催した「ITCのための実践AI~AIプロジェクト実践研修~」と同じ研修です。
2018年06月13日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室

(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年08月01日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年10月31日(水) お申込みはこちら
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

 
お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

事業促進部 ITCA研修グループ

TEL:03-6912-1081 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

 

2018.03.27
2018/05/08
 
【講座受講対象者】
  • 自治体ITコンサルタント
  • 自治体研修講師
  • 自治体外部支援家

上記を目指している方、または既に実践されている方に有効です


 

「入門編」と比べて高度な内容を含むため、以下の受講条件を設定させていただきました。

  • 2010~2017年度に「入門編」を受講された方
  • さらに進んだ自治体ビジネスの内容を学び、ビジネスの内容を学び、ビジネスに活用したい方
  • 現場の事例、実例が満載の研修内容です!
  • 「入門編」は受講していないが、これまでに自治体とのビジネスを職員と一緒に行ったことがあり、自治体の人・組織について知識のある方

 

 
 

【研修内容】 

自治体ではIT関連費用に対する注目が高まり、コスト削減、費用対効果に対する関心が増大しています。

『自治体クラウド』という方法が検討され、すでに複数自治体が共同利用しているケースもあります。その根底には”割り勘”という意識が存在します。

それは、カスタマイズを極力減らして複数の自治体がシステムを共同で使用することにより、その使用料を公平に支払い、総額を抑えるという考え方です。

当日配布する「自治体支援ガイドブック中級編」は自治体クラウドを実現する指針としていただける内容です。 * ≪特典1≫

 

  • 自治体の情報システムライフサイクル管理における各フェーズの支援
  • 構想・企画→予算→調達→開発・導入→運用保守→評価

特に、構想・企画、予算、調達の各フェーズの支援内容
担当ITベンダの提案・見積の検証、価格交渉の支援方法
ゲストスピーカーによるリアルな事例紹介

 

公共部門に配属となった方や、関連部署のスタッフの方には最適な研修です。得られるノウハウを元に、自社の企業活動に役立てられます。

 

 

【受講者特典】


≪特典1≫ 受講したコースの「自治体ビジネス研修ガイドブック」
自治体支援者のノウハウが詰まったガイドブックです
受講者から“実際のビジネスに役に立つ”と評判をいただいてます

≪特典2≫ 「自治体向けITコーディネータPRチラシ」
受講者の方々の声でできたものをご利用いただけます

≪特典3≫ ヘルプデスク(アフターフォロー)を開設
自治体ビジネス研修どちらかの受講修了の方から、メールでご相談をお受けします。

 

≪中級編のみの特典≫「ヒアリングシート」
ITコーディネータが自治体の情報政策担当部署を訪問し、面談(インタビュー)をしながら、自治体の情報システムの状況を確認することを想定して作成しています。
研修時に、使い方と共にご提供します。

 

 

【講座時間】


6時間 (ITCの方には実践力ポイント/3ポイント)

 

【受講料】


一般 43,200/ITC 37,800/会員 27,000

※ 新定款承認までは、現定款での「法人会員特典」が有効です。

 
【開催日時】
 

■9月21日(金)長野開催(予定)

 10:00~17:00  受付時間/9:45

9/21 お申込み準備中
会場:会場:現在開催地域調整中です。今しばらくお待ちください。
 
 
 

【講師】


米田 宗義氏 

地域情報化アドバイザー一般社団法人ITC-Labo.代表理事

地域情報化アドバイザーとして、各地の自治体を飛び回る日々。

もちろん、自治体ビジネス研修教材WGのメンバー。

そして、自治体だけではなく、民間企業への支援も行っている。

 
 

【受講者の声】


  • 実務経験がふんだんな講師の事例や、自治体職員さんの取組み事例、職員の経験があいまって大変良い内容だった。
  • 自治体の方の生の話がうかがえて、気づきを色々と得ることができました。
  • 自治体として限られたリソースで外部との連携し、マイナンバーを推進されていて素晴らしいと思いました。今後に役立つ内容でした。
  • 自分には難しい内容であったが、受講を機会に自治体ビジネスに対し前向きに取り組んでいきたい。
  • 自治体の方がどう業務を行っているかよくわかりました。
  • ヒアリングシートは大変ありがたい!ぜひ活用したい。

 

 

 

 ITCA研修担当G 石井

 

2018.03.26
2018/04/19
 
 

【講座受講対象者】


  • 自治体とのビジネスをしたことが無いが、自治体支援ビジネスを行いたい方
  • ITコーディネータ資格を取得したが、次に何をしたらよいか迷っている方
  • ITコーディネータ資格を取得したが、ビジネスに結びつかないと悩んでいる方
  • 支援できる業種を増やしたい方
  • 自治体ビジネスを担当する部門およびご担当の方
  • 公共部門に配属となった方、関連部署のスタッフの方
  • IS部門、提案型SE/営業、コンサルなどで自治体に関心のある方
 
 

【研修内容】 


自治体ビジネスを経験豊富な講師から、事例を交えながら、自治体ビジネスに取り組む上での心構えや留意点を学ぶことができます

テキストにとらわれず、事例紹介や個別課題を含む質疑応答の時間を十分にとります

必要な知識や作法を身に着けて、自治体へ出かける準備を整えます

 
 
【得られる効果】

独立系ITCまたは独立を目指している方:自治体を支援するノウハウを得ることができる

企業内ITCまたは自社の公共部隊に所属、異動になった方:自治体を支援するノウハウを得ることができ、 それを元に企業活動に役立てられる

 
 

【受講者特典】


≪特典1≫ 受講したコースの「自治体ビジネス研修ガイドブック
自治体支援者のノウハウが詰まったガイドブックです
受講者から“実際のビジネスに役に立つ”と評判をいただいてます

≪特典2≫ 「自治体向けITコーディネータPRチラシ
受講者の方々の声でできたものをご利用いただけます

≪特典3≫ ヘルプデスク(アフターフォロー)を開設
自治体ビジネス研修どちらかの受講修了の方から、メールでご相談をお受けします。

 

 

【講座時間】


6時間 (ITCの方には実践力ポイント/3ポイント)

 

【受講料】


受講料:一般 43,200/ITC 37,800/会員 27,000

※ 新定款承認までは、現定款での「法人会員特典」が有効です。

 
【開催日時】

4月27日(金)東京 

 10:00~17:00  受付時間/9:45

4/27 開催終了
会場:ITコーディネータ協会 会議室(新オフィス) 東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F
 

flair■7月27日(金)長野開催

 10:00~17:00  受付時間/9:45

7/27 お申込みはこちらをクリック
会場:長野市生涯学習センター 第5学習室 長野市大字鶴賀問御所町1271-3 TOiGO WEST 3F
 
 
 

【講師】


米田 宗義氏 

地域情報化アドバイザー一般社団法人ITC-Labo.代表理事

地域情報化アドバイザーとして、各地の自治体を飛び回る日々。

もちろん、自治体ビジネス研修教材WGのメンバー。

そして、自治体だけではなく、民間企業への支援も行っている。

 
 

