お知らせ

2017.01.12

今年度のITCAセミナーのラインナップです。

会場に足を運んで受講する従来の「会場参加型」とご自宅や外出先からURLでアクセスして視聴できる「生Live配信型」のお好きな方からお選び下さい。

 

------〈 ITCAセミナー 〉-----

 今年の国の注目施策のひとつ!
1/19(木)
 
テレワークで課題解決!働き方改革・地方創生・一億総活躍社会の実現に向けて 

        〈会場参加〉 〈生Live配信〉

 

 モバイル社会に影を落とす不正接続を防ぐために
◆ 1/26(木)
 
安心・安全の無線LANネットワーク導入講座 ~知っておくべき5つのポイント~

        〈会場参加〉 〈生Live配信〉

 

 お待たせいたしました!あの講師が再び・・・これからどうなる?IoT
◆ 2/ 3(金)
 
Industry4.0からsociety5.0へ

        〈会場参加〉 〈生Live配信〉

 

 今、じわじわとニーズが高まってきています。
◆ 2/10(金)
 
シゴトがサクサク進むコミュニケーション形成術~自己表現力アップ の極意~

        〈会場参加〉 〈生Live配信〉

 

 顧客倍増が倍増するWEBとは?
◆ 3/ 5(
 
顧客支援のために知っておきたい!「集客支援」につながるWEBサイト構築

        〈会場参加〉 〈生Live配信〉

 
 
 
※参加・アンケートご回答でそれぞれ1.5Pを協会より付与いたします。
 
2017.01.12

2/25(土)実践型研修「IT経営コンサルタント養成虎の穴」を開催いたします!

2017.01.05

1/17(火)中小企業向けWebマーケティングのノウハウが学べます!

2017.01.04

 

2017年1月4日
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
会長 播磨 崇
 
あけましておめでとうございます。
 
日本再興戦略の中で述べられていますように、ビジネスや社会のあり方そのものを根底から揺るがす「第4次産業革命」とも呼ぶべき大変革が着実に進みつつあります。IoT、ビッグデータ、AI時代の到来と言われ、最近ではシェアリングエコノミー、Fintech、ロボット、およびAR/VRにつきまして元年だとも言われています。さらに、自動運転車など未来に向けての新たなイノベーションが次々と生まれ始めています。
 
一方で、インターネット活用が進む環境下で、企業経営におけるセキュリティ対策の重要性は、情報処理推進機構からも多くの情報発信・啓蒙活動を通じて着実に浸透してきていると思います。サイバーセキュリティにおける初の国家資格「情報処理安全確保支援士」も誕生します。
 
このような背景のなかでITコーディネータに寄せられる期待も大きくなっています。安倍首相と日本商工会議所の三村会頭との官民対話で実現された中小企業・小規模事業者に向けた専門家派遣において、国や商工会議所の説明のなかでもITコーディネータの活用が取り上げられています。
 
またITコーディネータと協会が8年間にわたり取り組んできました「共通EDIの研究活動」が実を結び、中小企業庁の平成28年度「経営力向上・IT基盤支援事業(次世代企業間データ連携調査事業)」を受託しました。中小企業における受発注業務のデジタルデータ連携実現による大幅な生産性向上を目指し、大規模な実証実験を開始します。
 
今年も協会は全国のITコーディネータや関係機関の皆様と連携しながら、中小企業のIT経営支援へ積極的に取り組んでまいります。
 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

 

2016.12.19

WEBマーケティング研修開始しました。ホームページで「週末起業」はじめませんか?

2016.12.19
2016年12月19日
ITコーディネータ協会
事務局長 太田 愛仁
ITコーディネータ協会職員公募のお知らせ
 

 このたびITコーディネータ協会では、資格者に対する社会的ニーズの高まりに伴う事業活動の多方面への拡大展開や、職員の円滑な業務ローテーション等を目的として事務局職員を公募いたします。
 

◆ 募集要項 ◆
 

 
■募集職種
・ITコーディネータ協会事務局 正職員(管理職)
 
 
■業務内容
・事業企画及び運営推進など事務局業務全般(資格認定、育成研修、制度普及、研究開発、受託事業等) 
当初は基幹業務部長の下で、資格認定、受託業務等を担当(担当業務を変わる場合があります)
 
  ■採用予定数 若干名
 
 
■応募資格
・当協会の活動理念及びITコーディネータ制度の趣旨に賛同し、意欲と情熱をもって、自ら考え、行動する方を求めます
・10~30年程度の社会人経験があり健康な方
・ITコーディネータ資格を保有している方
 
