研修セミナー、教材情報

2023.09.04

受講された方の感想

ZOHOについて、色々勉強になりました。お客様への提案の際に参考とさせていただきます。ありがとうございました。

まさに現在ZohoCRMでの顧客管理を検討する支援先があり、タイムリーな内容でした。

    CRMとそれに活用できる代表的ツールの関係が理解できました。

2023.08.23

梶原 ゆかり (かじはら ゆかり) 
kajiwarakoushi.jpg
キャリア(経歴)
2級キャリアコンサルティング技能士 ITコーディネーター
公益財団法人日本生産性本部認定大学キャリアアドバイザー
国際コーチ協会認定ポテンシャルコーチ メンタルヘルス・
マネジメント検定Ⅱ種
主な実績
2003年トヨタファイナンス株式会社に入社。信用管理部門、運営企画部門に従事。
社内研修講師や部署ごとの教育サポートなど、応対品質向 上に関する業務に携わる。
2009年退職後、若手社員の育成を専門領域として独立開業。マナー研修やリーダー教育、
キャリアコンサルティング面談等を通して若手社員の戦力化に向けた支援を行う。
また学生のキャリア教育支援として、高校や大学でもマナー研修や職業講話を行っ
ており、企業と学校をつなぐ架け橋的存在として活動している。
2015年より岐阜県よろず支援拠点よりコーディネーター職を委嘱され、岐阜県内の
企業に対するビジネス支援やスモールビジネスのスタートアップ支援に尽力している。
担当講座

d23.DX経営を実現するための中小企業支援講座
~DX経営で新時代を生き抜こう~


2023.08.22

土屋 守(つちやまもる) 
tuchiyakoushi.jpg
キャリア(経歴)
システム開発サポート 代表
-経済産業省推進資格 ITコーディネータ・
  米国PMI認定 PMP(プロジェクトマネジメントプロッフェショナル)
-中小企業基盤整備機構_経営実務支援アドバイザー
-独立行政法人情報処理推進機構_セキュリティプレゼンター

ITベンダーにて自動車メーカの車両販売店システムと部品販売店システムの 構築、スーパーマーケットシステムの構築、及びそれらに関するプロ ジェクトのマネジメント
地場の中小企業様会計システムの提案・構築と導入
ITベンダ定年退職後、個人事業として活動しています。
・システム企画の提案と実務支援
・システム開発の実際の開発現場におけるプロジェクトマネジメント教育と実務
・情報セキュリティセミナーの実施
主な実績
お客様の要件を的確に捉え、使い易いシステムを常に心がけ構築にあたっています。
-システム企画・構築とそれらに関するプロジェクトマネジメント40社
-中堅・中小企業様システム化提案・導入企画・構築支援30社、会計システム導入支援20社
-情報セキュリティーセミナー、システム構築教育、プロジェクトマネジメント教育20回    
担当講座

d23.DX経営を実現するための中小企業支援講座
~DX経営で新時代を生き抜こう~


2023.08.22

安藤 祐 (あんどう ゆう)
andokoushi.jpg
キャリア(経歴)
ITコーディネータ
経済産業省認定 プロジェクトマネージャ
高等学校教諭一種免許状

システム開発会社2社を経て、フリーランスのSEとして独立
システムの開発・導入支援、業務改善支援などITコーディネータとして活動
主な実績
自動車製造業さまの生産管理システム開発
情報・通信業さまのコンシューマ向けマーケティング業務支援
基幹システムの導入支援
基幹システムのシステム開発
セミナー講師 日経BP社主催(導入事例にみるIoTの取り組み)など
担当講座

d23.DX経営を実現するための中小企業支援講座
~DX経営で新時代を生き抜こう~


2023.08.22

水口 和美(みずぐちかずみ) 
mizuguchikoushi.jpg
キャリア(経歴)
株式会社ARU 代表取締役
経済産業省推進資格 ITコーディネータ・中小企業診断士

電気メーカー勤務を経て、1999年、放送・ネットワーク専門のベンチャー企業を創業、放送・通信・インターネット業界に多くのソリューションを提案しています。
また、2004年には、中堅・中小企業のIT経営コンサルティングの専門会社「株式会社ARU」を立上げ代表取締役に就任、ITコーディネータ・中小企業診断士として経営とITに関するコンサルタントとして活躍しています。
特定非営利活動法人ITC中部 副理事長
主な実績
中堅・中小企業を中心に経営戦略・IT戦略の立案からIT導入まで一貫して支援します。
経営改革の実行によるV字回復の達成支援や社内研修による経営幹部の育成など。
約1500社の中堅・中小企業に経営者研修を実施、経営改革・IT導入支援50社
(その内経済産業省中小企業IT経営力大賞認定企業23社、優秀賞5社)
の実務経験を活かし実践的な業務改革や人材育成研修を行います。
担当講座

d23.DX経営を実現するための中小企業支援講座
~DX経営で新時代を生き抜こう~


2023.08.22
 
【フォローアップ研修】(会場型受講)
d23.DX経営を実現するための中小企業支援講座
~DX経営で新時代を生き抜こう~
 
 
newr.png
 
■講座概要:
参加者同士でチームを組み、仮想企業の経営幹部となって「変革構想書」と「実行計画書」を立案するという疑似体験を通してDXの基礎を身に付けます。
疑似体験で学んだ基礎知識をもとに、参加者自身の会社の「変革構想書」「実行計画書」を作成し、発表します。変革構想書は、①顧客価値を高める策②従業員価値を高める策③デジタル活用により企業文化を変革する策で構成されます。作成した「変革構想書」「実行計画書」に基づきDX認定の申請手順を学びます。
<講座PR>
中小企業がDX認定を取得するために必須となる「変革構想書と実行計画書」を策定するワークショップ
 受講者の感想をご覧いただけます⇒
受講者の声
<講座レベル>
上級(ITCレベル3、ITSSレベル5、ITC3年目程度)
 
<KGI>
DX推進の基礎知識を取得し、企業のDX認定申請を伴走支援できること
 
<KPI>
①経営理念・経営ビジョン・経営目標の抽出
②経営課題と課題解決策の導出
③変革構想の立案
④実行体制、実行計画書の策定
⑤DX認定申請書の策定
 
■講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講 師:
水口 和美 氏
ITコーディネータ
株式会社ARU 代表取締役

梶原 ゆかり 氏
ITコーディネータ 
 
■プログラム:
[開場/受付] 9:45 ~
[研修開始] 10:00 ~
1.DX経営とはーケース企業の理解
2.経営理念・経営ビジョン・経営目標
3.現状分析・経営課題の抽出と課題解決策の導出
4.変革構想書の策定、DX経営成熟度の評価
5.実行体制の整備、IT導入実行計画書の策定
6.DX認定申請書の策定と解説
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講前提条件:
ITCケース研修を修了し、ITC資格を保有している方
 
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
 
■会 場:
東京)ITコーディネータ協会 会議室

【ご来場時のお願い】
 会場開催研修での感染症予防対策に向けてのお願い
 
■開催日/お申込み:
 
第1回
2024年1月23日(火)
第2回
2024年2月9日(金)
受付終了 受付終了

 
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2023.08.21

受講された方の感想

時間の経過とともに様々なことが明確になってきており、当初の知識では不足の情報等をお聞かせ頂き大変に有意義な内容でした。

EDIを進める場合、電子取引として電子帳簿保存法にどう関係してくるか参考になりました。税理士ならではの青色申告の税優遇と電帳法対応の関係が理解できた。

    ITツールは様々で解釈も微妙に違うことが多いが、Q&Aのありかを教えていただきました。これをベースに大楊動作できると思います。有難うございました。

2023.08.21

受講された方の感想

走りながらの整備される制度ゆえに難しいですね。先生の税理業務とITCの目線で留意する点を学びました。

インボイス制度、電子帳簿保存法の制定経緯や趣旨を理解すると制度対応の勘所が見えてくることを実感しました。IT屋としては、事務効率化やDX推進等が頭にありましたが、税制のための制度で、従来の紙ベースの原則がある中での電子化(DX?)であることが大変良くわかりました。ありがとうございました。

    改正されていることを把握できていなかったこともあり、受講してよかったです。電子インボイスとデジタルインボイスの違いも明確にできました。資料もたくさん用意していただきありがとうございます。

2023.08.16

研修・書籍を探す

2023.08.08

ITCAライブセミナー 10月13日(金)開催

届出組織におけるITCビジネス事例

~事業受託や推進における「生の声」をご紹介

OOOOO
経済産業省が実施した令和4年度「地域新成長産業創出促進事業費補助金 (地域DX促進活動支援事業)」をITCAが窓口になり受託し、ITコーディネータ茨城及び特定非営利活動法人長野県ITコーディネータ協議会が各県でコミュニティを形成し事業を推進しました。本セミナーでは、地域DX促進活動支援事業の制度や中小企業へのDX推進支援内容と茨城・長野での事例をご紹介します。
またNPO法人ITCちば経営応援隊からは、様々なメンバーで構成される届出組織として、発注者及び支援先企業からの信頼を得るにはどのようにしたらよいかを、プロジェクトチームを組んで対応した2つの中小企業の支援事業を例にお話しします。

