効果的なRFP(提案依頼書)の作り方

 【フォローアップ研修】
効果的なRFP(提案依頼書)の作り方
 
■講座概要:
 研修の前半(午前の部)は座学によって、RFP(提案依頼書)の基礎知識を徹底的に解説します。
研修の後半(午後の部)は実際のRFP作成コンサル案件の実例を用い、ケーススタディとしてグループ討議を経てRFPそのものを作ります。
成果発表ではロールプレイイングを取り入れ、グループごとにRFP策定プロジェクトチームとITベンダーチームに分かれ、質疑応答を通して策定したRFPの問題点を抽出し、ブラッシュアップします。
 
 <講座PR>
RFP(提案依頼書)はなぜ必要なのか?RFPの基礎知識から作成のコツまで完全マスターコースです!
 
受講者の感想をご覧いただけます⇒
  受講者の声
 
 <講座レベル>
ITSS 4レベル
 
 <受講者のKGI> 
RFPの概要を理解し、自らRFPを策定できる力を習得する
 
 <受講者のKPI> 
①RFPの基礎知識を習得する
②RFPの策定をケース事例で疑似体験する
③自らRFPを策定するには何が不足しているかに気づく
 
■講習時間:
 6時間(3ポイント)
 
■参加条件:
 ITコーディネータ資格認定者
 IT戦略策定フェーズ及びIT資源調達フェーズを理解していること
 
■講師:
 株式会社 ARU
 代表取締役 水口 和美 氏(ITC/ITCインストラクター)
 
■プログラム:
 [開場/受付]9:30 ~
 [研修開始] 10:00 ~
  ◆座学
   1.RFPとは・・(RFPの概要)<1H>
     ・RFPの基本と構成
     ・RFPの重要性、目的
     ・経営戦略、IT戦略との整合性
   2.RFPを作成する前の準備<1H>
     ・現状調査とシステム要件の確定
     ・予算と日程、契約関係
     ・RFP発行から発注までのプロセス
   3.RFPの内容<1H>
     ・事務要求・管理要求・価格要求
     ・業務要求・ユーザ要求・技術的要求
     ・業務フローチャート
   4.提案の評価<0.5H>
  ◆演習
   1.RFPの作成<2.5H>           
    ①ケース事例の理解
    ②グループ討議
    ③発表と質疑応答
 [終了] 17:00   
  (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 
■受講料:
 32,400円 (内訳:受講料  30,000円 消費税 2,400円)
 
■会場:
 株式会社名古屋ソフトウェアセンター セミナー室Ⅱ
 
■お申込み方法:
 12月16日(土)名古屋開催 受付終了
   
■お問合せ先:
 株式会社名古屋ソフトウェアセンター
 TEL:052-883-1200
 メールアドレス:info@nagoya-sc.co.jp

 

このページのトップへ