 
■業務条件
・勤務地:東京都文京区本駒込オフィス 
・勤務時間:午前9時30分~17時30分(所定時間外労働あり)
・休 日:土・日曜日及び祝祭日、その他(協会の指定する日)
・報 酬:経験等を考慮してご相談の上決定いたします。
 
 
■選考方法
・1次選考:書類選考 ・2次選考:一次面談 ・最終選考:役員面談
 
 
■応募方法:履歴書(写真添付)・自己紹介書を郵送またはメール添付してご応募ください。
 
  ■申込締切:平成29年1月23日(月)12:00到着分 まで
 
 
■応募宛先:ITコーディネータ協会 採用担当宛 mail:kensyu-iinkai@itc.or.jp
書類選考ののち、面談等のご連絡をさせていただきます。
※選考内容については、開示致しません。ご了承ください。
   
  本件に関するお問い合わせは、基幹業務部(担当:松下)までご連絡ください。
   
   
   
   
   
   

 

2016.12.06


 

 
 2016年12月7日
ITコーディネータ協会 事業促進部
 
 
「サービス等生産性向上IT導入支援事業」に関する審査員の公募について
 
こちらの公募は受付終了いたしました
 
 
 
ITコーディネータ協会では【平成28年度第2次補正予算、地域未来投資促進事業における、2.中小企業IT経営力向上支援事業(1)「サービス等生産性向上IT導入支援事業」】の事務局である一般社団法人サービスデザイン推進協議会(審査部門担当:株式会社パソナ)から審査員委嘱の依頼がございました。
 
今回、協力依頼元の意向を受けまして、IT+経営の知見を有する国家資格を保有されている全国のITコーディネータの方に公募のご案内をしております。 
 
【地域未来投資促進事業】
2.中小企業IT経営力向上支援事業
(1)サービス等生産性向上IT導入支援事業
     
     

 


 

本件に関するお問い合わせは、担当:山川、山崎までご連絡ください。
お問い合わせはこちら
 

 

2016.12.01
平素よりITC+をご利用いただき誠にありがとうございます。
ITコーディネータ協会の年末年始につきまして、下記の通りご案内いたします。
お客さまにはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
 
2016年12月 2017年1月
26日 27日 28日 29日 30日 31日 1日 2日 3日 4日 5日
     
年末・年始 休業
 
   

 

 

2016.11.29

eラーニングセミナー2本を公開しました。
 

〈有料〉 ITCAセミナー 16/8/29版 「そうだったのか!ビジネス裁判」

 

〈無料〉 ITCAセミナー 16/8/29版 「企業経営に活きる知的財産と国の支援策

 

2016.11.28


ITコーディネータ協会が中小企業庁の地域未来投資促進事業で採択されました
 



ITコーディネータ協会が中小企業庁の地域未来投資促進事業に採択されました。

 

<平成28年度補正予算「経営力向上・IT基盤整備支援事業(次世代企業間データ連携調査事業)に係る提案の
募集(企画競争)における事業者に採択されました。>
 

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2016/161122ITkiban.htm

2016.11.04
ITCA研修 ビジネス研修
~金融機関とビジネスができるようになろう!!~
「金融機関連携ビジネス研修」
金融機関に必要とされるITコーディネータとは?
金融庁の金融行政方針が大きく変わった今が、金融機関連携の絶好の機会!
金融機関とビジネスを行うための成功ノウハウを伝授します!!

 

■特別講演: 

2/14,3/16はITCAと業務提携している西武信用金庫職員さまが「金融機関内部の話」「ITCに求めること」等を研修内でご講演予定
 

■受講者の声: 

 【12/8】東京
・金融機関を取り巻く環境がよくわかった
・実践的な研修内容で今後の活動に役立つ
・今後、金融機関へ活動する際に補助資料が特典としてあるのがよい
 

【12/20】名古屋
・金融機関との連携ビジネスの実践経験談が非常に有益できした
・非常にわかりやすい研修でした
・金融機関との連携が楽にできるのかと思っていましたが、甘くないことがわかりました。ただ、研修で学んだノウハウは生かしていけると思いました。

 