開催日時:2023年10月13日(金)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『ITCAと連携したITCビジネス事例

 ~地域DX促進活動支援事業事例の紹介~

  講師:特定非営利活動法人 ITコーディネータ茨城 理事

      後藤 雅俊 氏(ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)

   1.事業の説明
   2.ITC茨城事例
   質疑応答:5~10分
   
  
       ー  PR  
茨城・長野での地域取り纏めを行ったITCが講演します。

各県における優良事例だけでなく、事業受託や推進における

「生の声」もお届けします。

goto.JPG        

  講師:公益財団法人 長野県産業振興機構 新産業創出支援本部

     産業DXコーディネーター

      角田 孝 氏(ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)ー

   1.事業の概要
   2.支援活動の概要
   3.スケジュール
   4.伴走型支援の概要
   質疑応答:5~10分
   
  
       ー  PR  ー
地域企業のDX推進に向けた伴走型支援のノウハウが得られます。

kakuta.jpg


第2部(15:10~16:10)
『届出組織が受託した

    地域の中小企業支援ビジネスの事例』
 ~プロジェクトチームを組んでビジネスをする際のポイント

  講師:NPO法人ITCちば経営応援隊

      田中 孝典  氏 (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)

   1.届出組織としてのNPO法人の特性
   2.事例その1 自治体から直接受注した中小企業のデジタル化支援事業
   3.事例その2 二次請で受注した中小企業の

     情報セキュリティマネジメント指導業務
   4.NPO法人でプロジェクトチームを組んでビジネスを

     行う際のポイント
   質疑応答:5~10分
   
  
       ー  PR  
届出組織(特にNPO法人)としてプロジェクトチームを組んでビジネスを行う際のヒントを得ることができます。

        tanaka.jpg


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、10/12(木)17:00です。
           【受付終了しました 
            blue.GIF
【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2023/8/21t

 

2023.08.03

     

dougaweb.png

【講座概要】

   スマートフォンの普及や通信環境の向上、コロナ禍での非対面営業などにより、動画のビジネス活用は加速し、
   「集客」や「採用」など企業が情報発信をする手段の1つとして、活用する動きが加速しています。
   しかし高額な費用や手間をかけたPR動画であっても、戦略が間違っていると効果は上がりません。
   この研修では実際に効果を出している、「動画戦略」の作り方を学んでいただきます。
   仕事で動画を活用する、3つの大きなメリットとして
    1.画像やテキストと比べて、情報量が多い。
    2.拡散されやすい、プラットフォーム(YouTube)がある。
    3.ライバルが少ない。
   この3つのメリットをどう仕事で活用し、結果に結び付けていくか、自社のチャンネルで1000本以上、
   関連チャンネルを合わせると5000本以上実際に動画を投稿し、100チャンネル以上コンサルティングを行い
   企業の動画で企業の「課題」を解決してきた実例を元に実践ですぐに使える戦略や、動画の撮影・編集、
   計画作成まで1日で体験していただけます。
   ◆講座紹介の動画をご覧いただけます⇒紹介動画はこちらから
【講座内容】(予定)
    1. 動画マーケティングの基礎知識について
    2. YouTubeマーケティングの仕組み・効果的な活用方法
    3. スマホ1つで出来る動画撮影・編集実践
    4. 作成した動画の検証、動画戦略の計画作成
     

     受講者の感想をご覧いただけます⇒   

                       受講者の声  

【研修の特長】
    「採用」や「集客」で結果を出してきた実例を元に、実践ですぐに活用出来る、基礎知識が習得出来ます

【受講対象者】
    ・ITコーディネータ
    ・動画マーケティングをビジネスに取り入れたい方
    ・動画マーケティングに興味のある方

【受講特典】
    ・特になし

【受講前提条件】
    ・動画の演習をするためスマホを持参ください

【講座時間/実践力ポイント】
    
6時間/3ポイント

    

【受講料】(税込)
     会員: 22,000円  ITC:33,000円  一般:44,000

        

【開催日時・お申込み】

【第1回】日時

2023年9月28日(木) 
10:00~17:00
(受付開始9:45~)

             研修形式:集合型
             会場:
ITコーディネータ協会会議室
             東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

開催終了



【第2回】日時

2024年1月24日(水) 
10:00~17:00
(受付開始9:45~)

            研修形式:集合型
            会場:
ITコーディネータ協会会議室
            東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

開催終了



【講師紹介】

講師:酒井 大輔氏 
ユーチューブビジネスサポート 代表(ITコーディネータ)

独立行政法人中小企業基盤整備機構 中小企業アドバイザー(人材支援)

公益社団法人東京都中小企業振興公社 デジタルマーケティングアドバイザー

    
Webマーケティングで動画活用し、企業の「集客・採用」をコンサルティング。2008年から結婚式関連会社で、YouTube を運用し集客サイトを構築。
その後、企業向けYouTube コンサルタントとして、100 チャンネル以上を支援。公的機関や企業等で、動画活用セミナーや講演も多く行っている。2021年6月に「ビジネスYouTubeで売れ!」を出版。
     

 
  sakai.jpg


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室

【ご来場時のお願い】

会場開催研修での感染症予防対策に向けてのお願いについて

■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し  
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。
【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2024/1/23t

2023.07.31

受講された方の感想

ありがとうございました。 非常に参考になりました。
体系だって整理されたものなので、支援の立場として支援の際にヒント(気づき)になると思います。また、中小企業の顧客視点での身の丈にあった指標(切り口)と表現なので親近感を持てると思います。

ITツール選定・導入は、体系的に整理されており大変理解しやすい。

  実践的で非常に参考になりました。

15のフレームに分けることでより分かりやすかったです。ありがとうございます。

実際のご支援のご経験に基づき、より具体的で、わかりやすく、説得力のあるご講義でした。 とてもよかったと思います。

他の研修に比べて開催時間は短いですが、とても身になった研修でした。ITC多くの経験を積んでいる訳ではなく活動のイメージがしっかりとついていない中で、今回の研修は具体的なプロセス、講師や参加されている方のお話しを聞けたことで、まだふわっとではありますがイメージできるようになってきました。

・様々な活動をされているITCの皆さんの意見を聞くことができて良かった。

・経験に基づいた研修でITCとしての価値判断や判断する材料をどこの視点に置くべきかなどとても参考になりました。


大変わかりやすい研修をして頂きありがとうございました。本日の研修で得た知識を有効に活用し、専門家に相談して良かったと思えるような活動をしていきたいと思います。
2023.07.27

itca-edi-logo_big.png

EDI推進サポータ研修/2023
Faxに代わる新たな仕組み
~「中小企業共通EDI&ZEDI」による受発注業務改革実践~

これまで沢山の方にご受講頂きましたEDI推進サポータ研修を今年度も開催致します。

共通EDI推進サポータ認定登録者も300名を超え全国で活動しております。

共通EDI推進サポータ公表サイト

 

2023年度の開催は終了しました。

本研修の今後の開催日程等に関するお問い合わせは以下よりお願いします。

【お問い合せ先】

  共通EDI推進サポータ研修・中小企業共通EDIに関するお問い合せ ⇒ こちらから

  

【講座概要】


IoT、AI、ビッグデータ等々、ICT技術は目まぐるしく進歩しており、先進的な企業は積極的に取り組んでいます。しかし、大企業も含めICT化が大きく遅れている業務分野があることをご存じでしょうか。それは受発注業務です。多くの企業が未だにFAXによる受発注を行っています。大企業においても中小企業からの受注の大部分はFAXで受けているのが現状です。
このような状況の中、ITコーディネータ協会が仕様を策定し、国が推奨する「中小企業共通EDI」が日経コンピュータで「受発注革命」として特集され大きな反響を呼び、非効率な受発注業務の課題に苦しむ中小企業・大手企業からITコーディネータ協会にも多くの問合せ・相談が寄せられています。
是非、企業の受発注業務の現状と課題、その解決策の本命であるfaxに代わる新しい受発注の仕組みである「中小企業共通EDI」、「金融EDI(ZEDI)」を学び、受発注革命のキーパーソンである「EDI推進サポータ」となってください。
本研修はITコーディネータの方以外にも、企業を支援する専門家・ベンダ・支援機関・金融機関等の方、企業内で自社の業務改革やICT化を推進する方にも大変有効です。
 
【講座の特長】

・単に理論のみではなく、実際の企業からの相談事例の分析結果に基づくノウハウを学んで頂きます。
・実際の製品・サービスのデモを見ながら共通EDIの仕組みをご理解頂きます。
 (共通EDI対応製品・サービス提供ベンダ各社のご協力による)
・金融EDI(ZEDI)の概要、最新動向もご紹介します。(全国銀行協会様のご協力による)
 
【受講後のゴールイメージ】

・ユーザ企業からの問い合わせに対して共通EDIの概要を説明できる。
・ユーザ企業からの受発注業務の改善の相談に対して、共通EDIによる解決が適しているかどうかの判断および説明ができる。
・ユーザ企業に対して、共通EDIの導入の具体的な検討に進ませることができる。
(参考)関連情報はこちらからご覧ください。

