お知らせ

2020.05.07

ITC Conference 2020についてのご案内

2020.05.07

 

 

2020/05/07
ITコーディネータ協会
 

ITC Conference 2020についてのご案内

 

 
 
 
例年、弊協会が主催しております“ITC Conference”ですが
新型コロナウイルス感染症拡大防止対応の状況をふまえ、
11月20、21日に予定しておりましたベルサール新宿グランドでの開催は中止とし、
替わりにオンラインによる開催を検討しております。

詳細は今後ホームページ等でお知らせをいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 


お問い合わせはこちら

 

2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
4月25日(土)、厚生労働省が中小企業を対象にした雇用調整助成金の更なる拡充予定を公表しました。
本特例措置の詳細については、5月上旬目途で発表される予定です。こちらについてもぜひご確認ください。
 

 

2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
4月27日(月)、経済産業省HPにて持続化給付金の申請要領等(速報版)を公表しました。
申請手続きの詳細をご確認の上、申請の準備にご活用ください。
補正予算成立の翌日から申請受付を開始する予定です。
 
(申請要領 中小企業向け)
(申請要領 個人事業者向け)
(持続化給付金に関するお知らせ)
 
併せて、申請手順をわかりやすく解説した動画も公開しております。
 

 

 
 
2020.05.01
掲載日:2020年5月1日
 
経済産業省では「中小企業サイバーセキュリティ対策促進事業」として、全国各地で中小企業向けのセキュリティ対策の施策の普及やセキュリティ情報共有のためのコミュニティ形成を促進するため、取り組みの一部につき各経済産業局の情報政策担当部門に権限が移され、標記の事業公募の開始が準備されている模様です。各地で経済産業局と関係を構築されておられるITCの皆様におかれましては、是非このタイミングでの働きかけをお勧めしたく連絡させて頂きます。
詳細資料:令和2年度補正予算の事業概要(PR資料)42頁(3)部分が該当
(PDF形式:2,540KB)PDFファイル
 

 

2020.04.30
掲載日:2020年4月30日
 
当協会の監督者である東京都から、4月22日に「東京都における新型コロナウィルス感染症のまん延の影響を受けた者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する条例」が公布されたことに伴い、緊急書面理事会で検討した結果、誠に恐縮ながら通常総会を6月19日(金)から7月20日(月)に延期させていただくことといたしました。詳細は正会員の皆様へメールでご連絡、およびITC+メンバーページのお知らせに掲載しましたのでそちらをご高覧くださるようお願い申し上げます。
 
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 会長 澁谷裕以
 
 
お問い合わせはこちら

 

2020.04.28
   
  <お知らせ>
 
2020年4月28日掲載
ITコーディネータ協会
   
   独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から、以下の件についてITコーディネータ資格認定者の皆様に協力依頼が参りましたので、積極的に意見募集にご協力を頂きますようご案内申し上げます。
 

 IPAからの意見募集

  「情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン」(案)
   
 
 IPAではセキュリティ関連の「ガイドライン」見直しの検討を進めており、その中間成果として「情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン等」の素案がまとまりました。公表前に記載内容の更なる改善をはかるため、様々な立場で関心をお持ちの方々からご意見、ご要望などを募集します。

(参考)脅威分析については、NIST(米国国立標準技術研究所)の委託を受け、世界中の脆弱性情報の採番を行っている非営利法人MITRE  が公開する脆弱性を悪用した実際の攻撃を戦術単位で分類したナレッジベースATT&CK Matrix for Enterprise  をベースに、日本国内で発生したインシデントで実際に使われ、かつ、実績の多いものを有識者が抽出しています。
   
 
◎応募締切:2020年5月15日
■情報システム開発契約のセキュリティ仕様作成のためのガイドライン(案)
 意見募集のお知らせ
   
 
 なお、本件に関するお問い合わせは直接以下のご担当までご連絡ください。
 
IPA 社会基盤センター 上田/山下
E-mail: ikc-info@ipa.go.jp
   

 