【受講者の声】


・現場からの生の情報を聞くことができ、とても有意義でした。(一般ベンダー 45歳)
・講師、ゲストスピーカーご自身の経験を元にお話しをされていて、概念と具体例のバランスが非常にわかりやすくブレンドされていて、とても勉強になりました。
企業のビジネス展開のヒントを得るために参加しましたが、コンサルタントとしてのご活躍されているお話を伺えて非常に刺激になりました。(一般ベンダー 30歳)
・実務について実情をお話いただいたので、自治体ビジネスのイメージがつかめました。ただ、話がいろいろな方向に飛んでしまったので、改めてテキストで学んでみます。(独立系ITC 44歳)
・実体験を交えた話に説得力があり、勉強になった。(独立系ITC 43歳)
・事例による話で、分かり易かったです。実際に訪問したい、と思いました。(企業内ITC 53歳)
・具体的な話が聞くことができ、質問への回答もわかり易く大変良かったです。(企業内ITC 36歳)
 

 

  ITCA研修担当G 石井

 

2018.03.23
  ⇒2018年度 ITC協会主催 フォローアップ研修日程表  
     
  このマークから受講者の声を、講師名よりプロフィールをご覧いただけます  
  ※講師敬称略  
     
     
     
     
   
 
講座名 講師 実施機関名 2018年 2019年
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
AI入門~人工知能を体感しよう~
  本コースでは、人工知能の全体像を掴み、業務改善や顧客提案に繋げる第一歩を踏み出して頂きます。
小島 琢矢

 株式会社
 富士ゼロックス総合教育研究所 
 

 

 
東京
7/11(水)
開催決定!
 

 

   
東京
11/21(水)
受付中
 
 

 

 
東京
3/20(水)
受付中
 IoT研修〜製造業における最新技術動向とデータ利活用〜
  IoTに関する最新動向を整理し、IoTを実践する上でどのようなポイントが大切かを学んでいきます。
   
山崎 隆
 株式会社
 富士ゼロックス総合教育研究所 
   
東京
7/10(火)
開催決定!
     
東京
11/27(火)
受付中
     
東京
3/19(火)
受付中
デザイン思考×システム思考を活かした
        ソリューション提案入門
  
大塚有希子博士(システムデザインマネジメント学 慶應義塾大学)にご登壇頂くカリキュラムです。
大塚 有希子 株式会社
 富士ゼロックス総合教育研究所 
  東京
6/5(火)
開催中止
             
東京
2/18(月)
受付中
 
製造業のビジネスプロセスを中心とした業務知識習得研修

 

グローバル標準のプロセス参照モデルであるSCOR(*1)をベースにした業務参照モデル利用し、製造業のビジネスプロセス全般の基礎と業務知識を学習します。
黒坂 武祐
 株式会社
 富士ゼロックス総合教育研究所 
       
東京
9/21(金)
受付中
       
東京
2/12(火)
受付中
 
実践!業務参照モデルを利用した
     論理思考に基づく業務分析のしかた
  論理思考のステップを講義と演習を通じて学び、業務参照モデルを利用した実践的な業務分析のしかたを体感します。
黒坂 武祐
 株式会社
 富士ゼロックス総合教育研究所 
         
東京
10/19(金)
受付中
       
東京
3/25(月)
受付中
顧客を理解するための“情報収集と分析”
  ITCプロセスの振り返りとコミュニケーションで、顧客価値を考慮したITCとしての視点によって、情報収集~顧客課題の可視化までを行う実践を意識した研修です
平戸  隆
  I&Iファーム東京
 
東京
6/14(木)
受付終了
                 
顧客価値を高めるための“提案”
  ITCプロセスの振り返りとコミュニケーションで、顧客価値を考慮したITCとしての視点によって、顧客課題を可視化~顧客提案までを行う実践を意識した研修です
平戸  隆
  I&Iファーム東京
 
東京
6/15(金)
受付終了
                 
【ITC-METRO人間力養成ワークショップ1.】
「経営者と考えるデザイン思考」
~問題解決型アプローチから未来志向~
  ITC-METROが提唱するIT経営実現のための人間力養成ワークショップです。
 
小形 茂
木村 玲美
   
   
  日経ITCプロジェクト・
  特定非営利活動法人ITC-METRO
   

 

       
東京
9/8(土)
受付中

 

   
東京
12/1(土)
受付中

 

   
東京
3/29(金)
受付中
東京
3/30(土)
受付中

 

 
 
 
講座名 講師 実施機関名 2018年 2019年
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
業務要件定義書作成手順を知る
 ~情報システム構築における超上流工程の手順書 作成~
  要件定義のベースとなる経営戦略・IT戦略策定手順を把握の上、要件定義書作成手順を習得していただきます。
 
原 保
  NPO法人石川県情報化支援協会
 

 

 

 

金沢
7/21(土)
開催決定!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
     
 

   
 
講座名 講師 実施機関名 2018年 2019年
5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
【ITC-METRO人間力養成ワークショップ1.】
「経営者と考えるデザイン思考」
~問題解決型アプローチから未来志向~
  ITC-METROが提唱するIT経営実現のための人間力養成ワークショップです。
 
小形 茂
木村 玲美
   
  日経ITCプロジェクト・
  特定非営利活動法人ITC-METRO
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大阪
9/9(日)
受付中
 
 
 
 
 
 
大阪
12/16(日)
受付中
 
 
 
 
 
 
大阪
3/23(土)
受付中
     
     
  ⇒2017年度 実施機関開催 フォローアップ研修日程表  
 

2018.06.22.o

 
     
     
     

 

2018.03.19

2018/05/11

 

2010年から続くロングセラー研修


自治体へのアプローチ、支援のスタイル(外部専門家・コンサルタント)、自治体内部から全体を俯瞰する立場へと、ステップアップしながら学べる研修です。

 

 企業内で自治体ビジネスを担当する方

 IS部門、提案型SE/営業、コンサルなどで自治体に関心のある方

 公共部門に配属となった方、関連部署のスタッフの方

 独立、起業を見据えた方

 

 

flair入門編ススメ

4月27日(金)東京

7月27日(金)長野

flair中級編のススメ

9月21日(金)長野

上級編

11月2日(金)

 

≪特典1≫ 受講したコースの「自治体ビジネス研修ガイドブック」
自治体支援者のノウハウが詰まったガイドブックです
受講者から“実際のビジネスに役に立つ”と評判をいただいてます

≪特典2≫ 「自治体向けITコーディネータPRチラシ」
受講者の方々の声でできたものをご利用いただけます

≪中級編受講者のみの特典≫「自治体訪問用ヒアリングシート」
研修時に説明し、お渡しいたします

≪特典3≫ ヘルプデスク(アフターフォロー)を開設
自治体ビジネス研修どちらかの受講修了の方から、メールでご相談をお受けします。

 
 

職員や支援者の生の声を聞く


「悩み・お困りごと」などを知ることができる!
現職の自治体支援者(講師)ならではのノウハウの提供を受けることができる

受講者のあなたも、ディスカッションに参加し、その場で疑問を解決できる

shine受講者特典shineヘルプデスク設置。自治体ビジネス研修を実践するためのフォロー体制があります。


自治体ビジネス研修(入門~上級編)を受講して、実際に支援(ビジネス)している方が多数生まれてます!

flair 自治体ビジネス研修を受講し、現在、某区役所IT専門員として活動している、西藤憲二氏。
実践力ポイント取得目的で受講した、自治体ビジネス研修「入門編」がきっかけです。
機関誌「22号」に『フリーランスのITコーディネータとして』を掲載しております!(現在絶賛販売中)

flair 9/15 ITCAセミナー「自治体支援者が語る事例と信頼構築」でも登壇いただいた、山下太一ITC。
始まりは、自治体ビジネス研修「入門編」の受講からでした。↓↓↓自治体支援専門でビジネスをスタート!

