研修セミナー、教材情報

2017.02.22

 

「テレワークで問題解決!」

■講座概要

 今、内閣府では、働き方改革実現会議が開催されています(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/)。

会議のテーマとして、「テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方」が議論されています。ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークは、「一億総活躍社会の実現に寄与」し、「働き方改革」にも有効な手段と言えるでしょう。
 一方で、テレワークの普及は欧米に比べて進んでいません。そんななか、テレワークを自社・団体の事業にどのように活かせばよいのでしょうか。「テレワークとは?」「会社のトップを説得するためには?」「地方創生や一億総活躍社会でのテレワークの役割は?」「必要な機器は?」等、様々な方のご要望にお応えしてするセミナーです。
 28年度補正予算、29年度概算要求においてもテレワーク関連の予算が多く計上されています。ITコーディネータの方の活動の参考にして下さい。
〈得られる効果〉
・「働き方改革」「一億総活躍社会」「地方創成」と「テレワーク」の関連がわかります。
・「テレワーク」の概要、導入事例がわかります。
・「テレワーク」導入のポイントがわかります。
・「テレワーク」導入のためには何から始めたらよいのかわかります。
〈セミナー受講者の感想〉
・テレワークに関して、最新の動向、状況を情報収集することができた。
・約1時間のセミナーでテレワークについて要点を聞けたので満足しています。
・テレワークについて、これまでマイナスな印象がありました。今回のセミナーにて、今後、どんどんテレワークを利用するケースが増えてくるであろうこと、実際にやってみると、そこまでマイナスなことはなく、逆にプラスに働くケースが多いということがわかり、勉強になりました。
 

 

■視聴時間

約1時間(0.25ポイント)
 

■視聴資格

ITコーディネータ資格認定者、ITCA会員、一般
 

■視聴環境

推奨環境はこちら
 

■料金

¥1,080円(税込)

■お申込みはこちら
 お申込みはこちら
※受講にはITC+メンバーIDが必要です。
 

■お問合せ先

お問い合わせはこちら
マイページお問い合せはこちら

 

2017.02.22
     
  ⇒2017年度 実施機関開催 フォローアップ研修日程表  
     
  このマークから受講者の声を、講師名よりプロフィールをご覧いただけます  
  ※講師敬称略  
   
     
   
講座名 講師 2018年
1月 2月 3月
b1. ITコーディネータ営業活動プロセス
  ~ITコーディネータとして稼げる人財になるために~
 
講師が実際に行った事例を使い独立・企業内共に必要なITコーディネータとしての全プロセスが学べます。
 
阿部 満
 
     
b2. IT経営プロセスとITCの役割を実感
  ~中小企業100社の支援経験をもつ講師といっしょに
  中小企業ワールドを疑似体験~
 
事例企業以外の講師の支援実績も紹介しながら、独立ITコーディネータの"イキザマ"をお伝えします。生々しい現場情報が満載です。
 
鬼澤 健八
 
    東京
3/3(土)
受付終了
b4. 「企業内ITC向『中小企業のIT顧問』への道」
  ~セカンドキャリアを週末ITCで始めよう!~
 
あなたは何歳まで、働きたいですか?
「セカンドキャリア」で中小企業のIT顧問を目指す方向けの実践講座をご用意いたしました。その準備期間として、企業内で働きながら、週末のみ、副業としてITCの仕事をやりたい方への処方箋もご紹介しています。
 
野村 真実
 
    東京
3/17(土)
受付終了
b5. 新規就農したITCが伝える、農業ITの丸ごと全部
  ~他産業にも通じるIT利活用の基本原則と等身大の事例~
  地域の基幹産業である農業と、それを支える農業IT、そして、ITCが貢献できる役割を概観して理解できる1日コースです。
 
堀 明人
 
  東京
2/3(土)
受付終了
 

 

 
     
   
     
   
講座名 講師 2018年
1月 2月 3月
c1. 経営者が理解できるIT投資マネジメント
  ~最新のBSCの理解とIT投資マネジメントへの適用~
  IT投資マネジメントについての最新の理論的なフレームワークが理解できるだけでなく、BSCの最新の考え方もマスターできます。ケース企業を題材に、ワークショップ形式でその適用事例を学習します。経営者視点で投資評価を体験できることが最大のポイントです。
 
宗平 順己
 
  東京
2/17(土)
受付終了

大阪
2/24(土)
受付終了
 
c2. 戦略を反映した「攻めのIT」の実現
  ~人的販売、設計業務、顧客サービスなどへのIT活用により~ 
  初年度の投資だけで、同一人員でETO品の売上を8倍まで伸長させた事例によって、「攻めのIT」へのアプローチとその継続的効果、この第二次としてユーザ自身で実現した事例を紹介する。
 
渡辺 和宣
 
  東京
2/10(土)
受付終了
 
c3. 業務の見える化からシステム要件定義へ
  IT経営のための要件定義とRFP作成
  現場からの業務要求と、システム化に必要となる要件の引き出し方と纏め方を学びます。それを使ってRFP作成の演習も行います。
 
則包 直樹
 
東京
1/20(土)
受付終了
   
c4. IoT環境で企画から実践までの
  ベネフィットリアライゼーションマネジメントBRM
  ~実務に役立つPPPM実践のためのビジネス構築
          ;PDUも取れる~
 
経営者が評価する広義のPMとはどういうものなのか?ビジネス価値組込みから、分析、実施までの勘所を身につける。
PPPM:ポートフォリオ,プログラム,プロジェクトマネジメント
 
田島 彰二
 

東京
1/31(水)
受付終了

 

東京
3/22(木)
受付終了

c5. 経営から評価されるITサービスマネジメント
  経営視点からITサービスを考える
  経営者が評価するITサービスとはどういうものなのか? ITサービスマネジメントの理論と具体的な事例を基にした実践の勘所をご紹介いたします。
 
古川 博康
 
東京
1/18(木)
受付終了
  東京
3/8(木)
受付終了
c6. 提案営業のための「戦略的IT経営」実践術」
  ~新規ビジネスの本質をとらえる
  「ビジネスモデルキャンバス」的提案術~
  中小企業IT経営力大賞の受賞企業の事例を用いて、新規ビジネスにおける要求の把握から問題抽出・分析、課題解決立案へとつながる「ささる提案書」のコツを解説します。
 
中尾 克代
 
    東京
3/24(土)
受付終了

 

 
     
   
     
   
講座名 2018年
1月 2月 3月
d1. ビジネス競争力自己診断ツール
  「ビジネス競争力強化支援ツール」自己診断機能
  本ツールは主としてITCプロセスのIT経営認識プロセスで使用されますが、ドアノックツールとして使えますのでITCビジネスの獲得に大きな効果を発揮します。
 
鹿毛 公
 
     
d2. ”リアルタイムBS”で学ぶ 
  「経営者の目線に立つための会計基礎」
 
決算書を読まずに、経営支援ができますか?
カラーマグネットを動かしながら学びます。会計初心者も歓迎!
 
朝尾 直太
 
  東京
2/24(土)
受付終了
東京
3/27(火)
受付終了
d3. ビジネスモデルキャンバス(BMC)実践編
  ~既存企業のBMC事例から発想する提案術~
 
一日でBMCが書けるようになり、実際の仕事の場面に応用できます。著名なビジネスモデルを可視化し、成功の秘訣を考察します。
 
中尾 克代
 
     
d4. ビジネス競争力課題解決ツール
  「ビジネス競争力強化支援ツール」課題解決機能
  IT経営実現領域の経営戦略・業務改革・IT戦略の各プロセスで、ITCが具体的に支援するための手順やテンプレートを体系化したツールです。
 
岡 現
 
     
d5. 数年後の流通業で活きるITとは
  現状分析⇒最新IT活用へ
  :AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・EC
  流通業の未来を構築するために必要な業務知識の基礎と、最新ITの活用方法及び効果を伴に学びましょう。

天川 龍介
 
東京
1/25(木)
満員御礼!
   