【関東在住・独立系ITC様から、受講後のご感想をいただきました】
 過去、企業内で大手金融機関向けのICT導入支援・構築の活動を行ったが、現在、個人的な繋がりから中堅信用金庫にお会いする機会が得られ、どのようにアプローチしたらよいか悩んでいたところ、「金融機関連携ビジネス研修」に目が留まり、受講することにしました。
 研修の前半は、昨年9月の金融庁の方針大転換に応じた各金融機関の施策の変化の情勢や融資の方法、内部組織、情報システムなどの金融機関の業務での特徴の解説でした。後半は、このような金融機関、特に信金に対して、活躍されているITCの成功事例から窓口相談業務、取引先企業向け研修、職員向け研修の3つの活動モデルケースとそれを進める上でのノウハウ、留意事項、アプローチ方法など具体的な内容の解説でした。最後に、受講後にも金融機関支援チームによるアフターフォー組織があることの紹介があり、全般的に、活躍された方々のノウハウが詰まっており、実践的な内容でした。
 受講後、信金の理事長とお話をすることになり、直前に支援をもらい、打合せ資料に最新情報を取り込むことができ、助かりました。まだ、信金とはかかわりはじめで、研修で学んだことを活用する場面までには至ってはいないですが、今後、職員研修のモデルを参考にした関係を持とうと考えています。ITCAでは、OJTの研修も企画されており、機会があれば、受講して、今後のITCの活動に役立てたいと考えています。
 この「金融機関連携ビジネス研修」に加えて、自治体支援、支援機関連携ビジネスの3本柱をITコーディネータへの支援活動として注力することは有益と思われるので、もっと宣伝、広報できるとよいと思います。
 

■講座概要: 

座学:金融機関とビジネスをするためのノウハウ
 「金融機関を知る」「金融機関との連携モデルプラン解説、ツール紹介」「金融機関、取引先企業との具体的なコネクション作り」を中心に金融機関とビジネスをするにはどうすればよいか?どうビジネスを継続していけばよいか?取引先企業にどうアプローチすればよいか?を経験豊富な講師から解説します。

演習:金融機関とビジネスするためのアクションプラン作り
 受講生が今後のアクションプランを作成します。研修後、講師または支援グループの方から意見をいただき、今後の金融機関へのアプローチ方法を一緒に検討できます。

※金融機関の中でも地方銀行、信用金庫、信用組合を主な題材としています。

 

■講座PR: 

 金融庁の金融行政方針が、これまでの「金融機関の資産健全化の重視」から、「取引先企業の企業価値の向上、地域経済の持続的成長、地方創生への貢献」へと大きく変化してきています。そこで現在、ITCAでは、地域金融機関との連携の取り組みを積極的に推進しています。このような協会活動のもと、金融機関と連携してビジネスができるITコーディネータの仲間をより多くしたい!という思いでこの研修をご用意しました。
 金融機関に信頼されるITコーディネータとはどういう人物像か? 金融機関にアプローチするためにはどうすればよいか?金融機関の取引先企業にアプローチするためにはどうすればよいか?
「稼げる力を身に付ける」研修を目標に、経験豊富な講師からノウハウを習得できる実践力強化の研修となっています。
 また、研修後のバックアップ体制としてアフターフォロー組織を用意し、「訪問する金融機関が決まった方」のご相談もお受けします。さらに、金融機関と連携するための様々なお持ち帰りツールもお渡しします!
 さあ、金融機関とビジネスをして、活躍してみませんか?

 

■講座受講条件: 

・独立系ITコーディネータ または 独立を目指すITコーディネータ の方
 
※すぐに金融機関連携ビジネスを始める予定のある方は以下のスキルが必要です
・金融機関のことを事前学習している方(ディスクロージャー誌を入手して目を通しておくことや、橋本卓典『捨てられる銀行』を読んでおくことなど)
・ITコーディネータとしての一定の支援経験がある方
・ファシリテーションスキルを有する方
・ご自身の得意分野(専門的知識)についてお話しできる方
など、これらに準ずる活動の経験者
 
■KPI: 
金融機関と連携してビジネスを行うためのノウハウを習得できる
 
■講座時間: 
6時間(3ポイント)
 
■講師: 
12/8(木)   野中 栄一氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WG主査)
12/20(火) 水口 和美氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WGメンバー)
2/14(火) 普世 芳孝氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WGメンバー)
3/2(木) 片山 清氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WGメンバー)
3/16(木) 山口 康雄氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WGメンバー)
3/28(火) 多々納 健一氏(ITコーディネータ、2016年度金融機関連携研修WGメンバー)
 

■プログラム: 