機関紙「21号」特集

https://www.itc.or.jp/society/activity/journals/VOL21.pdf

 

 
【4月28日入門編:受講者の声】
・現場からの生の情報を聞くことができ、とても有意義でした。(一般ベンダー 45歳)
・講師、ゲストスピーカーご自身の経験を元にお話しをされていて、概念と具体例のバランスが非常にわかりやすくブレンドされていて、とても勉強になりました。
企業のビジネス展開のヒントを得るために参加しましたが、コンサルタントとしてのご活躍されているお話を伺えて非常に刺激になりました。(一般ベンダー 30歳)
・実務について実情をお話いただいたので、自治体ビジネスのイメージがつかめました。ただ、話がいろいろな方向に飛んでしまったので、改めてテキストで学んでみます。(独立系ITC 44歳)
・実体験を交えた話に説得力があり、勉強になった。(独立系ITC 43歳)
・事例による話で、分かり易かったです。実際に訪問したい、と思いました。(企業内ITC 53歳)
・具体的な話が聞くことができ、質問への回答もわかり易く大変良かったです。(企業内ITC 36歳)


企業向け出張研修もご用意できます。
受講者全員が”同じゴールに向かって”研修を行うことで、より深く実践に役立つと好評です。

 

 

10月20日(金)「入門編」実施報告


ゲストスピーカーは、“兵庫県河辺郡猪名川町 総務部総務課主査 山下耕助氏。
ネットワーク強靭化を進めるために、さまざまな課題と向き合ってきた山下氏、1つクリアするとすぐにまた別の課題が・・・

着実に強靭化を進めて、スパムメールの激減など効果を出しつつも、引き続き職員のセキュリティ意識向上を高めるため、今後もコツコツと取り組んでいく過程他をお話いただきました。

毎回のことですが、まずはじめに、しっかりと受講者の立ち位置や知りたいこと、目的を自己紹介とともに講師は確認し研修は始まりました。

質問が活発に飛び交い、受講者参加型でしっかりと研修は進みました。

押さえるべきところをしっかりと押さえ、事例を交えながら研修は終了しました。

 

 
 

 4月28日(金)「入門編」実施報告


 “自治体の支援を行うことが自分の使命” ゲストスピーカー山下太一氏。
独立を見据え、自治体ビジネス研修を2013年11月から入門編、中級編、上級編を受講。それから昨年までの約3年の間、どのような活動をされてきたのか、ご本人から直接お話しを伺いました!

 いつものように、研修の最初に受講者の自己紹介を兼ねて、この研修で知りたいこと、聞きたいことなどを一人ずつ発表いただきます。講師、ゲストはしっかりと聞き取り、研修の中で、内容、タイミングを計り、自身の経験を踏まえて問いかけに答えます。自治体職員の立場として、また自治体を支援する立場として、的確に話していただきました。

民間との違い(お作法)についてや、これからの自治体支援として考えられるものは何か、などなど受講者の知りたい、聞きたいに満足いただける内容であったと思います。

 

 

 山下太一(やました たいち)氏


 Office YAMASHITA 代表 (大阪府八尾市)

 2013年にITベンダーを退職して独立。システムの調達支援、セキュリティ教育、セキュリティポリシーの策定支援を得意分野にしており、自治体の支援を生業としている。

 

◆ディスカッションを踏まえて、対面ロ型で研修を行います。
まずは、受講者全員から、本日の研修で、聞きたいこと、知りたいことを自己紹介含めてお伺いします。

◆午後一番から、ゲスト山下ITCの独立から現在までのリアルな道のりをお話いただきました。

そして、午前からですが、講師と共に、実際に自治体への支援について、受講者からの質問に正直にお答えいただきました。

 

 

4/28 山下ITC(ゲストスピーカー)

Office YAMASHITA

米田ITC(講師)

一般社団法人ITC-Labo

☆タイムリー情報☆機関誌「架け橋」最新版21号特集(ダウンロード可能以下のリンクより!)

 ITCのビジネスをマジメに考える~稼げるITコーディネータの活動~山下太一ITCを取り上げております。

 常に職員の目線で行動し、自治体のために貢献を ITC 山下氏×養父市役所(兵庫県養父市)


 

 

【4月28日入門編:受講者の声】
・現場からの生の情報を聞くことができ、とても有意義でした。(一般ベンダー 45歳)
・講師、ゲストスピーカーご自身の経験を元にお話しをされていて、概念と具体例のバランスが非常にわかりやすくブレンドされていて、とても勉強になりました。
企業のビジネス展開のヒントを得るために参加しましたが、コンサルタントとしてのご活躍されているお話を伺えて非常に刺激になりました。(一般ベンダー 30歳)
・実務について実情をお話いただいたので、自治体ビジネスのイメージがつかめました。ただ、話がいろいろな方向に飛んでしまったので、改めてテキストで学んでみます。(独立系ITC 44歳)
・実体験を交えた話に説得力があり、勉強になった。(独立系ITC 43歳)
・事例による話で、分かり易かったです。実際に訪問したい、と思いました。(企業内ITC 53歳)
・具体的な話が聞くことができ、質問への回答もわかり易く大変良かったです。(企業内ITC 36歳)
・地域の活性化に伴う(産業振興など)ITC的な取り組みを提案していきたいが、どのような窓口を訪問すればよいか迷っている。営業系のITCの方の取り組み事例も知りたい。(企業内 62歳)
 
 
【2月24日上級編:受講者の声】
・ライフサイクル管理について、大いに勉強になりました。また、入門→中級→上級編を終えて、これからの自分の行っていく方向について大いに示唆を与えられました。ありがとうございます。(独立系 60代)
 
・港区の事例がとても参考になり、自治体との接点を増やしたいと思いました。今後の自治体の方向性が参考となりました。(独立系 40代)
 
 
【1月20日入門編:受講者の声】

・講師、ゲストスピーカーの熱意を感じることができました!自治体職員様の具体的な話を伺うことができ、そのようなサポートを必要とされているか、理解することができました。(企業内ITC 55歳)
 
・自治体ビジネスを始めようとしている人向けに校正されていて満足しています。自治体(総務省)が抱えている課題や展望を実体(摂津市)と併せて知ることができてよかったです。(企業内ITC 33歳)
 
・生の情報をいただけありがとうございます。摂津市の事例で課題が多いことがわかりましたが、対策の法案はハードルが高いなぁ。(独立系 67歳)
 
 
【11/25中級編:受講者の声】
・実務経験がふんだんな講師の事例や、自治体職員さんの取組み事例、職員の経験があいまって大変良い内容だった。
・アプローチの方法など大変参考になりました。
・実例を交えていただき、実務に役立つ内容だった。
・自治体の方の生の話がうかがえて、気づきを色々と得ることができました。
・自治体として限られたリソースで外部との連携し、マイナンバーを推進されていて素晴らしいと思いました。今後に役立つ内容でした。
・自分には難しい内容であったが、受講を機会に自治体ビジネスに対し前向きに取り組んでいきたい。
・自治体の方がどう業務を行っているかよくわかりました。

 

【9/30入門編:受講者の声】


・現場のリアルな話が伺えてとても参考になった
・研修時間をもう1時間長くして、ディスカッションの機会を増やしてほしい!
・自治体のことがよくわかってよかった
・自治体ビジネスを行うための課題が見えた
 
 
 

 

講師:一般社団法人ITC-Labo.代表理事
   ITコーディネータ 米田 宗義 氏

 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

マイナンバーが導入され、各自治体にはマイナンバーカードを普及させ、どのように活用していくのかが大きな課題となっているようです。 

良いアイデアをお伝えしようにも、まずは自治体職員と信頼関係を築けることが、自治体ビジネスのキーポイントとなります。

 独立系ITCの方も、企業内ITCの方も、是非、この研修を通して自治体ビジネスにも参画しませんか?