2020.04.27
 ネットでパソコンサポート「レディPC」は、遠隔操作でPC操作をサポートしておりま
す、吉田久美子と申します。
会社でテレワークを取り入れても、個人が使いこなせなくて度々相談いただきます。
そのツールのサポートページを紹介しても、PCスキルが無いために理解できず、結局
遠隔サポートしています。
もしお役に立てるようでしたらと思い連絡させていただきました。
このサイトを通じてご相談くださった場合は「テレワーク応援キャンペーン」にて対
応させていただきたいと存じます。
ご興味がございましたら、サイトでご確認お願いいたします。
 
【紹介者のお名前】 吉田 久美子
 
【所属先】 アクセシア合同会社
 
【連絡先メールアドレス】 kyoshida@lady-pc.com
 
2020.04.27
 先日3/25(水)に開催されたITCALIVEセミナー「3/25中小企業も待ったなし!テレワーク導入のためのポイント」においてご登壇いただきましたITC鵜澤純子氏、社労士中島康之氏にご協力いただき、現在の社会情勢に沿ったテーマでもあるため両氏の格別のご高配により無償公開をしていただけることになりました。
 
 
2020.04.27
掲載日:2020年4月27日
 
ITコーディネータ協会では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、2020年度資格更新の期限を6月末まで延長することを3月10日にお知らせいたしました。
 
以降、これまでによくあるご照会をまとめましたので参考になさってください。
 
Q1.届出組織の勉強会をオンライン形式で開催したいが、集合形式と同じポイントが取得が認められるか。その場合の出席簿管理はどのようにすればよいか。
A1.開催形式は特に限定していませんので、オンライン形式でも通常通りのポイントを取得することは可能です。出席簿はアンケート回答をもって出席とするなどの方法で対応されてはいかがでしょうか。参加数が少ない場合は、代表者の方で出席を取り纏めるなど事務作業を省力化されても良いと思います。
 
Q2.届出組織でコロナに関するセミナーをオンライン形式で企画しているが、後援承認してくれるのか。
A2.集合形式と同様、次の要件を満たしていれば、後援対象としてお認めできますでご確認ください。
   1)IT コーディネータ制度の普及・啓蒙の意図に合致する場合
   2)当協会の趣旨に合致し、その内容が社会的な利益に沿ったものの場合
   3)その他、参画することに当協会の意義がある場合
   4)セミナー情報が一般に公開されているもの(セミナーが会員限定ではないもの)
 
 
Q3.認定カードの有効期限は5月31日となっているが、6月30日まで延長されるということか。
A3.おっしゃるとおりです。業務上証明書等が必要な場合は発行いたしますのでご相談ください。
 
 ◆お問合わせ先:
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会:資格担当
お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/6bff1a9a71135

 

2020.04.27
『大好きな飲食店を応援するプラットフォーム マイひいきコム』
あなたの身近の大好きな飲食店が1つでも生き残って欲しいという想いで開発しました。
お客様側から応援したい飲食店を登録すると、飲食店がこのプラットフォームに掲載されます。掲載された飲食店は、一律1000円のクーポンを販売できるようになります。
このプラットフォームの掲載料は無料で、決済もPayPayにて行うので決済手数料も無料です。
また、ただ1,000円クーポンを販売して、今を凌ぐのではなく、Googleの口コミと連動した口コミサイトに進化していくなど、コロナ収束後の未来につながるように設計をしています。
飲食店は、氣力だけで何とか踏ん張っている状況です。そんな飲食店に今、大切なのは、皆様の応援です。
ぜひ、あなたの身近な大好きな飲食店を教えてもらえませんでしょうか?そして、応援メッセージをいただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願いします。
 
