お知らせ

2020.07.10
掲載日:2020年7月10日
 
この度、令和2年7月豪雨により被災された皆さま、ならびにご家族・関係者の方々に、心からお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
 
弊協会より書類等の郵送やお荷物の発送を行っておりますが、地域により到着の遅れ、郵便にも影響が出ていると聞いております。1週間~10日間経っても届かない場合はお手数ですが弊協会までご連絡ください。
 
また、今年4月~5月にITC資格更新のお申込を頂いたITコーディネータの皆様には、7月10日(金)にITC認定カードを郵送しております。こちらも1週間~10日間経っても届かない場合は、お手数ですが弊協会までご連絡ください。
※6月以降に資格更新をお申込頂いたITコーディネータ皆様には8月以降に郵送を予定しております。

 

2020.07.01

 

2020年7月1日
ITコーディネータ協会 事務局


2020年度ITC資格更新申請につきましては、6月末日をもって受付を終了いたしました。ITコーディネータの皆様にはコロナ禍のお忙しい中、更新手続き頂き誠にありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。
資格更新費用は、お支払期限(お申し込みから60日以内)までにお支払ください。

更新のお申込を頂いた方にはITC認定カードを郵送致します。
お申込のタイミングによって認定カードの郵送時期が異なりますのでご注意ください。


・4月~5月に更新のお申込頂いた方:
7月中の郵送(5月末時点の登録ご住所宛に郵送致します)

​・6月に更新のお申込頂いた方:
8月中の郵送(6月末時点の登録ご住所宛に郵送致します)


なお認定カードの再発行は有料となりますので、紛失しないようご注意ください。


ITコーディネータの皆様の今後のご活躍を祈念申し上げます。

以上
 

◆お問合わせ先:
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会:資格更新担当

 問い合わせはこちら 

マイページお問い合せはこちら

 

 

2020.06.30
掲載日:2020/6/30
 
ITスキル研究フォーラムより全国スキル調査とDX意識と行動調査のご協力のお願いです。
 
■「第19回 全国スキル調査 2020」~あなたのスキルとDX度をその場で無料診断~
対象:ITエンジニアと情報システム部門担当者
内容:コンピテンシー設問(72問)+ITスキル設問(106問)+DX意識と行動設問(24問)
 ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、今年も様々な役割におけるスキルがその場でわかる「全国スキル調査」を実施いたします。
 今、データサイエンス、IoT、AIといったツールや技術が、システムとネットワークを変え、世の中の様々な商品やサービスを大きく変え始めています。
 また、企業の文化・風土の変革、組織改革、なによりも経営者と働く人の考え方を大きく変える必要に迫られています。この変革の波は「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼ばれ、どんな企業も避けては通れない大きな波です。
 私どもITスキル研究フォーラム(iSRF)では、昨年に引き続き、ソフトウェア開発、プロマネ、情報セキュリティからIoT/AIにいたるまで、様々な役割のスキルが一度にわかるスキル調査を行うとともに「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の自社における実態や個人としてのDXへの意識や取り組みレベルがその場でわかる、「DX意識と行動調査」を診断形式で実施いたします。
 調査にご協力いただけると、その場でWeb上に表示される詳細な個人別スキルの診断リポートをご覧いただけます。
 また、企業における「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の対象領域や取り組み状況、またDXを進める上での課題などについてお尋ねするアンケートも盛り込んでいます。
 集計結果は、DXに知見を持つ「DX意識と行動調査」ワーキンググループメンバーにて分析し、調査結果はiSRFのWebサイトやIT系各種媒体などで発表させていただきます。
 ご参加いただくことで、ご自身のレベルとともにDXへの他社の取り組み状況や課題感も知っていただくことができます。2か月間だけ無料で診断いたします。この機会にぜひご参加ください。