[開場/受付] 9:30 ~
 [研修開始] 10:00 ~
  1.(講義)金融機関を知る(講義) 
  2.(講義)金融機関との連携モデルプラン解説、ツール紹介 
  3.(講義)金融機関、取引先企業との具体的なコネクション作り 
  4.(演習)アクションプラン作り 
 [終了] 17:00  
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 

■受講料(税込、事前申込制): 

 ITC 54,000円 会員 32,400円

■特典:

 経営者向けヒアリングシート雛型、ITCA提供ツール

■お申込み方法: 

 2016年12月8日(木)   東京開催はこちら(開催終了)

 2016年12月20日(火) 名古屋開催はこちら(開催終了)

 2017年2月14日(火)   東京開催はこちら

 2017年3月2日(木)   大阪開催はこちら

 2017年3月16日(木)   東京開催はこちら

 2017年3月28日(火)   岡山開催はこちら

 
 
 

■お問合せ先: 

 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 ITCA研修事務局
 TEL:03-6912-1081 
 メールアドレス:itcakenshu@itc.or.jp 
 
 
 

 

 

 

 

2016.11.04
ITCA研修 ビジネス研修
~支援機関とビジネスができるようになろう!!~
「支援機関連携ビジネス研修」
支援機関に必要とされるITコーディネータとは?

先駆者ノウハウ大公開!
小規模事業者・中小企業支援とIT利活用促進の要である様々な支援機関と手を組んで
ITコーディネータとしてのビジネスを確立させよう!!

 

■受講者の声:

【12/6】東京
・案件に直接つながる研修で、とても有益だった
・今後も同じような研修が欲しい
・ITCの商談活動としてわかりやすかった

 

■講座概要: 

座学:支援機関とビジネスをするためのノウハウ
 「支援機関の前提知識」「初回訪問から日常的なアプローチまで」「セミナー企画立案・提案・実践方法」「専門家としての活動」を中心に支援機関とビジネスをするにはどうすればよいか?どうビジネスを継続していけばよいか?を経験豊富な講師から解説いたします。
演習:支援機関へ自分を売り込むためには
 ツールを利用して自己分析を実践していただき、自分の強みを生かしたセミナーが提案できるスキルを身に付けます。

※支援機関の中でも商工会議所を主な題材としつつ、その他の支援機関(商工会、団体中央会など)に関しても補足的に学びます。

 

■講座PR: 

ITコーディネータとして実際の企業へ支援するとき、商工会議所・商工会を始めとする地域の支援機関と連携してビジネスに結び付けているケースが多く見受けられます。
本研修では、
支援機関に信頼され仕事に繋がるITコーディネータとはどういう人物像か?
支援機関に要求されるスキルとはどういうものか?
支援機関にアプローチして、継続的にビジネスをしていくのはどうすればよいか?

これらのことを1日で習得できます!

「稼げる力を身に付ける」研修を目標に、経験豊富な講師からノウハウを習得できる実践力強化の研修となっています。また、研修後のバックアップ体制としてアフターフォロー組織を用意し、支援機関に訪問してみた方のご相談もお受けします。

 さあ、支援機関とビジネスをして、活躍してみませんか?

 

■講座受講条件: 

・独立系ITコーディネータまたは独立を目指すITコーディネータの方
・近い将来、支援機関とビジネスするお考えのある方
・支援機関のことを事前学習している方(支援機関のHPを参照するなどしておいてください)
・ITコーディネータとしての一定の支援経験がある方
・ファシリテーションスキルを有する方
・ご自身の得意分野(専門的知識)についてお話しできる方

これらに準ずる活動の経験者

 

■KPI: 
支援機関と連携してビジネスを行うためのノウハウの習得できる
 
■講座時間: 
6時間(3ポイント)
 
■講師: 
12/6(火)、1/18(水) 、3/1(水)新保 康夫氏(ITコーディネータ、2016年度支援機関連携研修WGメンバー)
2/1(水) 川野 太氏(ITコーディネータ、2016年度支援機関連携研修WG主査)
2/9(木) 矢村 弘道氏(ITコーディネータ、2016年度支援機関連携研修WGメンバー)
 

■プログラム: 

[開場/受付] 9:30 ~
 [研修開始] 10:00 ~
  1.(講義)支援機関に関する前提知識 
  2.(講義)日常のアプローチ 
  3.(講義)セミナー企画提案 
  4.(講義)セミナー実践方法 
  5.(講義)専門家としての活動 
  6.(演習)ツールを利用した自己分析 
  7.(演習)支援機関訪問へ向けた提案方法を検討 
 [終了] 17:00  
 (途中60分程度の昼食休憩が入ります)
 