●大好きな飲食店を応援するプラットフォーム マイひいきコム
●マイひいきコムとは
 
紹介者 笠岡はじめ(ITコーディネータ)
所属先 マイ贔屓運営委員会、株式会社飲食店繁盛会
メール myhiikicom@gmail.com
 
 
2020.04.25
 ウェブ会議ツールZoomについて、2020年3月・4月時点の最新情報に基づいた説明書です。インターネット上のnoteサービスで一般公開しています。カメラマイク準備、アプリのインストール登録、ミーティング参加、スマホでの使い方、ミーティング開催方法、セキュリティー対策など、順を追った多くの画面例を掲載しています。
用途は主に在宅勤務を想定していますが、地域コミュニティー活動や教育でも役立てていただけるかも知れません。
それぞれの説明ごとに【ステップA-1】の形式で項番を付けています。不明箇所など問い合わせの際は、このステップ項番を伝えたやりとりにより、スムースな対応が図れます。
 
【紹介者のお名前】 上ヶ平 裕彦
 
【所属先】 日本情報システム・コンサルタント協会、上ヶ平IT事務所
 
【連絡先メールアドレス】  it@kamigahira.com
 
2020.04.23
 小規模事業者さんでは、もしかしたら会社の顧客からの受付メールの確認のために
出社されているところもあるのかも知れないと思いまして、g-mailで独自ドメインの
メールアドレスを送受信できるマニュアルをご提供いたします。
 
【紹介者のお名前】 吉枝 ゆき子
 
【所属先】 株式会社ソフィットウェブコンサルティング
 
2020.04.23
 常駐や自社事業場にて業務を個人事業主に委託していた場合のテレワーク申請兼誓約書のサンプルフォーマットです。
ご利用ください。
 
 
【ファイルリンク先】テレワーク申請書個人事業主用
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
2020.04.23
 システムアプリ開発の現場で開発メンバーの作業報告や相談、ファイル共有などに
使用しています、ビジネスチャットアプリ「Slack」をご紹介します、チーム内のコ
ミュニケーションと作業を集約できるので、作業効率がグッとUPします!ベンチャー
企業でも大企業でも、どんな規模の組織でも利用できます。To-Do リストを使った
り、他の必要なツールや情報を全て Slack に連携させて、チームメイトとリアルタ
イムに会話しながら無料版と有償版がありますが、LINEのように気軽にダウンロード
して使えます、無償版でも制限がありますが、急いで使うには無償版でも十分です。
 
 
【紹介者のお名前】  後藤 宏行
 
【所属先】 株式会社EZOTEC
 
【連絡先メールアドレス】 info@ezotec.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)テレワーク開始等にあた
り従業員の申請に使用するフォーマットのサンプルを掲示しますので、ご利用下さ
い。
 
【ファイルリンク先】 テレワーク開始申請書
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)情報セキュリティ規程に
追加する規程文のサンプルを掲示しますので、ご利用下さい。
 
【ファイルリンク先】 テレワークセキュリティ規程
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.23
 テレワークの導入にともない、就業規則の整備を急がれている会社もおありと思い
ます。(助成金支給条件に含まれるケースもありますので)就業規則に追加する規程
文のサンプルを掲示しますので、ご利用下さい。
 
【ファイルリンク先】 在宅勤務就業規定サンプル.docx
 
【紹介者のお名前】  藤田 聡
 
【所属先】 株式会社マネージ
 
【連絡先メールアドレス】 s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.23
 私が毎月IT相談対応をしている金沢商工会議所では、セミナーの開催を集合研修型からをWeb会議システム(ZOOM)への変更を提案しています。受講者はWeb会議システム(ZOOM)を使った人は少ないと思われ、参加への壁は低くありません。そのため、ZOOM初心者向けの手引きを作成し、オンラインセミナーへの参加を促す予定です。
商工会議所などで、オンラインセミナーを企画しているITCの方に参考になれば幸いです。
 