  この研修の特典として、
・好評の「ヘルプデスク」を継続で開設し、メールによる受講者のフォローを行います。(専用アドレスは受講時にお知らせします)
※自治体ビジネス研修どちらかのコース受講修了の方で、「訪問する自治体が決まった方」「訪問してみた方」から相談をお受けします。

・受講者の方々からの声で出来た「自治体向けITコーディネータPRチラシ」をご利用いただけます。


・中級編だけの特典として、「自治体訪問用ヒアリングシート」を研修時に説明、お渡しいたします。
 

※参考:機関誌15号特集記事「自治体のITコーディネータ活用」 PDFダウンロード


 
 

 

 ■お申込みはこちら
 https://itca.force.com/ITCPItemSearchPage
※キーワードに「自治体」と入れて検索してください

 

2018.03.14
  受講された方の感想
     
 


受講者の声
普段のコンサルティングに付加して役立つスキルが身についた。 


受講者の声
色々な人の考え方に触れる事が出来た事が良かった。

 


受講者の声
参加者の皆さんが日頃苦労されている話を聞けた事が
モチベーションになりました。


受講者の声
事例もあり、身近に感じられた。有り難うございました。

 


受講者の声
充実した研修でした。有り難うございました。

     

 

2018.03.13


 

『ものづくり補助金』対策虎の巻!

~補助金の概要と申請書作成のポイントとは~

 平成29年度補正 「ものづくり・サービス経営力向上支援補助金」の募集が始まりました。(一次公募2/28~4/28)
 本研修では、ものづくり補助金の目的や概要、採択されやすい申請書のポイントや加点項目について、
 またその他の補助金の概要もお話します。ぜひご参加ください。
 

「ものづくり補助金」とは?(ものづくり・サービス経営力向上支援補助金
 

チラシはこちら 

 

■講座概要

①ものづくり補助金の仕組み
②申請書および事業計画書の作成方法
 経営者とのヒアリングの仕方
 考えのまとめ方
 伝わりやすい書き方
 数値計画の立て方 など
③加点項目の概要
 経営力向上計画
 経営革新計画
④認定支援機関や外部専門家の活用
⑤平成29年度補正のポイント
⑥採択後の報告義務について


※「ものづくり・サービス経営力向上支援補助金」の内容や採択についてのお問い合わせは、直接中小企業団体中央会へお尋ねください。
  こちらにお問い合わせをいただいてもお答えは出来ません。



■講座時間

3時間 (ITCの方には実践力ポイント:1.5ポイント/ITCAより付与)


■1名あたりの受講料 (税込、事前申請制)

10,800円/ITCA会員の方

16,200円/ITC
21,600円/ITC以外の方

お申込みには「ITCプラス」へのメンバー登録が必要です


■日時/お申込み


日時: 2018年4月4日(水)  13:30~16:30   受付開始/13:00
会場
ITコーディネータ協会/A会議室 

ani_apply.gif


■講師

京谷 文雄 氏

ITコーディネータ、中小企業診断士
半導体装置メーカーで17年勤務後、中小企業診断士、ITコーディネータとして独立。
経営コンサルタントとして製造業を中心に経営支援を行っている。
平成24年度補正ものづくり補助金以降、申請書作成を支援し、関連した申請の採択率は70%を超える。


お問い合わせ先

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

ITCA研修担当

※「ものづくり・サービス経営力向上支援補助金」の内容や採択についてのお問い合わせは、直接中小企業団体中央会へお尋ねください。
  こちらにお問い合わせをいただいてもお答えは出来ません。


IT導入補助金研修も開催中!!

 

2018.03.12
ITCA研修
ITコンサルタントはローカルベンチマークで顧客獲得しよう
~ユーザーに提案できるロカベンの使い方教えます~
企業の事業性評価の「入口」として活用が期待されている「ローカルベンチマーク」!
この「ローカルベンチマーク」の指標を使って企業診断ができるようになりましょう!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
IT導入補助金申請でロカベンについて理解を深めたい方はぜひご検討ください。
実際の数値を元にしたロカベンツールの記入演習もあります!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【受講者の声】

・実際に10社以上の実践に裏打ちされていて大変よかった。
 今後、企業の社長とコミュニケーションをはかるために利用してみようと思う。

・講師自らの経験を中心に語ってくださり、大変説得力があった。
・訪問予定先へのアプローチツールとしてぜひロカベンを利用してみようと思う。

 
講師からのメッセージ(動画) 講義風景(写真)


 

 

 

 

講座概要

※本研修は2017年度に開催した「ITCはローカルベンチマークを活用しよう!」と同じ研修です。

ロカベンの概要について、経産省のサイトの情報を要約し説明をします。(経産省・金融庁・金融機関・商工団体ともにかなり期待感は持っているものの実際にはどう活用すればよいのか戸惑っているという状況が、これらの説明でハッキリすると思います)

実際に講師自身が行ったロカベンの調査の様子を報告しながら、実際の活用シーンでのポイントや課題をお伝えします。また、この報告を通じて、ITコーディネータのプロセスガイドラインが、ロカベン調査に非常に役立つということもお伝えできると思います。

また、IT導入補助金の申請書類にロカベンの指標が盛り込まれたこともあり、IT導入補助金の申請書とロカベンの関係、5か年の報告義務とロカベンの関係、経営視点で作るロカベンについてお伝えし、最後に、実際にロカベンツールに記入してみる演習もご用意いたしました。講師の昨年度のIT導入補助金申請書作成の実績を踏まえてお伝えします。

こんな方におすすめ

・IT導入補助金の申請をするためにロカベンについて理解を深めたい方
・ローカルベンチマークを使ってビジネスを検討されている方
・ローカルベンチマークに興味のある方
・ITコーディネータの方

受講者の得られる効果

・IT導入補助金の申請書とローカルベンチマークの関係の習得
・ローカルベンチマークの活用方法の習得
・ローカルベンチマークの作成方法の習得

講座時間 4時間
実践力ポイント 2ポイント
講師 岸本 圭史氏(ITコーディネータ)
プログラム
(予定)

(受付)12:45~

(1)13:00~14:00
 ロカベンの概要と活用目的・効果

(2)14:00~15:00
 ロカベンツールの解説

(3)15:00~16:00
 ロカベンの事例紹介、活用の勘所

(4)16:00~17:00
 IT導入補助金の申請書とロカベンの関係
 ロカベンツールへの記入演習

受講料(税込)

