ITCA認定刊行物

 
お知らせ

2017/04/18   日経情報ストラテジーが2017年8月号をもって休刊となります。
年間購読を2017年8月号までされている場合は、2017年度の1ポイント取得扱いとなります。
2014/11/07   「月刊自治体ソリューション」が認定刊行物になりました。
2014/08/07   週刊BCNがITC特別価格で購読できます。


「ITコーディネータ協会が認定する定期刊行物」のご案内
2017年4月18日

定期刊行物名(申し込み先へリンク) 種類 発行会社 認定年度
日経コンピュータ 月2回 (株)日経BP 2008年度~
ニュートップL 月刊 (株)日本実業出版社 2007年度~2014年度
週刊BCN(Business Computer News) 週刊 (株)BCN 2006年度~
経済産業新報 月2回 (株)経済産業新報社 2005年度~
ハーバードビジネスレビュー 月刊 (株)ダイヤモンド社 2005年度~
ガバナンス 月刊 (株)ぎょうせい 2005年度~
企業診断 月刊 (株)同友館 2003年度~
日経情報ストラテジー 月刊 (株)日経BP 2002年度~2017年度
日経産業新聞 月~金曜日発行 日経メディアプロモーション株式会社 2011年度~
企業実務 月刊 (株)日本実業出版社 2012年度~
週刊ダイヤモンド 週刊 (株)ダイヤモンド社 2013年度~
月刊自治体ソリューション 月刊 (株)ぎょうせい 2014年度~
SERENDIP(セレンディップ)サービス 1契約 (株)情報工場 2016年度~
(注) 定期刊行物認定の追加・期間満了・取り消しはホームページにてお知らせします。
(注) SERENDIP(セレンディップ)サービスは購読冊数にかかわらず1契約で1ポイントです。
定期刊行物認定に関するFAQを公開しています。
FAQ


「ITコーディネータ協会が認定する定期刊行物」

 ITコーディネータ協会が「経営に役立つIT投資を推進・支援し、ITコーディネータの知識獲得に有用と認められる定期刊行物」について認定を行い、定期購読(年間)を知識ポイントの対象とする。


1.認定期間

 「協会が認定する定期刊行物」の認定期間は、認定日を含む1年度間(4月1日から翌年の3月31日)とし、ホームページ上で特段の案内がない限り、認定期間満了の翌日から更に1年度間継続するものとし、その後も同様とする。
 なお、定期刊行物が認定期間満了による認定終了または認定期間途中での認定取り消しが発生することが判明した場合はホームページ上で案内する。


2.ポイントの取り扱いについて

・定期刊行物の年間購読によるポイントは、1誌(紙)で1ポイントとする。

・ポイント申請は年間購読の開始(継続)月号を含む年度とする。
(ポイントの申請時(資格更新時)に年間購読を証明する書類の提出をお願いすることがありますので、年間購読の購読料支払い証明書、年間購読の購読料振込み書等は各自で保管しておいてください。)

・ポイントの申請対象者は、個人で年間購読する人とする。会社・団体名義で購読する人は、購読者を特定できないため、対象外とする。(⇒FAQ参照)

・ポイント申請後に定期購読の途中解約が判明した場合は取得したポイントを遡って取り消すものとする。

・認定期間満了による認定終了または認定取り消しが発生した場合でも、認定期間内に定期刊行物の定期購読を開始(継続)していればポイント申請は有効とする。但し、年間購読中に廃刊または休刊による認定取り消しがあった場合のポイントの取り扱いについてはホームページ上で個別に案内する。

・ホームページ上で認定期間満了による認定終了または認定取り消しの案内後に年間購読を申し込んだ場合はポイントの対象外とする。
 

 

このページのトップへ