d6. ITコーディネータのためのファシリテーション基礎スキル
  ~効率的に会議の目的を達成するために~
  ファシリテーションは会議を効果的におこなう「技術」です。理論の解説と演習を組み合わせて、ファシリテーションの基礎スキルを体得していただきます。付録の「会議進行のひな形」を参照することで、すぐに実践にとりかかることができます。
今井 正文
 
     
d7. IoT、AI時代における業務分析手法の習得
  ~GUTSY-4の業務参照モデルを活用した業務分析演習~
  業務参照モデルを活用した分析手法を学ぶ事で、業務知識・
スキルが乏しくても業務分析が可能となります
黒坂 武祐   東京
2/15(木)
受付終了
 
d8. ITコーディネータのための「ファシリテーション」の指導スキル
  ~ファシリテーション勉強会を運営するために~
  ファシリテーションを指導するスキルを体得していただきます。特典として、ファシリテーション基礎スキルの教材をpptファイル形式で提供します。自主勉強会や外部向けの研修教材として、自由に活用ください。
今井 正文
 
東京
1/13(土)
受付終了
   
d9. ささる指標(KGI/KPI)の創り方
  ~4つの知識変換モード(SECIモデル)から解き明かす
成果の上がるマネジメント法~
 
  SECIモデルを使って目標達成のメカニズムを解明し、“ささる指標”の創り方とマネジメントの秘訣を学びます。
中尾 克代   東京
2/28(水)
受付終了
 

 

 
       
   
       
   
講座名 2018年
1月 2月 3月
 支援機関連携ビジネス研修
  ~支援機関に必要とされるITコーディネータとは?~
 
先駆者ノウハウ大公開!小規模事業者・中小企業支援とIT利活用促進の要である様々な支援機関と手を組んでITコーディネータとしてのビジネスを確立させよう!
新保 康夫  


東京
2/9(金)
受付終了
 

 
 
       
       
  ⇒2016年度 ITC協会主催 フォローアップ研修日程表  
     
  2018.03.26.k  
     
     

 

2017.02.16


 

ITCA研修 ワークショップ研修
「ITCは、ローカルベンチマークを活用しよう!」
~ユーザーに提案できるロカベンの使い方、教えます~
企業の事業性評価の「入口」として活用が期待されている「ローカルベンチマーク」!
この「ローカルベンチマーク」の指標を使って企業診断ができるようになりましょう!

 

【3月13日:受講者の声】


・実際に10社以上の実践に裏打ちされていて大変よかった。
 今後、企業の社長とコミュニケーションをはかるために利用してみようと思う。

・講師自らの経験を中心に語ってくださり、大変説得力があった。

・訪問予定先へのアプローチツールとしてぜひロカベンを利用してみようと思う。

■講師: 
岸本 圭史氏(ITコーディネータ)
 
講師からのメッセージ(動画) 5/24 講義風景(写真)

 

■講座概要: 

ロカベンの概要について、経産省のサイトの情報を要約し説明をします。
実際に講師が行ったロカベンの調査の様子を報告しながら、実際の活用シーンでのポイントや課題を説明します。
また、この講座を通じて、ITCのプロセスガイドラインが、ロカベン調査に非常に役立つということもお伝えします。
講師が経験したロカベン活用の事例紹介をし、ロカベン活用についての質疑応答の時間も設けます。
 

■講座受講対象者: 

・ローカルベンチマークをビジネスで利用したい方
・ローカルベンチマークの活用方法を学びたい方
・ローカルベンチマークに興味がある方
 
■KPI: 
・中小企業等経営強化法のポイントの理解度
・ローカルベンチマークに関する理解度
・ビジネス成約率
 
■講座時間: 
3時間(1.5ポイント)
 

■プログラム: 

[開場/受付] 13:15 ~
 [研修開始] 13:30 ~
  1.(講義)ロカベンの概要と活用目的・効果 
  2.(講義)ロカベンのテスト調査について実施の様子を報告 
  3.(講義)ロカベン活用の事例紹介 
  4.(講義)質疑応答 
 [終了] 16:30  
 

■受講料(税込、事前申込制): 

 ITCA会員 10,800円、ITC 16,200円、一般 16,200円

 

■お申込み方法: 

 2017年10月6日(金) 開催終了

■お問合せ先: 

 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 ITCA研修事務局
 TEL:03-6912-1081 
 メールアドレス:itcakenshu@itc.or.jp 
 
 
 

 

 

 

 

2017.02.13
【フォローアップ研修】    
《 2日版 》  
 ITC独立支援セミナー『独立への道』  
~果報は練って待て!独立までの道は描けていますか?~  
 
■講座概要:
 将来的にITC資格を活かして独立を検討したい方、既に独立しているが更なる飛躍と変革を遂げたい方、そんなあなたが確実な独立系ITCを目指すためのセミナーです。
ベテランの独立系ITCが多くの創業者支援の実績に基づき、蓄積したスキルやノウハウをあますことなく公開・活用して、悔いのない『独立への道』を考えるお手伝いを致します。
ビジネスプランのみならず、プロモーションから資金計画、さらに事業計画書作成までを網羅し、着実な『独立までの道』を描いていきます。
(独立後の業務を斡旋するためのセミナーではありません)
 
【重要】
大変申し訳ありませんが、システム上の制約で2日間一括の受講申し込みができません。
必ず第1日目と第2日目を個別にお申し込みください。1日分のみの申し込みはできません。

 <講座PR>
ITC資格を活かし独立系ITCを目指す方、独立しているが更なる飛躍を遂げたい方のためのセミナーです。


 <講座レベル>
中級編

 <受講者のKGI> 
独立系ITCに向けて、自己の棚卸と市場のニーズに基づき、プロモーションから資金計画までを踏まえた事業計画が策定できる

 <受講者のKPI>
①自己の棚卸と市場のニーズに基づくビジネスプランの策定
②ビジネスプラン実現のための具体的なプロモーション、資金計画の策定

 
■講習時間:
2日間:12時間(6ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
一般社団法人ヒューリットMF 理事
特定非営利活動法人 ヒューリット経営研究所 監事
 川野 太 氏
 
■プログラム:
 [開場/受付]9:30 ~
 [研修開始]  10:00 ~
 <1日目>
 [事前課題] 私の事業ドメイン
 1.オリエンテーション
 2.ビジネスプラン(案)の作成(発表)
 3.自己の棚卸(強みと弱みの確認)
 4.ニーズとマーケットを探る(外部環境分析)
 5.ビジネスモデル
<2日目>
 [事前課題] 事業ドメインの再構築
 6.売り込み方法(プロモーション)
 7.資金計画の策定
 8.ビジネスプランのブラッシュアップと「私の創業準備計画」
 9.創業計画発表
 [終了] 17:00   
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 2日間:64,800円 (内訳:受講料  60,000円 消費税 4,800円)
 
■お申込み方法:
 必ず第1日目と第2日目を個別にお申し込みください。1日分のみの申し込みはできません。
 【第1日目】2017年3月11日(土)受付終了
 【第2日目】2017年3月25日(土)受付終了
 
 
■お問合せ先:
 特定非営利活動法人 ヒューリット経営研究所
 TEL:050-3153-1968
 メールアドレス:uketuke@hritmi.org

 

2017.02.10

 2017年度 研修実施機関開催 フォローアップ研修日程表

 
ITC協会主催 フォローアップ研修日程表 ⇒ こちら
2016年度 研修実施機関開催 フォローアップ研修日程表 ⇒ こちら
講座名 実施機関名

2017年

         
4月 5月

6月

7月 8月 9月
【ITC-METRO人間力養成ワークショップ1.】
「経営者と考えるデザイン思考」
~問題解決型アプローチから未来志向へ~
日経ITCプロジェクト・
特定非営利活動法人ITC-METRO
           
ITCとしての情報戦略を提案する(1)
-顧客を理解するための情報収集と分析- 
I&Iファーム東京
(有限責任事業組合
I&I Management Firm)
           
ITCとしての情報戦略を提案する(2)
-顧客価値を高めるための提案作成-
I&Iファーム東京
(有限責任事業組合
I&I Management Firm)
           
   NPO法人ITコーディネータ広島            

 

 NPO法人石川県情報化支援協会            
   戦略経営ネットワーク協同組合            
   株式会社富士ゼロックス総合教育研究所            
   一般社団法人ウェブ解析士協会            
 
特定非営利活動法人
ヒューリット経営研究所
           
 
一般社団法人
みちのくIT経営支援センター
           
 
一般社団法人
福岡県情報サービス産業協会
           
 
特定非営利活動法人
長野県ITコーディネータ協議会
           
 

2017/02/09

 