■調査名
「第19回 全国スキル調査 2020」
 
★全国スキル調査2020 特設サイトはこちら
※社内のメンバーや周りのお知り合いにもぜひお勧めください
 
■回答及び結果閲覧 締切
 2020年8月16日(日)まで
 
■「DX意識と行動調査2020」~あなたとあなたの会社のDX度をその場で無料診断~
対象:一般企業のビジネスパーソン
*DX推進部門担当者、事業企画部門担当者、組織改革担当者、事業推進担当者、または、現場事業部門で事業を推進する担当者など
内容:コンピテンシー設問(72問)+DX意識と行動設問(24問)
*ITスキル設問はありません。
 ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、2002年以来19年間にわたってITエンジニアや情報システム部門担当者のスキル診断による実態調査を行ってきました。
 長年にわたるノウハウを活用して、今年はITエンジニア向けの「第19回全国スキル調査」と並行して、企業においてITを利活用するビジネスパーソンを対象とした、DXに関わる調査を診断形式で実施いたします。今、IoTやAIといったデジタル技術によって、世の中の様々な商品やサービスを大きく変え始めています。他社、他業種の商品やサービスの進化が自社の商品やサービスに変化を迫っています。
 この変化にあわせて、企業の文化や仕事に対する意識、働き方に対する考えて方を大きく変える必要に迫られています。この変革の波が「デジタルトランスフォーメーション(DX)」と呼ばれ、どんな企業も避けては通れない大きな波なのです。
 そこで、私どもITスキル研究フォーラム(iSRF)では、デジタルトランスフォーメーション(DX)」の自社における実態や個人としてのDXへの意識や取り組みレベルがその場でわかる「DX意識と行動調査」を診断形式で実施いたします。調査にご協力いただけると、その場でWeb上にあなたの診断結果が表示されます。
 また、企業における「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の対象領域や取り組み状況、またDXを進める上での課題などについてお尋ねするアンケートも盛り込んでいます。
 集計結果は、DXに知見を持つ「DX意識と行動調査」ワーキンググループメンバーにて分析し、調査結果はiSRFのWebサイトやIT系各種媒体などで発表させていただきます。
 ご参加いただくことで、ご自身のレベルとともにDXへの他社の取り組み状況や課題感も知っていただくことができます。2か月間だけ、無料で診断いたします。この機会にぜひご参加ください。

■調査名
「DX意識と行動調査 2020」
 
★ DX意識と行動調査 特設サイトはこちら
※社内のメンバーや周りのお知り合いにもぜひお勧めください
 
■回答及び結果閲覧 締切
 2020年8月16日(日)まで
 

 

 
 

 

2020.06.05
掲載日:2020年3月10日
更新日:2020年6月5日
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い下記の対応を実施させていただきます。
お客さまや関係者の皆様および職員の安全を最優先に感染拡大防止に向け対応しております。
ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 

【詳細についてはこちら】

【2020年6月5日】
緊急事態宣言解除に伴うケース研修開催についてのお知らせ
ケース研修開催につきまして、緊急事態宣言の全国発令を受け5月~6月開催コースは中止とし、7月以降の開催に関しては5月末の状況で改めて判断するとしておりましたが、先般の全国の緊急事態宣言解除を受け、予定どおり開催する、と判断いたしました。
なお、開催形態については、「①集合開催」「②集合+オンライン併用開催」「③オンラインのみ開催」となりますが、詳細は各実施機関にお問い合わせください。


【2020年6月1日】
「緊急事態解除宣言」を受けての弊協会の対応について

【2020年4月30日】
令和2年度通常総会の延期について

【2020年4月27日】
2020年度資格更新に関するQAについて

【2020年4月21日】
第42回ITコーディネータ試験中止のお知らせ
 

試験中止に伴うケース研修開催について
緊急事態宣言の全国発令を踏まえ5月~6月に予定しておりましたITC試験は中止と判断せざるを得なくなりました。
ケース研修開催につきましても、当該宣言を受け5月~6月開催コースは行わない方針です。
2020年度1期の7月以降の開催については、5月末を目途に改めて判断いたします。


【2020年4月8日】
 
【2020年3月10日】
 
【2020年2月27日】
 
 

 

2020.06.02
 
届出組織のITC中部は、ITC中部会員から1口2,000円の寄付を募り、6月1日愛知県経済産業局へ医療用ガウン2,000枚を寄付しました。
 
ITC中部 森副理事長、秋山理事長、愛知県経済産業局 伊藤局長

 