■受講料(税込、事前申込制): 

 ITC 54,000円 会員 32,400円

 

■特典: 

 初回訪問用提案書雛型
 

■お申込み方法: 

 2016年12月6日(火) 東京開催はこちら(開催終了)

 2017年1月18日(水) 大阪開催はこちら

 2017年2月1日(水)   東京開催はこちら

 2017年2月9日(木)   高松開催はこちら

 2017年3月1日(水)   東京開催はこちら

 

■お問合せ先: 

 特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 ITCA研修事務局
 TEL:03-6912-1081 
 メールアドレス:itcakenshu@itc.or.jp 
 
 
 

 

 

 

 

2016.10.25
2016年10月21日に発生した、鳥取県中部を震源とする地震による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
弊協会では、被災された方に研修費用等のお支払に関する特別措置を検討しております。
措置の適用をご希望の方は弊協会までご相談ください。

 

2016.10.19
 
 
ちょっと待って!そのコミュニケーションは適切ですか?
 ~筆記具不要の体感研修「デキるITCの自己表現術」
 
ITCに必要なスキルは、IT知識ばかりではなく、顧客先でさまざまな事態にスムーズに対応できる能力や相手方の要望を察知して、満足のゆく答えを見つけて支援することもあるのではないでしょうか?
 
「自分はコミュニケーションは得意だ!」と思っていらっしゃる方、はたして
そのコミュニケーションは、独りよがりのものになっていませんか?
 
 
この研修のポイントは、3つあります。
1.自分から発動する自己表現
2.自分の価値を上げるための自己表現
3.比例する「組織の価値」と「自己の価値」

これらを体感しながら学ぶことで、明日からの意識や行動が変わることを目指します。
午後3時間の研修から、多くの気づきを得ていただけます。
 
一部をご紹介すると・・・
 
 
「組織体で動く意味を徹底的に理解する」
「実行したスケジュールの実施精度を上げる」
「情報共有の重要性を体感する」
「不測の事態対処をチームとして対処する」
「環境にこだわらない正確なコミュニケーション」
 
まだまだたくさんのカリキュラムで構成されています。
 
今回の研修のメイン担当講師は、元タカラジェンヌの紫咲大佳(しざき・ひろか)さんです。
これまでの協会主催の研修には無かった、あなたの観念を破るアクティブな研修をお届けしますのでどうぞ、ご期待下さい。
 
 
お申し込みは、こちら

 

2016.09.28
会員特典拡充のお知らせ(SERENDIPサービス)
2016年9月28日
ITコーディネータ協会
 


 平成28年9月からSERENDIPサービスを拡充致します。
現在、会員特典として会員様限定でご提供しているSERENDIPサービス(㈱情報工場の書籍ダイジェストサービス)を新刊2冊/月から新刊4冊/週に拡充致します。
また、1,300にのぼる過去のコンテンツもすべて閲覧可能となります。会員様は、SERENDIPサービスのフルサポートを受けることが出来ます。
 それに加えて、会員様が、SERENDIPサービスを法人様にご紹介し、成約した場合は、初年度販売額の一部を㈱情報工場から会員様にフィーバックいたします。
 
 会員様のご利用は、ITC+メンバーページの左側メニューの「協会会員特典」からお入りください。
 新規ご入会は、ITC+メンバーページの左側メニューの「協会会員入会申請」からお入りください。
この機会に是非ご入会いただき、SERENDIPサービスをご活用ください。
 
新たにITCの皆様へ、㈱情報工場からSERENDIPサービスを特別価格で提供いただくことになりました。
定価30,000円/年のところ、ITC限定で、40%OFF18,000円/年で、お申込みいただけます。
 この機会に是非、SERENDIPサービスをお申込みください。
 
お申込みはこちら⇒ 情報工場(ITC様限定申込ページ)
または、ITCA協会ホームページ⇒ 「ITコーディネータの方へ」からお願いします。
 
 また、SERENDIPサービスを利用した方は、実践力ポイント「7.協会認定する定期刊行物」として1ポイント登録可能となります。

 
 
(参考) SERENDIPサービスとは
・SERENDIP(セレンディップ)では、3つの視点にて本を厳選しています。
・著者の表現、言葉選びを尊重し、そのままダイジェストにまとめています。
・日本国内の書籍だけでなく、未邦訳の海外書籍・雑誌もカバー。
 詳しくは、株式会社情報工場HP(http://www.joho-kojo.com/serendip/

 