(事前申込制)
会員 10,800円、ITC 16,200円、一般 21,600円

お申込み

※本研修は2017年度に開催した「ITCはローカルベンチマークを活用しよう!」と同じ研修です。
2018年3月29日(木) 開催終了
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス9F)

2018年8月22日(水) お申込みはこちら

ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

2018年12月12日(水) 準備中
ITコーディネータ協会 会議室
(東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7階)

 
お問合せ

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

事業促進部 ITCA研修グループ

TEL:03-6912-1081 

メールアドレス: itcakenshu@itc.or.jp 

 

2018.02.22

https://www.itc.or.jp/foritc/seminar/itca.html

 

 

2018/02/28更新
 

 

2018年2月28日更新

 

分類   タイトル

2018年
1月

2018年
2月

2018年
3月

A 研修 民間
ビジネス
flairフォローアップ対象講座flair
支援機関連携ビジネス研修

~支援機関とビジネスができるようになろう!!~

 

フォローアップ
対象講座

2/9開催終了
 
支援機関連携ビジネス研修(実践編)
~支援機関の指導員とビジネスをしよう!!~
newshine
  2/24-25東京
開催終了

3/10-11大阪
開催終了

金融機関連携ビジネス研修shine
~金融機関とビジネスができるようになろう!!~

1/19東京
開催終了

   
OJTによる実践力向上研修
~実際の企業を舞台にお客様支援を体験してみよう!~
 
     
公的
ビジネス

自治体ビジネス研修・米田講師 newshine
2/23ゲスト:オンラインゲストスピーカー
☆宮城県ITアドバイザー 本田 秀行氏
☆長野県千曲市総務部情報政策課 臼井 義弘氏
☆大阪府摂津市総務部情報政策課 平岩 慶介氏

※ オンライン会議室「zoom」からの参加

  2/23
開催終了
 
使える知識研修
イノベーションプロセスの実現
~あなたの「マネジメント」が会社を変える~
(講師からの紹介動画あり)
     
中小企業にとってのwebマーケティングとは
~ホームページで「週末起業」はじめませんか?~

 

   

【実地研修】第5回中小企業経営支援実践能力養成研修

「営業実習コース」:9/2開講式支援企業の獲得手法と
支援ノウハウの修得

「支援演習コース」:9/2 開講式 支援ノウハウの修得

ITCA×CompTIA:ビジネス・コミュニケーション・スキル ワークショップ      
     
~AIビジネスを支援できるITCになろう~  
井上 研一氏 (講師からの紹介動画あり
     
     
~ユーザーに提案できるロカベンの使い方、教えます~ 
岸本 圭史氏 (講師からの紹介動画あり)
※本研修は2017年度に開催した「ITCはローカルベンチマークを活用しよう!」と同じ研修です。
    3/29
WEBコンサルタント育成研修(全12コース)      

IoT導入プロセス研修
~IoT導入コンサルタントの第1歩を踏み出そう~

flair「中小企業のためのIoT導入ガイド」をもとにした研修です

 

 

 

IoT導入コンサルタント実践演習
~IoT導入コンサルタントとして活動しよう~

flair 受講前提条件あり
プロセス研修を受講された方を対象とします

     
B研修
集合セミナー・
Liveストリーミング

RPAは魔法のツール?RPA導入で業務はどう変わるのか
~RPAへの期待と現実。RPA導入には業務プロセスの見直しが必須だった~

会場参加型は満席となりました。
 『ライブストリーミング』へお申込みください!

  2/27 会場満員御礼
2/27 ライブ
開催終了
 

 最新クラウドサービスの期待と効果
■「中小企業・自治体の成長を支えるSalesforceの活用」 
~企業と顧客(自治体と住民)をつなぐ新しいカタチ~
■「地方の中小企業における
クラウドサービス導入の「これまで」と「これから」」
~「攻めのIT」を支援するためにITCとしてすべきこと〜 

   

3/9受付終了

マイナンバー制度の民間ビジネス活用セミナーnewshine

1/31
開催終了
2/16
(LIVEあり)
3/16
(LIVEあり)
C 研修
(eラーニング)
ITC
Conference

Web Conference配信 (2017年)newshine

eラーニング公開中
  17/01/30版newshine 
必見!必修!必須!IoTに求められるセキュリティ対策 ~ セキュリティ連鎖リスクの高いIoT機器・システム・サービスを安全に活用しよう~
eラーニング公開中
B研修の
映像化
17/12/14版newshine
使わないと損!うわさの開発ツール
クラウド?モバイルアプリ?最新開発技術と活用事例

eラーニング公開中

17/10/03版
緊急!「消費税軽減税率制度対応補助金について」
eラーニング公開中
17/10/17版
まだまだ使い倒せるSNSビジネス
eラーニング公開中
17/09/15版
「自治体支援者が語る事例と信頼構築」
eラーニング公開中
17/09/05版
「政府が本気(マジ)!?『テレワーク』に取り組むITC」
eラーニング公開中

17/07/27版
WEB活用を支援するITCビジネス最前線

eラーニング公開中
17/06/29版
「地域振興と商店街の現場。その取組みについて」 
eラーニング公開中
17/05/31版
Webサイトのための実践的サイバーセキュリティ対策
 ~攻撃者に狙われにくいWebサイトのポイント~
eラーニング公開中
17/3/10版
ITコーディネータが語るAI+IoT時代に必要となる経営力 ~AIを鍛えられる組織のつくりかた~
視聴期限終了
17/3/10版
スマートグラスの実例から学ぶ、専門技術産業に訴求されるIoTの価値
視聴期限終了
17/3/5版
顧客支援のために知っておきたい!「集客支援」につながるWEBサイト構築
視聴期限終了
17/2/10版
シゴトがサクサク進むコミュニケーション形成術
視聴期限終了
17/2/3版 「IoT共創空間「イフラボ」で広がる、これからのIoTソリューション」 視聴期限終了
17/2/3版 
Industry4.0からsociety5.0へ「超スマート社会の実現に向けて」
視聴期限終了
17/1/26版
安心・安全の無線LANネットワーク導入講座 ~知っておくべき5つのポイント~
視聴期限終了
17/1/19版
テレワークで課題解決!
視聴期限終了
D研修(出張型研修) D研修は、既に実績のある外販研修に加え、ITCAが開催する『稼ぐ力を身に付ける』A研修を、企業様のご要望に合わせてカスタマイズし、提供するものです。
ITC Conference2017

11/24~25(開催終了しました)

□eラーニング推奨環境はこちら
□eラーニングを iPad で受講する方法はこちら

□ストリーミング視聴推奨環境はこちら
尚、次の条件を満たすと、より安定してご視聴いただけます。
 ※ モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです。
 ※ YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていることが望ましい。
 ※ PCやモバイルのキャッシュを削除済みであることが望ましい。

 

ITCA事業促進部 研修グループ: itcakenshu@itc.or.jp まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

2018.02.19
  受講された方の感想
     
 

受講者の声
現状行っている業務の整理に役立った。
業務参照モデルは魅力的。

   