2020.06.01
更新日:2020年6月1日
 
 
政府による「新型コロナウイルス感染症緊急事態解除宣言」が発表されたことに伴い、弊協会では、各人週2日程度はテレワークを継続しながら、オフィス業務を再開いたします。
なお、お問い合わせは極力協会ホームページのお問い合わせフォームにてお願いいたします。
各お問い合わせ先はこちらをご覧ください。
 
書籍のご購入につきまして、発送は通常よりもお時間をいただく場合がありますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。電子版については通常通りご購入頂けます。
こちらをご参照ください。
  
恐れ入りますがご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。
 

 

2020.06.01
更新日:2020年6月23日
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 
 
新型コロナウィルス対応について、全国のITCから共有したいと寄せられた情報、支援策、および政府の情報などを掲載いたします。
なお、当サイトはお客様の便宜に供するためのものであり、お客様ご自身の責任において利用いただく事ができるものとします。
 
【2020年5月28日】TV会議での魅せ方講座 ~美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに~
 
【2020年5月27日】日本テレワーク協会から「テレワーク関連ツール一覧」最新版発行のお知らせ

【2020年5月22日】テレワーク導入解説書のご提供

【2020年5月22日】受付業務をテレワークで

【2020年5月20日】【I&Iファーム東京 オンラインセミナー】コロナ禍を乗り越える!実務家によるZOOMセミナーのご案内
 
【2020年5月1日】各地域でのセキュリティコミュニティ形成事業(令和2年度補正予算案)
 
【2020年4月28日】4月27日16時オンライン座談会アーカイブ「コロナに負けない今からできるテレワーク」
主催:一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
協力:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 
 
【2020年4月27日】テレワークの無償eラーニングの公開!TOP1先月アクセスランキングNo1
先日3/25(水)に開催されたITCALIVEセミナー「3/25中小企業も待ったなし!テレワーク導入のためのポイント」においてご登壇いただきましたITC鵜澤純子氏、社労士中島康之氏にご協力いただき、現在の社会情勢に沿ったテーマでもあるため両氏の格別のご高配により無償公開をしていただけることになりました。
 
 
【2020年4月25日】テレワーク向けZoomマニュアルTOP1先月アクセスランキングNo2
 
 
 
 
【2020年4月23日】テレワーク開始申請書
 
【2020年4月23日】テレワークセキュリティ規程TOP1先月アクセスランキングNo3
 
【2020年4月23日】テレワーク就業規定
 
【2020年4月23日】手引書の提供
 
【2020年4月23日】WEB会議でのマナー
 
【2020年4月23日】4月27日16時オンライン座談会開催「コロナに負けない今からできるテレワーク」
主催:一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
協力:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 
 
 
 
 
 
 
 
2020.05.27
一般社団法人ITC-Pro東京様より動画講座の紹介です。

浅井治氏が講師をされた「TV会議での魅せ方講座」がYoutubeに公開されております。
TV会議を行う際のカメラや照明について実験されながら講義をされております。

■講座内容
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、初めてZoom等のテレビ会議を体験した、または、これまでより何十倍もテレビ会議が増えたというお話をよく聞きます。
リアルで会うことはもちろん重要ですが、今回のことをきっかけにシーンや内容に合わせてTV会議をうまく取り入れる働き方が今後のビジネスにおいてもスタンダードになっていくと思われます。
そこで気になるのが、「自分が映っている姿はどう見えているのか」「自分の声はちゃんと聞こえているのか」。
同じ会議をするにしても、ちょっと気にするだけで印象や伝わり方がとても変わってきます。
そこで、今回ITコーディネータ協会でもZoom指導をされている浅井さんに、TV会議における魅せ方の基本や知っておきたい機材類などについて基礎編・ちょっと上級編に分けてお話しいただけることとなりました。
 
■動画はこちら

 