2016.09.28
2016年9月28日
ITコーディネータ協会
 
この度、ITCAメルマガの配信元データベースの変更を行うことになりましたのでお知らせ致します。

変更内容
旧:購読希望者はメールアドレスを登録
    ↓
新:『ITC+』にご登録された方でメルマガ購読希望者
 
変更方法
<現メルマガ購読のみ場合>
『ITC+』にメンバー登録をお願いします。
個人情報の登録の際に、メルマガ購読を「希望する」にチェックをお願いします。
ITC+メンバー新規登録はこちら

<既に『ITC+』にメンバー登録済みの場合>
ITC+メンバーページの「個人情報編集画面」よりメルマガ購読設定が出来ます。デフォルト設定は「希望する」にチェックが入っています。購読を希望されない場合は「希望しない」にチェックをお願いします。


<個人情報編集画面>


ITC+メンバーページのログインはこちら


 
変更日
2016年10月21日配信から変更
 
 
<変更理由>
従来より、『ITC+』の登録情報とメルマガの配信データベースは連動しておらず、『ITC+』に登録されている方は、個人情報の修正とメルマガの配信先の変更と2重作業が発生していました。
また、別運用をご存知でない方も多く、「メルマガが届かなくなった」という声を頂く事も多くなったため、今回より『ITC+』を基準にすることにより、この問題が解消出来る流れとなりました。


メルマガ購読を希望しない方は個人情報から「希望しない」に変更頂くか、または協会までご連絡ください。
 
 
 本件のお取扱いについてのご質問窓口:

ITCAメルマガ担当
問い合わせについてはこちら マイページお問い合せはこちら
 
 

 

2016.09.27
2016.9.27
独立行政法人情報処理推進機構
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

 このたび、独立行政法人情報処理推進機構技術本部ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)とITコーディネータ協会(ITCA)とは、ITコーディネータの方々を対象としてIoTに関する企業や団体(主として中小企業、小規模事業者等)の取り組みの実態調査を共同で実施する運びとなりました。
 このアンケートには、全国で活躍されているITコーディネータの方々が日頃感じておられる課題や希望する施策、研修、情報提供などに関する質問も用意しています。
是非、率直に回答して頂き、様々な分野の専門家であり、企業の支援者である皆様方と共に、サポートを必要としている中小企業・小規模事業者におけるIoTの普及やソフトウェア・エンジニアリングの利活用促進を図って参りたいと考えております。
アンケートは全14問、所要時間は4~5分程度を想定しており、アンケート回答にご協力いただいた方は、ITC実践力ポイント(1P)取得できます。皆様のご協力をどうぞよろしくお願い致します。
1.
実施期間(予定)
2016年9月27日(火)~10月17日(月)
 
2.
ITC実践力ポイントの取得方法
アンケート回答により、ITC実践力ポイント(「協会が後援する研修・セミナー」:1P)が取得できます。
アンケート締切後アンケートに記入して頂いたメールアドレス宛てに取得方法の詳細説明をご連絡致します。
※ご連絡は10月17日以降となりますので、しばらくお待ち下さい。
 
3.
アンケート結果の分析・公開等について
アンケートの集計・分析は、IPA/SECとITCAとが協同で実施し、集計結果は統計的に処理した上で双方のホームページ等で公開する予定です。また、今後、ガイドラインの作成や研修計画作成などへの利用も検討中です。なお、個人情報については本アンケートの集計のみに利用することとし、その他目的には一切使用いたしません。
 
アンケートの実施はこちらからです!
 

※アンケートに回答できない場合
 アンケート回答にはcookieを受付ける設定にして下さい。
 その他、ブラウザを変えて頂くか、パソコン等環境を変えてお答えください。
<※本件に関するお問い合わせ先>
 
ITコーディネータ協会 基幹業務部 松下、鈴木
TEL:03-6912-1081
メール:kensyu-iinkai@itc.or.jp

 

2016.09.26
~IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0に改訂しました~
 
 
2016年9月26日
ITコーディネータ協会
IT経営研究所
 
 この度、プロセスガイドライン:PGL(旧ITコーディネータ・プロセスガイドライン)のバージョン3.0を「IT経営推進プロセスガイドライン」として発刊致します。
 
 発刊に当たりましては執筆、査読の方々のご協力・ご支援を頂きました。またパブリックコメントでは600件を超えるご意見ご指摘を頂き、内容に反映させて頂きました。心より御礼申しあげます。
 