【ファイルリンク先】
 
【紹介者のお名前】横屋 俊一
 
【所属先】NPO法人石川県情報化支援協会
 
【連絡先】yokoya@knowledge21.jp
 
 
2020.04.23
 Web会議でのマナーをまとめたものです。作成時期が8年前なのでそのまま使用するというわけには行かないかもしれません。
改修のため原本をご希望されるかたはご連絡ください。
 
【ファイルリンク先】
 
【紹介者のお名前】 藤田 聡
 
【所属先】株式会社マネージ
 
【連絡先】s-fujita@manage.co.jp
 
2020.04.21
   
  <ニュースリリース>
  2020年4月21日掲載
ITコーディネータ協会
   
  第42回ITコーディネータ試験中止のお知らせ
   
 
 新型コロナウイルスの感染拡大により「緊急事態宣言」の対象地域が全国47都道府県に拡大したことを受けて、当協会は実施予定しておりました「第42回ITコーディネータ試験」(予約期間:2020年5月7日~6月19日、実施期間:2020年5月20日~6月22日)を中止することといたしました。
   
   なお、今年度予定している下記日程は、現段階では実施する予定です。
 
 【第43回】
  ・試験予約期間 2020年08月25日~10月9日
  ・試験実施期間 2020年09月10日~10月12日
 【第44回】
  ・試験予約期間 2021年01月07日~02月19日
  ・試験実施期間 2021年01月20日~02月22日
   
   詳細につきましては、以下のホームページ「試験」をご参照ください。
また、今後の状況により変更がございました場合、改めてこちらのページ「ITC試験」でご案内を致しますのでよろしくお願いいたします。
  ⇒ https://www.itc.or.jp/authorize/exam/
 
                       <本件に関するお問合せ先>
                ITコーディネータ協会 試験事務局
                                松下、小幡、中野目
                        e-mail:itcshiken@itc.or.jp
  以上

 

2020.04.20
 
掲載:2020年4月20日
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
 
 
ZOOMを初めて使おうとしている中小企業の経営者、担当者から照会の多い、ベーシックな導入・操作方法について、ちば経営応援隊の浅井鉄夫氏から、同氏が作成・使用されている資料を提供いただきましたので紹介いたします。
 
 
浅井氏からは「大したものではないが、皆さんのお役に立つのでしたら」と共有いただきました。ぜひご活用ください。
2020.04.13
掲載日:2020年4月13日
更新日:2020年4月14日
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
 
 ZOOMの脆弱性に関する正しい認識および対応方法について、ITC-Pro東京の用松氏より、同組織が主催したセミナー内容を、全国のITCと共有したいという声をいただきましたので紹介いたします。
以下用松氏からのご案内です。
 
**********************:
一般社団法人ITC-Pro東京・事務局の用松(もちまつ)です。
ITC-Pro東京主催で、JISCAの浅井氏、上ヶ平氏(+講演者の西舘氏)に協力いただいてZoom脆弱性に対する対応セミナー・勉強会を行い、YouTubeの「ITC元気ですチャンネル」にアップしました。
 
この情報を全国のITCの皆さんとぜひ共有したいと思います。Zoom脆弱性に対する正しい対応は、全国のITコーディネータが共通の認識で支援する必要があるからです。またユーザの不安は直近であり、スピード感のある判断で動くことが重要です。

1時間20分の動画ですが、要点は最初の10分間だけ見ていただければ掴める内容になっています。10分後から最後までは参加者での討論会で、事業者支援に携わっている方々の生の声が詰まった内容です。
 
◆開催した経緯・結果と全国ITCと共有したい理由
緊急事態宣言の中、国も企業に対してテレワークを強力に勧める中、先日でたZoom脆弱性報道(騒ぎ)に、自分も何件も中小企業の経営者さんから「使い続けて大丈夫なのか」との質問をいただき、これは正しい回答ができないとまずいな・・と思い、上ヶ平氏達にお願いした次第です。
 
実際にテレワークをしろと言われても、どうしてよいかわからない(いろいろな情報があふれ、何が正しいかわからない)中小企業さんが目の前に居て、正しい情報を提供してくれる支援者を求めています。
 