2017.02.10

 2017年度 ITC協会主催 フォローアップ研修日程表

 
2017年度 研修実施機関開催 フォローアップ研修日程表 ⇒ こちら
2016年度 ITC協会主催 フォローアップ研修日程表 ⇒ こちら
講座名

2017年

4月 5月

6月

7月 8月 9月
b1. 「ITCの営業活動のプロセスがわかる。ITコーディネータとして稼げる人材へ」
           
b2 . 「従業員一体による基幹システム再構築で、経営体質を変革」
 ITC修練10年の講師といっしょに中小企業ワールドを疑似体験~
           
b3. 「街の自転車屋が感性とITを両輪に急成長した理由」
~感性・IT融合経営の事業展開支援に係わる疑似体験~
           
b4. 「新しいビジネスモデルで「稲盛経営者賞受賞」」
~驚異の再来率を達成したサービス業~
           
b5. 「日本農業の現在地と 等身大の農業ICT利活用の実像」
~全国22事例の取材記を通じて~
           
c1. 「経営戦略実現のためのIT投資マネジメント」
・・・投資額効果の評価から目標達成の評価へ・・・
           
c2. 「階層化アプローチによる業務システム設計」
・・・経営戦略を反映した業務システム設計によって「攻めのIT」を実現する・・・
           
c3. 「業務の見える化からシステム要件定義へ」
・・・IT経営のための要件定義とRFP作成・・・
           
c4. 「戦略実現のためのビジネス方程式とは、全体像の理解(基礎編)」
・・・ビジネス分析から、ポートフォリオ、プログラム、プロジェクトマネジメント・・・
           
c5. 「経営から評価されるITサービスマネジメント」
・・・経営視点からITサービスを考える・・・
           
c6. 「提案営業のための「戦略的IT経営」実践術」
・・・新規ビジネスの本質をとらえる「ビジネスモデルキャンバス」的提案術・・・
           
d1. 「ビジネス競争力自己診断ツール」
-「ビジネス競争力強化支援ツール」自己診断機能-
           
d2. 「”リアルタイムBS”で学ぶ 「経営者の目線に立つための会計基礎」」            
d3. 「ビジネスモデルキャンバス(BMC)実践編」
~既存企業のBMC事例から発想する提案術~
           
d4. 「ビジネス競争力課題解決ツール」
-「ビジネス競争力強化支援ツール」課題解決機能-
           
 
e-ラーニング 講座名 受講開始 ポイント付与条件
a1. 「ITC実務への取組」
~「ITコーディネータ実務ガイド」をベースに、実務活動を学ぶ~

受講料お支払い後より受講を開始していただけます。
 ■視聴方法
 https://teachme.jp/contents/683238

・受講料のお支払い
・アンケートへの回答
a2 .「変革への気づき」(理論と実践のギャップ)

2017/02/09

 

2017.02.09
2017/03/28
ITCAセミナー3/10実施分
eラーニング販売開始いたしました!
 
「2、3年後のIoTを考察する」

経済産業省の新産業構造ビジョンでは、AIとIoTによる経済効果は、数兆ドルに及ぶと試算しています。
我が国産業の基盤である中小企業も当然に対応し、その恩恵を受けなければなりません。そして、AIやIoTは
大企業だけでなく中小企業でも活用可能になりつつあります。
そうした時代に、ITCはどう対応していけば良いのでしょうか。
最新のIoTデバイスやAIの事例を通して、2,3年後のIoTを考察し、ビジネスに結び付けましょう。

◆AE016 「スマートグラスの実例から学ぶ、専門技術産業に訴求されるIoTの価値
  株式会社オプティム セールス&マーケティングユニット 青木 拓磨氏
 
 視聴時間 60分/0.25P AE016 お申込はこちら
 料金(税込) ¥1,080
 対象 ITCA会員/ITコーディネータ/一般
 公開期限 9/30
 
 
 
◆AE017 「ITコーディネータが語るAI+IoT時代に必要となる経営力」
  合同会社井上研一事務所 ITコーディネータ 井上研一氏
 
 視聴時間 60分/0.25P AE017 お申込はこちら
 料金(税込) ¥1,080
 対象 ITCA会員/ITコーディネータ/一般
 公開期限 9/30
 
 

■ 日時 3月10日(金) 開催終了いたしました。

■会場 千代田区内幸町ホール

■費用 (税込み) 会員1,080円 ITC2,160円 一般3,240円

■お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 高橋・石井

 
 

 

2017.02.02
【フォローアップ研修】    
《遠隔研修  
 サポートとクレーム対応  
-フターサービスの理解とクレームを  
顧客満足に変える組織づくり-  
 
■講座概要:
 ユーザー・サポート(アフター・サービス)の組織における位置付けと重要性、顧客の特性とその対応に関する基礎理解を目的として、事例についてのグループワークを交えながら
 ・ユーザー・サポート(アフター・サービス)の様々な形態
 ・クレームの防止
 ・クレーム対応の実際とフィードバック
 ・クレームを顧客満足に変える組織作り
について学習します。
※ 本講座は、大阪開催会場と連携して実施します。  


 <講座PR>
様々なサポート(アフター・サービス)を理解し、クレームを顧客満足に変える対応と組織作りを学びます。

 <講座レベル>
入門編

 <受講者のKGI> 
ユーザー・サポート(アフター・サービス)の組織における位置付けと重要性、顧客の特性とその対応に関するの知識習得ができる。

 <受講者のKPI>
 ①ユーザー・サポート(アフター・サービス)の様々な形態の理解
 ②クレームの防止対応の実践的理解
 ③クレーム対応の実際とフィードバックの実践的理解
 ④クレームを顧客満足に変える組織作りの実践的理解

 
■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
特定非営利活動法人ヒューリット経営研究所
 川野 太 氏
 
■プログラム:
 [開場/受付]9:30 ~
 [研修開始]  10:00 ~
 1.サービスの形態(座学/グループワーク) 
 2.クレームの防止(座学/グループワーク)
 3.クレーム対応の実際とフィードバック(座学/グループワーク)
 4.クレームを顧客満足に変える組織作り(座学)
 [終了] 17:00   
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■お申込み方法:
 2017年3月4日(土)《遠隔研修》 受付終了
 
■お問合せ先:
 一般社団法人 みちのくIT経営支援センター
 TEL:022-399-6330
 メールアドレス:contact@mitbac.org

 

2017.02.02
【フォローアップ研修】    
 サポートとクレーム対応  
-フターサービスの理解とクレームを  
顧客満足に変える組織づくり-  
 
■講座概要:
 ユーザー・サポート(アフター・サービス)の組織における位置付けと重要性、顧客の特性とその対応に関する基礎理解を目的として、事例についてのグループワークを交えながら
 ・ユーザー・サポート(アフター・サービス)の様々な形態
 ・クレームの防止
 ・クレーム対応の実際とフィードバック
 ・クレームを顧客満足に変える組織作り
について学習します。


 <講座PR>
様々なサポート(アフター・サービス)を理解し、クレームを顧客満足に変える対応と組織作りを学びます。

 <講座レベル>
入門編

 <受講者のKGI> 
ユーザー・サポート(アフター・サービス)の組織における位置付けと重要性、顧客の特性とその対応に関するの知識習得ができる。

 <受講者のKPI>
 ①ユーザー・サポート(アフター・サービス)の様々な形態の理解
 ②クレームの防止対応の実践的理解
 ③クレーム対応の実際とフィードバックの実践的理解
 ④クレームを顧客満足に変える組織作りの実践的理解

 
■講習時間:
6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:
一般社団法人ヒューリットMF 理事
特定非営利活動法人 ヒューリット経営研究所 監事
 川野 太 氏
 
■プログラム:
 [開場/受付]9:30 ~
 [研修開始]  10:00 ~
 1.サービスの形態(座学/グループワーク) 
 2.クレームの防止(座学/グループワーク)
 3.クレーム対応の実際とフィードバック(座学/グループワーク)
 4.クレームを顧客満足に変える組織作り(座学)
 [終了] 17:00   
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■お申込み方法:
 2017年3月4日(土)受付終了
 
■お問合せ先:
 特定非営利活動法人 ヒューリット経営研究所
 TEL:050-3153-1968
 メールアドレス:uketuke@hritmi.org

 

2017.02.02

 

ITCA共催セミナー
IT導入支援事業者向け「IT導入補助金」のための事業計画&経営力向上計画作成法
 
平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業として、小規模・中小企業がITを活用し経営力を向上させる為の、IT導入補助金の申請が始まりました。本申請では、申請企業(個人事業含む)の事業課題を解決し労働生産性を向上させる為の計画書を作成する必要があります。また、80万円以上の申請では、「中小企業等経営強化法」に基づく経営力向上計画の承認を受ける必要があります。

本研修はITベンダーの方が、自社のITツールを導入の代理申請を行う時に必要な事業計画の作成法や、経営力向上計画の作成法を具体的に修得して頂きます。自社のITツール導入を行うITベンダーの方は、ぜひご参加ください。
京都・東京の2会場で開催いたします。

「IT導入補助金」」とは?(サービス等生産性向上IT導入支援事業
 
IT導入支援事業者のITベンダーの皆さま 必見の研修です!