 今回の改訂の主旨は、バージョン2.0の発刊以来5年が経過し、最近の経営スタイルの変化への対応と、IT利活用環境の変化への対応を主眼にしました。また、ITCの方はもとより、企業の経営者、IT経営推進を担当する方々にも読んでいただくよう記述の平易化に努めました。さらに、読者の理解を助け、全体の一覧性を確保するために付録、用語集等をつけました。
 
本ガイドラインの改訂内容の概要につきましては、
「PGLの改訂について」テキスト付きをご参照ください。

 

■PGLの購入に関して
本ガイドラインのご購入につきましては、ITコーディネータ協会のホームページの研修・書籍・イベントの各種ガイドラインからご購入下さい。

・詳細はこちら:IT経営推進プロセスガイドラインVer.3.0
※販売は書籍の形態と電子書籍の形態があります。どちらかを選択ください。
 


【書籍版】
・書籍版価格 :2,700円(税込、送料別)
 体裁 :B5版、185ページ
 発行 :特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
 ISBN :978-9909042-0-3

 
【電子版】
・電子書籍版 購入はこちら
 価格 :1,620円(税込)

 

 

2016.09.13

機関誌「架け橋mini版」を公開いたしました

2016.09.09

「ITC Conference 2016開催」のご案内

2016.09.01

 

 

 2016年9月1日

    ITコーディネータ協会
   
   平成28年度「攻めのIT経営中小企業百選」募集のお知らせ
   
 本事業の概要
   経済産業省では平成26年度から、攻めの分野でのITの効果的な活用に積極的に取り組み、
成果を上げている中小企業をベストプラクティスとして選定する「攻めのIT経営中小企業百選」を
実施し、3年間で計100社を選定する予定です。これまで2年間で60社を選定し公表しました。
 今年度も、9月1日から募集を開始いたしました。皆さまからの積極的なご応募をお待ちしております。
   
 本事業についての公式HP(経済産業省)は、以下の通りです。
 

・ニュースリリース 「攻めのIT経営中小企業百選」の募集を開始します!
http://www.meti.go.jp/press/2016/09/20160901002/20160901002.html
・募集要領・応募方法(攻めのIT経営中小企業百選)
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/it_keiei/100sen_entry.html
・(参考)昨年度結果発表 攻めのIT経営中小企業百選
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/it_keiei/100sen.html

   
 募集・審査スケジュール(抜粋)
  ・募集期間: 平成28年9月1日(木)~平成28年10月31日(月)(2ヶ月間)
・申込登録:平成28年10月21日(金)までに申込登録をし、応募書類に記載する受付番号を取得してください。
・審査期間:(書類・現地審査等): 平成28年11月~平成29年2月
・最終審査: 平成29年2月
・結果公表: 平成29年5~6月頃を予定
   
 応募方法(抜粋)
 

・募集要領・応募用紙は、経済産業省HPより、ダウンロードしてください。⇒こちら
・申込登録は、所定の申込登録フォームから行ってください。⇒こちら
・応募書類提出は、書類提出フォームから行ってください。⇒ こちら
 

ITCの皆様へのお願い チラシ
   ITCの皆様の、積極的なご応募や企業様への応募の後押しを期待いたします。
加えて、日本政策金融公庫様等からのご紹介企業に対する応募書類作成支援について、ご協力お願いいたします。

企業様向けの広報チラシはこちら
チラシダウンロード(PDF)⇒こちら

 
   
その他
 

 ITコーディネータ協会は「攻めのIT経営中小企業百選」事業事務局を3年間連続して担当しています。

<参考>
百選選定企業を支援したITコーディネータのプロフィール
https://www.itc.or.jp/about/casestudy/

   以上
   

 

2016.08.24

ITコーディネータ協会機関誌「架け橋」が新しくなります!

2016.08.23

 

2016年8月29日 更新
ITコーディネータ協会

平成28年8月から入会金無料となります。
入会に当たっては、会費のみのご負担となります。
 
■ 年会費
(10月~3月入会の場合初年度半額となります。)
個人 4月~9月入会の方  10月~3月入会の方
 ・運営会員: 3万円  1.5万円(初年度)
 ・賛助会員: 2万円  1万円(初年度)
法人・団体    
 ・運営会員2口以上: 10万円~  5万円(初年度)
 ・賛助会員1口以上: 5万円~
 2.5万円(初年度)