受講者の声
業務を知らないから、顧客分析ができないと思っていたが、
知らなくても他の経験等から類似しているところを推論し
すすめることができる。

     
 

受講者の声
グループワークのため、経験豊富な方の考え方、
知識を共有して頂けたため、有意義な研修でした。

   
 

受講者の声
GATSY-4の体系がより理解できた。

   
 

受講者の声
系的にまとめられていて、理解しやすかった。

     
     
   

 

   


 

 

2018.02.15
【フォローアップ研修】 共通コース
d9. 「ささる指標(KGI/KPI)の創り方」
~4つの知識変換モード(SECIモデル)から解き明かす
成果の上がるマネジメント法~
 
■講座概要:
本講座は、ご好評をいただいている“BMCシリーズ”完結編と位置づけています。
 
BMC(ビジネスモデル・キャンバス)は、事業のスナップショットの収益構造を可視化したものです。これまで、様々なビジネスの可視化や課題解決の提案に利用してきました。
しかし、ビジネスはダイナミックに動き、変化するものです。この講座では”BMCの先にあるもの”を考察し、変革に結びつける手法を提示します。
 
実際の現場では、経営ビジョンを踏まえ、この経営ビジョンを実現するためのビジネスモデル及び経営戦略を立案し、経営課題の優先順位(CSF)を決定し、経営戦略の実行成果としての指標(KGI、KPI)を設定し、日々の活動に落としていく必要があります。
成功へのシナリオが動き出すためには、数値目標だけでなく、現場やチームメンバーの理解を得られるまでストーリー化し、人々の心にささる納得感のある指標、目標が提示され、一人ひとりが自ら動くようになることが重要です。
 
今回学ぶSECIモデルは、このような人が自ら動くようになるプロセスに注目した知識変換モードであり、現場での活動計画に落とし込んだ時にどのようにマネジメントするかに対しても参考となる考え方です。
本講座では、事例をもとに「ささる指標」の創り方のステップを学び、グループワークで実際に「業務改革計画」を作成し、ささる指標の設定を行い、検証します。

<講座PR>
SECIモデルを使って目標達成のメカニズムを解明し、“ささる指標”の創り方とマネジメントの秘訣を学びます。

受講者の感想をご覧いただけます⇒

 

受講者の声

<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)

<KGI>
ささる指標(KGI,/KPI)の策定とマネジメント法の習得

<KPI> 
①目標達成のメカニズムの理解
②知識創造モデル(SECIモデル)の理解と応用
③事例を元に、ささる指標を設定し、行動につながる活動計画を立案する。
 
■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
アイティ経営研究所 
代表 中尾 克代 氏(ITC熊本、ITC福岡)
 
■プログラム:
[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 1.何故目標は達成されないのか?(予習編)
 2.PGLの振り返り(経営戦略策定とKGI/KPI)
 3.ささる指標の創り方(SECIモデル)
 4.ケーススタディ(事例研究)
 5.グループ討議、発表
 6.参考となる指標の事例
 7.まとめ
[終了] 17:00
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込みはこちら
  2019年
3月14日(木)東京開催
     
       
         
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

 

2018.02.15
【フォローアップ研修】 共通コース
d3. 「ビジネスモデルキャンバス(BMC)実践編」
~既存企業のBMC事例から発想する提案術


■講座概要:

 今では当たり前につかっているクレジットカードも、ネット通販も、クラウドも、登場した時代では革新的なビジネスモデルであり、これらの新しいビジネスは、その時代の顧客の困ったこと(つまりニーズ)に応え成功しています。
結局のところ、ビジネスとは、「誰かに対して、必要とされる価値(商品やサービス)を、自社もしくはどこかから調達し、提供し、対価を得る」ものです。BMCは、このビジネスを俯瞰的にとらえ、「誰に対して、必要とされる価値を提供し対価を得たか?」を理解できる便利なツールです。

 本講座は以下のような3つのステップに分けて学びます。
① 著名なビジネスモデルの10事例を用いてBMCに可視化し、その構造を理解します。
② 更に、そのビジネスが登場した時代背景や既存ビジネスの違いを深掘りすることで、何故、そのビジネスが成功したのか?経営革新を生み出すための成功の要諦を探ります。
③ 最後に、どんなに成功したビジネスモデルも時代の変化や、技術革新によって、いつかは衰退期を迎え、新しい商品・サービスに置き換わっていきます。何故、成功したビジネスモデルは陳腐化したのか?次の新ビジネスは何が革新的だったのか?を考察し、次への革新の戦略を練り、実際のビジネスや提案書に応用できる力を習得します。

<講座PR>
一日でBMCが書けるようになり、実際の仕事の場面に応用できます。
著名なビジネスモデルを可視化し、成功の秘訣を考察します。

 

受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声


<講座レベル>
上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)

<KGI>
既存ビジネスのビジネスモデルの解析方法を学び、提案のための実践力を習得する。

<KPI> 
①既存ビジネスモデルの構造を理解する。
②新規ビジネスのビジネスモデルを提案し、実現可能か検証できる。
 

■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 

■講師:

アイティ経営研究所 
代表 中尾 克代 氏(ITC熊本、ITC福岡)
 

■プログラム:

[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 10:00 ~10:20 講師紹介,講座の進め方説明
 10:20 ~10:40 参加者自己紹介(参加の目的、目指すゴールなど)
 10:40 ~11:30 著名ビジネスの10事例のBMCの説明、時代背景、技術革新等
 11:30 ~12:00 ビジネスモデルキャンバス作成(演習)
 12:00 ~13:00 休憩
 13:00 ~14:00 既存ビジネスにおける組織の状況(外部環境、内部環境)分析
 14:00 ~15:00 既存ビジネスにおける課題抽出
 15:00 ~16:30 新規ビジネスモデルのBMCの提案書作成
 16:30 ~16:50 発表
 16:50 ~17:00 講評
[終了] 17:00
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)

 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税等 2,400円)
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込みはこちら
 
  12月15日(土)東京開催
 
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

 

2018.02.15
【フォローアップ研修】IT経営プロセス実務研修コース
c6. 「提案営業のための「戦略的IT経営」実践術」
     ~新規ビジネスの本質をとらえる
   「ビジネスモデルキャンバス」的提案術~


■講座概要:

 当「IT経営プロセス実務研修コース」は、特に企業内ITC向けに設定されたコースとなっており、IT経営プロセスでの実務を深堀り、強化し、企業内ITCの実務能力に付加価値をつけることを狙いとしています。

 特に、以下2点の強化を目標として掲げています。
・企業で頼りにされるITCの付加価値は何か、具体的な事例を基に演習を行い、これまでの業務の取り組み方を見直し、実践力を身につける。
・IT経営プロセスを深堀し、ITCコンテンツやレファレンスも活用しながら、効率的、効果的な業務の進め方を身につける。