チラシはこちら

 

研修内容のご紹介  
 
■研修カリキュラム
①IT導入補助金のスキーム
 ・採択され易い申請書とは?
 ・2次募集申請のポイント 
②ITベンダーの役割と専門家の活用法
③事業計画の作成法
 ・申請企業の従来の事業内容と強みの抽出・記述法
 ・事業課題と解決の為の将来計画作成法
 ・IT導入による効果の記述法
 ・労働生産性の考え方と収益計画の作成法
 ・独自の労働生産性向上指標の設定法
④経営力向上計画の概要
⑤経営力向上計画の作成法(概要)
⑥おもてなし規格認証2017概説
⑦助金活用時の注意点等
⑧事業計画書作成演習
 

◎◎受講者の声◎◎
書き方のポイントは事例を交えて話されていたので、とても参考になりました。
有用な情報が多々あり非常に良かったです
ヒアリング項目は、そのまま使用させていただける内容で、非常に役立つものでした。

 
 business_senryaku_sakuryaku_man.png
 
【仙台会場】
日時:2017年4月11日(火) 13:30~17:30 (開場 13:00 ~)
会場:アーク仙台階会議室 4B(宮城県仙台市)
   宮城県仙台市青葉区国分町3丁目6-11 アーク仙台ビル
終了しました
 
【金沢会場】
日時:2017年4月14日(金) 13:30~17:30 (開場 13:00~)
会場:石川県地場産業センター 第7会議室(石川県金沢市)
   石川県金沢市鞍月2丁目1番地
終了しました
 
【京都会場】
日時:2017年4月18日(火) 13:30~17:30 (開場 13:00~)☆満員御礼☆
日時:2017年4月25日(火) 13:30~17:30 (開場 13:00~)☆満員御礼☆
日時:2017年5月10日(水) 13:30~17:30 (開場 13:00~)☆満員御礼☆
日時:2017年5月23日(火) 13:30~17:30 (開場 13:00~)☆満員御礼☆
日時:2017年6月9日(金) 13:30~17:30 (開場 13:00~)☆満員御礼☆
終了しました
 
追加開催決定!【京都会場】
日時:2017年6月12日(月) 13:30~17:30 (開場 13:00~)満員御礼☆
会場:京都いのべーしょんオフィス 5階セミナー室(京都府京都市)
   京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町ヒライビル5階
日時:2017年6月13日(火) 13:30~17:30 (開場 13:00~)
会場:パラドール烏丸ビル 5F(京都府京都市)
   京都府京都市中京区室町蛸薬師西入る
受付終了
受講料:¥37,800-(税込)
お申込み後、ITCAよりご請求書をメールにてお送りいたします
※ITCの方には、会場にて受講証明書を発行いたします(2ポイント)
 
追加開催決定!!【東京会場】
日時:2017年6月7日(水) 13:30~17:30 (開場 13:00~)終了しました
会場:ITコーディネータ協会 A会議室(東京都文京区)
   東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス9F
日時:2017年6月15日(木) 13:30~17:30 (開場 13:00~)満員御礼☆
会場:文京グリーンコートセンターオフィス D会議室(東京都文京区)
   東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス17F
受付終了
受講料:¥37,800-(税込)
お申込み後、ITCAよりご請求書をメールにてお送りいたします
※ITCの方には、会場にて受講証明書を発行いたします(2ポイント)
 
講師プロフィール  
   
平成12年IT経営コンサルタントとして独立。
IT経営力大賞などで指導先企業が最優秀賞や優秀賞を受賞。
IT系を含む数々の補助金申請、コンサルも行い、年間50回以上講演・セミナー・研修会を行う。
また、過去にIT系など数々の補助金を獲得した実績がある。
 
   
IT経営コンサルタント 坂田 岳史 氏  
sakata.jpg  

 

2017.01.16
ITCAセミナー2/3実施分
eラーニング販売開始いたしました!
 
Induetry4.0からsociety5.0へ
 
◆AE012 「超スマート社会の実現に向けて」
 野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 部長 桑津 浩太郎 氏
「すでにIoTは、モノのインターネットから、人、社会、コトまで含めて、インダストリー超えだ」と語る桑津氏は昨夏、軽妙な語りで講演いただき、参加者からは、「もっと聞きたい」「続きが聞きたい」との声が多数寄せられました。今回は、さらに「超スマート社会の実現」(Society5.0)について語っていただきます。
   
 視聴時間 60分/0.25P AE012 お申込はこちら
 料金(税込) ¥1,080
 対象 ITCA会員/ITコーディネータ/一般
 
 
 
AE013 「IoT共創空間「イフラボ」で広がる、これからのIoTソリューション」
 インフォテリア株式会社 代表取締役社長 平野 洋一郎  氏
さらにもうお一人のご登壇者は、98年日本最初のXML専業ソフトウェア開発会社を設立し、世界中で使われるソフトウェアの開発に挑戦されているインフォテリア株式会社の代表取締役 平野洋一郎氏です。
インフォテリアでは2016年11月に「IoT Future Lab. (略称:イフラボ)」を開設。世界中から100個以上のIoTデバイスを取り寄せたIoT共創空間には、連日多数の見学依頼が寄せられている。イフラボ開設と同時にIoTアプリ開発プラットフォームもリリースし、IoTソリューションにおけるソフトウェアの重要性も強調。エッジコンピューティングをはじめ、現場が求めるIoTソリューションについてお話いただきます。
   
 視聴時間 60分/0.25P AE013 お申込はこちら
 料金(税込) ¥1,080
 対象 ITCA会員/ITコーディネータ/一般
 
 
推奨環境はこちらをご参照ください
 
講師
          
0203Kuwazu.png0203Hirano.png
 
   桑津 浩太郎 氏                        平野 洋一郎  氏
 

〈 こんな方にオススメ! 〉

・Industry4.0に関心のある方
・society5.0について知りたい方
・スマート社会の実現に関心のある方
・IoTに関心のある方

■ 日時 2017年2月3日(金) 14:15~16:25 (開場14:00~) 開催終了いたしました。

■ 会場 ITコーディネータ協会 A会議室 (東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス9階)

■ 費用(税込み) 会員1,080円 ITC2,160円 一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

 
 


座学参加のお申込みは、終了いたしました。

生Live配信参加のお申し込みは、終了いたしました。

 

2017.01.12
ITCAセミナー2/10実施分
eラーニング販売・公開終了いたしました。
 
シゴトがサクサク進むコミュニケーション形成術
 
◆AE014 「明日から即実践できる自己表現力アップの極意」
 SHIZAKI Music Space主宰 自己表現力養成トレーナー 紫咲 大佳 氏
お客様の要件を的確に把握しなければ、期待以上の満足を得るソリューションを提供できません。
自己表現力を向上するする目的は、お客様の意図を的確に把握をすることです。
これは、精度の高いコミュニケーションを効率的にとった結果、もたらせることです。
プロジェクトトラブルの一番の課題である「言った、言わない」のシーンを大幅に削減が可能になります。

受講による効果として、以下のことが期待できます。
(1)プロジェクト要件定義精度の向上
(2)要件定義精度不具合によるプロジェクトミスリードの減少
(3)後戻り発生による大幅な工数増大抑止
(4)お客様に対し期待以上の成果を提供することにうよるITコーディネータとしての価値向上
 
混沌とした現代で、大手企業の人気研修である「自己表現力養成講座」の講師である紫咲氏に、今回は、ワークショップ型の研修ではなく、セミナーでノウハウをお話していただきます。登壇すると「次回、ウチで研修をして下さい!」とその場でオファーがある紫咲氏。その魅力の秘密が今回のセミナーでも語られるのかも知れません。どうぞ、ご期待下さい!
 
