d5.「 数年後の流通業で活きるITとは現状分析⇒最新IT活用へ: AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・EC」

【フォローアップ研修】 共通コース
 d5.「 数年後の流通業で活きるITとは 
   現状分析⇒最新IT活用へ:
AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・EC」
 
■講座概要:
  数年後の流通業を予測&理解して、そこで実現されるべきIT活用とは何かを解き明かします。
未来に進むための業務改善に必要な基礎知識・業務知識・IT活用手法を学べます。
流通業全体を俯瞰する視点、ビジネス環境の把握、代表的業務内容、IT活用による改善等を、
実例が多くイメージしやすい講義と、講習時間の約三割を占める演習を通じて伴に学びましょう。
 
特に、最後の演習は、実際に未来事例を作る体験ができる濃密なディスカッションになっています。
結果は、そのままホンモノの提案に繋げられる可能性もあります。伴に、流通業の未来を構築してください。
最新ITテーマには、AI・IoT・ビッグデータ・ロボット・EC等が含まれます。
当研修のベースとなった研修は、過去十数年の実績があります。安心してご受講ください。


<講座PR>
初回参加者の満足度は、ほぼ満点の納得度抜群の研修です。2019年版はVer.2.0にバージョンアップしました。
流通業の未来を改善するために必要な業務知識の基礎と、最新ITの活用方法及び効果を伴に学びましょう。最後の演習では、実企業もしくはモデル企業を講師がその場で分析解説します。「ITで未来へ繋がるイノベーションを起こせる提案とはどんなものか?」を構築するヒントが具体的イメージとして得ることができます。
 

受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声


<講座レベル>
基礎(ITCレベル2-1、ITSSレベル4-1、ITC1年目程度)

<受講者のKGI>
流通業業務の基礎的把握とIT活用についての知見を得る
未来へ繋がるイノベーションを起こせる提案に繋がるヒントを得る

<受講者のKPI>
①流通業全体像の把握
②流通業業務を取り巻く環境の把握
③IT活用の現況を把握
④今後の変化に伴うIT活用の見識を醸成
⑤あるべき未来を作り出すプロセスを疑似体験

 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 
■講師:

 合資会社 グラシス 
 代表 天川 龍介 氏
   ワクコンサルティング(株) ディレクターコンサルタント、(合)グラシス代表、
   上級・初級シスアド、ITコーディネータ

 
■プログラム:

[開場/受付] 9:30 ~
[研修開始] 10:00 ~
 第1章: 流通業全般の俯瞰的把握
   1-1.流通業の構成(流通業の全体像)
   1-2.当コースでの流通業の範囲
   1-3.流通業の基本プロセス
   1-4.基礎知識いろいろ
   1-5.物流の基礎
 第2章: 小売業の役割と業務
   2-1.チェーンオペレーション
   2-2.MD
   2-3. CRM
   2-4. 無店舗(EC)
 第3章: 卸売業の役割と業務
   3-1.帳合取得と管理
   3-2.受注⇒配送の管理
   3-3.商品確保と発注管理
 第4章: メーカーの流通機能
   4-1.商品開発と管理
   4-2.チャネル展開と管理
   4-3.販売・在庫の実態と管理
 第5章: 流通業の未来業務
   5-1.流通業の課題と未来
   5-2.未来業務への提言(演習)

[終了] 17:00   
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)

 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税等 2,400円)
10/1以降開催研修
 33,000円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 3,000円)
   ◇税制改正に伴い10/1以降開催研修は、33,000円(税込み)になります。
 
■会場:
 東京)浜町平和ビル7F ITコーディネータ協会 会議室
 
■お申込みはこちら
  定員16名
   (最少開催人数4名に満たない場合は、中止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。)
 
  9月12日(木)
東京開催
  11月27日(水)
東京開催
  2020年1月28日(火)
東京開催
   
  受付終了        
 
■キャンセルについて
 
受講開始日より(土、日、祝祭日含む)
  6日前までキャンセル料無し
  5~2 日前 研修・セミナー料金の50%
  前日及び当日研修・セミナー料金の100%
 
■お問い合わせ先:
 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 フォローアップ研修事務局
 TEL:03-3527-2177 
 メールアドレス:shusai-ent@itc.or.jp

 

このページのトップへ