2020.05.27
日本テレワーク協会は、「テレワーク関連ツール一覧」の最新版(第5.0版)を発行しました。
ホームページ:https://japan-telework.or.jp/ から下記の順にたどって下さい。
「テレワークのガイド、ガイドライン、事例等」⇒「導入活用ガイド」⇒「ICTガイド」にあります。
 
また下記のURLから直接参照することもできます。
 
今回の改版では、以下の新しく2つの章を追加しました。
3.7 障害者向けテレワークツール
3.8 シェアオフィス
 
また第4.1版発行後の関連状況変化に合わせて内容を更新するとともに、4つのツールの掲載を廃止し新たに21のツールを追加しました。テレワーク環境の新規導入や追加・更改の時に参考にして戴けると幸いです。
もし、お気づきの点がありましたら、suzukit@japan-telework.or.jp までご連絡ください。
 
2020.05.22
『テレワークのための「ITツール」導入解説書』を無料で提供いたします。
CIMCでは中小企業でテレワーク体制を推進していただくために、中小企業のIT活用支援の経験を元に、検討すべき事項と下記ポイントを整理しましたので、お役に立てば幸甚です。
2020年6月末迄の限定で、無料でダウンロードできます。
 
今までは、特定の場所に集まらないと“協働”ができませんでしたが、離れていても“協働”を可能にする「ITツール」が多種登場しています。
新型コロナ対策の時期だけでなく、この機会に「在宅勤務」や「モバイルワーク」の体制をつくれば、『企業の経営力向上』(移動時間有効活用、ペーパーレスやオフィス縮小によるコスト削減、優秀な人材確保、災害時の事業継続体制など)と、『従業員の満足度』(仕事と育児・介護の両立、多様で柔軟な働き方対応、通勤時間の削減など)に効果を生み出せます。
今まで実施してきた中小企業のIT活用支援の経験を元に、検討すべき事項とポイントを整理しました。部分的にでも体制をつくることで、生産性向上や人材確保強化による企業競争力を高めることに役立ちます。
 
以上、よろしくお願いいたします。


【紹介者のお名前】 野村 真実
 
【所属先】 CIMC
 
【連絡先メールアドレス】  info@it-keiei.or.jp

 

2020.05.22
テレワーク導入にあたり、受付業務・コールセンターの運用が課題となるケースがあります。
そこでご紹介したいのが、「CSStream」です。
 
概要編
機能編
 
みんなに電話転送( https://minderu.com/service/ )と組み合わせることで、自宅で受付・お客様サポートが可能となります。ぜひ、ご検討頂きますようお願いします。


【紹介者のお名前】 徳田 圭作

 
【所属先】 富士電機ITソリューション株式会社
 
【連絡先メールアドレス】 csstream@fujielectric.com

 

2020.05.20

【I&Iファーム東京 オンラインセミナー(6月・7月)】
コロナ禍を乗り越える!withコロナの経営!実務家によるZOOMセミナーのご案内

コロナ禍により中小企業の経営は厳しい状況下にあります。
I&Iファーム東京では、ITコーディネータのネットワークや知見を共有し、中小企業の支援をしていきたいと考えています。
そこで、ITコーディネータによる実務家セミナー(無料)を定期的に開催することになりました。
セミナーは、様々な専門分野の講師を予定しています。後日、アーカイブによる動画公開も予定していますので、
情報収集の一環としてご利用頂けたらと思います。
 
詳細は以下をご参照下さい。過去のオンラインセミナーのアーカイブ動画も公開しています。
http://www.iif-tokyo.jp/online/
 
 
今後の開催予定は以下のとおりです。

開催日時:6月25日(木)14:00~15:00
開催場所:オンラインセミナー(ZOOMを利用しての開催)
参加費 :無料
テーマ :コロナ禍を乗り越える! 「企業は今何をすべきか①」
コロナで企業の外部環境が変化し、まさに変革マネジメントが必要になっています。
第1回は、そんな企業を数多く支援している立場からコロナ禍における企業の対応が
不十分だった点や企業が講じるべき対策など、様々な観点からお話いただきます。