 視聴時間 60分/0.25P  公開終了
 料金(税込) ¥1,080
 対象 ITCA会員/ITコーディネータ/一般
 公開期限 6/30
 
推奨環境はこちらをご参照ください

 

〈 こんな方にオススメ! 〉

・  円滑な環境形成に有益な自己表現力に興味をお持ちの方

・  組織内の人間関係に問題を抱えている方

・  自己表現が苦手だとお感じの方 

・  具体的なコミュニケーションテクニックを身につけたい方

■ 日時 2017年2月10日(金)    終了いたしました

■ 会場 ITコーディネータ協会 A会議室 (東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス9階)

■ 費用(税込み) 会員1,080円 ITC2,160円 一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

0210.PNG

座学参加のお申し込みは、終了いたしました。

生Live配信参加のお申し込みは、終了いたしました。

 
2017.01.06
超実践!IT経営コンサルタント養成虎の穴!
~企業訪問で実践力を鍛える~
 
実際に企業訪問しIT経営コンサルティング力を向上させる超実践講座です!

この研修は1日目目は座学、2日目~4日目は実際に企業訪問をして実践力を養います。
受講コースは座学の1日目のみ、座学&実践コースの4日間研修をお選びいただけます。
(2日目~4日目の企業訪問日程は、講師と調整のうえ決定となります)

ITコーディネータ等の方を対象に、IT経営コンサルタントとして中堅・中小企業を指導する為に必要な知識・ノウハウ、コミュニケーション法などのポイントや、案件獲得法をまずは座学で学びます(1日目)。
 
その後、実際の企業を訪問しIT経営診断フレームワークに従いヒアリングを行い(2時間程度/2日目)それを持ち帰り、IT経営診断書を作成し(3日目)、再度企業訪問し診断報告と新たな提案を行っていただきます(4日目)。
 
座学~実践までのこれら一連の研修により、IT経営コンサルタントとして活動するための知識・ノウハウ、経験が修得できる研修です。
 
IT経営コンサルの知識・ノウハウを修得したい方
実践計画作成作成技法を修得したい方
企業訪問による実践経験を得たい方 必見の研修です!

 

研修内容のご紹介  
【座学編】
2月25日(土))開催/1日目のみの受講も可能です!

■1日目(講義:6時間)
①IT経営コンサルタントに必要な行動・知識
②企業経営者の気持ちを考えたヒアリング法
③実践的なIT経営コンサルティングプロセス
④案件獲得法
⑤IT経営診断技法


【座学&実践編】
2日目~4日目のコンテンツとなります。こちらの受講には、1日目の座学が必須となります。
実際の訪問日は、講師と調整のうえ決定となります。
(3月末日までの平日或いは土曜日を予定)

■2日目(実践演習:移動時間含め6時間)
①訪問企業の概要説明
②IT経営診断書作成の分担
③企業訪問(約2時間)
④診断書作成方針
 
■3日目(実践演習:6時間)※この日は企業訪問はありません。ダイコンサルティング研修室で行います。
①IT経営診断書と提案要件の作成
 
■4日目(実習演習:移動時間含め6時間)
①診断書報告練習と内容確認
②企業訪問による診断報告と提案
③今回の反省点と今後の活動計画等
 kigyou_business_man.png
 
【座学編のみ】 好評募集中!】
日時:2017年2月25日(土) 10:00~17:00 (開場 9:30 ~)
会場:有限会社ダイコンサルティング研修室(京都府)

お申込はこちらから!

受講料:ITC    ¥32,400-(税込)
     ITCA会員  ¥21,600-(税込)
※【座学編】のみの受講も可能です。
 
【座学&実践コース編】 こちらは4日間通してのコースとなります
1日目:2017年2月25日(土) 10:00~17:00 (開場 9:30 ~)
2日目~4日目の日程につきましては、講師と調整のうえ決定となります。
(​3月末日までの平日或いは土曜日を予定)
会場:有限会社ダイコンサルティング研修室(京都府) ※1日目・3日目
     訪問先企業は京都府内の予定
お申込はこちらから!

受講料:ITC    ¥113,400-(税込)
     ITCA会員  ¥102,600-(税込)

 
 
講師プロフィール  
   
平成12年IT経営コンサルタントとして独立。
IT経営力大賞などで指導先企業が最優秀賞や優秀賞を受賞。
また、IT系を含む数々の補助金申請、コンサルも行い、年間50回以上、講演・セミナー・研修会を行う。
 
   
IT経営コンサルタント 坂田 岳史 氏  
sakata.jpg  

 

2016.12.16
将来の「独立」に向け
「2枚目の名刺を持ちたい」「週末起業をしたい」「スモールビジネスから始めたい」
必見の研修です。
ネットだけで10000社以上の利用者を集めたシステム開発会社が教える 
中小企業のための「ホームページ活用方法」と「WEBマーケティング」

 ITコーディネータの方は、ホームページに関するお問い合わせをうけたり、最初に受けるご相談の多くがWEBやホームページに関するお悩みが多いのではないでしょうか?
そのような中、WEBに関する知識があまりなくご対応ができないケースや、ホームページ制作というビジネスチャンスを逃している場合も多いと考えております。
 
本研修では、そのような
○ WEBマーケティングの知識を得たいITC
○ お客さまからのWEBの悩みについてお答えしたいITC
○ お客さまのビジネスや営業の悩みをWEBを通じて解決するお手伝いをしたいITC
○ 実際にお客さまへホームページを作ってみたい方
○ ホームページ制作をビジネスにしたいが他のツールを学んだり習得する時間がない方
に向けた研修をすることで、ITCのみなさまの今後の業務展開を支援し、ホームページ業務にて「稼げるITC」になっていただくことを目的とします。
 
中小企業10,000社以上のお客さまをネットだけで集めた「WEBマーケティング」と「営業ノウハウ」とは?
WEBマーケティング総合研究所の営業ノウハウ、ホームページ作成のためのヒアリング、コンサルティングノウハウと中小企業向けツールの使い方を学び、ホームページ作成ビジネスを始めませんか?

【入門編】【実践編】の2本立てでホームページビジネスが出来るまで、デモや実践を交えしっかり学んでいただきます!
 
■研修概要
 
◎こんな方にオススメです
◆WEBの相談を受けるけれども、WEBに関する知識・業務経験がない方
◆将来の「独立」に向け、「小さなビジネス」「週末起業」を始めたい方
◆ホームページに関する新しいビジネスをはじめたい方
◆ホームページ製作のツールの選択に悩んでいらっしゃる方
 
ITCAスポンサー企業である「WEBマーケティング総合研究所」との共催により、中小企業を9,000社以上ネットだけで受注し、現在もコンサルを継続しているWEBマーケティングの極意を学べます。
 
営業のノウハウ、ホームページ作成のためのヒアリング、コンサルティングのポイントと中小企業向けツールの使い方をしっかりと学んでいただくことにより、
 
【入門編】では
・中小企業向けホームページ導入のご提案ができるようになる
【実践編】では
・ツールの使い方から営業の実践、実際にホームページビジネスができるようになる
を目的とした研修です。

 

■研修時間

4時間 (実践力ポイント:1.5ポイント)


■1名あたりの受講料 (税込、事前申請制)

ITC:16,200円/会員:10,800円


■日時/お申込み

【入門編】2017年10月24日(火)13:00~17:00 (受付開始 12:30~)終了しました
     会場:ITコーディネータ協会 A会議室

◎◎◎入門編の内容◎◎◎
・中小企業にとってのWebマーケティング総論
・中小企業にWebマーケティングを導入するには?
・ホームページの具体的な活用方法と成功事例
・ホームページ活用の提案の仕方、ノウハウとは?


