支援機関連携ビジネス研修

2019/08/16

支援機関の指導員が学んでいるIT利活用の研修内容を把握し、企業経営者に対してIT利活用を提案できるITコーディネータになろう!

研修では実践力を要請するためにケーススタディを用意して、演習していただきます。

ITコーディネータとして実際の企業へ支援するとき、商工会議所・商工会を始めとする地域の支援機関と連携してビジネスに結び付けているケースが多く見受けられます。

本研修では、

  • 支援機関に信頼され仕事に繋がるITコーディネータとはどういう人物像か?
  • 支援機関に要求されるスキルとはどういうものか?
  • 支援機関にアプローチして、継続的にビジネスをしていくのはどうすればよいか?

これらのことを1日で習得できます!
 


「稼げる力を身に付ける」研修を目標に、経験豊富な講師からノウハウを習得できる実践力強化の研修となっています。また、研修後のバックアップ体制としてアフターフォロー組織を用意し、支援機関に訪問してみた方のご相談もお受けします。

さあ、支援機関とビジネスをして、活躍してみませんか?

 
【講座概要】

座学:支援機関とビジネスをするためのノウハウ
 「支援機関の前提知識」「初回訪問から日常的なアプローチまで」「セミナー企画立案・提案・実践方法」「専門家としての活動」を中心に支援機関とビジネスをするにはどうすればよいか?どうビジネスを継続していけばよいか?を経験豊富な講師から解説いたします。

演習:支援機関へ自分を売り込むためには
 ツールを利用して自己分析を実践していただき、自分の強みを生かしたセミナーが提案できるスキルを身に付けます。
※支援機関の中でも商工会議所を主な題材としつつ、その他の支援機関(商工会、団体中央会など)に関しても補足的に学びます。

 
【プログラム】(予定)
  1. (講義)支援機関に関する前提知識 
  2. (講義)日常のアプローチ 
  3. (講義)セミナー企画提案 
  4. (講義)セミナー実践方法 
  5. (講義)専門家としての活動 
  6. (演習)ツールを利用した自己分析 
  7. (演習)支援機関訪問へ向けた提案方法を検討 
 
【受講効果】
  • 支援機関と連携してビジネスを行うためのノウハウを習得できる
 
 
【受講対象者】
  • 独立系ITコーディネータまたは独立を目指すITコーディネータ
 
【講座受講条件】
  • 独立系ITコーディネータまたは独立を目指すITコーディネータの方
  • 近い将来、支援機関とビジネスするお考えのある方
  • 支援機関のことを事前学習している方(支援機関のHPを参照するなどしておいてください)
  • ITコーディネータとしての一定の支援経験がある方
  • ファシリテーションスキルを有する方
  • ご自身の得意分野(専門的知識)についてお話しできる方
  • これらに準ずる活動の経験者
 
 
【受講特典】
  • 初回訪問用提案書雛型
  • セミナー講師アシスタントへの登録(希望者、現地までの交通費は自己負担)
 
 
【講座時間/実践力ポイント】
  • 6時間/3ポイント
 
 
【受講料】

会 員:32,400円(税込)
ITC:54,000円(税込)

 
 
【開催日時・お申込み】 

日時:2019年9月11日(水)   
  10:00~17:00(開場9:45~)

会場:ITコーディネータ協会会議室

東京都中央区日本橋浜町2-17-8 浜町平和ビル7F
 

 

ani_apply.gif

 

 
【講師】

講師:新保 康夫氏 新保IT経営研究所

ITコーディネータ、ITCインストラクター
2016年度支援機関連携研修WGメンバー

【お問合せ】


 

ITCA研修

 

 

このページのトップへ