開催日時:7月7日(火)19:00~20:00
開催場所:オンラインセミナー(ZOOMを利用しての開催)
参加費 :無料
テーマ :withコロナの経営!社労士セミナー②「テレワークの導入と労務管理の実務」
緊急事態宣言により、各企業は、在宅勤務の実施が余儀なくなりました。
しかし、労務管理や運用上のルールは定めず、暫定的に運用せざる得なかったのではないでしょうか。
各企業は、企業活動を正常に戻していくとともに、コロナ第2波に備えて、テレワークの運用ルール
を定めておく必要があります。
本セミナーでは、ITコーディネータで社会保険労務士が、労働基準法やその他の労働法令を踏まえて、
テレワークについての労務管理の実務を解説します。


開催日時:7月20日(月)14:00~15:00
開催場所:オンラインセミナー(ZOOMを利用しての開催)
参加費 :無料
テーマ :withコロナの経営!「WEBデザイナーが教える WEB活用経営②」
webページ制作は、テンプレートの活用等により、手軽に出来るようになってきています。
 ただし、テンプレートを活用して自社で制作したものの、「デザインにいまいち魅力がない」
「顧客へのPRが不足している」「他社との差別化ができていない」「なんとなくごちゃごちゃしている」
等のお悩みも多くお聞きします。
今回のセミナーでは、webページをより魅せるためのポイントやプロに頼むとしたらどの部分を
頼むのが効果的か等をご紹介します。


【紹介者のお名前】太田綾子
 
【所属先】I&Iファーム東京
 
【連絡先メールアドレス】 info@iif-tokyo.jp

2020.05.07

ITC Conference 2020についてのご案内

2020.05.07

 

 

2020/05/07
ITコーディネータ協会
 

ITC Conference 2020についてのご案内

 

 
 
 
例年、弊協会が主催しております“ITC Conference”ですが
新型コロナウイルス感染症拡大防止対応の状況をふまえ、
11月20、21日に予定しておりましたベルサール新宿グランドでの開催は中止とし、
替わりにオンラインによる開催を検討しております。

詳細は今後ホームページ等でお知らせをいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 


お問い合わせはこちら

 

2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
4月25日(土)、厚生労働省が中小企業を対象にした雇用調整助成金の更なる拡充予定を公表しました。
本特例措置の詳細については、5月上旬目途で発表される予定です。こちらについてもぜひご確認ください。
 

 

2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
4月27日(月)、経済産業省HPにて持続化給付金の申請要領等(速報版)を公表しました。
申請手続きの詳細をご確認の上、申請の準備にご活用ください。
補正予算成立の翌日から申請受付を開始する予定です。
 
(申請要領 中小企業向け)
(申請要領 個人事業者向け)
(持続化給付金に関するお知らせ)
 
併せて、申請手順をわかりやすく解説した動画も公開しております。
 

 

 
 
2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
経済産業省では「中小企業サイバーセキュリティ対策促進事業」として、全国各地で中小企業向けのセキュリティ対策の施策の普及やセキュリティ情報共有のためのコミュニティ形成を促進するため、取り組みの一部につき各経済産業局の情報政策担当部門に権限が移され、標記の事業公募の開始が準備されている模様です。各地で経済産業局と関係を構築されておられるITCの皆様におかれましては、是非このタイミングでの働きかけをお勧めしたく連絡させて頂きます。
詳細資料:令和2年度補正予算の事業概要(PR資料)42頁(3)部分が該当
(PDF形式:2,540KB)PDFファイル
 

 

2020.04.30
掲載日:2020年4月30日
 
当協会の監督者である東京都から、4月22日に「東京都における新型コロナウィルス感染症のまん延の影響を受けた者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する条例」が公布されたことに伴い、緊急書面理事会で検討した結果、誠に恐縮ながら通常総会を6月19日(金)から7月20日(月)に延期させていただくことといたしました。詳細は正会員の皆様へメールでご連絡、およびITC+メンバーページのお知らせに掲載しましたのでそちらをご高覧くださるようお願い申し上げます。
 
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 会長 澁谷裕以
 
 
お問い合わせはこちら

 