【実践編】2017年12月6日(水)13:00~17:00 (受付開始 12:30~) ※【入門編】のご受講が必須です
     会場:ITコーディネータ協会 A会議室

ani_apply.gif

◎◎◎実践編の内容◎◎◎
・ホームページ「営業」の実践
(見込客の集め方・3つのトークポイント・受注につながる仕掛け)
・実践的サイト製作術!!
(ヒアリングの方法と気を付けること・得意パターンを見つけるには)
・ サイト製作術から考えるサービス設計
(やること「やらないこと」・付加価値、単価の高い受注方法)
・実際にBuddyを使ってみよう!
(基本的な使い方・効率よく作成するためには?)
・お客様からのよくある質問への対応

◆ホームページ導入のご提案から、作成まで一貫してビジネスができるようになります!
◆WEBマーケティング総合研究所のパートナーへ登録でき、ホームページ作成ツール「Buddy」をビジネスで利用できます。
 
実際にサイトを作成いたしますので、ノートPCをご持参ください
CMSツール「Buddy」の推奨環境
対応OS
・Windows Vista/7/8/8.1/10 日本語版
・Mac OS X 10.6以降
対応ブラウザ
・Google Chrome 28.0以上
最低推奨スペック
・CPU:Intel Core 2 Duoプロセッサ 2.8GHz
・メモリ: 2GB以上


■講師

株式会社WEBマーケティング総合研究所
取締役 CMO 経営企画室 室長
坂本 義和 氏


お問い合わせ先

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

ITCA研修担当


 

 

2016.12.09
 
 
テレワークで課題解決!
 働き方改革・地方創生・一億総活躍社会の実現に向けて
 
東京オリンピック開催期間東京都市圏で400万人の在宅勤務が目標?!
 
今、内閣府では、「働き方改革実現会議」が開催されています。
会議のテーマとして、「テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方」が議論されています。
ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークは、「一億総活躍社会の実現に寄与」し、「働き方改革」にも有効な手段と言えるでしょう。
 
 一方で、テレワークの普及は欧米に比べて進んでいません。そんななか、テレワークを自社・団体の事業にどのように活かせばよいのでしょうか。「テレワークとは?」「会社のトップを説得するためには?」「地方創生や一億総活躍社会でのテレワークの役割は?」「必要な機器は?」等、様々な方のご要望にお応えしてするセミナーを開催します。
 28年度補正予算、29年度概算要求においてもテレワーク関連の予算が多く計上されています。ITコーディネータ活動の参考にもなることでしょう。
 
受講者のKPI  ICTスキルを有するコーディネータが「テレワーク」をキーワードにした
        企業提案を考えることができる情報提供
 
 
・「働き方改革」「一億総活躍社会」「地方創生」と「テレワーク」の関連がわかります。
・「テレワーク」の概要、導入事例がわかります。
・「テレワーク」導入のポイントがわかります。
・「テレワーク」導入のためには何から始めたら良いのかがわかります。
 

■ 日時 2017年1月19日(木) 14:00~15:15 (開場13:30~)

■ 会場 ITコーディネータ協会 A会議室 

    (東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス9階)

■ 費用(税込み) 会員1,080円 ITC2,160円 一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

0119s.pdf
 
お申し込みは、こちら

 

2016.12.07
この度、ITコーディネータ協会では、東京地区以外の方もお気軽にLiveで
ご自宅や外出先からセミナーにご参加いただける(注:推奨する視聴環境有り)
ライブ配信を導入いたしました。
 
これにより、会場へ足を運ばなくてもリアルタイムでセミナーをご視聴いただけます。
ぜひ、ご検討下さい!

 

〈会場参加〉  ITCAセミナー 17/1/19(木)開催 「テレワークで課題解決!働き方改革・地方創生・一億総活躍社会の実現に向けて

〈会場参加〉  ITCAセミナー 17/1/26(木)開催 「安心・安全の無線LANネットワーク導入講座~知っておくべき5つのポイント~

 

〈生ライブ配信〉 ITCAセミナー 17/1/19(木)開催 「テレワークで課題解決!働き方改革・地方創生・一億総活躍社会の実現に向けて

〈生ライブ配信〉 ITCAセミナー 17/1/26(木)開催 「安心・安全の無線LANネットワーク導入講座​~知っておくべき5つのポイント~

2016.12.07
 
 
安心・安全の無線LANネットワーク導入講座
~知っておくべき5つのポイント~ (生ライブ配信)
 
講師 株式会社ソリトンシステムズ マーケティング部マネージャ 宮崎 洋二 氏
 
海外の商品が多様に出回っているなか、日本のガイドラインにはそぐわないものも多い。
各企業のシステム担当だけでは手が回らない事も 多いと感じている人もいるのではないだろうか?
クラウドやIoTの普及が加速化してゆくと同時にセキュリティ対策への問題も増加している。
そんな時に製品を問わず、「駆け込み寺」あるいは、「かかりつけ」のような相談場所があれば、心強いことだろう。
 
セキュリティ専門企業でありながら、どの系列ベンダーにも属しておらず、国内外40社のメーカーエンジニアと研修や連携を持ちながら、さまざまな事例に対応してきた株式会社ソリトンシステムのマーケティング担当者が スマートフォンやタブレットに欠かせぬ無線LANのセキュリティについて解説する。
 
得られる効果 ・無線LAN全般の知識の整理できる
       ・アクセスポイント選定で押えておくべきポイントが理解できる
       ・失敗・事故事例からの教訓を得られる
       ・実現すべき無線LANの“あるべき姿”を明瞭にできる
 
 
 

尚、本コースは、職場やご自宅他からPCやモバイル端末等から指定URLにアクセスしていただき、会場へ足を運ばなくてもリアルタイムでセミナーをご視聴いただけます。 

※チラシ挿入
 
◆◆ 当日までの仕組み ◆◆
1.協会HPからITC+へログイン
2.お申し込み
3.ご入金
4.7日前に協会よりアクセスURLのご連絡
5.当日、15分前よりアクセス可能
6.アンケートご回答(Webよりアクセス)
7.セミナーご受講・アンケートご回答後、一か月以内にポイント付与
 
 
◆◆ スムーズにご視聴いただくために(推奨環境) ◆◆
 
ライブ配信にあたっては、「YouTube」のライブストリーミングを使用します。
 
【重要】当日の視聴場所で、「YouTube」がスムーズに見られる環境であること。
    (事前にご確認をお願いいたします。)
 
 尚、次の条件を満たすと、より安定してご視聴いただけます。
 
※ モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです。
※ YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていることが望ましい。
※ PCやモバイルのキャッシュを削除済みであることが望ましい。
 
   YouTube動画の再生に関するトラブルシューティングはこちら
  
 
  当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金をいたしません。
 
 キャンセルポリシーは、こちら

■ 日時 2017年1月26日(木) 14:00~15:15

■ 費用(税込み) 会員1,080円  ITC2,160円  一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

0126s.pdf
 
上記の内容を確認して申し込む

 

 

2016.12.07
 
 
安心・安全の無線LANネットワーク導入講座
~知っておくべき5つのポイント~
 
講師 株式会社ソリトンシステムズ マーケティング部マネージャ 宮崎 洋二 氏 
 
海外の商品が多様に出回っているなか、 日本のガイドラインにはそぐわないものも多い。
各企業のシステム担当だけでは手が回らない事も 多いと感じている人もいるのではないだろうか?
クラウドやIoTの普及が加速化してゆくと同時にセキュリティ対策への問題も増加している。
そんな時に製品を問わず、「駆け込み寺」あるいは、「かかりつけ」のような相談場所があれば、心強いことだろう。
 
セキュリティ専門企業でありながら、どの系列ベンダーにも属しておらず、国内外40社のメーカーエンジニアと研修や連携を持ちながら、さまざまな事例に対応してきた株式会社ソリトンシステムのマーケティング担当者が スマートフォンやタブレットに欠かせぬ無線LANのセキュリティについて解説する。
 
得られる効果 ・無線LAN全般の知識の整理できる
       ・アクセスポイント選定で押えておくべきポイントが理解できる
       ・失敗・事故事例からの教訓を得られる
       ・実現すべき無線LANの“あるべき姿”を明瞭にできる
 
 

■ 日時 2017年1月26日(木) 14:00~15:15 (開場13:30~)

■ 会場 ITコーディネータ協会 A会議室 

    (東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス9階)

■ 費用(税込み) 会員1,080円 ITC2,160円 一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

0126s.pdf
 
お申し込みは、こちら

 

2016.12.07

 

渡辺 和宣 (わたなべ かずよし)
   