研修名

EDI推進サポータ研修

受講対象者
・ITコーディネータ  
・ITCA会員(個人、法人)
・一般(専門家・ベンダー)
・支援機関・金融機関等の企業を支援する方
・企業内で自社の業務改革やICT化を推進する方  等
受講料
(税込)

ITCAの正会員(個人)の会費が本年度より1万円(非課税)となり
ましたため、会員になって頂くと本研修をお得にご受講けます。
ご受講頂く方は是非ご検討ください。

ITCA会員制度についてはこちらのURLをご覧ください。
https://www.itc.or.jp/guidance/

正会員のお申込み方法はオンラインヘルプをご覧ください。
https://teachme.jp/24559/manuals/629013

 

・ITCA会員    :33,000円
・ITコーディネータ :44,000円
・一般        :55,000円

 

定員

 20名

講師

 野田 和巳  ITコーディネータ協会 共通EDI担当
  ITコーディネータ・システム監査技術者・プロジェクトマネージャ・システムアナリスト

  平成28年度中小企業庁「次世代企業間データ連携調査事業」に事務局として参画
  平成29年度中小企業庁「中小企業・小規模事業者決済情報管理支援事業」に事務局として参画
  株式会社ビズサイト 代表取締役
  ITコーディネータ協会 共通EDI担当として活動中

研修形式

 オンライン型受講(Zoom)

開催日時

・第1回:2023年10月5日(木)13:00~17:30(Liveセミナー)
  
※質疑応答にて最大30分程度の延長の場合あり(希望者のみ)
  第1回(10/5)開催は終了しました。

第2回:2024年2月21日(水)13:00~17:30(Liveセミナー)
  
※質疑応答にて最大30分程度の延長の場合あり(希望者のみ)
  第2回(2/21)開催分の申込受付へは終了しました。

 受講申込受付終了 (2/15申込締切)

 

2023年度の開催は終了しました。

本研修の今後の開催日程等に関するお問い合わせは以下よりお願いします。

【お問い合せ先】

  共通EDI推進サポータ研修・中小企業共通EDIに関するお問い合せ ⇒ こちらから

講座内容

  
事前学習>個人学習(e-ラーニング/2時間程度を想定)

   1.中小企業の受発注業務の現状と課題

   2.EDIの現状

   3.受発注業務に革命を起こす「共通EDI」とは

   4.金融EDIZEDI)の最新動向(1) (ZEDIの基礎)

自由課題>個人学習(e-ラーニング)

   共通EDI対応製品・サービスのデモ・紹介動画視聴
  

Liveセミナー(オンライン)>(4時間30分)

   事前学習の補足

   4.金融EDIZEDI)の最新動向(2)(最新動向と共通EDI連携例)

   5.「中小企業共通EDI標準」仕様解説 

   6.共通EDI対応ソリューションと認証制度

   7.共通EDIの導入推進(周知・相談フェーズ)

   8.共通EDIの導入推進(導入フェーズ)

   ★共通EDI導入事例紹介

   9.質疑応答

   ※質問が多い場合は、希望者のみ終了後に最大30分程度時間を延長して対応する場合があります。


事後学習個人学習(e-ラーニング/1時間30分程度を想定)

   10.相談事例に対する対応案の検討(課題・個人学習)

※講座内容は改良等のため変更になる場合があります。

注意事項等

  
 <事前学習>   
   事前学習はLiveセミナー開催までに必ず実施してください。
   事前学習の教材は、開催1週間までに専用サイトに掲載します。
   専用サイトへの登録については、開催1週間前までにメールにてお知らせします。
 <Liveセミナー
   当日のLiveセミナーはオンライン開催になります。
   テキスト/接続先等は、前日までに専用サイトにてお知らせします。
 <事後学習
   事後学習は各自での実施になります。(課題提出は任意)
   課題はLiveセミナー時にご説明します。
 
実践力
ポイント
 3.5ポイント
受講特典
  
・提案先に共通EDIの説明を行うためのプレゼン資料をご提供します。
・提案先へのヒアリングシート等の支援ツールをご提供します。
・共通EDI推進サポータの認定が受けられます。(ITコーディネータの方)
  認定要件はこちら ⇒ 詳細
・ご希望により受講後に1時間程度の個別相談を受けられます。(ITコーディネータ以外の方)
  
備考
  
【過去の開催実績】
2020年度開催コース ~すべて満員にて終了~
 7/1(水) ・8/25(火) ・9/10(木)・10/6(火)・11/6(金)・12/18(金)・1/23(土)・2/25(木)・3/17(火)
2021年度開催コース ~盛況にて終了~
 5/20(木)・7/8(木)・7/10(土)・9/8(水)・1/26(水)・3/3(木)
2022年度開催コース ~盛況にて終了~
 6/16(木)・8/30(火)・11/22(火)・1/17(火)・3/15(水)
  

【お問い合せ先】

  共通EDI推進サポータ研修・中小企業共通EDIに関するお問い合せ ⇒ こちらから

  その他のITCA研修やITC+など協会全般に関するお問い合せ ⇒ こちらから

    

    中小企業共通EDI関連のチラシ
  

【ITコーディネータ・共通EDI推進サポータ向け】

  

 

  

ダウンロードはこちらから

 

【一般向け/中小企業共通EDI概要 その1】

  

   

ダウンロードはこちらから

 

 

【一般向け/中小企業共通EDI概要 その2】

    

EDIチラシ1.jpg

EDIチラシ2.png

   

ダウンロードはこちらから

  

  

2023.07.27
受講された方の感想

示唆を導きながらとなると時間が短かったですが、逆に制約のある中で形をまとめる練習になりました。 SPDLIは正直なところ忘れていましたが、経営者でなくても経営者的な視座を持ったマネージャであれば、日常の業務で使える内容だと思いました。

山戸先生の説明が駆け足になってもわかりやすく伝わり、講義力がダントツだと感じました。ありがとうございました。

業務都合上itc業務は疎遠であったが、取得研修を思い出しながら対応となった。 実務的な内容かつ対面研修というのが非常に有意義と感じました。 オンライン研修は確かに便利ですが、顔をみて、表情から感情を読み取りながら対話をしていくという重要性を再認識しました。 ぜひ対面研修は続けていってください。 研修ありがとうございました。

2023.07.19

ITCAライブセミナー 8月30日(水)開催

小規模事業者・中小企業にこそ活用してほしいツール

~ITCが知っておきたいデジタル化に効くZOHO・Kintoneの活用法

OOOOO
顧客管理は、企業の規模に関係なく企業活動には必ずある業務で且つ必ずあるデーターベースです。CRM(顧客管理)は「大企業だけのもの」「お金がかかる」「難しい」「時間の無駄」というイメージを持たれがちです。また小規模企業・中小企業にご提案すると「うちはまだそこまでいっていません」と言われることも多いです。しかし、実は小規模事業ならではのCRMツールの選び方や活用方法があり、成果を上げている企業様もたくさんいらっしゃいます。本セミナーではZOHOとKintoneを中心に、ITコーディネータが、どのように小規模事業者や中小企業に対してCRMや各種業務データーベースアプリの導入・活用をリードしていったらよいかというテーマでお話いただきます。

開催日時:2023年8月30日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『小規模事業者・中小企業にこそ使ってほしい

 CRMツール』
 ~ITCが抑えておきたい内容を凝縮してお伝えする1時間~

  講師:スマートプラス

      中山 幸子 氏(ITコーディネータ、ウェブ解析士)

      
       
講義内容(予定)

   1.CRMをとりまく環境
   2.抑えておきたい中小企業のためのCRM活用1+3機能
   3.Zoho CRMの導入事例
   4.いざ導入!その前にITCがお手伝いできるポイント
   質疑応答:10分
   
  
       ー  PR  
・中小企業、小規模企業向けのCRMの活用方法が分かります。

・CRM導入にあたって、ITコーディネータが中小企業、小規模企業の経営者に伝えるべき内容が分かります。

      nakayama.jpg  


第2部(15:10~16:10)
『支援者のための中小企業の業務デジタル化セミナー』
 ~Kintoneを中小企業の業務システムとして
          活用するための必携ノウハウ~

  講師:株式会社サクシード

      新井 祐介 氏 (ITコーディネータ)

      
       
講義内容(予定)

   1.中小企業におけるデジタル化の課題とは
   2.ITCが支援者としてできること
   3.Kintoneが中小企業のデジタル化に有用な理由
   4.業務システムとしてKintoneを利用する際のポイント
   5.導入事例
   質疑応答:10分
   
  
       ー  PR  

・中小企業に対するデジタル化支援の勘所がつかめます。

・中小企業における業務システムとしてKintoneを有効に活用する方法を知ることができます。

        


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、8/29(火)17:00です。
           【受付終了しました 
            blue.GIF
【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2023/8/22t

 