2020.04.28
   
  <お知らせ>
 
2020年4月28日掲載
ITコーディネータ協会
   
   独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、以下の件についてITコーディネータ資格認定者の皆様に協力依頼が参りましたので、積極的に意見募集にご協力を頂きますようご案内申し上げます。
 

 IPAからの意見募集

  「情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン」(案)
   
 
 IPAではセキュリティ関連の「ガイドライン」見直しの検討を進めており、その中間成果として「情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン等」の素案がまとまりました。公表前に記載内容の更なる改善をはかるため、様々な立場で関心をお持ちの方々からご意見、ご要望などを募集します。

(参考)脅威分析については、NIST(米国国立標準技術研究所)の委託を受け、世界中の脆弱性情報の採番を行っている非営利法人MITRE  が公開する脆弱性を悪用した実際の攻撃を戦術単位で分類したナレッジベースATT&CK Matrix for Enterprise  をベースに、日本国内で発生したインシデントで実際に使われ、かつ、実績の多いものを有識者が抽出しています。
   
 
◎応募締切:2020年5月15日
■情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン(案)
 意見募集のお知らせ
   
 
 なお、本件に関するお問い合わせは直接以下のご担当までご連絡ください。
 
IPA 社会基盤センター 上田/山下
E-mail: ikc-info@ipa.go.jp
   

 

2020.04.27
 ネットでパソコンサポート「レディPC」は、遠隔操作でPC操作をサポートしておりま
す、吉田久美子と申します。
会社でテレワークを取り入れても、個人が使いこなせなくて度々相談いただきます。
そのツールのサポートページを紹介しても、PCスキルが無いために理解できず、結局
遠隔サポートしています。
もしお役に立てるようでしたらと思い連絡させていただきました。
このサイトを通じてご相談くださった場合は「テレワーク応援キャンペーン」にて対
応させていただきたいと存じます。
ご興味がございましたら、サイトでご確認お願いいたします。
 
【紹介者のお名前】 吉田 久美子
 
【所属先】 アクセシア合同会社
 
【連絡先メールアドレス】 kyoshida@lady-pc.com
 
2020.04.27
 先日3/25(水)に開催されたITCALIVEセミナー「3/25中小企業も待ったなし!テレワーク導入のためのポイント」においてご登壇いただきましたITC鵜澤純子氏、社労士中島康之氏にご協力いただき、現在の社会情勢に沿ったテーマでもあるため両氏の格別のご高配により無償公開をしていただけることになりました。
 
 
2020.04.27
掲載日:2020年4月27日
 
ITコーディネータ協会では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、2020年度資格更新の期限を6月末まで延長することを3月10日にお知らせいたしました。
 
以降、これまでによくあるご照会をまとめましたので参考になさってください。
 
Q1.届出組織の勉強会をオンライン形式で開催したいが、集合形式と同じポイントが取得が認められるか。その場合の出席簿管理はどのようにすればよいか。
A1.開催形式は特に限定していませんので、オンライン形式でも通常通りのポイントを取得することは可能です。出席簿はアンケート回答をもって出席とするなどの方法で対応されてはいかがでしょうか。参加数が少ない場合は、代表者の方で出席を取り纏めるなど事務作業を省力化されても良いと思います。
 
Q2.届出組織でコロナに関するセミナーをオンライン形式で企画しているが、後援承認してくれるのか。
A2.集合形式と同様、次の要件を満たしていれば、後援対象としてお認めできますでご確認ください。
   1)IT コーディネータ制度の普及・啓蒙の意図に合致する場合
   2)当協会の趣旨に合致し、その内容が社会的な利益に沿ったものの場合
   3)その他、参画することに当協会の意義がある場合
   4)セミナー情報が一般に公開されているもの(セミナーが会員限定ではないもの)
 
 
Q3.認定カードの有効期限は5月31日となっているが、6月30日まで延長されるということか。
A3.おっしゃるとおりです。業務上証明書等が必要な場合は発行いたしますのでご相談ください。
 
 ◆お問合わせ先:
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会:資格担当
お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/6bff1a9a71135

 