  キャリア(経歴)
SI企業でERPの他社と自社への導入後独立。SCMとBPMを手掛け、事業戦略を
プロセスとITに落し込むビジネスアナリシス方法論GUTSY-4と業務参照モデルを
開発。
   
   
   メッセージ
経験が乏しいSEがITCの4つのフェーズを実施するのには、明確なWBSとそれを支える技法・ツール・リファレンス・事例が必要です。たとえば、フェーズⅣはIT導入だけではなく、人間系プロセスでの業務ルール定義も必要。
GUTSY-4は長年の経験を必要としたコンサルティングを若手SEでもできるようにエンジニアリング化しました。中小企業インダストリー4.0事例は、IVIでは並みいる大企業を抑えて最優秀賞を受賞しました。
   
   担当講座
c2.「戦略を反映した「攻めのIT」の実現」
 

 

 

2016.12.07

 

宗平 順己 (むねひら としみ)
   
  キャリア(経歴)
1986年にオージス総研に入社。
コンサルティング部長を経て2014/3/31まで取締 役執行役員技術部長。
以降ロックオンの執行役員としてEC,DMPのコンサルティングに従事。
2016/10/1よりKyotoビジネスデザインラボを主宰。
 
ITコーディネータ京都 副理事長。
   
   メッセージ
オージス総研中は、クラウドインテグレーションセンター、アジャイル開発センター、エンタープライズオープンソースセンター、IoTセンター、データサイエンスセンターの技術系組織とビジネスイノベーションセンターのコンサルティング組織を率いる。ロックオン後はオムニチャネルやIoTのビジネスデザインに傾倒。
主にIT投資マネジメント、IT統制、ビジネスモデリング、BPM、SOA、EA、BSCに関する研究活動を行いながら、ITコンサルタントの実戦指導に従事する。 
 
   担当講座
c1.「経営者が理解できるIT投資マネジメント」

 

 

 
2016.12.07

 

堀 明人 (ほり あきひと)
   
  キャリア(経歴)
明治大学卒業後、情報通信業界において情シス・マーケ・営業と一貫して企画畑を歩み、規制緩和と技術革新による企業・社会の変容の光と影を提供者・利用者双方の立場で体感。
米国留学・英国勤務を通じて自分らしく生きるライフスタイルに強く憧れ39歳で独立。
ITコンサルタント、観光農園の経営、業界団体の運営など多分野で精力的に活動中。
 
 CIMC・一般社団法人中小企業IT経営センター 理事
 株式会社トゥモローズ 代表取締役
 あびこブルーベリーガーデン 代表
 JAISA・一般社団法人日本農業情報システム協会 専務理事
 NPO日本GAP協会「JGAP指導員補」
   
   メッセージ
「ITを上手に使えば、多くの人々・社会をもっともっと幸せにすることができる。」をモットーに、働く人の感情・心理に即した、ITに振り回されない・ITに使われない、等身大で現実的で実利的な中小ビジネスのIT経営の支援に尽力しています。
個別企業支援やセミナー講師の仕事、業界団体や観光農園の経営に加えて、最近ではIT経営のビジネスゲームの開発にも取り組み、より多くの中小ビジネスにメッセージを届けられるよう活動しています。
 
担当講座「b5」は、急速に変容しつつある日本の農業におけるITの役割を事実関係や事例を通じて感じ取っていただける構成になっております。
また、農業に限らず、中小ビジネスでのIT利活用という点で共通する考え方や現実的経営判断をご紹介し、支援者としてITコーディネータが果たしたい役割について一緒に考えてまいります。
注目が集まる「スマート農業」ですが、着眼大局着手小局の観点から、等身大で現実的なアプローチにあえてこだわって講義を進めます。
 
   担当講座
b5.「新規就農したITCが伝える、農業ITの丸ごと全部」

 

 

 
2016.12.07
 
 
テレワークで課題解決!
 働き方改革・地方創生・一億総活躍社会の実現に向けて(生ライブ配信)
 
講師 一般社団法人 日本テレワーク協会 主席研究員 中本 英樹 氏
 
東京オリンピック開催期間東京都市圏で400万人の在宅勤務が目標?!
 
今、内閣府では、「働き方改革実現会議」が開催されています。
会議のテーマとして、「テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方」が議論されています。
ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークは、「一億総活躍社会の実現に寄与」し、「働き方改革」にも有効な手段と言えるでしょう。
 
 一方で、テレワークの普及は欧米に比べて進んでいません。そんななか、テレワークを自社・団体の事業にどのように活かせばよいのでしょうか。「テレワークとは?」「会社のトップを説得するためには?」「地方創生や一億総活躍社会でのテレワークの役割は?」「必要な機器は?」等、様々な方のご要望にお応えしてするセミナーを開催します。
 28年度補正予算、29年度概算要求においてもテレワーク関連の予算が多く計上されています。ITコーディネータ活動の参考にもなることでしょう。
 
受講者のKPI  ICTスキルを有するコーディネータが「テレワーク」をキーワードにした
        企業提案を考えることができる情報提供
 
 
・「働き方改革」「一億総活躍社会」「地方創生」と「テレワーク」の関連がわかります。
・「テレワーク」の概要、導入事例がわかります。
・「テレワーク」導入のポイントがわかります。
・「テレワーク」導入のためには何から始めたら良いのかがわかります。
 

尚、本コースは、職場やご自宅他からPCやモバイル端末等から指定URLにアクセスしていただき、会場へ足を運ばなくてもリアルタイムでセミナーをご視聴いただけます。 

※チラシ挿入
 
◆◆ 当日までの仕組み ◆◆
1.協会HPからITC+へログイン
2.お申し込み
3.ご入金
4.7日前に協会よりアクセスURLのご連絡
5.当日、15分前よりアクセス可能
6.アンケートご回答(Webよりアクセス)
7.セミナーご受講・アンケートご回答後、一か月以内にポイント付与
 
 
◆◆ スムーズにご視聴いただくために(推奨環境) ◆◆
 
ライブ配信にあたっては、「YouTube」のライブストリーミングを使用します。
 
【重要】当日の視聴場所で、「YouTube」がスムーズに見られる環境であること。
    (事前にご確認をお願いいたします。)
 
 尚、次の条件を満たすと、より安定してご視聴いただけます。
 
※ モバイル通信の場合、wifi接続がおすすめです。
※ YouTubeのアプリバージョンが最新に更新されていることが望ましい。
※ PCやモバイルのキャッシュを削除済みであることが望ましい。
 
   YouTube動画の再生に関するトラブルシューティングはこちら
  
 
  当日、お客様の通信サービスや利用機器、ブラウザ等の環境依存問題により
 ご視聴ができない場合、返金をいたしません。
 
 キャンセルポリシーは、こちら

■ 日時 2017年1月19日(木) 14:00~15:15 

■ 費用(税込み) 会員1,080円  ITC2,160円  一般3,240円

■ お問い合わせ ITコーディネータ協会 ITCA研修担当 https://www.itc.or.jp/ TEL:03-6912-1081

0119s.pdf
 
上記の内容を確認して申し込む

 

2016.12.07

 

古川 博康 (ふるかわ ひろやす)
   
  キャリア(経歴)
ユニシス/ユニアデックスにてITサービスの企画、開発、運用業務に長年従事。itSMF-Japanにて、SLM分科会、クラウドSLA分科会の座長を務める。
 
   
   メッセージ

ITサービスマネジメントのキーファクターであるITIL、ISO20000、及びCOBITに関する関連資格を有し、且つSLA策定、ITSMアセスメント、ITILプロセス適用、ISO20000認証取得等の豊富なコンサルティング経験を活かし、多くの事例を基に研修を行います。

【著書】「SLAの作成法~サービスレベルアグリーメント~」、「ISO20000 ITサービスマネジメントシステム文書化の秘訣」他。

【資格】ITコーディネータ、ITILマネージャ・V3エキスパート、ISO20000(ITSMS)審査員補、COBITファンデーション、Cloud Computingファンデーション、公認情報システム監査人(CISA)、経営倫理士、個人情報保護士。
   
   担当講座
c5. 「経営から評価されるITサービスマネジメント」
 

 

 

2016.12.07

 

則包 直樹 (のりかね なおき)
   
  キャリア(経歴)
1973年~2010年 パナソニック㈱
2012年~現在 情報通信研究機構(CIO補佐官)
2014年~現在 中野区 (情報政策官)
資格:ITコーディネータ、技術士 
   