2023.07.18

   ryuutuudx2023.pngITCA研修2019/03/04

【講座概要】

    データ活用による小売業DXの構築パターンを具体例として体験できます。
    経営目的➡現状把握➡DXストーリー構築といった王道パターンを実際にやってみるとしたら、
    こんな手順で、こんなデータを見て、こんなツールを使ったら出来るかも?という一例を研修として体験してください。
【講座内容】(予定)
     1.小売業ゴール整理とデータ 
       五方よし:元手・売手・買手・世間・仲間とは
       五方(日本型パーパス)とゴールと経営方針
       代表的ゴールと要素とデータ
     2.現状プロセスとデータ 
       経営管理関連のデータ
       商・物・金・情報流としてのデータ
     3.DXゴール設定とデータ 
       改革パターンは6通り➡改革方針の確認
       改革手法と活用データ候補
       DX仮想ストーリー➡手順を示せば
     演習:想定企業のDXストーリーを描いてみよう
       想定企業(自社でもOK)を設定し、
       経営目的と改革6パターンの中から手法を選定し、
       活用すべきデータを含めた分析&検討し、仮想DXストーリーを描いてみましょう。

【研修の特長】
     「小売業DX構築」をデータ活用で実現へ
     最初に小売業の経営目的をあらためて整理し、次に現状の経営や業務内容を構成するデータとは何かを捉え、
     そこから経営改革に必要なデータを紡ぎ出し、それらを使ってDXに導くストーリーが描けるか、
     実際に演習で取り組みます。実務にそのまま応用できるツール(客先との情報共有目的が主)としても使えます。

【受講対象者】
     ・ITコーディネータ
     ・ITCA会員(個人、法人)
     ・企業内SE、営業、管理部門担当者
     ・中小企業経営者
     ・一般

【受講特典】
  ・特になし 
【講座時間/実践力ポイント】
     
3時間/1.5ポイント

【受講料】(税込)
     会員: 11,000円  ITC: 16,500円   一般: 22,000円

【受講をご検討の方へ】

     テキストダイジェスト版をご用意しました。

     本講座受講のご検討の際にご利用ください。

     ⇒テキストダイジェスト版はこちらです。book.png
     

【開催日時・お申込み】


      【第1回】日時 
            2023年10月12日(木)
            13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM

受付終了


      【第2回】日時 
            2024年1月26日(金)
            13:00~16:00

            (受付開始12
:45~)

              研修形式:オンライン受講型ZOOM

受付終了


【講師紹介】

 講師:天川 龍介 氏
 合資会社 グラシス 代表(ITコーディネータ)

 独立系ITコーディネータとして、流通業にはIT活用を、IT提供者には経営や業
 務理解を。まさに、ITと経営の懸け橋になる活動が中心です。
 

 
  amakawa.png

【オンライン受講型】注意事項
  ※オンライン受講型は、「ZOOM」を利用いたします。
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡をいたします。
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

【お問合せ】


ITCAç ”ä¿®

                                                   2024/1/10t

2023.07.06
 
【フォローアップ研修】(eラーニング)
a5.「デジタル経営を実現するための
AI・IoTの技術と活用」
~ITCが知っておきたいDX実現のための基礎知識~
 
 
■講座概要:
2021年9月、それまでのIT基本法を見直して、デジタル社会形成基本法が制定されました。同法ではビッグデータの活用によるイノベーションが実現するデジタル社会が謳われ、その要素技術としてAI・IoTが取り上げられています。
デジタル社会の中で、ITコーディネータはデジタル経営実現に向けた様々な支援スキルが求められ、AI・IoTについても幅広い知識が必要となっています。
 当講座では、まずリアルとデジタルの接点となるIoTから解説を始め、AIとの設定となるデータ分析についても触れます。AIについては、概要だけでなく機械学習やディープラーニングの具体的技法、話題の生成系AIについても、ゼネラリストに必要と思われる範囲で深掘りしています。(数式はほとんど出てきません。)
また、講師のAI・IoT導入に関する実務経験を踏まえ、自らの失敗談にも触れながら、導入の進め方、留意点について説明します。
「ITコーディネータのための実践AI~AIクラウド体験研修~」を受講した方が、さらにAIの知識を深め、AIと関連深いIoTやデータ分析に知識を広げるために最適な内容です。
 
<講座PR>
デジタル経営の概要、IoT、データ分析、AIの技術的解説、導入に関する実践的知識を、4時間でざっくり理解することができます。
 
<講座レベル>
全般(初級〜上級まで特に指定なし)
 
<受講者のKGI>
AI・IoTの実践的知識と導入の進め方を理解し、提案等で活用できる
 
<受講者のKPI>
① デジタル社会におけるAI・IoTの必要性を理解する
② 経営者・経営幹部に対してAI・IoTの概略を説明できる
③ AI・IoT導入プロジェクトの留意点を説明できる
④ AI・IoT導入プロジェクトにおいて、ベンダー等との具体的な会話ができる
 
■講習時間/実践力ポイント:
4.5時間2.25ポイント
※ポイントは購入年度の実績として付与されます。
 
■講師:
井上 研一 氏
ITコーディネータ
株式会社ビビンコ 代表取締役
デジタルヒューマン株式会社 取締役CTO
一般社団法人IT経営コンサルティング九州 コンサルタント
 
■プログラム:
途中でやめたり、途中から開始することもできます。
何度受講しても構いませんが、ポイントの加算はありません。
修了アンケートに回答することで修了認定されます。
 
1.デジタル経営にAIとIoTはなぜ必要か?
2.IoTの基礎知識
3.IoTとAIをつなぐデータ分析
4.AIの概要と動向、課題
5.機械学習の手法
6.ディープラーニングの概要と手法
7.AIとIoTの導入
8.修了アンケート
  ※この回答と受講料の払い込みをもってポイントを協会が入力します
 
■教材:
受講開始するとPDFファイルがダウンロードできます。
 
■受講方法:
購入履歴の「注文番号」から購入詳細を開き、「閲覧する」ボタンよりご視聴いただけます。
 PC 編:https://teachme.jp/contents/683238
 iPad 編:https://teachme.jp/contents/820587
 Mac Safari 編:https://teachme.jp/24559/manuals/3446521
 
■推奨環境:
 
■受講料:
 5,500円 (内訳:受講料  5,000円 消費税 500円)
 
■お申込みはこちら
 
 
■お問い合わせ先:
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
フォローアップ研修事務局
TEL:03-3527-2177
メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2023.07.05

   dxninntei.png

【目的】
 DX認定支援をはじめ、DX推進で活躍するITCを増やすため、新たに登録制度を発足させる。
 日本イノベーション融合学会との共同企画。

【対象者】
 ITコーディネータ

【登録要件】
 (1)研修受講による登録
 ・『DX認定支援セミナー』を受講すること
 ・日本イノベーション融合学会主催の『DX検定』または『DXビジネス検定』で、エキスパート以上の合格をしていること
 ・登録料を支払うこと

   『DX認定支援セミナー』はこちら
   『DX検定』はこちら
   ●『DXビジネス検定』はこちら     

ifsj.png

 (2)ITCA表彰(DX認定部門)の入賞実績による登録
 入賞者には個別に登録のご案内をいたします
 ※実績表彰部門は対象外
   ●ITCA表彰はこちら

【登録料】

 5,500円(税込) ※実績登録の場合は無料

【特典】

   ・DX認定サポータのロゴを利用できる
   ・ITCプロフィールにDX認定サポータであることを設定できる
   ・適時開催する(仮)DX認定サポータ座談会に参加できる
~DX認定サポータ登録までの流れ~ ※登録要件により手順が異なります
(1)研修受講による登録はこちら↓

step1.<事前申請> Step2.<申請結果通知> Step3.<正式登録>

Step4.

『DX検定』または『DXビジネス検定』のエキスパート以上の認定書を添付し申請をしてください。

⇒申請はこちらから

申請内容について精査した結果を事務局よりメールでご連絡します。

事務局より登録方法をご案内します。 <DX認定サポータ認定>
(2)ITCA表彰(DX認定部門)の入賞実績による登録の方
対象者には事務局より登録方法をご案内いたします。

【お問合せ】

DX認定サポータ事務局:hyoushou_itca@itc.or.jp

2024/5/8t


2023.07.05

受講された方の感想

メタバースを活用した事業について、初めて心に刺さった内容の講義でした。
業界動向、メタバース定義、プラットフォームの選定方法、導入アプローチ等とても理解できました。

先進的な事例かつ、今後も自社の取り組みに活用していきたいと思える好事例でした。とても勉強になりました。

    事業戦略は深く検討されていて非常に参考になった。又、メタバースに関する知識の広がりと深堀りが出来た。

2023.07.05

受講された方の感想

講師が診断士でもいらっしゃるだけあり「解決型支援から課題設定型支援への転換」および「フォアキャスティング思考からバックキャスティング思考への転換」を軸にした考え方と取り組みには大いに共感いたしました。