 新規ビジネスのシステム開発の場面では、ビジネスモデルが未だ確定しておらず、クライアントの要求を引き出すことが難しい場合が多いものです。提案側としては限られたヒアリング時間の中で、いかに素早く要求を引き出し解決策を提案し、かつ途中での変化にも対応しながら要求を固めるかという「戦略的な提案力」が必要となります。
本講座では、実際の事例を用いて、新規ビジネスモデルを可視化する「ビジネスモデキャンバス」の作成方法とそれを用いた提案書の作成方法を学びます。
「ビジネスモデルキャンバス」における9項目の側面から「新規ビジネス」の本質を可視化し、クライアントと共に課題を把握し、解決策を創出するテクニックを解説します。
ささる提案書の秘訣は、クライアントの既存事業内容や外部環境、内部環境を把握したうえで、何故新規ビジネスが必要だったのか?どういうターゲットを狙うのか?、どんな価値提案ができるのか?という事業の本質を理解することです。
一方的な提案にとどまらず、まだクライアント自身も気づいていない機会や課題までも「ビジネスモデルキャンバス」で可視化し、ささる解決策を共に創ることを目指します。

<講座PR>
中小企業IT経営力大賞の受賞企業の事例を用いて、新規ビジネスにおける要求の把握から問題抽出・
分析、課題解決立案へとつながる「ささる提案書」のコツを解説します。

 

受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声



<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)

<KGI>
「ビジネスモデルキャンバス」の作成方法を理解し、新規ビジネス開発場面における提案や
要求開発手法を習得する。

<KPI> 
①ビジネスモデルキャンバスを作成できる。
②新規ビジネスにおける課題を把握し、課題解決策を提案できる。
 

■講習時間:

6時間(3ポイント)

 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 

■講師:

アイティ経営研究所 
代表 中尾 克代 氏(ITC熊本、ITC福岡)
 

■プログラム:

[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始]  10:00 ~
 10:00 ~10:20 講師紹介,講座の進め方説明
 10:20 ~10:40 参加者自己紹介(参加の目的、目指すゴールなど)
 10:40 ~11:30 ビジネスモデルキャンバスの作成方法解説
 11:30 ~12:00 ビジネスモデルキャンバス作成(演習)
 12:00 ~13:00 休憩
 13:00 ~14:00 事例紹介、新規ビジネス紹介
 14:00 ~15:00 新規ビジネスのビジネスモデルキャンバス作成
 15:00 ~16:30 課題把握と解決策、提案書作成
 16:30 ~16:50 発表
 16:50 ~17:00 講評
[終了] 17:00
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)

 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税等 2,400円)
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込み方法:
 
  8月30日(木)東京開催  
 
   
         
 
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

 

2018.02.13

2018/05/28

ITCAセミナー 03/09 実施分

eラーニングの販売を開始しました!

最新クラウドサービスの期待と効果

 ~ 中小企業・自治体のクラウドサービス活用事例を教えます~

概要:人材不足や事業継承など中小企業の経営者は様々な課題を抱えています。解決のためには簡単に運用出来る仕組み、経営を可視化させる仕組み作りがまず必要ではないでしょうか? このような仕組みを短期間で導入できるクラウドサービスは浸透してきましたが、中にはメリットを見出せない中小企業の話も耳にします。中でも、Salesforceは、大企業や官公庁などのための製品で、中小企業には敷居が高い、向いていないという印象をお持ちの方が多いかもしれません。本セミナーでは中小企業が考えているクラウドサービスへの期待や課題、中小企業、自治体へのSalesforce導入事例の他、AI活用など製品の最新情報も交えてご紹介します。
 
AC2018030901B
「中小企業・自治体の成長を支えるSalesforceの活用」
~企業と顧客(自治体と住民)をつなぐ新しいカタチ~
講師:株式会社セールスフォース・ドットコム
長谷川 祐也 氏(中小企業診断士)

視聴時間60分/実践力ポイント0.5P    
料金(税込)ITCA会員 ¥1,080-
ITコーディネータ/一般 ¥2,160-
購入期間(予定):
2018/5/28~2018/11/30
視聴期限(予定):
2018/5/28~2018/12/31

AC2018030901B
お申込みはこちらをクリック

 
AC2018030902B
「地方の中小企業における
クラウドサービス導入の「これまで」と「これから」
講師:株式会社サクシード
新井 祐介 氏(ITコーディネータ)

視聴時間60分/実践力ポイント0.5P    
料金(税込)ITCA会員 ¥1,080-
ITコーディネータ/一般 ¥2,160-
購入期間(予定):
2018/5/28~2018/11/30
視聴期限(予定):
2018/5/28~2018/12/31

AC2018030902B
お申込みはこちらをクリック
   
   
LIVE:ストリーミング視聴推奨環境はこちら
※モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです
※YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていること
※PCやモバイルのキャッシュを削除済みであること
 

■お問い合わせ ITCA事業促進部 研修担当グループ高橋・石井まで

 

 

 

 

 

2018.02.11
2018/02/12
LP_自治体
 

お願いです

“CIO補佐官は目指してないから、上級編は受ける必要がない”と思っている方へ

新しい自治体ビジネス研修「上級編」のご案内です

 

ITコーディネータが自治体でどのように仕事をするか、いかに役立つか、

また、民間企業と自治体の違いは何か、については「入門編」~「中級編」で学んだ内容です
 
 
 
「上級編」はCIO補佐官の職務にフォーカスし、学んでいただきます
CIO補佐官の職務や背景を知り、自治体組織全体が抱える課題として捉えることができます
さらに、地域の中での連携、事業展開、そして地域活性化につながる気づきも得られます
 
 
 
本講座を受講し、あなたも自治体職員に
「ITコーディネータ」がいてくれて良かった」と言われるようになりませんか?
 
 
こんな方にお勧め!
 
 
  実際に自治体を支援(ビジネス)しているが、
   自身の経験とスキルだけでは越えられない“見えない壁”を感じている方
 
  自治体組織(職員の皆さま)に共感し、自治体の立場で企画、提案をしたい方
 
  地域において既に自治体との事業連携をされており、 平成29年度から総務省の
   自治体向け事業フレームとなった「地域IoT実装推進ロードマップ」の内容を把握し
       さらなる事業展開のヒントにしたい方
 
  豊富な経験をもつ専門家(地域情報アドバイザー、総合ITアドバイザー)との対話
    通して、ご自身の強み、弱みを浮き上がらせたい
 
 

 

■ 今回は3名!

2016年度より始めたゲストスピーカー講演が、今回は3名ものスペシャル版です

ゲストスピーカーの皆さまはオンライン上からご参加いただきます。

(web会議ツール「Zoom」を使用)

 

長野県千曲市 総務部 情報政策課 情報政策係 臼井 義弘様

大阪府摂津市 総務部 情報政策課 総括主査  平岩 慶介様

☆宮城県ITアドバイザー 本田 秀行氏 (自治体ビジネス教材WGメンバー)

 

 

役立つとの声が続々!

