OJTによる実践力向上研修

ITCA研修 ビジネス研修
~実際の企業を舞台にお客様支援を体験してみよう!!~
「OJTによる実践力向上研修2017」
ITコーディネータとしての実践経験、支援機関の専門家としての支援経験をもとに、
OJTプログラムに沿ってITコーディネータを育成しませんか?

 

2017/4 トレーナー募集開始

※トレーナーとはITC-OJTプログラムで指導するITコーディネータを指します。
※トレーニーとはITC-OJTプログラムで指導を受けるITコーディネータを指します。
※ITC-OJTプログラムとはITC-OJT制度を運用するための手続等をまとめたものを指します。

 

■ITC-OJTプログラムの目的: 

 ITコーディネータの資格を取得はしたが、『実践経験が乏しいために「稼げるITコーディネータ」になれない資格保持者が多くいる』という課題が提言されました。「稼げるITコーディネータ」になるための要件はいくつかありますが、その一つとしてITコーディネータとして成果を出せる「実践力」を身に付けることが必要です。
「ITC-OJTプログラム」は、「稼げるITコーディネータの育成」を目指した実践型の研修プログラムで、OJT形式でITコーディネータの実践力を高めることを目的としています。

 

■トレーナー募集からOJTまでの流れ: 

 
 
 ①「OJT概要公開」
  ダウンロードした資料の中に「ITC-OJTプログラム運営実施要綱」がございます。ご覧ください。
 ②「トレーナーお申込み」
  本OJTプログラムに沿ったトレーナーへご応募いただける方は、必要書類に記入の上、協会までメールにて提出してください。
  ご提出いただいた資料に関しましては、協会にて適切に保管させていただきます。
 ③「トレーナー選考」
  協会内のOJT運営委員会においてご提出いただきました書類をもとに、書類選考をさせていただきます。結果は追ってご連絡させていただきます。
 ④「トレーナー説明会」
  トレーナーとして選考された方に対してトレーナー説明会を実施します。6月末に東京と大阪で実施予定です。
  トレーナー説明会にご出席いただいた方は、OJTトレーナーとして登録することができます。
 ⑤「OJT案件のご案内」※トレーナーからのOJT案件の持込も可能です。
  OJT案件がトレーナーからの持込案件の場合は、持込トレーナーと個別にご相談させていただきます。
  OJT案件を協会にて用意した場合は、協会もしくはOJT運営委員会にて活動実績や経験、活動場所に応じて最適なトレーナーを選考いたします。
 ⑥「トレーニーへのご案内」
  OJT案件をもとに、登録されているトレーニーにへ内容公開・募集をいたします。
 ⑦「OJT開催」
  トレーナーとトレーニーが決定すれば、OJTが開催されます。
  ※トレーニーは7月から募集を開始します。
 

■トレーナーへのお申込みについて: 

 お申込みに関する書類:「ITC-OJTプログラム運営実施要綱」「トレーナー応募履歴書」

 ダウンロードはこちら(zip形式)

 お申し込み先:事業促進部 ITCA研修グループ
        メールアドレス:itcakenshu@itc.or.jp
        ※お申し込みの際は、「トレーナー応募履歴書」を添付してください。
        ※「ITCA会員番号」は記入いただかなくて構いません。会員であるかどうかは協会にて確認いたします。

  

■お申込み時の注意事項: 

・OJT案件を持ち込んでいただいたトレーナーの方にはトレーナーの選定を含め個別にご相談させていただきます。
・OJT案件を持ち込んでいただいたとしても、必ずしもトレーニーのご紹介をお約束できるものではございません。
・トレーナーにご登録いただいても、OJT案件の内容や業種、実績・経験によって必ずしもOJT案件のご紹介をお約束できるものではございません。
・トレーナーへの講師料や条件に関しましてはOJTプログラムに記載しております。
 

■お問合せ先: 

 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 事業促進部 ITCA研修グループ
 TEL:03-6912-1081 
 メールアドレス:itcakenshu@itc.or.jp 
 
 
 

 

 

 

 

このページのトップへ