中小製造業の未来に繋がる切り口と紹介いただいた経営デザインシートは今後具体的に活用していきたい。

    中小企業の生き残り策の中から企業に合わせて取り組みを行いバックキャスティング等の進め方が参考になりました。

2023.07.04

受講された方の感想

iCDについて詳細な内容を把握をしたいと思いました。

かなり細かくて大変と感じましたが、タスク辞書が有るので選べばいい感覚が分かりました。人的資本経営は目指している所ですので参考に進めていきます。

    初めて聞く内容であったので興味をひきました。

2023.07.04

受講された方の感想

自身が経験された導入事例は参考になりました。

進める立場で共感が出来ました。ありがとうございました。

    講師の方の経験に基づいた興味深い内容でした。

2023.06.27

dxkeieishien.png   ITCA研修2019/03/04

※2022年度開催『DX推進支援研修~実践編~』から研修名を変更いたしました。

【講座概要】

 これまでITCはIT活用によるプロセス改善支援を行って来ました。昨今の企業を取り巻く環境はプロセス改善のみでは生き残れないほど激動してきています。DXで、経済産業省が謳っている「顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することにある」を目指すべき時と考えます。
参考までに日本のDXレベルは以下となっています。
・日本のビジネスの効率性は63ヶ国中51位(2022IMD報告)
・デジタルトランフォーメーションの推進レベルは63ヶ国中63位(2022年IMD報告)
ITコーディネータ制度発足時には「IT経営」のお手伝いと定義されていましたが、「DX経営」で「データドリブン経営」を目指すべき時が来ました。まさにこれがITコーディネータの役割と考えます。待ったなしの変革が必要な時、全国のITCは「目指すところはDX経営」と明確にします。当研修では、DX経営支援の標準コンテンツを紹介し、DX経営の研修、個別企業の支援のケースによる体験学習となります。

 

【講座内容】(予定)

     ~今、企業には「変わる力」が必要です~
     I.DX概論

    1.デジタル経営変革(DX)を目指す

    2.経営の足腰を強くする(DX以前の課題)


    Ⅱ.DX導入事例に学ぶ

    1.表彰DXセレクション表彰企業の紹介

    2.中小企業版DX銘柄表彰企業の紹介


    Ⅲ.DX戦略の導入

    1.段階的なDX推進(焦らず、一歩一歩、迅速に)

    2.結果を左右する「企業文化」


    Ⅳ.演習

  受講者の感想をご覧いただけます⇒   

                    受講者の声 

【研修の特長】

     「ITCは中小企業のDX推進をどのように支援して行くか」を「経産省の事業・DX促進支援事業」での実例をもとに、受講者
     とともにあるべき姿を討議します。

【受講対象者】

    ・ITコーディネータ

    ・DX支援に興味がある方

【前提条件】

    ・前提条件なし

【受講特典】
 ・受講後、DX経営・経営者研修を行う時、受講で体験した研修コンテンツを使用することができる。
  (ワークシート、診断シート、業務フローシート等)
【講座時間/実践力ポイント】
     6
時間/3ポイント

【受講料】(税込)
     会員: 22,000円  ITC: 33,000円   一般: 44,000円

【開催日時・お申込み】


      【第1回】日時 

            
 2023年12月6日(水)

             10:00~17:00

            (受付開始9
:45)

              研修形式:集合型
             会場ITコーディネータ協会会議室
             東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

   

開催終了


【講師紹介】

 講師:田中 渉 氏
 株式会社東京IT経営センター 代表(ITコーディネータ)

 日本ユニシスに30年間勤務し、コンピュータ関連機器開発プロジェクトリーダーを経験。1998年に独立、株式会社東京IT経営センター代表取締役。ITコーディネータとして20年間、多くの企業に対し、経営戦略からIT化推進のコンサルタントを行っている。中小企業の経営改革支援に数多くの実績あり。現在、登録パートナーと連携し、「企業の儲けの仕組み見直し・再構築」の支援を中心に活動している。

 
  tanaka.png


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室

【ご来場時のお願い】

会場開催研修での感染症予防対策に向けてのお願いについて

■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。
【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2023/12/7t


2023.06.20

2023/07/24
内閣府 令和5年度沖縄型産業中核人材育成事業
title2.png

沖縄の産業全体の生産性向上のための中核的役割を担う人材育成を目的にした事業です
事業内容・目的は内閣府ホームページよりご確認いただけます

【令和5年度沖縄型産業中核人材育成事業の採択案件 一覧】

【特別講演のご案内】

8/4後半の他地域金融機関の講演(特別講演 15:30~17:00)は、本研修受講者および関係者はどなたでも聴講可です。(金融機関、ユーザー事業者、国・県など公的機関)特別講演は下記のタイトルをクリックしお申込み頁よりお申込みください。

1,000社訪問して見えてきた『中小企業DX』支援のポイント

~十八親和銀行 デジタル化推進部~



本プログラムの趣旨

DXを見据えたデジタル化の土壌づくりを支援できる人材を育てる


 生産性向上・高付加価値創出のためには、デジタル化→効果的な利活用→新たな製品・サービス開発を経てDXへの取り組みという、息の長い取り組みが必要です。一方で、事業者をサポートする側の経営指導員をはじめとした支援者やITツールやシステムを提供するITベンダー、さらには費用面でサポートしてくれる施策も揃っているにも関わらず、デジタル化に取り組む事業者はなかなか増えません。

 これを乗り越えるためには、経営層から現場まで全体の覚悟と総意という"土壌"が必要であり、この"土壌作りを支援できる人材、すなわち内面からDXを見据えたデジタル化への取り組みを支援できる人材"を育成することが、業種や規模に限らず一番効果的であると考えました。その役割を担うのは、日ごろから全業界の事業者と接点があり、事業者の経営面だけでなく内面の相談も受ける存在であり、且つ地域振興の中核的な存在となりうる金融機関職員が相応しいのではないかと考えたとことが、この研修に至る段階での気づきです。

 この「事業者のDXを見据えたデジタル化を推進できる人材育成プログラム~金融機関および全業種対象~」は、実践型を重視する研修プログラムとして、金融機関職員と事業者のグループを編成し、事業者の様々な課題を金融機関職員と共有しながらデジタル化推進計画の作成を通して、他の事業者の支援にも対応できる"DXを見据えたデジタル化を推進できる人材"を育成することが、このプログラムの狙いです。

 令和5年度は、受講者アンケート結果や委員会委員、関係団体の皆様からのアドバイスと後押しをいただき、自走を意識した研修プログラムを実施したいと考えています。カリキュラムは、前年度の継続カリキュラムにデジタル研修と講師育成の新設カリキュラムを加えます。また、会計を軸とした事業者との関係が深いということと令和4年度の事業者受講者からの提案もあり、中心受講対象者に経営革新等認定支援機関(税理士事務所、会計事務所等)を拡大いたします。​

『なぜ、金融機関職員と経営革新等認定支援機関(税理士事務所・会計事務所)なのか』


 金融庁は令和5年3月に、金融機関等の若手・中堅現場職員が、効率的かつ効果的に経営改善支援を実践するための初動対応に際して必要となる、業種別の特性を踏まえた着眼点に絞って取りまとめた「業種別支援の着眼点」を発表しました。
その"はじめに"には、「地域経済は人口減少・高齢化等の構造的な問題を抱えていたところに、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、元々内在していた地域課題が一気に深層化・顕在化しています。実質無利子無担保融資等の返済の本格化や、足元の原油価格・物価高騰等により、引き続き事業者は厳しい業況に置かれています。これまでも事業者は金融機関等の皆様による資金繰り支援により支えられてきましたが、新型コロナウイルス感染症や原油価格・物価高騰等の影響を受けた業種は多岐にわたっているところ、金融機関等の現場職員それぞれが、経営改善等の支援に一層取り組むことを求められています。」という記述があります。金融機関自身がこれまでの事業形態を変えて行くことが求められています。


 他地域の金融機関に目を向けると、金融機関が顧客事業者のデジタル化推進の相談を受け、一緒に推進計画を策定したり生産性向上の提案をすることで優良顧客に成長し新たな融資先になったり、顧客事業の改革が進み高付加価値製品・サービスの開発に繋がり新しい事業の柱が出来たり、と、強みを持つことで他社との差別化が図れた事例が出てきています。


日ごろから全業種業界の事業者と接点があり、事業者の経営状態も把握して、時には事業承継など内面の相談も受ける存在です。事業を左右する"お金"を扱う影響力はとても大きく、地域振興の中核的な存在として多くの地域企業を巻き込み、牽引することが可能です。

(参考資料)
・金融庁「業種別の着眼点」(令和5年3月)

デジタル化とDX(デジタル変革)の違い 〜 人材育成の意義
■DX(デジタル変革)とは
 ・目的:競争上優位性の確立
 ・手段:デジタル活用、ビジネスモデル創出
 ・取り組み方:目標達成型アプローチ
s6.png
■デジタル化とは
 ・目的:生産性向上
 ・手段:電子化、全体最適
 ・取り組み方:課題解決型アプローチ
「デジタル化」を達成しても「DX(デジタル変革)」は実現しない
しかし「デジタル化」の先に「DX(デジタル変革)」がある