今回ITC-Pro東京だけでなく、ITC多摩にもお声掛けして、セキュリティの実務に詳しいメンバをお呼びし、中小企業家同友会の経営者さんにもご参加いただき、大変役に立った、判断する基準がわかったとのコメントをいただいております。皆さんに顔出し、YouTube公開についての了承も得ております。よろしくお願いいたします。

 

2020.04.08
掲載日:2020年4月8日
 
 
ITコーディネータ協会は、昨日の緊急事態宣言を受けて、5月6日までテレワークを継続実施いたします。
お問い合わせは協会ホームページのお問い合わせフォームにてお願いいたします。
各お問い合わせ先はこちらをご覧ください。
 
 
なお書籍のご購入につきましては発送は5月7日以降となりますことご了承ください。
電子版については通常通りご購入頂けます。
こちらをご参照ください。
 
 
恐れ入りますがご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

2020.04.01
2020年度ITC新規認定、復帰申請の受付を開始致しました。
申請は、ITC+メンバーページからお願い致します。
各手続き方法はオンラインヘルプをご参考ください。
ITC+メンバーページのログインはこちら
 
新規認定申請手続き方法(オンラインヘルプ)
復帰申請手続き方法(オンラインヘルプ)
 

 

2020.03.26
掲載日:2020年3月26日
更新日:2020年4月01日
 
ITコーディネータ協会は、東京都からの在宅勤務要請を受けて、本日から4月12日までを目途にテレワークを実施いたします。
お問い合わせは協会ホームページのお問い合わせフォームにてお願いいたします。
また書籍のご購入につきましては発送は13日以降となります。
なお、電子版については通常通りご購入頂けます。
こちらをご参照ください。
 
恐れ入りますがご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

 
各お問い合わせ先はこちらをご覧ください。
https://www.itc.or.jp/info/index.html
2020.03.24
2020年3月24日
 
ITコーディネータの皆様
 
ITコーディネータ協会・会長の澁谷でございます。
 
さて、昨年5月に発覚いたしました弊協会の元職員による横領事案に関し、事案の概要および弊協会の対応につき、現在お話しできる範囲で報告する文書をHP上に公開いたしました。これにつきまして、初めてお聞きになられた正会員ではない資格者の方々から、「これだけではよく判らないので、さらなる説明を求める」との声がいくつか寄せられております。
 
協会といたしましては、資格者の皆さんに十分なご理解をいただきたいと考えておりますので、その声にお応えして、以下の日程で、正会員ではない資格者の皆様向けにオンラインでの説明会を実施したいと存じます。説明会には、特別内部調査委員会を構成いただいた弁護士、公認会計士にもご出席いただき、報告書の概要をご説明いただいたうえで、昨年11月6日の臨時総会で決議した関係者の処分、および再発防止策についてもご説明申し上げます。

 

【資格者様向けオンライン説明会の日程】
日時:4月13日 (月)17:30~19:30

オンライン説明会参加ご希望の資格者におかれては、以下の手続きでお申し込みください。なお、正会員の皆様におかれては、昨年11月6日の臨時総会でご説明した内容を超えるお話しをすることはございませんので、ご了承ください。


 
参加方法:ZOOMによるオンライン参加
参加される方は下記URLからZOOMにアクセスできることを事前にご確認ください。
テストURL:https://zoom.us/test
※ただいまテスト接続できない現象が発生しております。
 ZOOM社に確認中です。

 
 
【お申し込み方法】
■受講資格:ITコーディネータ様
■参加費用:無料
■参加URL:4月10日(金)までに参加URLをメールにてお送りさせて頂きます。
 
 

申込はこちら
2020年4月13日(月)ZOOM参加はこちら

 

お問い合わせはこちら
 

 

2020.03.19
2020年3月19日
協会の内部事務に関する不祥事につきまして
 
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
会長 澁谷裕以
 
 昨年5月に発覚いたしました弊協会の元職員による横領事案に関し、これまで捜査への影響等を考慮し正会員に限定して情報を公開してきましたが、時期も来たことから、事案の概要、および弊協会の対応につき、現在お話しできる範囲で報告させていただきます。
 