2020.04.27
『大好きな飲食店を応援するプラットフォーム マイひいきコム』
あなたの身近の大好きな飲食店が1つでも生き残って欲しいという想いで開発しました。
お客様側から応援したい飲食店を登録すると、飲食店がこのプラットフォームに掲載されます。掲載された飲食店は、一律1000円のクーポンを販売できるようになります。
このプラットフォームの掲載料は無料で、決済もPayPayにて行うので決済手数料も無料です。
また、ただ1,000円クーポンを販売して、今を凌ぐのではなく、Googleの口コミと連動した口コミサイトに進化していくなど、コロナ収束後の未来につながるように設計をしています。
飲食店は、氣力だけで何とか踏ん張っている状況です。そんな飲食店に今、大切なのは、皆様の応援です。
ぜひ、あなたの身近な大好きな飲食店を教えてもらえませんでしょうか?そして、応援メッセージをいただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願いします。
 
●大好きな飲食店を応援するプラットフォーム マイひいきコム
●マイひいきコムとは
 
紹介者 笠岡はじめ(ITコーディネータ)
所属先 マイ贔屓運営委員会、株式会社飲食店繁盛会
メール myhiikicom@gmail.com
 
 
2020.04.25
 ウェブ会議ツールZoomについて、2020年3月・4月時点の最新情報に基づいた説明書です。インターネット上のnoteサービスで一般公開しています。カメラマイク準備、アプリのインストール登録、ミーティング参加、スマホでの使い方、ミーティング開催方法、セキュリティー対策など、順を追った多くの画面例を掲載しています。
用途は主に在宅勤務を想定していますが、地域コミュニティー活動や教育でも役立てていただけるかも知れません。
それぞれの説明ごとに【ステップA-1】の形式で項番を付けています。不明箇所など問い合わせの際は、このステップ項番を伝えたやりとりにより、スムースな対応が図れます。
 
【紹介者のお名前】 上ヶ平 裕彦
 
【所属先】 日本情報システム・コンサルタント協会、上ヶ平IT事務所
 
【連絡先メールアドレス】  it@kamigahira.com
 
2020.04.23
 小規模事業者さんでは、もしかしたら会社の顧客からの受付メールの確認のために
出社されているところもあるのかも知れないと思いまして、g-mailで独自ドメインの
メールアドレスを送受信できるマニュアルをご提供いたします。
 
【紹介者のお名前】 吉枝 ゆき子
 
【所属先】 株式会社ソフィットウェブコンサルティング
 
2020.04.23
 常駐や自社事業場にて業務を個人事業主に委託していた場合のテレワーク申請兼誓約書のサンプルフォーマットです。
ご利用ください。
 
 
【ファイルリンク先】テレワーク申請書個人事業主用
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
2020.04.23
 システムアプリ開発の現場で開発メンバーの作業報告や相談、ファイル共有などに
使用しています、ビジネスチャットアプリ「Slack」をご紹介します、チーム内のコ
ミュニケーションと作業を集約できるので、作業効率がグッとUPします!ベンチャー
企業でも大企業でも、どんな規模の組織でも利用できます。To-Do リストを使った
り、他の必要なツールや情報を全て Slack に連携させて、チームメイトとリアルタ
イムに会話しながら無料版と有償版がありますが、LINEのように気軽にダウンロード
して使えます、無償版でも制限がありますが、急いで使うには無償版でも十分です。
 
 
【紹介者のお名前】  後藤 宏行
 
【所属先】 株式会社EZOTEC
 
【連絡先メールアドレス】 info@ezotec.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)テレワーク開始等にあた
り従業員の申請に使用するフォーマットのサンプルを掲示しますので、ご利用下さ
い。
 
【ファイルリンク先】 テレワーク開始申請書
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)情報セキュリティ規程に
追加する規程文のサンプルを掲示しますので、ご利用下さい。
 
【ファイルリンク先】 テレワークセキュリティ規程
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)就業規則に追加する規程
文のサンプルを掲示しますので、ご利用下さい。
 
【ファイルリンク先】 在宅勤務就業規定サンプル.docx
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