DX(デジタル変革)を見据えたデジタル化を推進できる人材が必要

求められる人材 理想像スキル

concept3.png
募集対象者・募集定員
募集定員:30名

募集対象:金融機関関連、経営革新等認定支援機関・従事者(協業者を含む)・事業従事者(全業種)   

プログラムのゴールは、金融機関等および協業受講者と事業者受講者のグループワークで、各事業者がすぐに使える「デジタル化推進計画」を作成することです。

  • 受講申込は、金融機関関連、経営革新等認定支援機関(税理士事務所、会計事務所等)ごと、事業者ごとに、企業組織単位で申し込んでください。
  • 事業従事者は、経営層・管理部門・現場担当による2~3名のチーム編成で申し込んでください。
    (管理部門はシステム部門を含む。現場担当は事業部現業部門を示す)
    一緒にグループワークを編成する金融機関についての要望を書いてください  
※すべての受講者は受講に先立って、現時点の「IT経営の理解度」を確認するため、「IT経営理解度チェック」を実施します。
group.png
スケジュール

schedule3.png


※ 該当する全課程の出席が必須です。(講師育成研修受講者は14日間、事業者受講者は3日目から11日間)
  止むを得ず欠席、遅刻、早退等の際は補講(eラーニング)により出席とみなすことができます。
  また、状況によりオンラインでの受講も支援します。
※ 代理や途中交代は認められません。
※ 研修時間は、10:00-17:00(昼休み1時間含む)です

※ 毎研修回に理解度テスト(アンケート)を実施します。補講を利用された場合は補講後に理解度テストをお願いします。
※ 8/4後半の他地域金融機関の講演(特別講演 15:30~17:00)は、本研修受講者および関係者はどなたでも聴講可です。
 (金融機関、ユーザー事業者、国・県など公的機関)特別講演は下記から事前のお申込みが必要です (準備中)

『Webセミナー、リモート会議システムの活用』
・集合研修が基本ですが、WEBセミナー方式での研修実施を可能にするため、リモート会議システムを活用します。
・eラーニング:研修生の理解を深めるため、いつでもどこでも何度でも学習できるeラーニングを活用します。(研修の録画)
・習熟度確認:受講後アンケートを基に、リモート会議システム等も利用した、個別指導の機会を盛り込みます

受講料

無料 (研修参加のための交通費、車で来訪の場合は駐車料金等、通信費は自己負担になります)
9月15日 先進企業見学(場所未定)、10月13日 受講者企業見学の団体での移動交通費・宿泊費以外の交通費・食費は自己負担になります。

会 場
沖縄産業支援センター  他会場(八汐荘)を予定しています。
〒901-0152 沖縄県那覇市小禄1831−1 (駐車料金について
※ 先進企業見学の集合場所、研修会場の詳細等は、受講確定後にご連絡いたします
『新型コロナウィルス対策』
  • 基本として、沖縄県の対処方針に基づき対策を実施します。
お申込み・受付期間

お申し込みは、下記お申込みボタンよりお申し込みください。

受付期間:6月15日(木)~7月15日(土)【満員御礼】

≪お申込みに当たっての注意事項≫

※研修で使用するPCは各自ご用意ください。"ZOOM"(オンライン開催で使用)、office"パワーポイント"が使用できるもの。
※申し込み受け付けは企業組織単位としていますが、お申し込みフォームから受講申込者個々人で入力してください。
 その上でとりまとめ担当者が企業組織情報を入力してください
※受講者は全課程の出席が必須となるので、代理出席や途中交代は認められません。
※全課程修了および修了試験合格者には内閣府担当大臣名の修了証が交付されます。 
※取りまとめ担当者は、上長の受講承認を得て申込フォームに添付、またはメール(oki@itc.or.jp)添付でご提出ください。 
※定員に達したところで受付終了となる場合がございます。
※すべての受講者は受講に先立って、現時点の「IT経営の理解度」を確認するため「IT経営理解度チェック」を実施します。

moushikomi_0.png
過去年度の研修風景
R4gazo.png
受講者公募要領ダウンロード

チラシダウンロード

受講承認書
ダウンロード

取りまとめ
担当者のみ要

koubo youryou zu.pngのサムネイル画像 R5_chirashi1.png

【お問合せ先】 


特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

内閣府沖縄型産業中核人材育成事業事務局:山川・石井・小野
TEL:03-3527-2177
E-mail:oki@itc.or.jp


2023.06.12

ITCAライブセミナー 7月26日(水)開催

インボイス・電子インボイス・電子帳簿保存法の動向

~ITCが押さえておくべきポイントを解説します

OOOOO
今年10月から制度が始まるインボイス制度について、令和5年度税制改正を踏まえた対応について説明します。電子インボイス・デジタルインボイスの違いや電子インボイス・デジタルインボイスについてどのように対応を行えばよいか、会計ベンダの対応を含めITCとITCの顧客の視点で解説します。
また、電子帳簿保存法への対応については度々税制改正があり、特に電子取引への対応をどのように行えばよいか様々な情報があり、わかりづらくなっています。令和5年度税制改正を踏まえてどのように対応を行えばよいかITCとITCの顧客の視点で解説します。

開催日時:2023年7月26日(水)14:00~16:10  
  ※質疑応答等で終了時間が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

第1部(14:00~15:00)
『インボイス・電子インボイスの動向』
 ~ITCが知っておくべきインボイス・電子インボイスの最新動向~


       
講義内容(予定)
   インボイス制度・電子インボイスの概要
   ・令和5年度改正
   ・電子インボイスとデジタルインボイス
   ・会計ベンダの動向他
   質疑応答:5~10分
   
  

       suganuma2.png  

第2部(15:10~16:10)
『電子帳簿保存法の改正動向
(令和5年度税制改正を中心に)』

 ~ITCが知っておくべき電子帳簿保存法の改正点

      
       
講義内容(予定)

   電子帳簿保存法の改正動向(令和5年度税制改正を中心に)
   ・電子帳簿保存法の概要
   ・令和5年度税制改正による改正点
   質疑応答:5~10分
   
  


       ー  PR  
ITCとして顧客や自らの事業に大きく関係する「インボイス制度・電子インボイスの要点」と「電子帳簿保存法改正の要点」を解説します。わかりずらい税法の内容をわかりやすくITC・税理士が解説します。

講師:菅沼俊広税理士事務所

   菅沼 俊広 氏 (ITコーディネータ・税理士)


参加方法:ZOOMのみ
当日の視聴用URLは、ITC+メンバーページのお知らせ欄に掲載します。
開催日の5日前からメールでご案内いたします。
当日までの流れ 

費用(税込):会員1,100円 ITC2,200円 一般3,300円

実践力ポイント:参加且つアンケートご回答で協会より1ポイントを付与
         アンケート提出が確認された方から付与いたします。
         (ポイントの反映には、アンケートご提出後15分程度かかります。)

お申し込み:お申し込み締切は、7/25(火)17:00です。
           【受付終了しました】 
            blue.GIF


chirashi_20230726.png

【注意事項】
※動画が閲覧できる程度のネットワーク回線をご利用ください。
奨励環境はこちら(アンケート回答時)
※当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金はできませんのでご注意下さい。
 キャンセルポリシーは、こちら

                                           2023/6/13t

 

2023.06.09
 
【フォローアップ研修】(会場型受講)
d1.ビジネス競争力自己診断ツール」
~「ビジネス競争力強化支援ツール」自己診断機能~

 
 
■講座概要:
企業は生き残りのために日々経営課題を見つけ解決に向けて行動していますが、ビジネス競争力自己診断ツールはこのような活動を支援します。具体的には、企業の経営幹部に半日集まって頂き、ITCの ファシリテーションのもとワークショップ形式で経営課題の発見・整理・解決の方向性について合意形成します。そのために本ツールは、企業にとって方針策定の支援ツールですが、一方ITCにとってもファシリテーションを支援するコンサル・ツールと言えます。
 報告書を効率良く纏めるための標準手順とテンプレートの使い方を座学とミニケース演習で学びます。ミニケースではファシリテーションも体験できるようロールプレイ形式で行います。
 自己診断のプロセスは以下の順番ですが、セミナーもこれに準じて学習します。
① 自社の強み・弱みについての認識
② 「重要経営課題」の抽出
③ 「ビジネス競争力成熟度」の"現在の姿"と"目指す姿"の自己診断
④ 重要経営課題の解決に向けてのビジネス競争力の特定
⑤ 経営課題解決プロジェクト発足に向けての提案
 
「ビジネス競争力自己診断ツール」の詳細はこちら
https://www.itc.or.jp/foritc/useful/diagnosis/index.html
 
<講座PR>
本ツールは主としてITCプロセスのIT経営認識プロセスで使用されますが、ドアノックツールとして使えますのでITCビジネスの獲得に大きな効果を発揮します。
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
受講者の声
 
<講座レベル>
基礎(ITCレベル2-1、ITSSレベル4-1、ITC1年目程度)
~中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
 