  1. 2019年5月20日に行われた協会監事(公認会計士お2人に務めていただいております)による2018年度の決算監査のなかで45百万円の使途不明金があることが発覚いたしました。使途不明金は協会元職員(2019年7月に懲戒解雇)の横領によるものだという自供があったので、協会は5月21日に警察に相談するとともに、2人の弁護士、2人の公認会計士からなる特別内部調査委員会を結成いたしました。特別内部調査委員会では、事実および原因の究明を5ヵ月に亘って行っていただき、横領が2016年4月頃から2018年7月まで行われていたことが判明いたしました。 
     なお、本不祥事はあくまで協会の内部事務処理に係るものであって、ITコーディネータ資格試験やケース研修など、ITコーディネータの資格に係るプロセスにおいて問題は一切発生していないことを申し添えます。 
     
  2. 特別内部調査委員会の報告を踏まえて、2019年11月6日に臨時総会を開催し、次のとおり、関係者の処分および再発防止策を決定いたしました。
    ①報告書上一定の責任があると認められた当時の役員・管理者からの損失額の自主的な一部弁済 
    ②現会長の給与を3割、3か月、自主的に返納すること
    ③ガバナンス態勢・コンプライアンス遵守態勢の再構築(規程類の新設・改訂、相互チェック体制の構築、およびキャッシュレス化の強力な推進等)
     
  3. 2019年12月には、協会の業務改善状況につき、協会監事による業務監査を行い、再発防止策に沿った適正な業務運営が行われていることを確認していただいております。今後とも協会は、2度と同種の事件を起こさないという覚悟のもとで、さらなる取り組みを進めてまいります。
     
  4. 警察とは、弁護士を通じて密な連絡を取りながら刑事告訴に向けた対応を整斉と進めております。 
    ITコーディネータ資格者はもとより、ともに仕事を進めていただいている皆様、ITコーディネータ資格に共鳴し、多くの社員にITコーディネータ資格を取らせていただいている会社の方々におかれては、大変なご心配をおかけし誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。
    協会は今後とも適正な業務運営がしっかりと継続的におこなわれる態勢をつくり続けます。それとともに、現在進めているITコーディネータ2万人構想に向けた様々な施策を整斉と行い、より魅力のあるITコーディネータ資格としていきたいと存じますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

    2020年5月7日一部加筆
 
 
 
2020.03.09
掲載:2020年3月10日
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
 
ITコーディネータ協会では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、2020年度資格更新について下記のとおり対応をいたします。
 
■申込期限の延長
  2020年度資格更新の申込期限を5月31日から、6月30日まで延長いたします。

なお資格更新のお申込者には認定カードを郵送致しますが、更新のお申込のタイミングにより発送時期が異なりますのでご注意ください。
    ・4月~5月にお申込頂いた方:7月中の郵送
​・6月にお申込頂いた方   :8月中の郵送
 
■実践力ポイント取得期限の延長
  (1)ITC協会のeラーニング、機関誌の申込延長
   
ITC協会のeラーニング(※)と機関誌は、4月1日以降のお申込でも6月30日までは2019年度ポイント扱いといたします。
(※)フォローアップ研修のeラーニングは対象外となります
ポイント対象および取得ポイントは以下のURLよりご確認ください。
  (2)届出組織勉強会等の延期によるポイント未達の措置
    3月までに開催予定だった研修が4月以降に延期となり、延期した研修にご参加された場合は2019年度ポイント扱い可といたします。ただし延期した研修は4月~6月開催分に限ります。
ポイント登録方法は以下のようにお願いいたします。
    ①ポイントを2019年度扱いとする場合:受講修了年月日を「2020/03/31」としてご登録ください。
②ポイントを2020年度扱いとする場合:資格更新後に、受講修了年月日を実際の開催日でご登録ください。
    ※下図は2019年度の扱いとする場合の入力例です
   
     
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について
 
ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/6bff1a9a71135
     
     

 

2020.03.03

機関誌「架け橋」27号発行いたしました!

前の30件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