   メッセージ
要求工学の基礎であるビジネスプロセス・マネジメントはビジネス活動の中での手順を「見える化」して、誰にでも判るようにすることです。図によって可視化すると、いろいろな人の活動が俯瞰的に把握でき全体としてどうするべきで、何を改善すれば良いのかが理解できます。著書:「あの会社はどうして伸びた-今から始めるIT経営-」、「BPM-ビジネスプロセス・マネジメント―みえる経営戦略、できる業務改革-」
 
   担当講座
c3.「業務の見える化からシステム要件定義へ」

 

 

 
2016.12.07

 

野村 真実 (のむら まさみ)
   
  キャリア(経歴)

2007年日本ユニシス㈱を退社し、独立。
2011年より一般社団法人中小企業IT経営センター(元 千葉IT経営センター)の代表理事。主に首都圏を中心に中小企業の経営支援を推進中。

また各種委員などの活動は以下の通り。
<委員等の就任年度>

・2009年度 (独)IPA「クラウドコンピューティング社会の基盤に関する研究会」委員
・2010年度  某公益財団法人ベンチャー育成基金 審査委員
・2010年度 (独)IPA「クラウドコンピューティングの利活用に向けた
                                              中小ベンダユーザの活性化促進に関する研究会」ユーザWG委員
・2011年度 (社)千葉県情報サービス産業協会 事業企画部会 副部会長
・2011年度  千葉県地域IT化推進協議会 幹事
・2011年度  (特非)ITコーディネータ協会 事業戦略委員会 委員
・2011年度  関東経済産業局情報政策課「関東地域クラウド推進事業研究会」委員
・2012年度  東京商工会議所「WEB戦略パートナー」幹事
・2013年度  法政大学デザイン工学部 兼任講師
・2013年度  東京商工会議所「IT戦略活用委員会」委員
・2013年度  関東経済産業局 「ITクラウド研究会」 委員
・2013年度  総務省 電子政府推進員
・2013年度  経済産業省「中小企業IT経営力大賞2013」選考部会 委員
・2014年度  経済産業省「2014年度ITクラウド補助金事業」審査委員
・2015年度  (特非)ITコーディネータ協会 研修・制度委員会 委員
・2016年度  中小企業基盤整備機構 CIO育成支援アドバイザー
・2016年度  (特非)ITコーディネータ協会 ITC実務ガイド改訂WGリーダー
・2018年度  (独)IPA「社会実装推進委員会」委員
・2018年度  (特非)ITコーディネータ協会 理事 
・2019年度  中小企業基盤整備機構 チーフアドバイザー 等

   
   メッセージ

ITコーディネータの活躍の場が広がっています。
ただそれぞれの強みを仕事に活かすためのマッチングは、なかなか思い通りにはなりません。
その工夫ポイントをゲームでお伝えしながら、「よい会社の仕組み作り」を考えていただきます。
なお中小企業IT経営センターでは、業務拡大のため、下記の経営理念にご賛同いただける方の
ご連絡をお待ちしています。

1. 私たちは組織活動を通じて、社会に貢献いたします。
2. 私たちは組織活動を通じて、人生を豊かなものにしていきます。

 
   担当講座
b4.「セカンドキャリアで目指す『中小企業のIT顧問』」

 

 

 
2016.12.07

 

中尾 克代 (なかお かつよ)
   
  キャリア(経歴)
熊本県企画開発部を経て、デザイン専門学校副校長、電子機器メーカーの
品質管理担当、2010年、アイティ経営研究所を創業。ITコーディネータ、
Pマーク主任審査員、品質ISO審査員、6次産業化プランナー等
   
   メッセージ
熊本在住のITC中尾です。長くISO事務局を務める中、役立つマネジメントシステムとは何か?、
組織にとっての成果とは何か?を考え続けてきました。その解決方法として、”ビジネスモデルキャンバス”を
使った提案型営業の実践術をご紹介します。研修は、事例紹介やワークショップ形式で進めます。
皆様とお会いできることを楽しみにしています。
 
   担当講座
d3.「ビジネスモデルキャンバス1(BMC)実践編」
d9.「事例で学ぶ、ささる指標の創り方」

 

 

2016.12.07

 

田島 彰二 (たじま しょうじ)
   
  キャリア(経歴)
国内大手製造業者に入社後、IT系新規事業開発(自社向、顧客向、中堅企業向)を
プロジェクトとして実践。事業責任者も経験、その後独立して、新規事業関係、
IT系ビジネス、PM系のコンサルタント、教育を実施。
PMのISO化(ISO21500シリーズ)の委員、米国PMIの現4標準全ての貢献者、
英国PRINCE2の日本語翻訳監修者でもある。
   
   メッセージ
ITCのセミナー体系の中で、小職の部分は、”組織にイノベーションを起こし、着実に実践につなげるには何を身に着けておくべきか”の教育に重点を置いている。
小職の個人的な狭い経験から勧めるのではなく、世界の最先端の実践の中で選ばれてきた、ベストプラクティスの紹介、海外のプロジェクトからの先進事例からの気づき、さらにより幅の広い枠組みをセミナーの中でも、実践練習をしながら紹介している。 
 
   担当講座
c4.「IoT時代に成果を出すための組織戦略策定と実践の勘所(PDUも取れる)」
c7.「企業内ITCの未来作り(PDUも取れる)」

 

 

2016.12.07

 

鹿毛 公 (かげ ただし)
   
  キャリア(経歴)
2004年ITC資格取得後、企業内ITCとして企画業務等に活用。
2011年退職後、独立系ITCとして活動中。
自己診断ツールの開発・保守は2006年より参加しています。
   
   メッセージ
ビジネス競争力自己診断ツールは、IT経営認識プロセスを実践するツールです。ITCのファシリテーションのもと、企業の経営者層によるワークショップで経営革新や改善の方向性を纏めます。ツールには30種類のテンプレートが用意されており、作業を容易に進めることができます。研修はミニケースを通じてテンプレートの使い方と手順を学びます。企業へのアプローチに悩んでいるときや混沌とした経営課題を整理したいときなど、ITCビジネスを開拓するのに有効なドアノックツールです。
 
   担当講座
d1.「ビジネス競争力自己診断ツール」

 

 

2016.12.07

 

鬼澤 健八 (おにざわ たけや)
   
  キャリア(経歴)
ミサワホーム約20年、(財)千葉県産業振興センターのITアドバイザー1年弱、2005年「おにざわIT経営支援オフィス」開業、
2011年(一社)千葉IT経営センター(現(一社)中小企業IT経営センター)を設立し理事就任
 
   
   メッセージ
20年の会社勤務時代に営業・経理の実務と業務監査・経営企画・IT企画運営等の「経営関連業務とIT活用」の実践を積んできました。そして、人生の最終ステージに中小企業を支援する道を選び約14年経過しました。
 この間に中小企業110社を訪問支援し、「IT経営力大賞」「攻めのIT経営中小企業百選」の受賞企業を6社輩出してきました。(2019年2月現在)
 本気で中小企業支援をご検討の同志の皆様へ、研修をとおして私が体験してきた現場のナマ話をお裾分けいたします。
 
   担当講座
b2.「IT経営プロセスとITCの役割を実感」

 

 

 
2016.12.07

 

岡 現 (おか げん)
   
  キャリア(経歴)
合成繊維会社において情報システム企画や監査業務、
情報システム子会社管理・経営を担当。
定年退職後、NPO組織で中堅中小企業のIT経営支援や
情報セキュリティ・システム監査業務に従事。
   
   メッセージ
中堅中小企業の競争力強化のためには、大企業で行われがちな平均的な発想での業務効率化やシステム化支援だけでは十分ではない。代表者の思いや、自社の強みの源泉を十分に評価し、どのような市場において、どう競争力を差別化し、どう独自性を発揮行くか、が鍵になる。
競争市場で生き残り、勝ち残るためには、中小企業は自社の身の丈にあったニッチ分野を的確に設定する必要がある。また、顧客に提供する価値へのこだわりが重要である。課題解決ツールは、ビジネス競争力を切り口として事業モデルを革新するためのツールである。
 
   担当講座
 d4. 「ビジネス競争力課題解決ツール」

 

 

前の30件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

このページのトップへ