<KGI>
企業が持続的に成長するために自己診断や合意形成を通じてプロセス改善や経営革新の方向性を導き出す手法の取得
 
<KPI>
①診断ツールの使用目的を理解すること。
②診断ツールの使用方法を理解できること。
③企業トップのヒアリング方法、プレゼンテーション方法を体感すること。
④ファシリテーション方法を体感すること。
⑤ケースをベースにコンサルテーション方法、提案書作成方法を体感できること。
 
■講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント/日
※本講座は6時間/日の2日間コースとなります。
 
■講 師:
川上 正春 氏
ITコーディネータ
 
■プログラム:
※本講座は2日間コースとなります。
[開場/受付] 9:45 ~
[研修開始] 10:00 ~
【第1日目】 【第2日目】
1. オリエンテーション
2. 自己診断ツールの概要
3. 自己診断ツールの使い方
4.【個人作業】個人作業の理解、
  ファシリテータ事前準備作業
5.【チーム作業】重要経営課題の選択
6.【チーム作業】ビジネス競争力の
  成熟度判定
7.【チーム作業】重要経営課題解決に
  影響するビジネス競争力の特定
1.【チーム作業】クロス分析による
  自己診断作業の確認と方向性検討
2. 診断結果のご報告と今後の進め方・
  ご提案について
3.【チーム作業】報告書・提案書作成
4.【チーム作業】報告書・提案書の
  チーム発表
5. 検討例、その他自己診断ツールの
  機能紹介等
6.ラップアップ
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■ご受講にあたって:
1)本研修は、事前課題がございます。
  開催日が近くなりましたら、メールにてご案内させていただきます。
 
■受講料:
ITC:66,000円(33,000円/日×2日間)
   (内訳:受講料  60,000円 消費税 6,000円)
 
■会 場:
東京)ITコーディネータ協会 会議室

【ご来場時のお願い】
 会場開催研修での感染症予防対策に向けてのお願い
 
■開催日/お申込み:
 ★本講座は2日間で1講座のため1日だけの申込はできません。

【第1回】
★1日目、2日目、両日ともお申し込みください。
 (2日間で1講座のため1日だけの申込はできません。)
★2日間受講完了することでフォローアップ集合研修2講座完了したことになります。
 
1日目
2023年7月27日(木)
2日目
2023年7月28日(金)

開催中止

【第2回】
★1日目、2日目、両日ともお申し込みください。
 (2日間で1講座のため1日だけの申込はできません。)
★2日間受講完了することでフォローアップ集合研修2講座完了したことになります。
 
1日目
2023年10月26日(木)
2日目
2023年10月27日(金)

【第3回】
★1日目、2日目、両日ともお申し込みください。
 (2日間で1講座のため1日だけの申込はできません。)
★2日間受講完了することでフォローアップ集合研修2講座完了したことになります。
 
1日目
2024年2月6日(火)
2日目
2024年2月7日(水)

 
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2023.06.08
 
【フォローアップ研修】(オンライン型受講)
d12. ITコーディネータのための知財活用入門
~知財を生かす経営デザイン~
 
 
※フォローアップ研修の集合研修受講とみなします。
 
【オンライン型受講】注意事項
  ※オンライン型受講は、「ZOOM」を利用いたします。
   フォローアップ研修(オンライン型受講)について
 
■講座概要:
「IT」と並び、国家戦略に位置付けられる「知的財産」。この知財を活用して具体的に経営力を高めて行くことを「知財経営」と呼び、正にITCがITと経営を結びつけてIT経営を実現していくストーリーがそのまま生かせる世界です。本講義では、ITCで知的財産アナリストでもある講師が「知財の基礎知識」から「ITCによる知財経営支援の手法」まで伝授します。講義と演習を組み合わせることで、ITCとしてどのように知財を活かすコンサルティングを行っていくかを体感でき、更に内閣府・知的財産戦略推進事務局が策定した「経営デザインシートの活用法」が身に着きます。「ITは分かるけど知財は?」という方や、ITCとしてより幅広く企業支援を行っていきたい、もっと対象領域を広げて行きたい、という方にピッタリの講座です。
 
<講座PR>
知財経営の基礎が学べ、併せて内閣府が策定した「経営デザインシート」の活用ノウハウが身に着きます。
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
受講者の声
 
<講座レベル>
中級(ITCレベル2-2、ITSSレベル4-2、ITC2年目程度)
 
<受講者のKGI>
ITCとして基本的な知財支援が出来るようになること
 
<受講者のKPI> 
①知財の基本的知識習得
②経営デザインシートの活用法習得
③その他の知財支援ツールの活用法習得
 
■受講前提条件:
(1)本研修では円滑に研修を進行させるため、ビデオONでのご受講を
  お願いしております。皆様が不安を感じない環境で開催をするため
  の対応となりますのでご協力ください。
  ※ビデオONとはZoomの機能でカメラをONにする機能のことです。
  ※事情によりビデオONにできない方は、事前に事務局にご相談ください。
(2)本研修では、PowerPointを使用して資料を作成していただきます。
 
■講習時間/実践力ポイント:
6時間/3ポイント
 
■講 師:
児玉 学
NPO法人ITコーディネータ広島・理事長
ITコーディネータとして数多くの企業のIT経営化を支援すると共に、
インストラクタとしてITCケース研修の講師を幾度も務める。
☆中小企業診断士、知的財産アナリスト
 
■プログラム:
[受付開始] 9:45 ~
[研修開始]10:00 ~
1. オリエンテーション
 講師のITC活動等紹介、受講生の自己紹介  0.5h
2. 知財の基礎知識習得
 1.講義1「知財を活かす経営とは」 0.5h
 2.演習1「知財戦略立案」 1h
3. ITCによる知財経営支援 
 1.講義2「ITCと知財」 0.5h
 2.演習2「ITCプロセスを活かす分析と解決法」 1h
4. 経営デザインシート
 1.演習3「経営デザインシートにまとめる」 1.5h
 2.発表 0.5h
5. まとめ「目指すITC像」
 1.講義3「知財経営を進める上で、ITコーディネータに求められること」
[終了] 17:00   
(途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
ITC:33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
一 般:44,000円 (内訳:受講料  40,000円 消費税 4,000円)
 
■開催日/お申込み:
2023年10月19日(木)
オンライン開催
2024年3月15日(金)
オンライン開催
受付終了 受付終了
 
※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡を
  いたします。
   当日までの流れ
 
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前まで キャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日 研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

2023.06.08

iot_2022.png

本講座は、中⼩企業のIoT導⼊を⽀援するシステムエンジニア、ITコンサルタントや、中⼩企業社内のIoT導⼊推進者が、企業経営に役⽴つIoT導⼊を学ぶ講座となっております。
具体的にはIoT概論やIoT導⼊のプロセスを学ぶeラーニング形式と、IoT導⼊効果である「⾒える化」「改善・管理」「付加価値創出」の模擬体験を通じて実践⼒をつけていただく演習形式で構成されています。
IoT導⼊プロセス(eラーニング形式)のみの受講も可能ですので、必要に応じて受講をご検討ください。


■「IoT導入プロセス研修」 eラーニング(2.5時間)

【概要】
 中小企業のIoT導入を支援するITコンサルタントやシステムエンジニア、ITコーディネータが、中小企業の経営に役立つIoT導入のために、IoTの特長や中小企業の実態を理解するための研修です。さらにIoT導入効果である「見える化」「改善・管理」「付加価値創出」の模擬体験を通じて実践力をつけていただく演習を用意しました。

「中小企業のための IoT導入ガイド」をもとにした研修です

【講座内容】(予定)
  中小企業がIoTを導入する際の参考となるプロセスを学びます。
   1:はじめに
   2:00_IoT概論
   3:01_課題抽出・目的目標設定プロセス
   4:02_IoTシステム計画作成
   5:03_システム調達・開発
   6:04_結合テスト・運用テスト
   7:05_システム導入
   8:06_モニタリング
  各プロセスでアウトプットとなるテンプレートがありますのでこのテンプレートの記入方法も学びます。
   
【予想効果】
   ・中小企業に対してIT導入の経験のある方は、従来のIT導入との違いを理解できます。
   ・中小企業に対してIT導入の経験のない方は、IoT導入の一連のプロセスを理解できます。 
 
【受講対象者】
   ・IoT導入のビジネス支援をご検討している方
   ・IoT導入をビジネスとしてご検討している方
   ・IoT導入をビジネスとしてご検討するか迷っている方
   ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」に興味のある方
 
【受講前提】
   ・IT全般を広く習得されている方
 
【講座時間/実践力ポイント】
    2.5時間/1.25ポイント
 
【受講料】
   会 員:8,800円(税込)
   ITC:11,000円(税込)
   一 般:13,200円(税込)
 

【受講特典】
   ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」PDFでの提供
   ・IT導入プロセスのアウトプットテンプレート


■eラーニング
【お申込み※
IoT導入プロセス研修】

【2023年度実践力ポイント】
  

 ※お申込み後のeラーニング閲覧方法はこちら

 


■「IoT導入コンサルタント演習」 6時間演習(集合研修)