受講者アンケートから抜粋

bellライフサイクル管理について、大いに勉強になりました。
また、入門→中級→上級編を終えて、これからの自分の行っていく方向について
大いに示唆を与えられました。ありがとうございます。(独立系 60代)

 
bell港区の事例がとても参考になり、自治体との接点を増やしたいと思いました。
今後の自治体の方向性が参考となりました。(独立系 40代)

 

bell現場からの生の情報を聞くことができ、とても有意義でした。(一般ベンダー 45歳)


bell講師、ゲストスピーカーご自身の経験を元にお話しをされていて、
概念と具体例のバランスが非常にわかりやすくブレンドされていて、
とても勉強になりました。
企業のビジネス展開のヒントを得るために参加しましたが、
コンサルタントとしてのご活躍されているお話を伺えて非常に刺激になりました。
(一般ベンダー 30歳)

 

bell実務経験がふんだんな講師の事例や、自治体職員さんの取組み事例、
職員の経験があいまって大変良い内容だった。

 

 

開催日時:2月23日(金) 10:00~17:00  

実践力ポイント:6時間/3ポイント  (2017年度対象ポイント)

会場:ITコーディネータ協会 A会議室

受講料:一般 43,200/ITC 37,800/会員 27,000

 

 

 

※入門編と比べて高度な内容を含みます。「入門~中級編」を受講された方、または自治体とのビジネスを
 職員と一緒に行ったことがあり、 自治体の人・組織について知識をお持ちの方を対象とします。
 ご心配な方は、事務局までご相談ください。 itcakenshu@itc.or.jp

 

受講者特典

≪特典1≫ヘルプデスク(アフターフォロー)メールでご相談をお受けしてます。

≪特典2≫「自治体支援ガイドブック 上級編」

     自治体支援者のノウハウが詰まったガイドブックです。実践で役に立つ1冊です。

≪特典3≫「自治体向けITコーディネータPRチラシ」

     受講者の方々の声でできたものをご利用いただけます。

    ガイドブック 目次


第1章    求められるATTENTION
第2章    求められるINFORMATION
第3章    求められるACTION

上記、ガイドブックの内容だけにとらわれず、事例紹介や、質疑応答、
経験豊富なゲストとのディスカッションの時間を充分とります。

 

講師: 米田 宗義氏 

地域情報化アドバイザー一般社団法人ITC-Labo.代表理事

 

地域情報化アドバイザーとして、各地の自治体を飛び回る日々。

もちろん、自治体ビジネス研修教材WGのメンバー。

そして、自治体だけではなく、民間企業への支援も行っている。

 

 

受講者のストーリー

9/15 ITCAセミナー「自治体支援者が語る事例と信頼構築」でも登壇いただいた、

山下太一ITC。

始まりは、自治体ビジネス研修「入門編」の受講からでした・・

 

Office YAMASHITA

 

自治体ビジネス研修を受講し、現在、某区役所IT専門員として活動している、西藤憲二氏。
実践力ポイント取得目的で受講した、自治体ビジネス研修「入門編」がきっかけです。

機関誌「22号」に『フリーランスのITコーディネータとして』を掲載しております!(現在絶賛販売中)

 

参考:機関誌15号特集記事「自治体のITコーディネータ活用」         

 

 



 
 
 

 

2018.02.08
【フォローアップ研修】 IT経営プロセス実務研修コース
         c4. 「IoT時代に成果を出すための組織戦略策定と
               実践の勘所(PDUも取れる)」
   ~PPPM(ポートフォリオ、プログラム、
            プロジェクトマネジメント)を押さえて~
 
■講座概要:
組織の新事業(商品・サービス)企画から、分析、戦略策定、実施までを学ぶ。
 
A)組織全体戦略の確認(組織の全体戦略の鳥瞰)
X)組織戦略を実践につなげるための重点ポイント 
 (組織戦略策定のポイント、実践の勘所ポイント)
B)リスクを取って付加価値をつける
C)ビジネスモデルを確認する
D)ビジネス分析をする
E)PPPMの勘所を確認する
F)チームで実践練習
 
議論・実践・実習 
1)IoTのどこ?を押さえた自己紹介、
2)戦略・戦術、
3)付加価値、
4)突発的な対応、
5)革新的な変革のために
 
<講座PR>
ITCの必須知識(新商品・サービス企画、ビジネス分析、戦略立案、実施)を押さえた上で、
より高みに立てる付加価値・応用力を身につける。講義実施にあたっては、組織戦略策定と実践の
勘所の重点ポイントを毎回更新して推める。


 

受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声


 

<講座レベル>
基礎(ITCレベル2-1、ITSSレベル4-1、ITC1年目程度)
~上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)
 
<KGI> 
将来のトップITCの応用力を身につける
 
<KPI> 
① 戦略立案から実施までの基本的コンセプトの応用力が理解できる
② 経営者・経営幹部に評価される解決策の提案ができる応用力ができる
③ 経営者・経営幹部と良好なコミュニケーションの応用力ができる
④ ビジネス分析(BA)、プロジェクトマネジメントの応用力ができる
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
 戦略PMオフィス 代表 
 田島 彰二 氏(ITCインストラクター,PMP,ITIL,ISOTC258委員)
 
■プログラム:

[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始] 10:00 ~
 全体の活動イメージの理解
  念のために基本的な組織ガバナンスとPPPMコンセプトの確認
  IoT時代の自己紹介
  最近の動向の確認 
[午後の研修]13:30 ~
 戦略立案から実施までの重点ポイント
 (1)実践を踏まえて戦略を策定するために
 (2)設定された戦略をPPPMで確実に実施するために
 BMC(ビジネスモデルキャンパス)の理解
 BM(ビジネスモデル)の理解
 付加価値の付け方、実践の仕方(VM,BRM)
 ビジネス分析(BA) 
 イノベーションを見逃さないために
 PPPMの勘所とベンダーのMUST/義務

 その間 適宜(議論・実践・実習)
 軽い戦略・戦術立案、付加価値の創造とリスクマネジメント、突発的な対応、革新的新的
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税等 2,400円)
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込みはこちら
  8月9日(木)東京開催   11月27日(火)東京開催   3月19日(火)東京開催
     
 
 
お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp
 

 

2018.02.08
 【フォローアップ研修】 共通コース
   d8.「ITコーディネータのための
       「ファシリテーション」の指導スキル」
~ファシリテーション勉強会を運営するために~
 
■講座概要:
 ファシリテーションの基礎スキルを、自社内、またはクライアント内で指導することができるようになります。あるいは、自身が、ファシリテーション基礎研修を主催して講師を務めることができるようになります。この研修では、「ITコーディネータのためのファシリテーション基礎スキル」(別途開催)で使用しているテキストを用いて、同研修の運営スキルを学んでいただきます。
「教えることは学ぶこと」でもありますので、必ずしも講師を務める予定がない方でも、自身のスキルアップとして、ぜひ、ご参加ください。

<講座PR>
ファシリテーションを指導するスキルを体得していただきます。特典として、ファシリテーション基礎スキルの教材をpptファイル形式で提供します。自主勉強会や外部向けの研修教材として、自由に活用ください。
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声


<講座レベル>
上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)

<受講者のKGI> 
会議の運営に必要な基礎知識を理解しており、研修や勉強会で講師を務めることができる。

<受講者のKPI> 
①ファシリテーションの自主勉強会で講師を務めることができる
②ファシリテーションの社外向け研修で講師を務めることができる

 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:

 今井 正文 氏(ITCインストラクター)

 
■プログラム:

[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始] 10:00 ~
 「場づくり」に必要なスキルを指導する要点
 「関係づくり」に必要なスキルを指導する要点
 「理解づくり」に必要なスキルを指導する要点
 「合意づくり」に必要なスキルを指導する要点
 「会議進行のひな形」の解説をおこなう要点
[終了] 17:00   
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)

 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込みはこちら
  7月7日(土)東京開催   2019年
3月16日(土)東京開催

 
   
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