 
【ご入会はこちら】
今、入会いただきますと下記の特典を早速活用できます。

 ・会員限定特別セミナーに 無料 でご参加いただけます。
  開催日:9月13日(火)
  タイトル:イノベーションを起こすための組織・個人についての実践的な方法(仮)
  講師:日本GE合同会社 代表職務執行者社長兼CEO 安渕 聖司氏
  セミナー終了後交流会を実施いたします。(参加料1,000円) 
 
現在、申込み受付中の
 ・「ITC Conference 2016 IoTで拡がる未来」を会員割引でお申し込み出来ます。
 
 開催日:11月18日(金)19日(土)両日+交流会参加で32,240円のところ24,680円  
 さらに、早割期間中なら最大2,000円引きで 22,680円 ※9560円お得です。

 
その他、ITCA研修もお得になります。
 
たとえば、
 「マイナンバー内部監査人育成研修」なら
 受講料 32,400円 のところ 会員様なら 21,600円  ※10,800円お得です。
 
 「人工知能(AI)と人工脳の発達により生まれる職業とは?」 なら
 受講料 3,240円のところ 会員様なら 1,080円 ※2,160円お得です。

 他にも多数のITCA研修を会員割引で受講できます。
 「研修・書籍を探す」ご参照ください。
 https://itca.force.com/ITCPItemSearchPage

 
 ・SERENDIPサービス
 通常版 個人購読の場合年間 30,000円 が 無料 で活用できます。
 SERENDIPサービスの拡充を致しました。さらに 30,000円 お得になりました
 

いまご紹介だけでも 52,520円 お得になります。
 
 
会員特典全般については、「会員特典」をご参照ください。
  https://www.itc.or.jp/guidance/special/
 
 
現在、会員サービス向上WGに会員、ITCの皆さんに参加戴き、さらなる魅力的な特典を検討中です。
 
この機会に是非ご入会よろしくお願いいたします。
 
 
                           以上

 

お問い合わせ 
  特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会 会員担当
  〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-8
  文京グリーンコートセンターオフィス9F
  TEL:03-6912-1081 FAX:03-5981-7371
  Mail:kaiin@itc.or.jp

 

2016.08.09

"ITCによるeラーニングセミナーコンテンツ拡大キャンペーン"の実施について

2016.08.09

新トレンドセミナーAE004,AE005を公開しました

2016.08.04

 

2016年8月4日
ITコーディネータ協会
 
現在、ジェトロで「対内投資等地域活性化立地推進事業費補助金(グローバルイノベーション拠点設立等支援事業)」の公募をしています。
本事業は、日本にまだ導入されていない外国企業の優れたイノベーション技術等を誘致する目的で、外国企業と日本企業・大学等との連携する事業を補助するものです。これまでに第3回締切り分まで実施し、次回9月9日(金)が最終締切りとなっています。
補助対象事業は、日本国内における再生医療分野またはIoT(=Internet of Things)分野の下記事業です。

(1)グローバルイノベーション拠点設立事業(1/3補助)
(2)実証研究事業(2/3補助)
(3)事業化可能性調査事業(定額(最大1,000万円))
 
実際に補助金が交付されるのは、外資系企業(最終親会社又は親会社が外国の法律に基づいて設立され又は組織される法人)ですが、補助対象要件の1つを「日本企業、大学、または公的研究機関等との資本または業務提携が見込まれること」としており、特に提携先が中小企業である場合、審査で加点もされます。そのため、外国企業と提携して実証等を実施する中小企業に対しても本事業をご案内します。 

詳細やお問合せはこちら(JETROのHPです。)
 
 
 
 
2016.08.04

「ITC Conference 2016」 出展のご案内 

2016.07.26

「一般社団法人 日本IT団体連盟」が設立されました

2016.07.26

 


2016/7/26
ITコーディネータ協会
 
「一般社団法人 日本IT団体連盟」が設立されました
 
 
 

下記を目的とし、7月22日(金)に「一般社団法人 日本IT団体連盟」が設立されました。
当協会も加盟しており、会長の播磨が監事を務めております。


IT連盟は、100以上あるIT団体のうち53団体を束ね、官民の連携強化やIT人材の育成といったIT
産業の抱える課題に業界が一丸となって取り組んでいくため、設立に至りました。今後も加盟団
体を増やしながら、日本のIT産業の健全な発展に貢献するとともに、世界最高水準のIT社会の構
築を目指し、日本の経済や社会、国民生活の向上に寄与してまいります。

 ニュースリリースはこちら   

本件に関するお問い合わせは「一般社団法人 日本IT団体連盟」までお願いいたします
 
2016.07.25

無料e-ラーニング~トレンド情報編~公開いたしました

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