【概要】
IoT導入演習として、シナリオに基づき、その場面場面でのITコーディネータ(ITコンサルタント)としてのとる べき行動や支援すべき内容をグループディスカッションしながら考えていきます。
また、IoT導入提案の模擬プレゼンとして、研修の最後に、架空の企業に対するIoT導入計画のプレゼンを行ってもらいます。架空の企業の課題に対し、経営状況やIT資産、IT人材の状況を 踏まえたIoT導入の計画を考えてプレゼンしてもらいます。
 

【講座内容】(予定)
架空の企業に対するIoT導入計画のプレゼンを行ってもらいます。架空の企業の課題に対し、経営状況やIT資産、IT人材の状況を踏まえたIoT導入の計画を考えてプレゼンしていただきます。(所用時間10:00~17:00 途中休憩有り)
  1. IoT導入演習
  2. IoT導入提案の模擬プレゼン
【予想効果】
  ・IoT導入コンサルタントとして経営者に提案できる
  ・IoT導入コンサルタントとして導入支援できる
 
 

【受講対象者】
  ・IoT導入のビジネス支援をご検討している方
  ・IoT導入をビジネスとしてご検討している方
  ・IoT導入をビジネスとしてご検討するか迷っている方
  ・「中小企業のためのIoT導入ガイド」に興味のある方
 

【講座時間/実践力ポイント】
   6時間/3ポイント

【受講料】
  会 員:22,000円(税込)
  ITC:33,000円(税込)
  一 般:44,000円(税込)
 
【受講特典】特になし
【受講前提条件】
  
以前の集合形式「IoT導入コンサルタント研修~IoT導入プロセス研修~」を「受講」された方
  ・今回のeラーニング形式「IoT導入コンサルタント研修~IoT導入プロセス研修~」を「受講」された方
 
【開催日時※IoT導入コンサルタント演習】

■本年度は開催の予定ございません。


【講師紹介】

「中小企業のためのIoT導入ガイド」執筆WGメンバー

大久保 賢二氏 株式会社 アイ・コネクト 代表ITコーディネータ

  • 1987年に茨城日立情報サービス(現在の日立産業制御ソリューションズ)に入社し、製造業向けの生産管理システム導入を担当し、大小様々なシステムを経験
  • 2003年から「企業経営に役立つITの導入」を実践し始め多種多様な企業の方々と接する機会を頂き、経営者の視点を経験

以上のような経験に加え、長年の会社生活では絶えず人を育てて元気な組織を作る事を実践してきた。


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室


【ご来場時のお願い】

・感染防止のためにマスクの着用をお願いいたします。
 (マスクを着用していない方はご入場いただけません)
・咳エチケットをお守りいただきますようご協力お願いします。
・検温で37.5度以上の発熱がある方はご入場をご遠慮いただきます。
・手指の消毒や場内での手洗い励行などにご協力をお願いいたします。
・会場内で体調の異変を感じた場合は、ご遠慮なく事務局もしくは講師にお声がけください。
・会場に到着する以前に、既に発熱・咳・全身痛等の自覚症状がある場合、
※体調がすぐれない場合は、無理をなさらずご来場をお控えください。

■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。

【お問合せ】


ITCAç ”ä¿®

2023/6/12t

2023.06.07

powerbi2023.png

【講座概要】

     無償のデータ分析・可視化ツールであるPower BI Desktop(Microsoft)を活用して、
     データ分析と可視化の基礎を学びます。
     データの読み込みから前処理、様々なビジュアルを活用したレポートの作成といったPower BI Desktopの操作を中心に、
     データ分析に役立つ統計の基礎、ITCとしてプロセスガイドラインとの関連、活用法などを組み込んだ内容です。

【講座内容】(予定)
     1. データ分析の必要性
     2. Power BIとは
     3. Power BI Desktopによるデータの取得と前処理
     4. Power BI Desktopによるデータ分析と可視化
     5. ITCとデータ分析

     受講者の感想をご覧いただけます⇒   

             受講者の声  

【研修の特長】
     データ分析はDX実践の第一歩です。Excelなど身近なツールとも親和性の高いPower BI Desktopを学んで、
     データを活用できるITCになりましょう。

【受講対象者】
     ・ITコーディネータ
     ・データの見える化を検討されている方
     ・データ分析を学びたい方

【前提条件】
     ・演習用PCの用意(Windowsのみ)
      講師の説明をZoom画面を見ながら、ご自身のPCで演習を実施いたします。
      操作しやすい演習環境は事前にご検討ください。
     ・Power BI Desktop(無償)事前にインストールします。
       (研修開催決定後に事務局からご連絡します。)
【推奨環境】
     本研修はZoom画面を見ながらの実習型の研修となります。
     各自の受講(実習)環境は事前にご用意ください。
     実習するPCと受講するPC(画面分割でも可)があると受講しやすいです。
     (画面の分割、画面拡張、もしくは複数ディスプレイのご用意等)  
【受講特典】
  ・特になし
【講座時間/実践力ポイント】
    
 3時間/1.5ポイント

【受講料】(税込)
       会員: 11,000円  ITC:16,500円  一般:22,000

【開催日時・お申込み】

【第1回】日時

2023年7月28日(金) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

          研修形式:オンライン受講型ZOOM

開催終了



【第2回】日時

2023年10月18日(水) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

          研修形式:オンライン受講型ZOOM

開催終了



【第3回】日時

2024年1月12日(金) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

          研修形式:オンライン受講型ZOOM

受付終了



【講師紹介】

講師:井上研一氏 株式会社ビビンコ代表取締役(ITコーディネータ)

2015年にITコーディネータの資格を取得し、AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。2017年に北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に主催コミュニティで応募したアイディアが入選。2018年、株式会社ビビンコを北九州市に設立し、IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。
日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

 
  

【オンライン受講型】注意事項
  ※オンライン受講型は、「ZOOM」を利用いたします。
  ※オンライン受講に際してのご案内は、「開催決定」のメールにて詳しくご連絡をいたします。
     
■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し  
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。
【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2024/1/11t

2023.06.06

     

security2.jpg

【講座概要】

     

   特定の組織や人を狙って行われる標的型サイバー攻撃は、近年大きな脅威となっています。
   ソーシャルエンジニアリング手法を尽くした標的型攻撃メールや、セキュリティツール等による検知を回避し、侵入の
   痕跡を巧妙に隠蔽しながら活動するマルウェアなど、手口や技術も年々高度化しています。

   本研修では、サイバー攻撃者と同じ手法・ツールを使い、サイバー攻撃者の戦略を学びつつ、セキュリティ対策をどう
   考えていかなければいけないのかを解説します。

     
【講座内容】(予定)
    1. ホワイトハッカーという仕事
    2. 攻撃者の情報収集手法(OSINT)
    3. 攻撃者の攻撃手法(デモ実演あり:Windows OS)
    ※ご自身のPCをご持参いただければより理解を深められます。
    4. 防御概論 ※テキストは、研修後のご提供となります。
     

   受講者の感想をご覧いただけます 

                    受講者の声  

【研修の特長】
    攻撃者の情報収集手法とその対策について知ることができる

   

【受講対象者】
    ・ITコーディネータ
    ・セキュリティに興味のある方
    ・セキュリティをビジネスとしてご検討している方
    ・セキュリティについて知識を深めたい方

    
【受講特典】

    ・特になし

    

【講座時間/実践力ポイント】
    
3時間/1.5ポイント

    

【受講料】(税込)
     会員: 11,000円  ITC:16,500円  一般:22,000

        

【開催日時・お申込み】

【第1回】日時

2023年9月14日(木) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

           研修形式:集合型
           会場:
ITコーディネータ協会会議室
           東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

開催終了



【第2回】日時

2024年1月16日(火) 
13:00~16:00
(受付開始12:45~)

           研修形式:集合型
           会場:
ITコーディネータ協会会議室
           東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F

開催終了


【講師紹介】

講師:小笠 貴晴氏 
株式会社セキュリティイニシアティブ、代表取締役(ITコーディネータ)

    
フリーランスとしてシステム開発に携わり2015年に渡米。本場のハッキング技術を学び、国内では珍しいGIAC認定を受ける。2015年4月に仙台にてペネトレーションテストを軸としたセキュリティコンサルティング会社設立。各種企業、官公庁等のペネトレーションテストや脆弱性診断、インシデントレスポンスにおけるマルウェアハント等セキュリティエンジニアとして活動。ホワイトハッカーとしてのスキルを持ち攻撃者目線でのコンサルティングを得意とする。2016年にOWASP Sendaiを立ち上げ、ローカルチャプターチャプターリーダーとしてアプリケーションセキュリティの普及を目的として活動。
     

 
  ogasa2.jpg


【会場】
 ITコーディネータ協会 会議室

【ご来場時のお願い】

会場開催研修での感染症予防対策に向けてのお願いについて

■キャンセルについて
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
6日前までキャンセル料無し  
5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
前日及び当日研修・セミナー料金の100%
(キャンセルポリシー:https://www.itc.or.jp/commercial/
ご不明な点がございましたら、下記までご連絡をお願いします。
【お問合せ】

ITCAç ”ä¿®

                                                   2023/1/15t

前の30件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